ヤマアカガエルの産卵に春を知る日

山里の日々の生活と自然、そして稼業の木工の話。

古材のベンチ

2017年06月23日 | 木工
催事の写真を少々。





テーブルのセット。

われながら、椅子・テーブルのセットを作って催事に持って行ったのは初めてかも。







綺麗な会場で飾ると家具もよく写ります。







古材でベンチを作りました。


古材とは、私がお世話になった母校の寮の階段板です。

老朽化で建て替え・解体になったところを無理にお願いして預かったものです。


その寮は木造で、私が住んだ時でもすでに築35年ほどで、ずいぶんくたびれた雰囲気でした。

男子寮生はラグビーやサッカーなどして砂が付いた服のまま中に入るので部屋が傷みます。

私が出てから約20年。とうとう建て替えとなったのです。




新しい寮が建ち、かつてあった寮を偲ぶ記念品として、旧寮に使われていた板で作った物を収めることになりました。




預かった材を見ると、フローリング材はナラ、階段の板は一枚板のタモでした。

もちろん当時の私には何の材かなんてわかりませんでしたが、階段の板などは印象に残るような良い板でした。

木工屋になった私が解体の話を聞いてまず、「あの板は救わねば!」と思ったのでした。









これがその階段の板。樹種はタモ。

幅は約30cm、長さは120cmほど。






裏には反り止めのために蟻桟の溝があります。

この溝は鑿を使って大工が手作業で刻んでいます。




お預かりしてからもずいぶん経ち、はっきり言ってかなりばっちい。

しかしこれをきれいに削ってしまったのでは意味がありません。

多くの人たちが住み、踏みしめ、使ってきた痕跡を残したこの板の味を生かさなくてはなりません。

しかし塗料が剥げ、ささくれ、ネジや釘の入ったままで作っては使用に支障があります。

その辺をどのくらい手を入れるかが悩みどころです。

また、使い込んだ材には砂が入っているので、刃物を当てたくないというのも正直なとこです。








裁断し、仕口を作り、古い塗料を剥がし、ペーパーで磨きます。







組み立て。






こんなベンチになりました。






誰がやったか、ずいぶんへこみがあります。

人がよく踏む真ん中あたりの傷みが激しいですね。






蟻棧の溝なども残してあります。






階段の作るための溝などがありますがそのままです。





最近建てられる家ではこんな板を階段に使うのは稀になりました。

やはり材木は枯渇しつつあるのでしょうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

催事用の小物の製作

2017年06月13日 | 木工
催事があるので小物を作りました。






何かを作った時のあまりの板で木べらを。





以前途中まで手掛けていた物もやっつけて、40本ほどできました。

材はサクラ、ブナ、ブラックウォールナット、クルミ、クワ、ムクノキなど。
荏胡麻油を塗ります。

荏胡麻は食用油で乾く油です。






洒落でこんなスプーンも作りました。

大きく曲がった木を使い、曲がりなりに作りました。

何に使うのかって?

さあ、、、、







これは額。







これは手鏡。クワ材。

ずいぶん前に鏡だけ10枚ほど買ってしまっていたので作らないと。





明日は積み込み。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下屋の建て替え

2017年06月07日 | 木工
そもそも私が立て替えたものはなんという名前なのかがはっきりせず調べてしまった。

「下屋」、ゲヤと呼ぶのでいいようです。

建物にくっつけて作る屋根のある構造物です。





工房の入り口にあった下屋です。

私がこの建物をお借りしてから25年、それ以前からあったものです。
杉の丸太を直接地面に置いたものを柱にして出来ていたので腐る、白アリ食べる、だんだん下がるという状態。

いつ崩れても不思議はない様子でしたので立て替えました。


写真左手は二年ほど前に作った単管を組んでポリカーボネート波板を載せた下屋です。

以前あった物は大雪で倒壊したので作りました。



これを拡張して作ります。








フォークリフトで引っ張って古いものを倒しました。

電線や電話線などが付いていたので外してからです。


ネジや釘を外しながらすべてを解体して片づけました。








新しい入口。

ポリは透明なので明るい!






