茶々のブラボー幸せ日記

2008年6月上旬生まれ雄猫
茶々の目を通し、万人の
幸せ願う日々の一言

№.145 茶々の笑顔は感染症?

2009年02月28日 07時31分16秒 | 言霊
なんでもない笑顔に救われる瞬間というのがありますよね。
笑っている人のそばにいると、なぜだか笑顔になれます。
笑顔は感染症のように空気を媒介に伝わって行くようですね。
だって、一人の笑顔がもう一人の笑顔を誘い
その笑顔がさらに笑顔を誘う。茶々の顔がそのはじめの
きっかけになればいいな!オッモロー!

ほこほこと
笑っていれば
ほこほこと
笑顔がひとつ
おちてくる


中島未月著:「心が晴れる はれ、ことば」ゴマブックス刊より

コメント

№.144 不思議なIphone

2009年02月28日 07時07分33秒 | 不思議


ご主人さまがIphoneに切り替えてから
説明書がないので困っていましたが、最近やっと
不思議な現象をあらわすことに成功したのだ!!
なんでもするね。ご主人さまは!!
茶々も見習って人生おおらかに楽しみたいね!

No124「これがIphoneだ!」もみてね。
コメント (2)

№.143 茶々の韓非子入門(№2)

2009年02月28日 06時28分43秒 | 茶々
「罪をもって誅(チュウ)を受くれば
人 上を怨まず 
跀危(ゲッキ)子皐(シコウ)を生かす」
(不公平は民衆の怨みを招く)
罪が不当なものでなく、刑量もまた過不足なければ、そして
その国ではいつもそのように、
公平であることを民衆が知っているならば、
人は決してお上の決定を怨むことはない。
紀元前3世紀に韓非は、分かり易い説話から教訓を引き、
徹底的に権力の扱い方とその保持についてすでに説いていた。
現在においても十分通じるのに、
身近に感じないのは、なぜなんだろうね?
茶々とご主人様は、プロジェクトを組んで
この難問の解決に行動するぞ!!
応援してね!
コメント

№.142 茶々の韓非子入門(№1)

2009年02月28日 05時57分39秒 | 茶々
昔、曽子の妻が市に買い物に出かけるとき、子供が一緒に行きたいと
泣きじゃくった。妻は「いい子だから、泣きやみなさい。帰ってきたら
お前のために豚を殺して御馳走を作ってあげます」その言葉に、子供は
おとなしく待つことに。
帰ってくると曽子は、豚を捕まえてきて殺そうとした。
妻は「ただの子供との冗談なんですから」といったが、
曽子は「子供は冗談のつもりじゃない。子どもというのは見よう
見まねで父母から学び、父母の教えを聞くものだ。いま欺けば、
それはあの子に欺くことを教えることになる。母親がこどもを欺き、
その母を信用しないようにしむけるのは、教育ではない」
といって豚を殺してしまった。
教育もまた、信頼関係の樹立にほかならない。
言い換えれば、
小さな信頼関係の積み重ねこそが教育であったのだ。
「小信成れば、すなわち大信立つ」
教育の原点は信頼からだよね。
コメント

№.141 表裏一体

2009年02月22日 22時07分02秒 | ご主人さま
表と裏が同じってすばらしいよね!
心に隠し事のない
生き方
この花のように
素直に表現できる世界がきっと
天上にあるという極楽と呼ばれる
理想の社会かもしれないね。
って
最近思うんだ!茶々も
なんでもご主人さまは最近すんごく
この点を研究しているんだよ!
「笑顔で表現」ってサブタイトルらしいんだけど・・
茶々にはまだわからない。

コメント

№.140 茶々からの手紙

2009年02月22日 07時13分24秒 | 言霊
元気ですか?近頃の若いやつはって、ちゃんと言えていますか?
2000年とか21世紀とかに追いついていますか?
ところでどうしましょう!これから。
今の自分に満足ですか?頑張ってきたもんね。いい人生でしたね。
じゃあ、さようなら。
まだ次の自分があると思うなら、どうぞ生きて下さい。
中略
時代が変わる。そりゃけっこー。でも時代って誰だ?
変わらなきゃいけないのは、あんたじゃないのか?
本当に変わってゆくことは、
インターネットがどうしたこうしたじゃねーだろう?
もう少し優しい自分だったりするだろ?
困っている人を見て見ぬふりをしないことだったりするだろう?
ちょっとした勇気だったりするだろう?
普通のあんたが変わって、
はじめて本当に新しい時代がやってくる。
あんたが強く変われば、世の中も優しく変われる。
そう考えりゃ21世紀もいいきっかけだ。
オイラ乗っちゃうよ。
だって変われるって、ドキドキしねえか?
照れくさいこと言った。忘れてくれ。アリガト。サヨナラ
変われるって、ドキドキ

