≪手を動かさねばっ!≫

木綿を手紡ぎしてマフラーを織っています。リネンの巻物も織っています。

関市刃物まつり に行った。

2018-10-30 13:05:56 | 行った話(展覧以外)

公式HP →
通りを閉鎖して出店が並ぶ。たいそうな賑わい。黄色いテントは刃物の大廉売市で、包丁などびっくりするくらい安い。それ以外ではデッドストックの40年も前のはさみとか、知る人ぞ知るナイフメーカーのものとか、ここに来なければ見つからないようなものも沢山ある。
でもねえ包丁はそんなにたくさん要らないのよ、とか思っちゃったりするところがつまらないのだが、本職でどんどん研いでなくなっちゃうような人はぜったい来るべきだね。

このゆるキャラは?


関*はもみん だそうだ。頭からハサミが生えている。


この通りのほか、アピセ・関でのアウトドアズナイフショーも盛況だった。ドイツやフランスからの出展者もいた。ほかでは関鍛冶伝承館とか刃物会館とかあちこちでやっていたらしい。
トンネルの向こうのちょっと距離のある市役所が駐車場でシャトルバスが出てるんだけれど、その駐車場で食べ物のテントが出ていた。バス待ちを飽きさせないよい工夫だと感心した。
大したイベントだった。


コメント

馬籠宿に寄った。

2018-10-27 15:01:10 | 行った話(展覧以外)

関市などに行く道中、中央自動車道 神坂PA(かみさかパーキングエリア)に車を置いて馬籠宿(まごめじゅく)まで歩いてみた。

けっこうな山中で親近感がわいてくる。ほら、住んでるのが群馬の山奥だから。
小中学校の脇を上ったり遊歩道で川を渡ったりてくてくゆくと、馬籠宿上り口の駐車場に出る。
石畳の斜面を歩く。かなりの傾斜。


時間が悪かったか閉まっているお店も多かった。
特産の漆塗りのお店を冷かしてしまったが、触るなぶつけるな落とすな汚すな、とまあ注意書きの多さに閉口。観光地って大変なんだなあ。こんなにきれいに整備して一生懸命手を入れてやっている感じが伝わってくるだけに余計に胸が痛む。

そもそも疲れが癒えていないのに小旅行してしまって、それでなんかちょっと意気消沈しちゃうし、お店も閉まってたりするし、というか単に上り坂で疲れたし、中途で戻ることにした。
くるりと向きを変えて、今来た道を見る。視界にカメラのストラップか何かが入ってしまったようだ。やっぱり疲れてる。

この通りだけきっちり整備されている。

藤村記念館の塀の手前に「木曽の五木」というものがあった。


サワラ


ネズコ


アスヒ


コウヤマキ


ヒノキ


坂下営林署寄贈らしい。みんな針葉樹なんだなあ。



先があるので車へ戻る。
途中、道端にキンミズヒキが咲いていた。葉といい花といいバラ科の風情。



コメント

犬山城に行った。その1

2018-08-09 19:38:44 | 行った話(展覧以外)

ひと月くらいまえ、岐阜県揖斐川町がその日の国内の最高気温を記録した日に犬山城へ行った。
隣の愛知県も もうじゅうぶん じゅうううううっぶん 暑かったです。今年の夏はどうかしている。
暑さに朦朧となりながら写真を撮ったので、いろいろ緩いんですが、お許しください。


入口にはこんな岩。 お城は国宝です。


岩の左を通る。 木陰がステキ。


右の鳥居をのぞき込むと、あらいい感じ。
三光稲荷神社です。 犬山城周囲には神社が3つもあるらしい。
こんなに死にそうになるくらい暑いのに、浴衣を着ている人がいるのでびっくりする。襟があって帯でおなかを巻いているんだよ、風が抜けないんだよ。手前の短パンTシャツの服装と体感温度はすごい違うはず。背のリュックは暑いと思うけど。熱中症に気をつけてね。


でも鳥居はくぐらず道沿いに行くと、門。くぐり抜ける。


犬山城の入り口。
門から城までの距離もみじかいし、全体的にこじんまりしている。
靴を脱いで上がる。あっ、靴下に穴が


急勾配の階段を上がるとこんな間。狭い。ここが地下1階なんだそうだ。


梁のちょうなの跡がすばらしい。

もう一段上ると、ここが1階。0階はないです。

石落とし、という張り出した部屋。

そこからの眺め。

まだ1階なのにこの眺め。ああそうか、丘の上に城があって、すぐ下が木曽川だからだ。

廻廊には展示物がいろいろあった。

その中の鬼瓦。玄武?いや蛇じゃないのかな。亀に桃が乗って後光が射している、というのはどのように解けばいいんでしょうか?

2階。

3階の床面積が減るので、見上げるとこういう屋根が見える。


床板のすき間から陽の光が見える。冬場は寒そうだなあ。

3階。ずいぶん狭くなる。

階段を上がるとその脇が唐破風。

その反対側は入れる。


見下ろすとこんな景色。だいぶん上からの眺めになった。



  犬山城へ行った。その2 へつづく


コメント

犬山城へ行った。その2

2018-08-09 19:34:04 | 行った話(展覧以外)
犬山城へ行った。その1 よりつづく

さて最上階4階ですよ。緋毛氈敷きの部屋は狭い。階段上ってすぐに部屋を突っ切って高欄に出てしまう。
落ちないか心配なかんじの高欄に沿って、右回りに1周する仕様。

まずはお城入口の側。

少し右へ行くと一つ目の角。その向こうは木曽川下流。ライン大橋という堰とその向こうに伊木山。


その一つ目の角を曲がる。3階の屋根が見える。


二つ目の角。木曽川の向こうが見える。手前の山は愛宕山?その遠くにも幾重にも山が見える。


三つ目の角。木曽川の上流方向。犬山橋がかかっている。遠景は山だらけで、もう名前はいいや。分からないだけだけど。


三つ目の角を曲がる。手前が名鉄犬山ホテル。ちょこんとみどリの三角屋根はガーデンチャペル。
眺めの良い川べりは人の集まる施設が多そうだ。


視線を右に向ける。ここらへんの地理に明るくないのでさっぱり分からない。


最後の角を曲がる。つまり最初に高欄に出たのと同じ側。
お城の手前の広場だ。


そうそう、壁に火灯窓もあった。



  犬山城へ行った。その3 へつづく


コメント

犬山城へ行った。その3

2018-08-09 19:29:11 | 行った話(展覧以外)
犬山城へ行った。その2 よりつづく

帰り道です。さっきくぐった門の反対側。


針綱神社の舞台。


階段を下りてゆくと右手に祠がいくつも見える。




こんな太鼓橋もあった。


いかにせよ暑すぎた。これで屋外とは死人の出るレベル。
散策すると楽しそうだったのだが、とっとと退散してしまいました。


コメント