キセルⅩの活動

スノーボード、音楽、料理、格闘技、読書、映画など様々な角度から世の中をナナメ読みし「地球温暖化」に警鐘を鳴らす。

柔術のぼんやり日記

2018-10-11 08:28:24 | Weblog

私が基礎クラスを始めて一か月。

考えることが沢山ある。

先ず、柔術はどんどん新しカルチャーを吸収して変化が速いスポーツだと感じる。

私が初めて約8年だが、技の流行すたりがあり、技の呼び名が変わり、ルールもめまぐるしく変化している。

その中でもやはりベーシックなものは変わらない。

というか変わったらいけない物がある。

 

でも、先生によって教え方も本当に色々と違うから面白い。本当に性格が出るものだと思う。

ベーシックな技、三角締めを例にとっても

導入が大切とみて、三角に入る前をとにかく繰り返しやるか

三角に入ってから足の位置、角度、腕の流し方などを細かく細かくやるか

防がれた場合、すぐに腕十字やオモプラッタに変化するやり方か、角度を変えて執拗に確実に決めに行くことが良いのか。

などなど

1個の技に沢山の可能性とやり方と別次元と言ってもいいほどの極め方がある。

 

そして、基本の技1個では、はみんな知ってるからか、試合ではなかなかかからないのが当たり前だと思う。

餌がいくつかあっての、基本形の技ならかかると思うが・・・

何が言いたいかというと、基本形はあくまで基本。ベーシック

これを自分なりにいくつか組み合わせて、連携技を作ったり、少し変化させたりして相手の予測できない動きにならないと、試合では使えないと思っている。

だからこそ、基本が大切とわかる。

基本形ができていなければ、そこから派生する技が限られてくるし、形が崩れるから、いざ形に入ってもかからないということになる。

 

上手くできているもので、白帯で苦労して基本形を沢山身に着けた人と、少し近道した人を比べるとわかる。

後者は後から新しい技を会得しようとしても、がなかなか身につかない。

前者はどんどん技のバリエーションが増えてくる。

 

私はまだまだ頭が固いから、こう思うのだ。

 

でも、柔術は本当に表現できないほどの可能性があり、色々な文化を吸収してしまう。

正解はないとおもう。

様々な国、文化、言語、ルールが混在していてとても奥深くて楽しいアドベンチャーだとおもう。

だから驚きの連続だし、毎回試合するたびにワクワクドキドキする。

 

正解がない、もしかしたら基本形っていうのも、数年後には変わっている可能性すらある。

そんなスポーツ他にあるのかなーーと思う。

 

 

 

 

 

コメント

心筋梗塞 狭心症③

2018-09-12 08:39:18 | Weblog

そんなこんなでステント留置術というオペが終わる。

ほっとした。

本当に不安だった。

色々なブログをみて勇気をもらったり、ビビったりした。なにせ、心臓だから・・・

 

退院後は生活の制限がないが

薬が6種類毎日・・から一生

バイアスピリン、エフィエント

血圧の薬、タケプロ、コレステロールを下げる薬

半年後に再検査して、再狭窄がなければバイアスピリンのみ削除だそうだ。

この、バイアスピリン

抗血小板剤ということで、内出血したらとてもでかい痣ができる。

そして、血が止まりにくい。指から血が出て、本当になかなか止まらない。

ということで、打撃はNG。

 

柔術の試合も、再検査でバイアスピリンがとれないとNGと思う。

色々と大変だが命はあっての者

 

人生初の入院だったけど、入院を通してすごく人生考えたし、健康のありがたみを知った。

というのも、5人ヘアであったため、色々な人の話が聞こえるのだが、毎回隣はがん患者だし、結構重篤な人ばかりだった。

あんな生活を何か月もすると思うと・・・・

本気で安楽死についても考えた。

次回は番外編

そんな癖の強い患者様を書きます

コメント

心筋梗塞 狭心症②

2018-09-11 12:42:34 | Weblog

確か

7月の3連休の次の木曜日が入院の日

三連休は本気でつまらなかった。暇だし不安だし。

酒も飲まず、散歩してはブックオフとか言って時間つぶした。こんなに無駄使いした時間は人生で初めて。

 

