漂えど沈まず

川遊びやその他もろもろ がん103記す

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

合掌型石室?男鹿川アッパーDR(サイカチ橋~男鹿の湯)20170910

2017-09-15 01:13:55 | フネ

男鹿川ダウンリバー中に合掌型石室発見か!?


人工物と見紛うほどの完成度と巨大さに驚きました。
同行者と比べてみて下さい。


暗いので、奥に玄室があるのかどうかは不明です。
なんて冗談を口にしたくなるほど素敵な廊下を漕いで来ました。

メンバーは前夜の肉パーリーからご一緒のナスミンさん、「男鹿川は快適水位」とのガセネタを掴まされてしまった元やんさん&わたくし。
独鈷沢テレメータ0.48m。
低水位の為ユウ沢橋~男鹿の湯のベリーショートコースを考えていましたが、川を見ながら上流に向かうと、一本上のサイカチ橋から漕げそうです。
釣り人が設置したと思われるトラロープを伝って川原に降りました。


水は少なくてもストレスなく漕げました。




天気が良くて、木漏れ日の中を漕ぎました。


はねしょから下はまだ一度しか漕いだことがないので、瀬の度に下見です。









岩出まくりの瀬は、オレのサイドエフェクト「行っちゃダメだ」と言っていたのでパスしました。
元やんは涼しい顔して行きましたが。。。

この先が合掌型石室様のクランクです。
岩の上から下見した時は分かりませんでしたが、かなり落ちてますね。


この下の廊下は素晴しくキレイでした。




そしてまた木漏れ日の中を流れて行くのでした。



動画長いです。
カップ麺にお湯を注いでから食べ終わる位時間かかります。




コメント (2)

男鹿川・中三依コースDR20170903

2017-09-03 23:41:59 | フネ

台風15号が逸れて雨が降らなかったので、カフェオレじゃない男鹿川・中三依コースが漕げました。


今日のメンバーはへーちゃん、会長、シャケ、シショー、ナスミン&わたくし。
独鈷沢テレメータ0.55m。

前夜から栃木入りして漕ぐ気満々のへーちゃん。
今日は慣れないリバーカヤックです。


前回はSUPで、今日より水量少なく思うように漕げなかったのですが、今日は水量・水質・天気どれをとってもグッドです。

シショーはいつでもどこでもフネを動かしています。


こんな所でバランス崩しているようでは、まだまだ上三依コースには連れて行けないな~、へーちゃん。


思ったより水があって、お日様も出て、時折秋めいた清々しい風も吹いて、気持ち良さが止まりません。
ナスミンもニコニコ。


後半は川の流れにだいぶ慣れてきたへーちゃん。


アテラ沢出会いは以前の状態に近づいてきています。


砂利の上を滑るように流れていくのが楽しくて堪りません。


シャケはロール不調だったので、ゴール手前でロール練習。


へーちゃんは1年半前にぶった切った丸太と記念写真撮ってました。


気持ち良すぎて珍しく2回戦目突入しました。
軽トラはホントつかえますね!

コメント (4)

大芦川(初)DR20170811

2017-08-16 21:59:42 | フネ

震災の年の秋にelfツアーでここを漕ぐ予定だったのに水がなくて漕げず、その後も計4回、ここを漕ぐ機会があったのにことごとく水がなくて漕げなかった大芦川。
やっと漕げました。水ありました!
ここの水位計もあまりあてにはならないようですが、御幣岩橋マイナス0.06~0.07m。
初めて漕ぐにはちょうどいい位の水量でした。
今日のメンバーはピーノさん、masuさん、shinoさん、ハッシーさん、黒ブレさん&わたくし。



カメラもアクションカムも家に忘れて来てしまったので、ピーノさんから画像いただきました。ありがとうございます!

暑くないし小雨も降ってるので、釣り人も川遊び&BBQの人もいないんじゃないか~なんて思っていましたが、けっこういました。



この川かなり岩々です。この水量で良かった。



そして水がとってもキレイ。
水中メガネで覗くとお魚がいっぱい見られます。
これだけキレイなのにアブはほとんどいませんでした。なんでだろう?

川の横を道が通っているので景色はあまりよくありませんが、安心感があります。



それにしてもmasuジイの元気いっぱい具合にはいつも驚かされます。
お約束を忘れないところもサイコー。


近いうちにまた行きたいなー。

コメント (2)

男鹿川DR20170726

2017-07-27 23:40:35 | フネ

前日夕方、久しぶりに雨が降って独鈷沢の水位計が1mを越えました。
すぐに70cm台に下がりましたが、それでも70cmあれば充分です。
まこっちゃんもチェックしていたようで、とんとんと話が進んで男鹿川を漕げることになりました。

吾助小屋でフネを出す準備をしていると、散歩中の近所のおばあちゃんが話しかけてくれました。

雪にはくれぐれも注意します。

小さいウェーブやホールがあちこちにあって楽しいッス。




めいぷる全景。




スライダーです。楽しー。


好調でリーンもいつもより深いです。


サイカチ橋下の三段(カタパルトと呼ぶことにします)。

今日はマイルドですね。
ここでアクションカムのバッテリーが切れました。
1時間も撮れなくなりました。

カタパルトの下も適度な瀬とスポットで遊べます。


まこっちゃん、平日一緒に遊んでくれてありがとう。
またよろしくお願いします。

コメント

摺上川(初)DR20170723

2017-07-27 22:21:12 | フネ

7/23はナスミンさんと檜枝岐に行こうと思っていたのですが、天候悪化の為尾瀬歩きが中止になった元やんさんが、福島は飯坂の摺上川を案内してくれました。
メンバーは元やんさん、仙台のmt村さん、ナスミンさん&わたくし。
摺上川ダム放流量7.2t。
取水堰堤までの前半は、わたくしでも怖くない程度の勾配の瀬がいくつもあって楽しく漕げました。

白糸の滝。冷たくて気持ち良かった。

後半は取水されてしまい、前半とは打って変ってザラザラでした。
岩の間を縫うように進む、わたくしの苦手なタイプの川。


色んなとこで引っ掛かって沈しそうになり、体勢を戻そうと入れたパドルも岩にはじかれ、手近にあった岩に両手をついてフネを戻してるの図。
後半は谷がグッと川の両側から迫って来て絶景です。
崩れそうな岩山が頭の上にせり出してます。
「これ、今崩れて来てもおかしくないですねー。怖ッ!!」



朽ち果てた吊り橋。
今でも猿は使ってんのかな。

漕いだ後は元やん行きつけのとんかつ屋。絶品ソースをたっぷり掛けた分厚いとんかつで、おひつに入ったご飯を茶碗3杯ぺろっと平らげてきました。食わなきゃいいのに。まったく。
締めは摺上川を見下ろす温泉。45度の熱湯にヒーヒー言いながら入って来ました。
そのせいか、前日久慈川でアブにさされて腫れていた右腕だけでなく手の甲まで腫れて、ドラえもんの手になっちった。

元やんさん、mt村さん、アブが大人しくなった頃また来ますので、別の川にもどーか!どーか連れてってくだたい(小松政夫風)。
よろしくお願い致します。

補遺ひとつ
元やんと漕ぐと100パー沈脱する呪いからきれいさっぱり完全に抜け出しました。長かった。今はナスミンがその呪いに掛かっているようです。

 

コメント