鎌倉の音楽教室(ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、フルート、声楽、赤ちゃんからの音楽教室)&英語教室♪ Gauri

0467-22-6324 gauri1016@mac.com
ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラフルート、声楽、英語教室

相馬市長 立谷秀清氏 全国市長会会長就任祝賀会@福島

2018年07月31日 | Weblog
ガウリのホームページはこちらでございます。
ぜひご覧下さいませ




生活紫外線が海岸と同じなところにおりますので、みんなで真っ黒な鎌倉です🌞
私は13年前から、大好きな友人のお子さんのピアノを教えるために、葛飾区四ツ木まで通っているのですが、四ツ木に鰻の名店があったと先日知りまして、その生徒さんご家族がお席をご用意くださって、カリトロの素晴らしい鰻「坂東太郎」をご馳走して下さいました♡
最初、娘のピアノを教えて欲しいと言われた時「お金は要りません。が赤字はいけないので電車賃だけ下さい」と気持ちで動いた私に対し、何倍ものお気持ちでそれを返して下さって、結果過分にいつもお心遣い頂いている美しいご家族。
13年間、鎌倉ー四ツ木の距離を一度も遠いと感じさせたことがない、本当に気持ち良く通わせて下さっているご家族とのお食事は、とても楽しく幸せなお時間でございました感謝

その前の週までなかなかハードな日々でございましたので、鰻パワーで元気回復



福島へも参りました
この度全国810の市区町村トップとなられた、相馬市町長 立谷秀清氏の全国市長会会長就任祝賀会が福島で行われ、そちらでピアノを弾いて欲しいとご本人からご依頼頂き、眩いVIPの方々の中でピアノ演奏させて頂いて参りました🎹♪

義理人情の方、立谷さん。リクエストされた曲全てに理由があり、弾きながら泣けました。
そして、福島の方にお願いなさればこんなお手間もお金もかからないのに、鎌倉からわざわざ私に来て欲しい、貴女にお世話になったからと仰るその理由にも泣けました。
私はただ、あの東日本大震災の時、無我夢中で前を向いて頑張られていた方々に心を寄せただけで、何もしていないのに。

とある市の市長さんが、立谷さんのご当選に「全国市長会の会長になることは、大臣になる事より難しいのはでないかと思います。本当に凄いことです!」と興奮してお話し下さいました。
確か東北から会長が選出されるのは非常に稀な事で、更に相馬市は小さな市です。その市から全国のトップに圧勝(40対7対9)で選ばれるご信頼。
相馬市は立谷さんじゃなければ復興しなかった。ずば抜けて素晴らしい復興を遂げています。
相馬市の震災孤児は50名以上全員に1千万円ずつ与えられ、進学出来るための学力向上のケアが行われ、親御さん亡き後、全員進学が出来て車の免許を取ることが出来ます。



わざわざ鎌倉から来るからと思われたのでしょう、こちら福島のフリーアナウンサーさん大和田さんが、夜の会なのにお昼から私をご案内して下さり福島を楽しませて下さいました。


お昼にいただいた福島のソウルフードなる「ブルブル」♫いただくと美味しくてブルブル震えちゃうからだそうです

こちらお世話になった大和田さんのご親戚が、この週末に福島から往復26時間かけて広島へ、過日の大雨被害に遭われた方達のためにいらっしゃるそうです。
2011年3月11日の大震災で、福島県浪江町にあった杉乃屋さんという焼きそば屋さんも流されてしまったのですが、今は二本松駅前に再建されているそうで、そちらの杉乃屋さんが、あの時自分達も皆さんに助けていただいたからと、この焼きそばを食べて元気になってもらいたいと、広島へ焼きそばのお道具を持って車でいらっしゃるのにご同行されるそうです。

きっと、あの時ご自分達が見てしまった津波、体験した辛さを思い出されて、いてもたってもいられないのではないかと拝察致します。まだあれから7年ですから、前を向いて毎日をお過ごしでいらしても、お悲しみは昨日のことのようであろうと拝察致します。

ご立派に再建された方がいらしてその姿を見せて下さったら、広島でお辛い状況にいらっしゃる方も、元気をもらえるでしょうね。
たまたま偶然、私も5月から決まっていた広島での友人4名での会食があるタイミングと重なりますので、滞在中の予定を変更して、何か焼きそば活動のお手伝いが出来たらと思っております。

素通りは出来ません。
かなり役に立たないタイプなので、いつもはお金を集めてお送りして能力のある方に使っていただくのが一番効率が良かろうという形を取るのですが、今回は近くにおりますので、もしもこの色々出来ない人でも人手が必要なようでしたら、お手伝いさせて頂けたらと思います




