≪手を動かさねばっ!≫

木綿を手紡ぎしてマフラーを織っています。リネンの巻物も織っています。

篠田謙一『DNAで語る日本人起源論』

2018-10-15 11:13:27 | 本 (ネタバレ嫌い)


図書館で借りていたく感動したので手に入れた次第。 アマゾンへリンク →


地味な表紙に反して、うっかりするととんでもな内容になりかねないタイトルがスリリングだったりする。

今や人類の起源がアフリカだという説は流布したと思うが、では我々現生人類がどのようなルートを辿って今に至るのか、という疑問がエキサイティングでないわけがない。
過去についてどのようなアプローチがあるのかというと、そりゃ化石でしょうが、そうそう出てくるものでもない。その代わり、今生きている我々のDNAを調べると過去を推理することができる、というのが根っこにあるのだ。どうして今を調べて昔が分かるのか?その手法や理論は易しいものではないが、そこから導き出される話がまあ面白いこと。

研究は進む。最初はミトコンドリアDNA配列を部分的にしか決定できなかったものが、ミトコンドリアではなくヒト細胞のDNA配列をすべて読めるようなところまで来たのだから。ましてや化石からDNAを取り出して読んだ、となるとそりゃワクワクするね。

シベリアや新大陸に最初に到達したと思われる集団の起源など知らなかったことばかりである。ユーラシア大陸の東西交流はシルクロード以前からのようだし、ヨーロッパの集団の成り立ちは思った以上に複雑なようだし、ヒトは大昔からずいぶんダイナミックに移動している。おもしろいなあ。


しかし借りたこの本を読んだ後あえて手に入れて読み返したい、と思ったのはそれだけではない。
考え方の枠、とでもいうのか、なんとなくそういうもんだという風に思わされているところにちゃんと意識を向けてそこに疑問を呈しそこに潜む問題点を明らかにし、前提を新たにくっきりとさせた上で論を組み立てるところに、くらっと来たのだ。
例えば、人類の進化のスタート地点をチンパンジーとの分岐点に定めるのはなぜか? という問い。

「人種」というトラブルの原因になりかねないものをどう扱うのか、しっかり表明してあるくだりを読むと、なるほどなあと納得する。
先住民が残っている場合、遺骨の研究は時として「墓暴き」ととられることもある。それを篠田氏はどう考えるのか、というところもなるほどと思った。

それぞれの集団の間に優劣はない、というはなしは、ジャレド・ダイアモンド『文庫 銃・病原菌・鉄』で知ってびっくりしたのだが、それと同様なことも書いてあった。
62p.
「文化の違いは、アフリカを出た後の環境要因や歴史的な経緯がその基礎を作り、それぞれの集団による選択と方向性の違いによって産み出されました。人間社会の多様性の源は、知能の能力の差ではなく、その社会が何を優先するのか、環境にどのように適応するのかにあったのです。」

これは声を大にして言いたい。

とにかくいろいろなレベルで面倒なものを呼び込みそうなこの研究をニュートラルに保つのは相当な覚悟と自制心がいるなあ、と思ったんである。


あ、タイトルにある「日本人」はどうなのか?  うん、複雑だな。
さっきあげた、チンパンジーとの分岐をスタートに、という話と同様、スタート地点の定め方の問題を指摘していた。
130p.
「旧石器時代にさまざまな経路で日本列島に流入したはずの人びとが、その後の縄文時代までに融合して均一の集団となることを仮定したために、日本人の形成プロセスが縄文時代以降を説明するシナリオになっています。」
そして、131p.
「なぜ私たちは無条件に均一化を受け入れたのかということを考えておく必要があるようにも思えます。そこにはアプリオリに単一な日本という概念を受け入れるという偏見が含まれているようにも感じるからです。」


