キセルⅩの活動

スノーボード、音楽、料理、格闘技、読書、映画など様々な角度から世の中をナナメ読みし「地球温暖化」に警鐘を鳴らす。

sweet 90's bluefilm -1

2007-11-29 18:44:16 | Weblog
名にコレジャンルって。。

毎度くだらない思い出話を壱日記


時は世紀末。
私22歳の春から話を始めます。

大きな失恋と共に終わった専門学校の卒業式。
みんな、3月に卒業して、就職決まってる人ばかり。
僕はポンコツなことばかり言っていたので、完全に出遅れた。
3月に卒業して、しばらくは春休みってことにして、遊びほうけていた。

昼間からパチンコして、買ってくる本は就職雑誌よりエロ本。
夜は、まさに呑んだクレ。

そろそろ暖かくなって、春の風を気持ちよく感じ始めた4月あたりから、親が怒り始め、重い腰をあげて就職活動開始した。

始めは「マスコミ」オンリーで絞って探していたけど、面接でことごとく失格。
軽く20社くらい・・・
「もしかしたら、俺って・・・この世に必要の無い人間かも・・・」

ってなった。

気晴らしに、「営業」とか普通のサラリーマン志望で受けてみた。
怪しいビデオやさんとかは受かったけど、なんとなく辞退。

そんなこんなで、春も深まって、だんだん初夏を感じ始めた5月頃。
GWと称してダラダラと遊びまくる私に、親は激怒。

毎日居心地が悪くなって、あても無く朝早くから出かける毎日がつづいた。
それはそれは辛かった。

今考えれば、当時から「漫画喫茶」
なるものがあればどんなに楽ちんだったろうか!!


やる事も無いので、ある日は山手線を何周できるか試してみたり。

一日中図書館にいたり。

意味も無く、初乗りだけ切符を買って、高尾山まで行って、ユーターンで帰ってきたり。

川原で寝てみたり。


まさに「落ちこぼれ」

パチンコで全財産掛けて、買ったら、どっか遠い所でイチから出直そう!
と考え、パチンコで破産!


仕方なく、親に頼った。
かっこ悪くてもいい。
もう沢山だ!!こんな生活!!!

と言う事で、紹介されたのが
「ホテルグリーンプラザチェーン」
原宿のパレフランス(今は無いけど)に面接にいくと、

面接してくれた人(当時の軽い沢方面のGM)

GM「10日後に軽い沢の遊園地に勤務でよければ、二次面接来てください。」

と。

ん???

二次面接ってか、決定後の説明じゃないか。


家に帰って相当揉めた。

「俺は東京を出てゆくつもりはねえ!!」

就職でしかも紹介とかで決まったら、長い間帰って来れない。
絶対いやだった。
友達もいるし!!
全部捨てて行く覚悟が必要だと感じたからだ。


しかし、親はこう言った
「じゃあ家を出てゆけ、50万あげる。その代わり親子として面倒は一切見ない
、部屋でも借りて、好きにすればいい」


僕は一晩悩んだ。

親子絶縁状態になるか、田舎に就職するか・・・


甘えてばかり入られないのだ!自分で生活しなきゃいけなんだと。
親子の縁が切れるのは自分のせいだと。
そう考えると、なんとも自分が情けなくてしょうがなかった。

悩んだ挙句就職を決意した、22歳の春。






コメント

トンペイ日記~旅立ち~

2007-11-26 17:52:56 | Weblog
夕日が木々の影から鋭い光を地面に注いでる。

コバルトブルーのスクリーンにギザギザの黒い影がまるでスクリーンのそれのように、枯葉をまとった木々が写しだされている。


少しの間だけど、初めて東京を離れる。
やけに感傷的になってしまうものだ。

学校を辞め、専門学校に行く決意をして、冬春を雪山で篭ってみると
決めた。
スキー場に履歴書を出した。
唯一採用してくれたところが「菅平高原」

行き先も決まった。


感傷に浸ってる場合ではなくなり、重い気持ちと重い荷物を用意し、身支度をする。




菅平、専門学校とかなり色んな経験を積み、24歳になった。
言わば僕の人生の経験の下地がここで、24からが更に過酷な経験と面白い経験で土台となった。

次回から、フィクションも交えsweet 90's bluefilm として書いてみようと思う。




コメント

トンペイ日記~ムラムラ~

2007-11-21 18:54:52 | Weblog
過去の出来事ばっかり書く日記も、題名変えて青春編になりました。


時は性器末
もうスグ地球が爆発するんではないか????
なんて言われていた時代。

チーマーって言葉を聞かなくなった時代。


僕は人生の転機を迎えた。
高専に行っていたのだが、4年になるとどうもクラスがアウェイな雰囲気。
「オタク」の聖地高専!
軽くイジメ的なものにもあった。

席換えの時に、勝手に一番前にされたり。。。。

モチロン私は、そーゆーの許せないので、暴力で対抗。

散々暴れて、担任とかクラスの人々にアピール。


またもやイジメられっ子講座だけど、苛められたら、まず絶対反抗することが大切だよね。メチャクチャになってもいーーから、とにかく狂ってみる。
だって、イジメられるって嫌じゃない??