火 水 と仕事して木曜日入院。

この日は、タクシーで行って、そのままいろいろな検査で終わる。

不安な夜を過ごす。

この時も5人部屋なのだが、またもや隣がおそらく癌患者。

前回の時の人は夜中すっと苦しそうで、うめき声がひどく眠れなかったが、今回はやけにベテラン感がある。

 

金曜日

昼過ぎからカテーテル術

またもや麻酔は局部麻酔なので、先生の声などがきこえる

「ん?むずいな・・・」

とか

「●●いけるかなぁ・・・」

「いや、やめとこう」

 

など

 

怖すぎ

そんなこんあで1時間で終了

ステントを1個(43万)を入れた。特に生活の制限はない。

続く

 

コメント

new stayle brtn

2018-09-11 12:22:39 | Weblog

今年の夏は最悪だった。

厄年

心臓で死にかけ

ぼったくり被害

路上で・・・

 

などなど

 

生活を改めなきゃいけない

 

そんな時に考えた。昔からの好きな言葉「better late than never]

かっこつけてるわけではなくて、昔学生の頃、ラジオばっかり聞いていて、確か日曜の深夜にUAがラジオやってて、そこでこの言葉が若い心に刺さった。

当時読んでいた「不夜城」に書き留めた。

 

でも確か

「better late too never]

でメモっていた。でもそんな言葉はない

It’s better to do something late, than to never do it

の略語だから、その時間違えたか・・・UAが勝手に作ったか・・・

でも言葉として強い意志があるところが気に入っている。

やらないよりまし!

 

今の俺はやらなきゃ死ぬということを突き付けられた。

トライ&エラーでエラーが出た状態ということだ。だからまたトライしよう。という意味で、この言葉のtシャツを作ったが一回デザインを失敗した。

またエラーしたわけだが、言葉通り、再度トライした。

second handを中古というけど、

二度目の手っていい言葉。

なんか、try again より俺にはsecond handのほうがグッとくる。今度はこの言葉でなにか作ろうと思う。

 

 

コメント

味街ダイヤリー3

2018-09-07 17:30:52 | Weblog


2018年の現代にもまだあった。
稼働中



東砂ね片隅に
早く撤去してあげてほしいなー




これもねー




木場公園わきのボロビル




千田商店街の寿司屋
コメント

狭心症 心筋梗塞①

2018-07-13 15:46:41 | Weblog

6月某日

試合前ということで、いつも通りだが19:30から練習

何本かスパーをしているうちに、胸が痛い、ざわざわする。

でも我慢して、腕立てなどやるが限界が早い。少し横になっていると、吐き気頭痛めまいが・・・

青い顔して、早退。

原付で風にあおられていると治った。これは・・・ 熱中症だ!!

 

勝手に判断。

 

6月23日

土曜日の朝

普通に朝練して昼連へのながれ

そして突然。覚えのある胸の痛み。

ざわざわ痛い。すぐに横になるが今回も青い顔して帰宅。

 

その後、一回具合悪くて寝る。

約束していたランチへ・・・胸は少し痛いけどなんとかかんとか

 

夜は友達といつも通り酒を飲む。

具合が悪くなり、休憩しながら帰宅。深夜3時

 

どうもおかしいと思い月曜日に近くの設備のいいクリニックへ

4月に健康診断受けた時とは違う心電図

続けてCT

 

見た医師は、おかしいと言う。明らかに、心臓周りの欠陥が石灰化しているという。

専門医が木曜に来るからその時に来ること。そうすれば、その先生が判断して精密検査が必要とあれば、すぐに大学病院の枠を取ってくれるという。

この日はもしものために「ニトロ」をもらって、帰宅。

大事を取って、運動はしない。

 

木曜日

心臓専門の医者が来るというのでクリニックへ。

エコーを取るが問題なし。しかし石灰化と心電図から、精密検査を勧められる。大学病院に翌日金曜日に枠を取ってもらう。(外来で初診)

 

月曜日検査入院をすることとなる。(カテーテル検査)

週末は何の気なしに心配だが、酒を飲む。

どこか不安なので、あまり飲まずに帰宅して寝る。

日曜日は家具などを買いに行く。

 

月曜日

不安を抱えて検査入院。

ドキドキしながらベットで待つこと4時間

 

カテーテル検査開始

右手首に局所麻酔で穴をあけ、カテーテル挿入。

意識があり、モニターも見えるので不安爆発!!