山本高司著「案本」(ユニークなアイディアの提案のための脳内経験)インプレスジャパン
の「北野武からの手紙」2000年カローラCMより


コメント

№.139 究極の幸せ

2009年02月22日 06時44分20秒 | Weblog
「究極の幸せ」とは何か、
「究極の幸せ」のために何が必要かを模索し、
その答えを発見した。
それは、「人間らしさの条件」
 自発性
 心の平静
 価値ある目標の発見とその実現
の3つに要約できる。と記載されています。
研修経験豊富なご主人さまに聞くと、
これを自己実現といって、
人間が目指す究極の世界であると
わかったような顔で教えてくださいました。
茶々も本当だと思います。
今日も獲物を狙うのだ~
野生の本能のおもむくままに・・ムム~ン。

A・マズローの「自己実現」エッセンス!
国司義彦著「自信が生まれる心理学」 三笠書房刊 

コメント

№.138 茶々の雄叫び

2009年02月21日 18時10分26秒 | 茶々
いつもはおとなしい茶々だけれど
たまには
雄叫びをあげるのら~
ガオ~ランニ~
ガオ~ランモ~
ガオ~ニャ~ン!フー!
(猫語の意味)
人生に
失敗という
言葉は
存在しません!えっへん!

コメント (2)

№.137 茶々の春を待つ

2009年02月21日 07時56分02秒 | 茶々
もう春はそこまでなんだよね。
№13の五感で感じるすべてのものがメッセージだ!で
紹介した花の蕾は
もうこんなにしっかりしてきているよ!
茶々の鼻にも
春風の季節の薫りがしたよ!
早く温かく穏やかな
春よ来いだね!

コメント (4)

№.136 茶々の幸せいっぱい

2009年02月21日 06時01分23秒 | 言霊
あなたの人生は
あなただけのものです。
あきれるほど
しあわせを
求めて下さい。

茶々は毎日
一生懸命追求して
その成果を公表して
読者の皆様を幸せにすることが
茶々のしあわせ
生きる道 
頑張ります!!

kazutoshi hirohama 著「心がパッと明るくなった」河出書房新書刊
コメント

№.135 壁

2009年02月21日 05時32分04秒 | 茶々
越えてゆく
壁の
数だけ
手に入れる
勇気とか

壁にぶつかったとき
人の真価が問われます。
その時
乗り越えようとする意志に
人生の意味や価値があるんだろうね。
茶々もめげないぞ~!

中島未月著:「心が晴れる はれ、ことば」ゴマブックス刊より
コメント (2)

№.134 寒椿

2009年02月15日 22時27分09秒 | 茶々
寒椿も春の暖かい日には
春椿だね!漢字では春・春だね!
目白と寒椿をご主人様は狙っていたんだけれど・・・
シャッターチャンスを
失ってしまいました。こんどこそ鶯とね。

心のあかるさと
未来の
あかるさは
不思議なことに
比例するんだよね。

.kazutoshi hirohama 著「そのまんまんまのあなたが大切」河出書房新書刊
コメント

№.133 茶々の遥かな思い

2009年02月15日 22時04分21秒 | 茶々
そらを飛ぶ
鳥でなくとも
ほこらかに
大地の、鳥
であること

「飛ぶこと」だけにただ憧れるのではなく、
今の自分にできることを
丁寧にこなしていく。
そうして、
ほこらかに日々を過ごせたら素敵ですね!

中島未月著:「心が晴れる はれ、ことば」ゴマブックス刊より


コメント

No.132 春が近くに

2009年02月15日 21時46分57秒 | 言霊
もう春がすぐそこに
来ているね!ご主人様は、
梅満開の調査に出かけられました!!
三寒四温だけど確実に春の足音が聞こえるね!
自然の営みに感謝!
やっぱり、すべてのことに
「ありがとう!」だね!

コメント (2)

No.131 茶々のおもてなし

2009年02月15日 07時25分37秒 | ご主人さま
ご主人さまは、ご結婚してからず~とお休みの日は、
簡単オリジナル料理をして、家族を起こして食べさすのだよ!
最近は茶々が一番だけどね!

あまいや
すっぱい
色とりどりの
ドロップみたいね
まいにちは

中島未月著:「心が晴れる はれ、ことば」ゴマブックス刊より
コメント

ブログUP

cbist::無料アクセスアップ
<iframe src="http://www.cbist.com/serv/3820/3790/011-014-009/0/3/0-0-1-1-0/" width="468" height="200" scrolling="no" frameborder="0"></iframe>