遊asobu☆による保育士向上委員会

保育士試験を合格された新人国試保育士さんや保護者さんのためになる記事やコラム。あとバドミントンなど。

保育のお仕事紹介! 児童館の仕事の内容と魅力について

2022年10月11日 | 保育のお仕事

私自身、元児童館の児童厚生員だったわけですが、

児童館の仕事が大好きなんです!

 

いまだに笑

 

児童厚生員のことを昔は遊びを指導するものという名称でした。

 

そのころは厚労省も遊び心がありましたよね♪

 

そしてこのブログ自体も元児童館職員の立場として書きたい!!!という想いもあります。

 

私自身はいくつかの子どもの施設を経験しているのですが、やっぱり児童館は素敵!だったなあと今でも思ったりします。 


その理由はというと…



まず児童館は、

1,0~18歳のすべての児童が対象であること(障害があるかないか関係なく、社会的養護が必要な子ども、親、親の予備軍の中高生などを対象に出来ます)

2,児童福祉においては自由度が高い!

3,地域のニーズに合わせて無限に事業を企画出来る!


〈規模の違い〉

まず児童館には規模の違うところもありますが、大型児童館の場合はどちらかというとテーマパークに近くて、好奇心を満たしたり、非現実体験で感受性を豊かにするというような目的になるのかな?って

一方、小型の児童館は地域密着で、親近感があって児童なら誰でも気軽に利用できるってところが魅力ではないでしょうか


〈お仕事内容〉

大型児童館はイベント企画運営や遊具管理、入場者管理なんかが仕事になるのかな? 働いたことはないけれど、一度自らのスキルアップ!のために遊びに行きましたが、大型も一度にたくさんの子どもたちを対象に夢を売るような大きなイベントが出来るところが魅力的だなと。 でも職員になるとなると、かなりの競争率だろうという想像ができますよね。 

数年に1度程度は求人があるようですが。


私がお世話になった児童館は、地域密着の学童と一体型の小型児童館で、午前中は主に乳幼児親子のイベントを中心に、午後は学童クラブなどの小学生中心に行事を企画していました。


学童クラブについては、詳しくまた触れる機会があればと思いますが、学童クラブと児童館の統合型が多いのではないでしょうか。 理想は学童クラブの子ども達とその他の子ども達が別々に過ごせたり、別々の企画が出来るほうが、対象を絞って企画ができるのでいいと思います。 それには児童館の構造が問題であったりしますが。


午前中の行事は乳幼児親子対象に設定遊びをしたり、母親、父親教室を開催して子育ての悩みを共有したり、手作り、クッキング、ヨガなどのサークル活動を支援したりなんかしていました。 

また近くの保育所と交流合同企画で設定遊びをしたりもありました☆

午後は学童クラブ中心になりますが、その他の子どものためにもおやつやてづくりおもちゃを作ったり、長期休暇中にはお出かけ行事として、キャンプや映画鑑賞、遠足も楽しい行事でした。



最近の傾向としては、開館時間を延長して、中高生ももっと利用してもらえるように、パソコン教室を開いたり、宿題をする場所の提供などの居場所作りをしているところもあるようです。 でも私の印象としては、児童館という構造の問題や小学生中心の環境になっているところ、また仮に小学生と中高生が一緒に過ごすことになると、それなりの管理面の問題や企画を立てても難しい面がたくさんあるように思えます。


結局、児童館での中高生支援はかなりの工夫が必要ではないかな ?


中高生対象の企画として以前からやられていることで、乳幼児親子と中高生と一緒に遊んだり、子どもを抱っこする経験をしてもらって、子育ての楽しさ、すばらしさを伝えるなんかは、これからもやられる定番の企画だったりします。



0~18歳のすべての児童が対象の児童福祉施設は児童館だけ!なので、工夫次第で無限の可能性があると思います これが絶対的な魅力です!



そして、これは個人的なのですが、児童館は児童虐待を防ぐことができる!!!と考えていたりします。


それはなぜか?