3m×6でおおよそ18m間口の材料置き場、入り口が出来ました。








ニガウリが食べたくて植えてみました。






パクチーも食べたくて種を蒔いてみました。

どうも畑は苦手なんですが。











催事用にテーブルを作りました。

椅子に合わせてデザインを考えました。

長さ160cm、幅90cm。







二枚剥ぎのテーブルトップです。材はクリ。

ブックマッチのようですが正確にはそうではありません。
丸太の芯の両側から取れた二枚の板です。
ブックマッチでは板を本を開くように使うので木表+木裏となりますが、
この甲板は木表+木表になっています。





幕板を留め(45度)に切り、足を挟んで付けたデザインです。

ちょっと組み立てが難しいのですが、足が45度の角度で生えるの立体的な造形になります。




その催事のお知らせ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

椅子15脚の製作

2017年05月30日 | 木工
あまり書かないと営業を危ぶまれてしまいます。

またなるべくマメに再開したいと思います。




いくつか作った物を。




トイレのリフォーム。
デザインはギャラリーりつりんさん。




開けるとこんな感じ。
お洒落なシンクが付きます。








テレビボード。材はサクラ。
こちらのお宅には竣工の際にダイニングセットや食器棚をお求め頂きました。
いい色に使い込まれている家具と再会できて嬉しさもひとしおでした。








さて表題の椅子の制作。

もう20年も作っている椅子ですが、15脚もいっぺんに作ったのは初めてです。





背もたれも接着。

7脚分を一連にしてプレス。これが3連。







組み立て始めると板の間が手狭になります。






こうなると早く収めたい。

ところがなんと、10脚ご注文の喫茶店が6月から9月に開店が伸びるとの連絡が、、、
仕方ないので出来たら倉庫に保管です。






この椅子はカウンター席用。
座面が52cmの足長さん。





左はウォールナット。右は国産クルミ。
どちらも肘が長いバージョン。





これが長肘。

同じ椅子ですが細かくは4種類混成のロットでした。

今回はヘルパーが一人いて、なかなか助かった。




催事があります。

ぐんまウッドクラフト展 IN群馬セキスイハイム Lfe up square Eyes(ライフアップスクェア アイズ)
2017年6月15日(木)~19日(月) 10時から17時半 初日は13時から、最終日は15時まで
ウェブ 


ペーパーコード張りをしながら店番をする予定です。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三種の木の学習机セット

2017年04月19日 | 木工
催事で数日間留守にしたら、陽気がよかったせいであっという間にソメイヨシノが開花して散っていました。





通勤路の花びら。






工房の横の桜並木。









三人の御兄弟のために三台の学習机を作りました。

せっかくですので三種類の木を使って三セット作りました。






これが図面。

小ぶりな机、机の上に本立て、その横に引き出し。
引き出しは机ほど奥行きがいらないので引き出しの奥にも本棚。






机の幕板と足を結ぶ仕口です。
40mm角の足に30mmのホゾが入るので中でこのように避け合っています。






部材ができました。






組み立て。

部材を作り上げるのにはけっこう時間がかかりますが、組み立てはあっという間です。






狭いところにネジをもむのにはこのようにラチェットドライバーを使います。







机の中の構造はこんな感じ。

甲板の狂いを抑え、伸び縮みを邪魔しない構造上の工夫があります。







取っ手。材はブラックウォールナット。






引き出しです。

左からクルミ、ブナ、サクラ。






ブナ材のセットを並べてみました。

工房が品物でいっぱいで、すべてを並べられません。






引き出しにはキャスターが付いていて後ろの棚にアクセスする時には引き出しを動かします。







三種の材の机。









学習机を作る時は導管の無い、あるいは小さい樹種を使います。
表面が平滑でないと薄い紙のプリントなどに字を書くのに具合が悪いからです。
具体的にはサクラ、クルミ、ブナなどで、今回作った机の材です。


せっかくですのでその三種の板の表面のアップ写真を載せておきます。
地味な写真ですいません。







サクラ(ヤマザクラ、本桜)

穴はありません。薄いピンクです。






クルミ(オニグルミ)

小さい穴があります。赤味のある茶色。






ブナ

穴がありません。白い材です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加