キセルⅩの活動

スノーボード、音楽、料理、格闘技、読書、映画など様々な角度から世の中をナナメ読みし「地球温暖化」に警鐘を鳴らす。

くさスギルスキル

2013-09-06 00:22:55 | Weblog
『36歳 白帯柔術の今思い込んでる事』

今日もジムをサボってしまった

言い訳は
仕事で疲れ、夏なのに寒気がして、体調不良。と、季節の変わり目は、鼻が一切機能しないから。
あー情けない。

最近、どうも前に進めない。
六月の30日に『IKIZAMA』という地下格闘技のグラップリング試合で一勝して
嬉しかったけど、まだ柔術の試合で勝ってなくて、負けっぱなしだ。
自信はついたし、地元の仲間の絆もあった。凄く自分の自信になった。
けど、やっぱり、柔術の試合で勝って青帯になりたい。

目標は尽きることがないけど、色々と難しい。

ジムに行くと、勇気を沢山もらえる。
地元でも練習してると、沢山勇気をもらえる。
だから、なるべく休まずジムで練習して、地元でも付き合ってくれる仲間がいるから練習したい。

けど。
みんなそれぞれ、事情があるから仕事だとか、環境は言えない。

ズバリ
最近、白帯どうしで、ジムでスパーしても強いと思う人がどんどんいて、
参ってる。

最初は、『32歳で格闘技始めたから、やられても、やられても当たり前で、上しかない。』
と思って、気合いはいってた。けど、最近、自分の、伸びる!って感覚がなく、試合でも、ジムでも、やられ放題で、腐りかけてる。

仕事終わって、ジム行って、締められ放題、殴られ放題。
なんのため?
とか、考える時がある。

けど、辞めたくないし、ジムにも行きたいんだよね。

なんでだろ。

次は勝てるって、思い込んでるからだな。
昔の彼女に言われたけど、僕には、根拠のない変な自信だけはあるらしい。

それだけでもいーや。
次は勝つ!
研究して、練習して勝つ!!

時は来た、それだけだ!

コメント

チャーシューへの道のり

2013-09-01 18:46:14 | Weblog
今日は、チャーシューの作り方

『チャーシューは一日にしてならず』
と言う言葉があるように、何回も作ってみて、やっと、良いタレ、良き肉体が出来あがるのです!

先ず第一
豚バラブロックを探します。
この場合妥協せず、良い出会いがあるまで、スーパーをハシゴします。

そして、良い肉体と出会ったら、すかさず買い求め、まな板の上に叩きつけます。

そして、一気にタコ糸で縛り上げ身動き一つ取れない状態に極めます。
コレぞまさに、『打 投 極』




どうでしょう。この、豚野郎のグウの根も出ない姿。

ここから、初期は酒をぶっかけ、砂糖をまぶし、醤油で抑えこみ。いや、漬け込みます。その際、臭み取りに青ネギを一緒にいれます。

しかしながら私は、チャーシュー作りを繰り返し、注ぎ足して行った、タレがあります。

通称
『豚の汗』
を、ポリ袋に入れ、タコ糸で極められた肉体を入れ、醤油、サングリアを入れます。そして、青ネギも忘れずに。



コレを冷蔵庫で監禁すること、1日~2日

冷蔵庫から、浸かった肉体を取り出し、フライパンで焼きます。



焼いたら、今度は、圧力鍋に漬けてあったタレと一緒に入れます。
そして、肉体を半身浴させたいので、水を肉体の半分くらいまで足します。

すかさず
蓋を閉め逃がさないようにします。

そして、絶妙な火加減で、圧力鍋がシュピー^_^とかなんとか言ったら、25分待ちます。

時間が来たら火を消して、さらに待つこと20分

肉をひっくり返し、同じ工程で攻め続けます。



出来たら、今度は取り出し、常温でゆっくり冷まし、また、冷蔵庫へ収監。
なかなか、シャバには出てこれませんね^_^

冷蔵庫で十分に冷めたら、ウワバミのラードとアクを取り、肉体はお好みのサイズにカット!
ついには、切り刻まれてしまうわけですね。

そして、バラバラになったバラは、またタレに漬けて冷蔵庫で保管。


食べる時に、少し温めて、白髪葱を巻いて食べます。

この様に、
『チャーシューが食べたいな』
て思ってから、実際食べるまで、とてつもない道のりなのです。
コメント