立谷さんと、大和田さんと、美しきフリーアナウンサー佐々木瞳さんと

国単位で行うこと、県単位で行うこと、市区町村単位で行うこと、それぞれですが
やはり私たちの生活に密接なのは市区町村単位での働きですよね。
数年前、マニュフェスト大賞も受賞された立谷さん。これからますます素晴らしい手腕を発揮されますように。


立谷さんのお言葉で印象に残ったことを。
「しがらみの無い政治って言う人がいるけれど、しがらみって大事なんだよ。それぞれにしがらみがあるから助け合う。
しがらみの事を震災の時になんて言ったか。絆って言ったんだよ。
だからね、しがらみは大事にしなくちゃいけないんだよ」

義理人情とも、言うかもしれないですね さすが着メロ寅さん。















コメント (2)

一般社団法人GAURI無料親子コンサート〜ハッピーコンサート〜

2018年07月30日 | Weblog
ガウリのホームページはこちらでございます。
ぜひご覧下さいませ💓





先日、今年3月から始めました一般社団法人 GAURI主催無料親子コンサート、第4回目のハッピーコンサートがございました。
毎月行っておりまして、来月は8月25日にございます











赤ちゃんが泣いてもお子さんが踊ってもOK🎵なコンサートでございます。
今回も結局鎌倉市長谷まで片道1時間かかる茅ヶ崎や、遠く川崎から多くの親子さんが音楽を楽しみに来てくださいました
こういうの、無いのでとても嬉しいですと皆様がおっしゃいます。
ご近所に当たり前にあれば良いのにと思いますが、会場費や出演料をサポートするスポンサーがいるか、演奏家が無償協力しない限り成り立ちませんので、確かに無いのかもしれないですね。
自治体主催のワンコインコンサートなどたまに見かけますが、大きなホールも良いですけれど、こちらでやっておりますように、楽器の振動が伝わる近さでの生演奏は格別かと思います。


次回は、お教室に置いてある1つのアップライトピアノを調律師さんに分解していただき、ピアノの中身をご覧いただいて、楽器というものへの興味をより深く出来たらと思っております。
その後、グランドピアノがございますお部屋に移動してのミニコンサートとなります。
よろしければ是非ご参加ください🎵
お申し込みはガウリまで。gauri1016@mac.com✉️ 0467-22-6324☎️



先日、一般社団法人GAURIの顧問をしてくださっているシンガーソングライターの玉城ちはるさんが、鎌倉で講演&コンサートしてくださいました。
満席の会場客席では、皆様が泣いていらして😢、感動されていました。
毎年秋には、立川市で同じような舞台を私のピアノ伴奏でしております。


そして、全国でコンサートツアー中の彼女
チラシ右下に、一般社団法人GAURIの事を載せてくださっています。感謝♡


9月15日には、法人理事をして下さっている大阪大学名誉教授の丸山剛郎氏と千葉大学医学部で研究をされているドクター亀田義人氏による「鎌倉健康講座〜認知症を予防・改善して健康長寿〜」を主催いたします。
お二人のご研究内容が素晴らしく、是非鎌倉の方達にお話しして欲しい!といきなり思いついての開催でございます。
入場無料、鎌倉市役所前にございます商工会議所地下ホールにて行いますので、是非ご参加くださいませ。
お申し込みは一般社団法人GAURIまで。
gauri1016@mac.com✉️ 0467-22-6324☎️

よろしくお願い申し上げます。









コメント

Musicschool Gauri Summerconcert 2018 vol.14を終えて

2018年07月28日 | Weblog
ガウリのホームページはこちらでございます。
是非ご覧ください💓





過日海の日に、今年も楽しく夏の発表会を終えました。
ご協力くださいました皆様に心から御礼申し上げます。

いつも私が会場入り口に置いておきますプログラム↑は、私が各自折っていただけば良いかなとそのまま置いておきますのを、今年も母がそっと折ってくれていたようで、生徒さんのお母様から「今年もお母様が折っていらっしゃいました😢」と教わりました^^;
母も毎年の皆さんの姿をとても楽しみにしてくれていて、私は未婚で孫もいませんので、孫の気分かもしれません。


ガウリの講師をしてくださっているヴァイオリンの御子柴千夏先生とフルートの監物理嘉先生。
他にヴァイオリンの崎山美和先生と声楽の川瀬久美先生がいらっしゃるのですが、全ての先生方が私の自慢です。
こんなにも品が良く賢く優しくあたたかく、大人の強さと大きさを持って子供達を導いてくださる先生が、というかこんな素晴らしい人がそうそういらっしゃるだろうか、といつも出会えた幸運を想います。
塾のような大勢対一人の習い事ではなく、マンツーマンでその人の人間性ごとお付き合いする習い事は近年減っていますが、親御さん以外の信頼できる大人に触れるということは、とても大切な財産です。
私は今でも、品の良さや優しさを考える時、小学校1年生の時に教わったピアノの先生を思い出して「こんな時先生ならいかがなさるだろう、なんておっしゃるだろう」で判断する事があります。
寛容さを考える時、お茶の先生が私に示して下さっている事を想い「自分だってしていただいているのだから」と考えます。