俺は死ぬほど嫌だ。

だから、少しでもそーゆーふーな感じに持ち込まれたら、とにかく狂ったように反抗する。何時誰がどういうきっかけでイジメに会うか解んない時代。
自分だけはなんて思わない方がいい!


それに加えて、製図とか専門的名勉強が全く理解できず
断念。

って言うわけで、高専を4年で敗退。

でも、やりたい事があった。

ラジオのDJ

養成所とかも面接勝手に行ってたし。


なんとか、夢を語り、親を説き伏せて専門学校に行く許可を得た。


夏休み明けてそのまま学校には行かなくなった。
ので、4月まで暇

考えた末、スノーボードでワンシーズン山篭りしてみようと思った。
秋は、身支度の為、銀座の「藩」って居酒屋で乱恥の仕事をしていた。

とにかくこの「藩」では、ランチなので、パートの奥様が多く、
私は一人の奥様に恋をしてしまい、オバちゃんだけど・・・・
えーーー俺って。。。
と言うなんとも、ムラムラする気持ちが。。。

幼稚園の時に女子のスカートめくって、マン○を触った時の、なんとも抑えようの無い欲求を思い出した。

上のお皿を奥様が取るときには、脇をそっと嗅いでみたり・・・


初めて、
「あ!!僕は熟女がすきなんだね」
と自覚した。





コメント

sweet 17's map finelⅡ

2007-11-15 18:24:17 | Weblog
自分で自分の日記をスリリングにして楽しんでる。
そんなブログです。

読んでくれている人もいるようで、嬉しくとても嬉しく思います。

finelとか言ってる時点で
「は?だから??」
な感じですが、まぁいーとして、17歳最後の思い出を書きたいと思います。



「鬼殺し」でナンパした中学生を何とかしてやろうと思った、鬼教官を嵌めてやろうと目論んだ私。

呑めもしない酒をチラツカセ中学生の前で粋がった教官は、
ナンパした中2の一番大人ぶってる方に、
「カッコイイ」
などと言われ、完全にその気にになって
「俺の女になれ」
的な不自然なオーラをかもし出して、絶好調の「舌好調」の教官。

僕らは4人
中2達は3人

最初はテーブルを囲んで、酒も飲まずにTVなんか観て談笑していた。

男子側の一人は戦意喪失!寝込みました。

3vs3

有頂天なのはまさに教官だけ。
この状態で数分・・・
「そろそろ会話が滞ってきたぜ・・・ふふふ」
と。会話の流れを止めることなく、且つ、女子が退屈することなく、且つ、
「そろそろ次のステップに」
という雰囲気をなんとか作りだし!
私は悪の計画を実行に移した。

まず、先ほどからテーブルの上で出番を待ってる「鬼殺し」をおもむろに
開栓!!

「コレ呑んでみようぜ」
「かんぱーーい」

と仕掛ける。

中学生は、背伸びしたい盛り。
酒も飲むぜ!といった強がりを利用して、少し飲ませる。

俺らも、少し呑む。
もちろん、中学生が飲んでいて、男子たるもの負けるわけにはいかない!
などと、煽って男子は結構飲む。

でも17歳。

廻るのも早い。

加えて、教官はビール一杯で限界という体(後に発覚したことだが)

でも、教官が一番酒が弱いと薄々感じていた私は
心で「シメシメ・・・全員いい具合に酒が体内に入ったぜ」
と第一段階の成功を噛み締めた。


ここで、第二段階
「ゲームしよーよ」

飲み会でのゲームなんて、この頃の僕たちとか中学生には新鮮だったのと、少々の酔いが手伝って、ノリノリで始めたのが地獄の
「ピンポンパンゲーム」

教官はすでにペロンペロンなんだけど、凄まじいエロパワーと、先ほど中学生から言われた「カッコイイ」って言葉が化学反応を起こし、目がまだまだ生きていた。

あと一発食らわせれば死ぬ状態の教官を私は集中攻撃した。
「パン!!」
「パン!!!!」
「パン!!!!!!!!!」

自分も多少の酒のダメージがあったが、一発喰らった後の教官は
すっかり泥酔!!