虐待は人付き合いが苦手であったり、親戚づきあいもなかったり、離婚したりで子育てにおける支援もなく、孤独に子どもと向き合っている親子に起きたりいたします。 それに貧困がからむと、ますます深刻になります。 


なので、児童館を気軽に利用してもらうことで、職員と世間話をしたりする中で、悩みを打ち明けたり、子育てにおけるストレスを解消していただいたりで、少しでも支援することで気持ちの面で余裕を持ってもらえるかなーなんて思ったり。 


また経済的な面で苦しい家庭には、福祉の情報も提供できたり、母親クラブ、父親クラブなんかに参加してもらって、横のつながりを作って悩みを共有できることで、気が楽になることもあるかなと思ったりもします。 そういうところは保育所などよりも、敷居が低く、利用しやすいんじゃないかなって。



児童館のお仕事はとても魅力的なのですが、毎日行事があってとても忙しかったりするのですが、休みも少なく、お給料も多いとは言えないところが、もっとも大きな問題ではないかなと涙


もっと行政側にも世間的にも重要な社会資源として児童館を認めてもらう必要があるんでしょうね…

 

以前に書いた記事にプラスすると、、

 

子ども食堂を企画したり、事業をしてもらう場所にして頂いたりということも出来ますし、

 

児童館は児童福祉の課題を予防することが出来る、唯一の児童福祉施設だと思います。

 

先ほど書かせていただいた、虐待を防ぐということもそうですし、障害のある子どもや社会的養護の必要な子どもの素の状態に触れることが出来ます。児童館に来る子どもたちは、先生の前でもない、親の前でもない、友達の前でもないありのままの姿を職員にぶつけてきます。 それを受け止め、背景を知りながら、子どものニーズにこたえることが出来るのは児童館しかないのではないでしょうか。

 

児童福祉の課題を予防的に解決できる施設なのに、その重要性がイマイチ伝わっていないことと、それくらい重要な任務を課されている児童厚生員のお給料がとても少ないというのは、どうにかならないものかなって歯痒い気持ちです。

 

 

asobu☆

 

新人保育士のための10の講座


芸能界でアイドルとして売れることと、子どもの福祉とは関係がないことについて

2022年09月27日 | 保育の時事問題

私は今の芸能界のアイドルの育成には問題があるのでは?!と考えていたりします。

 

子どもたちを取り巻く大人たちは、子どもの将来を長い目でみているのかなって。

 

今がよければそれでいい!と思っていない?

 

芸能界で売れることが人生のすべてではありませんよね。

 

芸能界は不確定な要素がたくさんあります。

 

駆け出しの新人ならなおのこと、芸能界だけがすべてじゃないよ!ということは、伝える必要があると思うのです。

 

ほとんどの人が活躍できずに消えていくことを考えるとなおさらだそう思うんです。

 

また、たとえ芸能人として運よくスターになれたとしても、

 

人生のピークは今!ではありませんよね。。

 

今後の人生の方が、はるかに長いのです。

 

そして、10代やそこらの子どもはまだ心身ともに未熟です。

 

本人は大人と思っていても、まだ成長途上です。

 

そんな心身ともに未熟な子どもを利用するのですから、

 

アイドルを育成する大人は、本人が大人に成長するまで、責任を持たないといけないと思うのです。

 

特に人間育成といいますか、人格の形成といいますか。

 

どう見ても使い捨てでは?!と思われるような気がしてならないのです。

 

10代で人気が出て、周囲にチヤホヤされたり、一度に大金を手にした時の心の成長に対する影響や、

 

今が人生のピーク!のような錯覚を感じた時の、今後の子どもへの影響などを大人は考えるべきだと思います。

 

また、芸能界で売れることがすべて!と頑張らせた子どものその後の人生はどうなってしまうのかとか。

 

元々芸能界に入って活躍したい!と思う人がみんな自分の人生はどうなってもいいとは思っていないはず!ですが、アイドルの育成に携わっている大人の方々は、その辺りに対してどういう風にお考えなのかなって。

 

 

 

国試保育士遊asobu☆

 

新人保育士のための10の講座

 

 

 

 

 

 


映画アニメレビュー 竜とそばかすの姫を子どもが見たら

2022年09月24日 | 児童福祉な映画

細田守さんの映画にはいろいろありますが、

この竜とそばかすの姫は、とても考えさせられる要素がありました。

 

(少しネタバレを含みますのでご注意ください。)

 

一番は、主人公すずの母親が亡くなった原因です。

 

私にはそれが全てといってもいいくらいのメッセージに感じましたが、

 

自分の子ではない子どもを助けたために、

 

命を落としてしまいます。

 

それを主人公のすずはずっと引きずっているように見えます。

 

なぜ?!の嵐笑

 

母親は利他的に生きる!!という姿を見せ、

 

亡くなります。

 