もっと多くの子供達がこの素晴らしい大人・ガウリの先生方に触れたらよろしいのにと想います。



お世話になっている講師の先生方へのお昼も、とても体に良いものを母が用意してくれています。
発表会の朝は早くコンビニエンスストアしか開いていないので、本当に助かるし嬉しいです♡



ソワソワして客席で待てない人たち💓


「あのね、ぼくね、しゅーぱーしゅたー🌟になるの」と言って一人眩しい舞台に出てゆきしっかりとお辞儀をして演奏して帰ってきた3歳の男の子。先生ウルウルです






ソロ演奏。


大阪大学名誉教授の78歳の生徒さん。
何千人という方の前で講演をよくされている方ですが、舞台で演奏するという事がこんなにも怖いこととは知らなかったと、お子さんの時にこういう経験を積み重ねることがどんなに大きなことかとおっしゃっていました。

中学生になりますと部活などで出たくても出られる事が当たり前でなくなる発表会。ということは、もし小学一年生からなら毎年出ても人生で6回なのですね。
目標を持って前へ進む過程から、緊張する非日常でそれまでの努力・持っている力を出す事、例え失敗してもなんとか自分一人で責任を果たして堂々とお辞儀をしてくる事、ほか全ての経験が、大変貴重で子供達の成長に大きな役割を果たすものです。
今年もそのお手伝いが出来たなら、とても嬉しいです。


他のお教室から移られてきて、楽しい!とお喜び下さっている生徒さん。
発表会で同じお年の男の子と連弾出来た事もとても幸せな体験のようです




幼稚園からの親友で、毎年連弾しているチーム。






姉妹共演🎵




親子連弾🎵


今年もそれぞれの方にとって充実した良いお時間となり、嬉しいです。
また、人が頑張って演奏しているときに何故おしゃべりをしたり客席を歩いたりしてはいけないのか、優しい気持ちになれば分かること、思いやりをお教室でのリハーサルで毎年教わる子供達は今年も本当に優しく静かにお友達を応援しながら聴いてくれていました。
きちんとしているのにピリピリしていなくて優しい、それがガウリの特徴だと想います。
皆様のおかげです




終演後、先生方とゆっくり過ごした後、発表会に初出演された78歳の生徒さんや仲間たちと、打ち上げお食事会を友人のお店かまくら和久さんで致しました。


こちらのポートフォリオのインポーターをされている友人もご一緒で、皆様でポートフォリオと同じく彼女がこの度新しくインポーターをすることとなったルタムを美味しくいただきました🍷






発表会後のレッスンはまず「先日は(または発表会では)お世話になりありがとうございました」と無理矢理お礼を言ってもらい、私が「いえいえ、こちらこそ…」と返礼し、それからレッスンを始めています。
前に何かお礼お伝えすべき事がなかったか、お詫び申し上げるべき事はなかったか、その場でお礼やお詫びをお伝えしていても、もう一度次にお会いした時にまずそれをお伝えしてから次が始まるのだという事をこちらも毎年やっておりますので、すっかり子供達もそういう事が自然に言えるようになってきました
私はいつも「素敵!素敵な事が言えた!!」と絶賛しております

大人になんてすぐになってしまいますし、子供の時に見聞きしているこういう事が大人になった時に彼らを助けます。









先日の葉山花火大会を懇意にしている方のお宅で楽しませていただいたのですが、ピアノやウクレレがございまして、お食事の後に代わる代わる演奏して楽しみました。
例え初心者や酔っ払いの演奏だったとしても、ただのご飯会に音楽が加わる事で全く別格の豊かなお時間となります。


滋賀県からわざわざおみえになった方がいらして鎌倉パークホテルにご宿泊されましたので、長谷チームで翌日の午前中朝ごはんからご一緒いたしました。
朝ごはん後もお一人の方のお宅でピアノ演奏を楽しみ


音楽を非生産的なことと考えられたり、競争社会に不要なものと考えられたり、無くても良いものと考えられる方もいらっしゃいます。
でも、目先しか見ていないとそう思われてしまうのかもしれないですが、本質的に全く違います。
人間にとって一番大切なものは身体と心、この二つです。
二つのうちの半分を担っているのです。もっとも大切にしなければならないものの一つです。





















コメント