読み通りだぜ。

と思ったが、ここでも凄まじいケミカルパワーで復活してくる。

でも、脳細胞を自らが持ってきた「鬼殺し」にやられ
ゲームには一人負け!!

ついに終了。


男子は少々の傷で無事生還
女子は子供2人は無傷
ませてる1人が教官の攻撃をかばい被爆していた。
「あっつーーい」
と、一人ヌードが始まりました。

傍から見れば、中学生に酒を飲ませ、挙句脱がせてるというように
犯罪の匂いがプンプンしますが、俺らは喜んで
スカートめくったり
ブラジャーになった彼女を触ってました。

ここで、ゾンビのようになった教官が現れ、下着になった中学生をベットにさらったのでした。

「なんてしぶとい奴・・・無念・・・」
と思った私だったが、ベットインした瞬間に安心したのか、ついに教官のパワーも尽きた。


トイレに駆け込んで、ゲロの嵐!!
一晩中吐きつづけた。
痙攣しだして、死ぬんじゃないかと心配な夜をすごした。

本当にあれは「急性アル中」

一歩間違ったら死んでた。
俺も刑務所だったかも。


教官は今では、ビール一杯で限界
ジョッキ一杯でゲロします。

そんな彼は頑張ったな。


後に、教官とこの中学生は少しの間付き合っていた。

END


コメント

sweet 17's map finel

2007-11-12 18:32:51 | Weblog
思い出日記17歳編は最終回して・・・


東京って街しか知らなくて。

関東って。。日本って。。
本当は東京なんじゃないの??
って思ってて。

国道17号をまっすぐ行ったら、群馬に着いた時に初めて、感動して。

そしたら、日本が凄くでっかく感じて。

世界世界っていうけど、アメリカって本当はどこなんだかわからなくて。
これから、解明してやるぞ!!

って粋がってた17歳


バスツアーでスノーボードばっかり行ってた。
春休み。

安いし
リフト券付いてるし。

何より女子と友達になれるから!

毎日パラダイス!
違う女子とお話してた。


山の開放感だね。
冬の恋心。


一日中スノーボードして、怪我が治ったばっかりだって言うのに、
中沢氏に「そこの崖から飛び降りろ」
とか言われて、リフト脇の崖から無理に落ちたりして、、
体はもうボロボロになりながらも、一日中スノーボードしてた。

リフト止まって、風呂に入って

まだまだ元気!

夕食時には女子だけのグループを即チェック。
部屋番号と特徴を素早くみんな頭にインプットしてた。

そして、部屋に帰って一服してから、攻撃開始。

偵察隊がフラフラと旅館のなかを
先ほど仕入れた情報を元にさりげなく女子の部屋の近くを
偵察する。

そして、風呂待ち(女子風呂は混雑で風呂前のスペースで待ってる事が多かった)
とかmなんかやたら自販機前とかで、溜まってる女子が多かった。

すると先ほど偵察隊が仕入れた情報を元に、声掛け本体と合流して、発砲!

回りくどい言い方抜きに
私は決死隊だったので「~~ツアーの人でしょ??」

「暇だから、一緒に遊ぼう」

何の恥ずかしさもなしに声をかける。

すると、後ろの「延び」があとは
あとは会話を延ばし、部屋に連れ込むという遊びだ。


さて、一番面白かった夜を書こうと思います。
最終回なので、ぶっちゃケで。

いつもの調子で、女子と仲良くなったんだけど、
どうも若いな!?と思ったら、中学2年だったことがあった。

高校2年の私達。

今じゃあ4歳下でも、たいした事無いけど、
高校生にして中2は引いた・・・・

なんでも彼女達は、学校のスキー教室で東京から来ており、夜は暇なので付いてきたとおっしゃりました。

ませた感じの女子が1人
無理してるけど、どうしても良く見ると子供ってのが2人

まぁいいかという事で、酒も飲めないくせに
「鬼殺し」とかいう酒を持ってきた、中沢教官が、酒を出し、ゲームが始まった。

この教官は女が大好き。

中学生に「鬼殺し」を酒を飲ませてどうしようってのか!
魂胆丸見えだったので、俺は昼間の恨みも含め、教官を嵌めてやろうともくろんだ。


やっぱ次回に最終回を持ち越す。

コメント