この分野の研究は目が離せない。



コメント

秋の庭

2018-10-13 13:47:59 | 


ひと月ブログを放置していた。
別宅と山奥の自宅との往復生活が負担なのと、この夏の殺人的な暑さがのしかかって、ずいぶん参っていた。もともと体力がないとかずっと抱えている精神的な傾向とかあれもこれもがいっぺんに来て、もうムリ!って感じで。
とはいえ往復生活を止めてはいけない明白な理由があるので、止まったのがこのブログだったわけだ。

でもネタは溜まったんだよねえ。

ではもっともフレッシュなものを。
今日の庭です。ジャングルだが秋の花が咲いて悪くないかな。

↑薄紫のキク科の花は斑入りヨメナ。夏以降 斑は消えちゃうのが残念。
斑入りヨメナに枝垂れかかって咲いている赤紫の花がホトトギス。品種は .... 、忘れた。タグがなかったかもしれない。
青いのはサルビア・ガラニチカ。



黄色くて細長い葉が放射状に開いているのがマホニア・コンフーサ`黄雲`。さりげなく黄色い花も咲いておる。
その上にのしかかるように咲き始めているのがハゴロモフジバカマ。


↓カラミンサも咲き誇っている。その背後はレモンバーム。レモンバームの花はとうに終わってしまった。
わたしアルコールはそこそこいける口なんだがカフェインには弱い。それで午後以降、なんか口寂しくて温かいものが飲みたいな、なんてときに飲むのは白湯ばかりだったりしたのだが、レモンバームティはなかなかよい。



往復生活が終わったら家の中も庭も片付けたいなあ



コメント

カーブの運転

2018-09-12 16:25:49 | その他思ったこととか

山奥の家と一応関東平野の別宅を毎週往復している。山道のワインディングを下ったり上ったりしているんである。
どこに行くにも山道をぐねぐね運転しなければならない生活を20年以上続けているので、まあそれなりに慣れた。

その山道に、新緑の頃から紅葉が散るまではよそから遊びに来る車やバイクも走っている。流れを乱す運転で、有体にいえばイラッとくることもままあったりする。

1つは無理な追い越しをかけてくる車両。これは特にバイク。カーブの先が見通せないのに (追い越しのためのはみ出し禁止 の)黄色いセンターラインを越えて抜かしてくる。非常に危ない。
こちらがスピードを落としたとしても、もし対向車がいて衝突したらこちらももらってしまう可能性が高い。なんでああするかね!?
黄色いセンターラインを越えて追い越しにかかるのは絶対にやめましょう。


そして2つめ。今回 論じたいのはこちら。カーブの運転がなんちゅうかで、後続のわたしがどうしても追いついてしまう件。


どこで仕入れた方法か分からないが、カーブをやたらと回り込みたがるのだ。わざわざカーブに入るときに外側に行って、それから急にハンドルを切って黄色いセンターラインを越える。

そもそも元の道路のカーブがじゅうぶん急なんである。50km/h で走っていれば 40km/h くらいかもう少し下まで速度を落とさないと曲がれないカーブなんである。なるべくスピードを落とさず曲がろうと思えばハンドルを少しでも切らないようなルートを取るべきだ。
それを道路のカーブよりももっと曲がるコースを選ぶもんだから、やたらとスピードを落とさなければならなくなる。
レースのようにそこからの加速がぶっちぎりならまだしも、そこらの普通車で、アクセルをベタ踏みするわけでもなし、しかもだらだらと上る道だったりするもんだから、曲がった後の加速がいいわけない。

車間距離はちゃんと取りたいわたしでもどうしても追いついてしまう。煽るつもりはないんだけどねえ。


カーブが2次曲線ではないのは知っているのだが、そう仮定して試しに計算してみた。かなりゆるゆるですが、イメージが伝われば。
↓慣れぬエクセルで描いてみる。下から上へ進む右カーブのつもりです。
黄緑がセンターライン、青がわたしのとるライン(右まえタイヤ)、で、赤が件のライン(右まえタイヤ)。本当は赤のラインはもっと右に傾けて、カーブに入るまえはセンターラインをまたがせないように描きたかったのだが、わたしのスキルじゃムリです。
 
keisan 生活や実務に役立つ計算サイト 放物線の弓形 で計算してもらった。
   
センターラインを a=1, b=2 とすると、 L=2.95789
わたしのコースを a=0.5, b=2 とすると、 L=2.29558
件の車を a=2, b=1.8 とすると、 L=4.54494 。 そうとう長い。わたしの2倍弱。まあ目安なんですけどね。