具体的には伝えた訳じゃなく、

 

命をとして姿として見せてこの世から居なくなります。

 

人は他人の自分だけのために生きる姿を見ても、あまり感動したり気持ちを揺さぶられたりはしません。

 

本当に心に刺さるのは、

 

人が他人のために動いたとわかった時、自分の人として生まれてきた本来の意味を感じて、感動するのではないでしょうか。

 

それが人としての本能なのかもしれません。

 

2番目には、現実世界でさえない生活をしている人が抱えている問題や課題を反動のエネルギーにして、仮想空間でのキャラクターが形作られるという設定が絶妙だなって笑

 

現実世界でさえない生活をしている人は、仮想空間でもそうなんじゃないかという疑問があります💦

 

将来的にもし生活空間の一部にまで仮想空間が溶け込んだ時、仮想空間での自分が全く違う人生を歩むということは可能なのでしょうか?

 

生産性もお金を稼ぐ力も、社会性もコミュ力も現実世界での自分を反映したものになるのではないかという疑い。。

 

そう考えると仮想空間は全くバラ色とは思えません。

 

さらなる自己知覚によって、より鮮明に自分という存在を自覚する可能性もあります。

 

3番目には、虐待をされている子どもが出てきますが、

 

父親にされていますね。

 

ここはあえて母親じゃなく、父親なのでしょう。

 

ありがちな母親の日常の様々なストレスによる精神的な不安定さよりも、父親の仕事含めた、鬱屈した現代の生活を暗に伝えたかったのかもしれません。

 

私は児童虐待は父親が悪いとか母親が悪いとかいうよりも、

 

子育てに必要なサポートがない、もしくは足りないことが問題の本質だと思っています。

 

孤立無援であることが問題の本質だと思っています。

 

子育ての能力が低いあるいは向いていないご家族は実際に存在しますし、それが悪いということではなく、そのご家族に合った支援があるということが重要です。

 

それを子どもを産んだのだから直ちにすべては両親の自己責任!であると考えるようでは、児童虐待はなくなりません。

 

子どもが居る!ということは、即他人事ではないのです。

 

誰もに関係があります。

 

直接かかわりがあるかないかは関係がありません。

 

歳をとって、自分が人間としても社会人としても終盤になっていき、衰え始めた時、

 

その時の社会を作り、動かしていくのは今の子ども達なのですから。

 

そして、子どもが虐待をされている場合、

 

実際は仮想空間があっても見つけられにくいにかもしれません。

 

今のままでは仮想空間があることで、虐待を受けていることを子ども自ら発信して、助けを求めることが出来る!とは思えません。

 

映画でもたまたま見つけられた感じですよね。

 

子どもが幼いと、虐待を受けていると子ども自身が自覚することも難しいですし。

 

なので、現実世界でもよく思う事なのですが、私は幼い頃から子ども自身に虐待とは何かを大人が説明をしておいた方がいいと思っています。

 

一部の保護者などが反発をするでしょうけど、

 

正当な反発する理由はないのではないでしょうか。

 

自分は虐待を受けていたんだ!と自覚をし、ショックを受ける子どものケアは大切かもしれません。

 

それよりも、子どもの命や人権を出来るだけ早く守ることが、子どもに関わる大人の役割だと思います。

 

それ以外に早期発見の解決方法はないかなと。。

 

 

最後に全体を通して、歌がとても印象的ですね♪

 

ベルが歌う歌は、メロディがわからなくても、一緒に口ずさみたくなります笑

 

人と人とを繋ぐツールとしては、歌はわかりやすいし、国や信条を越えて誰もに伝わりますし、何かを伝える時のハードルが低くなります。

 

その歌の効果を十分に感じるために、音響効果を最大限にするため、映画館で見る方がいい作品だと思います。

 

 

 

※この作品を私の癖である笑、子ども目線で考えますと、

小学校に入った辺りから見てもらえたら、内容を深く考えることはまだ難しいかもしれませんが、感じるものはあるのではないかと思います。また、大人と一緒に見ることで、キャラクターの心情や考えを解説しながら、意味づけをしていくことも可能だと思います。

 

 

 

国試保育士遊asobu☆

新人保育士のための10の講座

 


保育士も組織の一員であることを意識しよう!

