goo

<長野ショップ> 12月の営業日と冬季の休業のお知らせ

2018-11-30 | ジャム&プリザーブス
クイーンハーベストの長野ショップの営業は年内12月16日(日)で終了とさせていただきます。
また、12月17日から来年2月頃までは冬季の休業とさせていただきます。

なお、お休みの期間でも事前に来店のご連絡(電話ないしメール)をいただだければ、ショップをオープンすることは可能です。
また、ネットショップのほうは年中無休です(ただし、商品の発送について12月28日~1月4日はお休みさせていただきます)。



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

<長野ショップ> 11月の営業日

2018-10-30 | ジャム&プリザーブス
クイーン・ハーベストの長野ショップの11月の営業予定は以下の通りです。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2018年10月の料理教室

2018-10-20 | クッキングスクール
10月の料理教室は以下の4品です。

・ニューイングランクラムチャウダー
家庭的なスープの代表格がクラムチャウダー。殻付きで大きめのアサリをたっぷり使うのがうまさのコツ。
クリーム味のニューイングランド風に対して、トマト味がマンハッタン風。どちらも大好きです。



・モロッコ風ニンジンとヒヨコ豆のサラダ
最近はかなりポピュラーになってきたニンジンとヒヨコ豆のサラダ。
炒って乳鉢で粗くつぶした香り豊かなクミンをたっぷり使うのがモロッコ風です。



・チキンパルメザン
パン粉にパルメザンチーズとハーブをたっぷり加えたチキンのカツレツ風がチキンパルメザン。
イタリア料理のミラノ風カツがルーツのようですが、中身が野菜のズッキーニやナスではズッキーニパルメザンとかエッグプラントパルメザンと呼ばれるようになります。
今回はレモンビネグレットでサッパリといただきます。



・バナナのアップサイドダウンケーキ
果物をケーキ型の底に敷き詰め、その上からケーキの生地を流し入れてオーブンで焼いたのがアップサイドダウンケーキ。
焼きあがったら上下をひっくり返すのでこの名前が付きました。
果物が蒸し焼きになるので柔らかくしかも短時間で焼きあがる簡単で美味しいケーキです。
このケーキにはリンゴ、桃、洋ナシ、プルーンなどもよく合います。



☆  ☆  ☆

ニューイングランド・クラムチャウダー


材料
アサリ 殻付き500g (砂抜きをして水洗い)
水 300ml
バター 大さじ1
玉ネギ 1/2個(さいの目)
ベーコン 60g(スライス)
小麦粉 大さじ3
白ワイン 40ml
アサリの煮汁 300ml
チキンスープ(ないし水) 250ml
ジャガイモ 300g(角切り)
ニンジン 1/2本(さいの目)
タイム 3枝
ベイリーフ 1枚
牛乳 250ml
塩・コショウ
パセリ 適量
作り方
① アサリを鍋に入れて、水を加え沸騰させる。アサリの口が開いたらザルに取り、アサリと煮汁に分ける。アサリはむき身にし、煮汁はキッチンペーパーでこしておく。
② 別の鍋にバターを熱して玉ネギをよく炒め、ベーコンを加えてさらに炒め、小麦粉を加えて炒める。
③ 白ワイン、アサリの煮汁、チキンスープを加えて加熱し、ジャガイモ、ニンジン、タイム、ベイリーフを加えて野菜が柔らかくなるまで煮る。
④ 牛乳を加えて再度沸騰させ、塩・コショウで味を調えて器に盛り、パセリを散らす。


☆  ☆  ☆

モロッコ風ニンジンとヒヨコ豆のサラダ

材料
<ドレッシング>
クミン(種) 大さじ1
オリーブオイル 60ml
レモン汁 大さじ2
ハチミツ 小さじ1-2
塩 小さじ1/2
カイエンペッパー 少々
<サラダ>
ニンジン 2本(千切り)
ヒヨコ豆の水煮 1パック
レーズン 50g
ミント等のフレッシュハーブ 10g程度(みじん切り)
アーモンドなどのナッツ(オプション)
作り方
① クミンはフライパンで炒ってすりつぶす。
② ドレッシングの材料をボウルに取りよくかき混ぜる。
③ サラダの材料を別のボウルに取り、ドレッシングを加えてよく混ぜ、器に盛る。