そもそもとったコースの距離がわたしより長いんじゃスピードが同じでも時間がかかるだろう。それをわたしよりも遅いスピードで長い距離はしるのだから追いつくのは自明だ。
そんな運転ではタイヤやブレーキの減りもはげしいよ、きっと。


ああ知らないのね、と寛大な心で見守れればいいのだが、狭小ですみません。


とりあえずこれだけ。 黄色いセンターラインは越えない!!!
 *越えていいケースもあります。道路交通法に従いましょう。


コメント

サム・キーン『スプーンと元素周期表』

2018-09-09 10:18:36 | 本 (ネタバレ嫌い)


サム・キーン『スプーンと元素周期表』 ←アマゾンへリンク

化学を教わったのも遠い昔、子どもたちが高校で教わってきた話を聞くにつけ自分の知識が相当錆び付いてあやふやだということを痛感させられている。それでまた教科書読み返すかというとそうはならないのだけれど、この本を手に取った。

教科書はかたくて取っつきにくそうだが、だからといって雑学オンリーの散漫な感じもイヤなんである。ワガママである。
またいつもいっているけれど、ノンフィクションはライターの書いたものと研究者の書いたものとでずいぶん違う、という持論がある。研究者のものは愛にあふれているがともすると話について行けなかったり文章が今一つだったりすることがあり、その一方でライターのものは興味をかき立てられるような話題を選んでいるものの下世話になったりその分野のキモに触れないで終わったりすることがある。
わたしとしては、愛のある研究者が読者を置いてきぼりにせず、素敵な文章で、その研究をしょって立っている自負でもって実際に研究されていないと分からない生の本を書いていただきたいんである。ほんとワガママですみません。

長い前振りはいいから、で、この本はどっちなのよ!?

と問えば、ライター本ですねえ。
しかし生半可なライターではなかった。相当そおうとう勉強されている。しかも現在の化学の研究者では知らないかもしれない 科学史 が強い。
化学もいきなり今のような分野になったわけではなく積み重ねなんである。そのときどきの大発見の経緯、研究者の駆け引き、社会情勢というものを教えてくれる。なんだか急に血の通った感じがしてくるんである。研究者の人間臭いところを読ませつつも、それで終始せず全体の流れを読ませてくれ、さらに化学の知識も深まる、という欲張りな内容である。

これは大した本である。


というわけで、内容が濃いので1回読んだだけでは消化不良なんであった。
またそのうち読み返したい。


コメント

庭の花少々

2018-09-06 17:09:02 | 


別宅との往復生活と猛暑でくたびれ果て動けず、庭はジャングルなんであるが、それでも勝手に咲くものは咲くので写真を撮った。

↑斑入りカリガネソウ に バラ 'ローブ・フレリー'。
わたしの集中力も足りていないが、カメラの調子も悪い。しょっちゅうボタンが反応しないのだ。ピンぼけだー。
下草の黄緑色の葉はリシマキア・ヌムラリア 'オーレア'。この春には珍しく花も咲いたのだが写真も撮らず。赤紫はそこらから移植したカタバミ。ほら、こうやって組み合わせるとただの雑草って感じじゃないでしょ。
しかし、毎回いってしまうが、カリガネソウの葉は臭いです。


リコリス・ホウディシェリー。咲き進むと赤味がかる。何本もきれいなラインを描く長いしべが好き。 そういえばカリガネソウもしべが長いな。



返り咲いた斑入りヤマブキ。ジャングルなもんで、勝手に出てきたアサガオが絡みついている。



なぜだか説明できぬが、花が咲くと嬉しいのだ。


コメント