2022年09月21日 | 保育士の向上

私が保育現場でどうしても気になっていたことがあって、

 

それは、組織を意識して働いている保育者がとても少ないということです。

 

私が考える、保育が組織としてうまく機能するための条件は、

 

1,指揮命令系統が一貫している

2,保育現場で愚痴や陰口を言わない

3,誰でも意見が言える雰囲気がある

4,先輩、上司を尊重する

5,チームワークを意識する

6,園全体の方針が職員に伝わっている

 

これらのことが大切だと思っています。

 

一つ一つ見ていきますと、

 

1,指揮命令系統が一貫している

 

これは出来ていないところが多いように感じます。

 

言い換えると、上下関係を意識して働くということでもありますが、

 

後から入ってきたパートさんが指示したり、命令をしたりということがよくあります。

 

知識や経験があるからいいじゃないか?!と思われるかもしれませんが、

 

組織としてはあまりよくありません。

 

組織として働く以上、先輩や上司を尊重しないと、

 

違う指示や考えがあちこちにあり、どれを優先して動けばいいのかわからなくなり、混乱してしまいます。

 

保育では後から入ってきた職員の方が、知識や経験があるということが往々にしてあります。

 

それでも、最初からある組織は、基本崩さないのが重要です。

 

先輩や上司にもプライドがありますし、これまでやってきた考え方があります。

 

力のある方からすると、大した保育をしていないとか職員を見下ろしたくなるお気持ちはわかりますが、

 

後から入った職員は、立場は一番下だと思ってください。

 

年齢が上でも、知識や経験が豊富でも。

 

それが組織の一員として働くという意味です。

 

もし、主任や園長なども力を認め、この人に園を引っ張ってもらいたい!という人材であるなら、

 

役職を明確に与えることです。

 

後から入ってきた方でも。

 

そして、上下関係をはっきりさせることです。

 

それがまとまりのある組織として、いい保育ができる条件じゃないかなって。

 

後から入ってくる力のある保育者が、これまでやってきた保育に上から意見を言い出すと、ややこしくなります😨

 

もし意見があるなら会議など、公の場であくまでもこれまでやってきた保育や先輩や上司を尊重し、下の立場から意見を言う、そういうふるまい方が大切です。

 

2,保育現場で愚痴や陰口を言わない

 

これはあちこちで聞くのですが、

 

ひょっとしたら女性特有なのかもしれません。

 

女性自身も認めていたりしますが、、汗

 

もし、男性が会社の仕事場で、誰かの陰口をあちこちで言う人がいたら、みんなその人から離れていくのではないかと思います苦笑 同僚から人としての評価も下がってしまうのではないでしょうか。『あいつは愚痴や陰口ばかりで、会議の場で意見を言えばいいのに、』って。

 

そういう人がいたら、会社や上司からの評価も下がってしまうと思います。いくら力があっても。

 

でも、その代わりに食事や飲みの場面では散々上司や会社の愚痴を言います苦笑

 

それでスッキリして、次の日からまた嫌な上司や先輩とでも働きます。そして、どうしても合わない場合は、現場で愚痴や文句を言いながら続けるのではなく、辞めるという選択をするのではないでしょうか。

 

先に首になるか左遷される可能性はありますが、、

 

3,誰でも意見が言える雰囲気がある

 

これは、愚痴や文句が出ないようにするためでもあります。誰でも自分はこうしたいのに、、とか自分だったらこうするのにという、モヤモヤを抱えていたら、愚痴や陰口を言いたくなりますよね笑  

 

それをできるだけ無くすために、上司や先輩は下の立場の人間や新人でも意見が言える雰囲気を普段から作っておくことが大切です。

 

そして、現場で働いている最中に言うのではなく、会議など公の場で意見をする。どのような意見でも尊重をし、上の立場の人間は十分に耳を傾ける、という態度が大切だと思います。

 

くだらない意見だ!と批判してしまうと、次から下の立場の人間は意見が言えなくなって、愚痴や陰口に繋がっていきます。

 

4,先輩、上司を尊重する

 

これも保育現場ではあまり意識されていないように感じます。

 

そして、女性の中には人に指示したり命令をしたりするのが、とても苦手な方もいます。和を大切にするとか相手の気持ちを考えすぎて、言いたいことがあっても言わないようにする方が多いのではないでしょうか? 私の印象ですが。

 

なので、先輩であったり上司なのに、下からいろいろ言われて苦しむという、、

 

保育現場で上の立場になったら、自分の想いや考えを下の立場の人に伝えるのがとても重要になってきます。『私は子どもに対してこう考えていて、こういうことを大切にしたい!』等をことあるごとに伝えることです。

 

もし、本当にそういう自分の考えを下の立場の人に伝えるのが苦手な方は、ずっと下の立場で働きたい!と明確に表明するということも、必要かもしれません。

 

それで、お互いが楽になるし、それぞれの役割が明確になり組織としていい保育が出来るのかもしれません。

 

5,チームワークを意識する

 

保育はホウレンソウが大切だとよく言われます。

 

一見、報告も連絡も相談もされているように見えますが、

 

実際のところは、お互いを尊重できていないので、一方通行の相談になっていたりしていないでしょうか?