☆  ☆  ☆

チキン・パルメザン

材料
<衣>
小麦粉 60g
卵 2個
パン粉 30g
パルメザンチーズ 30g
塩 小さじ1/4
コショウ 小さじ1/4
生ハーブ 大さじ2(タイム、パセリ、チャイブ、ローズマリー)
<鶏肉>
鶏むね肉 2枚程度
塩・コショウ
オリーブオイル 大さじ2
植物油 大さじ2
〈レモンビネグレット〉
レモン汁 30ml
オリーブオイル 60ml
塩 小さじ1/2-1/4
コショウ 小さじ1/4
作り方
① 3つのボウルを用意し、ひとつ目は小麦粉、2つ目は卵を割り入れ、3つ目はパン粉、パルメザンチーズ、塩、コショウ、ハーブを入れてかき混ぜる。
② 鶏むね肉は厚さを半分程度に切り、さらに食べやすい大きさに切り分け、コショウを振る。
③ 切り分けた鶏肉は、小麦粉、卵、パン粉ミックスの順に衣をつける。
④ フライパンに油を熱して鶏肉を片面ずつ各2分程度焼く。
⑤ ビネグレットの材料をボウルに入れてよく混ぜる。鶏肉が焼きあがったら野菜等と皿に盛り、ビネグレットをかける。

☆  ☆  ☆

バナナのアップサイドダウンケーキ

材料(直径16㎝のケーキ型)

<キャラメルバナナ>
バター 20g
砂糖 30g
バナナ 2本(皮をむき縦半分にカット)
<ケーキの生地>
強力粉 45g
薄力粉 45g
塩 小さじ1/4
ベーキングパウダー 小さじ3/4
卵 1個
砂糖 40g
牛乳 100g
植物油 60ml
バニラエッセンス 少々
作り方
① オーブンを180℃にセットする。直径18cmのクッキングペーパーを型に敷く(約1cm程度型のサイドに出す)。
② フライパンでバターを溶かし、砂糖を加えて数分間程度かき混ぜながら加熱し、キツネ色になったらキャラメルソースを型に入れる。その上からバナナを切り口を上にして型の底に敷き詰める。
③ ボウルに小麦粉、塩、ベーキングパウダーを入れて混ぜる。別のボウルに卵、砂糖、牛乳、植物油、バニラエッセンスを加えてよく混ぜ、小麦粉のボウルに加えて混ぜ合わせる。
④ ケーキの生地を型に敷いたバナナの上から流し入れ、オーブンで表面がキツネ色になるまで35分間程度焼く。5分間冷まして、皿などに焼けた生地をあける。クッキングペーパーを取り除き15分間冷ます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

雑誌『ガーデン&ガーデン』に掲載されました

2018-10-19 | ガーデニング
クイーン・ハーベストの庭がガーデニングの雑誌『ガーデン&ガーデン』(2018年冬号)に掲載されました。
「悩みを克服してきらめく庭」という特集です。
時間をかけて作り上げてきた庭ですが、これまでの苦労が少し報われた気がします。



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

<長野ショップ> 10月の営業日

2018-09-30 | ジャム&プリザーブス
クイーン・ハーベストの長野ショップの10月の営業予定は以下の通りです。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2018年9月の料理教室

2018-09-30 | クッキングスクール
8月は料理教室も夏休み。ひと月おいて9月のお料理は以下の4品です。

・Alice Watersのオールシーズン・ミネストローネ
アメリカの家庭料理を変えたといわれるAlice Watersのベストセラー"The Art of Simple Food"に掲載されている彼女らしいレシピ。季節の野菜を使うことで一年を通して楽しめるスープです。今回は過ぎゆく夏のミネストローネです。