これはどうかと思う。

 

血圧が一時200を超える。。。。

 

めまいがして、意識が遠のく。

祈るような思いで30分

終了。

 

視野狭窄、頭痛がひどく倒れそうになるが、なんとかこらえ、先生の話を聞く。

 

やはり冠動脈3本のうち1本が90%詰まっている。

投薬療法とカテーテル治療をするとのこと。

うすぼんやりしながら、はいはい聞く。(やはりこういう時のために家族が付き添ったほうが良い!!)

単身で乗り込んだのは良くなかった。

 

あれよという間に、夕方。

 

造影剤の腎臓へのダメージを減らすため、何回も採尿をする。

400mlのコップに毎回満タンに出ること5回で大丈夫になった。

 

この日初めての夕食

家族が来る。

先生の話を聞く。

 

結構な緊急性があるため、このまま入院で即カテーテルという流れもあったが、一回帰って良いとのこと。

正直嬉しいが、心配。

5人部屋

 

思った以上に眠れない・・・

 

頭痛がひどい

隣のおじさんが苦しそう・・・で何回もナースコール。

 

へとへとで帰宅。

 

で今、仕事中。簡単な仕事しかしないけど。来週の木曜日に入院手術。

心配

 

でも、毎日肩こりと頭痛がひどくてしゃべるのもきつい。薬の影響か?

 

思ったこと。季節がら、とかまだ40代だからとか何かと病気に対して「大丈夫」「自分はならない」「人より気を付けている」と思っている人が一番危ない。私も初めは熱中症と勘違いして、バンバン格闘技して試合もして酒も飲んでいた。一歩間違えたら・・・・体の異変を感じたらすぐに医者。これが一番早すぎることはない。

 

つづく

 

コメント

東日本

2018-06-27 14:27:41 | Weblog
24/49
シードから海老名に。

Sweepするが、クロスから腕十字一本負け

無差別も、アドバンさで負け


ヤバイ

7連敗
コメント

グランドインパクト

2018-05-28 13:34:52 | Weblog
24/47

記念すべき、70試合目は潜られSweepされ
0-2で負け

オープンは、毛の濃いヘビー級の方。
上手くディープ入って返せると思いきや、締めが入っていて落ちかける。
アドバン差で負け。

来月は必ず勝つ!

ガチャガチャの試合してやる
コメント

街で不良に・・・

2018-05-24 08:19:47 | Weblog

街で不良に絡まれた場合。

という話を最近しました。


小さいもめごとや、相手を一方的に制圧する場合

打撃はダメ。
格闘技やっている人の蹴りパンチは相手を見た目からして傷つけるし、下手すると殺してしまうから。


https://miruhon.net/72270

その場合柔術がとても役に立つでしょう。
何せ地味に関節、絞め技で相手を制圧できるから。
傷が残らないやり方もある。

打撃は、いざのいざというときですね。
マジでやばいとき。


それよりなにより最近は私、ちっとも絡まれなくなりました。

昔は頻繁に絡まれたから護身で格闘技始めたけど。

なぜなら、生活が変わった。

夜な夜な飲み歩かなくなったこと。

何かあっても、瞬間的な怒りはなく、冷静に対処できるようになったこと。

これが大きいでしょう。

本当に。

自分に自信がついた。よく言う「弱い犬ほどよく吠える」理論ですね。
相手をどうしても許せない場合は、どうしたら相手が最も困るかを考えて行動することができるようになった。

あとは、細かいことは気にしない!!なるべく無駄なアクションを省いて生きたいです。

格闘技という競技が持つ側面が、結果私にはセルフディフェンスになっております。


コメント

関東オープン 誕生日

2018-04-23 17:33:17 | Weblog
24/45

関東オープン
カミツキが、スパイダーで封印されレフリー判定で負けました。


ハーフで抑えたハズ…

無差別は、伊藤さん。
11-0

強すぎ
コメント