 

また、報告や連絡も気を使いすぎたものになっていないでしょうか。

 

チームワークで組織として保育をするには、お互いを尊重し、弱点は非難するのではなく、カバーしあう、ついでの仕事があれば他の先生の仕事でもやってしまう、ミスや抜けはさり気なくフォローするなどが大切です。

 

そして、先ほども申しましたように、指揮命令系統は一貫しておくことが大切で、あちこちで指揮する人が居ないようにすることも重要です。

 

集団での保育は、一人の力は全然大したものにはなりません。なので、チームワークはある意味では知識や経験よりも大切なところがあります。チームワークを意識できない人は、保育者としていくら力があっても、評価を下げてもいいと思います。

 

6,園全体の方針が職員に伝わっている

 

それぞれの園の方針は、園ごとや自治体ごとに信条や目標みたいなものを掲げてあったりします。

 

でも、日々の保育に十分に反映されているとは限りません。残念ながら。

 

こういうことがなぜ起きるのかというと、

 

責任者が伝えていないということもあると思います。

 

新人の保育者を採用するときは、この園はこういう方針でやっています!と説明があると思いますが、その後はどうでしょうか? あまり全体の方針みたいなものを意識する機会はないのではないかと思います。

 

本来は園全体の方針は、年間計画にも月案も週案も日案にもしっかりと根付いている必要があります。

 

もし園長や主任などの立場の人が、日々の保育に園の方針と違うのでは?!と気になることがあれば、その都度伝える必要があると思います。そしてそれを意識しながら、現場の保育者は日々保育をすることで、保育の組織としてまとまりのある保育になると思います。

 

一般企業では当たり前のことが、保育現場ではそうではないということが割とよくあります。

 

 

保育現場で働く人一人一人が、もっと組織としての働き方を意識することが出来たら、子どもたちのために今よりももっといい保育が出来るのではないかと思うのです。

 

 

 

 

国試保育士asobu☆

 

新人保育士のための10の講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アニメレビュー 王様ランキングを子どもがみたら

2022年09月20日 | 児童福祉な映画

映画ではないのですが、

 

結構お勧めに上がってくるアニメに、

 

王様ランキングという作品があります。

 

最初のタイトルのみの印象は、

 

激しいバトルで王様の権力争いをするのかな?と思っていて、

 

見る前は正直私には合わないかな?と思っていたのですが苦笑

 

後になって様々な強敵が出てきて、戦うことにはなるのですが、

 

主人公のボッジは子どもで、しかも耳が聞こえず、言葉も出にくいような障害のある子どもです。

 

とても意外な設定でした。

 

そこで一気に惹かれました☆

 

絵の雰囲気もシンプルな温かさのある絵で、最近のフルCGなんかと比べると、真逆な魅力があります。

 

設定が地味な感じで、どのようにストーリーが展開していくのだろうと思いつつ見ていたのですが、

 

最終回も含め、最後の方になってなるほど、ここに持っていきたかったのかと納得するというか、じんわりとした感動を感じさせてくれます。

 

パートナーの影くんも、とてもいい役割を果たします。

 

私はこのアニメから、

 

誰かの評価よりも、自分らしくあることの大切さ、自分が大切にしたいもののために生きることを教えてもらいましたし、そのボッジくんのひたむきというか純粋な人柄に周囲が感染していく様子からも感じるものがありました。

 

あまり詳しく内容を書くのは控えますが、23話ありますが途中でやめないでください笑

 

最後まで通して見ることで、終盤に重要なメッセージを感じることが出来ると思います☆

 

この作品は障害のある人の支援者だけにというよりも、すべての人に見てほしい作品だと思いました。

 

※子どもの対象としましては、キャラクターがシンプルに描かれていて絵的にとても見やすいので、幼児の年中年長さん辺りからでも楽しめる作品だと思います。