・グリルしたナスのマリネ
シンプルな焼きナスのマリネですが、ナスが熱いうちにバルサミコ酢を振りかけ、さらにハーブたっぷりのマリネ液に漬け込むのがポイントです。



・バジル・ケールペーストのパスタ
バジルにケールを混ぜ、松の実をクルミに変えたバジルソースのシンプルなパスタ。通常のジェノベーゼソースよりも癖が少なく食べやすいソースになります。



・レーズンサンド
今回のデザートは北海道のお土産などで有名なレーズンサンドをちょっとお遊びのつもりで作ってみました。
最近こだわりのバター不使用のお菓子ですが、意外とそれっぽい味です。



☆  ☆  ☆

・Alice Watersのオールシーズン・ミネストローネ

材料(夏のミネストローネ)
玉ネギ 1/2個(みじん切り)
ニンジン 1本(みじん切り)
ニンニク 2片(みじん切り)
タイム 2枝
ベイリーフ 1枚
チキンスープ 500ml
塩・コショウ
インゲン 100g
ズッキーニ 1本(さいの目)
トマト 中1個(種を取ってさいの目)
豆の水煮(インゲン豆など) 1缶
ホウレン草 1/2束(食べやすい長さに刻む)

作り方
①ソフリットを作る。鍋にオリーブオイルを熱し、玉ネギ、ニンジンをよく炒める。
②ニンニク、タイム、ベイリーフを加えてさらに炒め、チキンスープ、塩・コショウを加える。
③沸騰したらインゲン、ズッキーニ、トマトを加えて15分程度煮込み、豆の水煮を加える。再度沸騰したらホウレン草を加える。
④器に盛り、お好みでオリーブオイル、パルメザンチーズ(オプション)を散らす。
(参考)
•秋のミネストローネは、ソフリットにセロリのみじん切りを加える。ハーブはタイムの代わりにローズマリーやセージなどが使える。野菜はケールやバターナッツスカッシュなどを使う。
•冬のミネストローネは、ソフリットにセロリのみじん切りを加える。野菜はキャベツ、カブ、ジャガイモなどを使う。
•春のミネストローネは、野菜をグリーンピースやアスパラガスなどを使う。

☆  ☆  ☆

グリルしたナスのマリネ

材料
ナス 2本程度(約1cm厚にスライス)
バルサミコ酢 大さじ2
パセリ、バジル等 約1/2カップ(みじん切り)
ケッパー 大さじ1(みじん切り)
ニンニク 1片(みじん切り)
オレガノ 小さじ1(みじん切り)
赤唐辛子フレーク 小さじ1/4
オリーブオイル 大さじ3
塩・コショウ

作り方
①スライスしたナスの両面に塩を振り、しばらく置いてから水分をふき取る。
②ナスをフライパンないしグリルパンで焼き、熱いうちにバルサミコ酢を振る。
③その他の材料をボウルに取りよくかき混ぜてマリネ液を作る。
④ナスをマリネ液に浸し、室温で2時間程度置く。

☆  ☆  ☆

バジル・ケールペーストのパスタ

材料
<バジルソース>
バジル 1カップ
ケール 2カップ(or茹でたホウレン草1カップ)
クルミ 50ml(フライパンでトースト)
オリーブオイル 100ml
ニンニク 4片(みじん切り)
パルメザンチーズ 60ml(粉チーズ)
パスタ 200g
ジャガイモ 1個(さいの目)
インゲン 50g(2cm程度に切る)

作り方
①バジルソースの材料を全てフードプロセッサーに入れてペースト状にする。
②パスタを茹で、茹で上がる前にジャガイモとインゲンを加える。
③パスタの水分を切り、バジルソースを絡める。

☆  ☆  ☆

レーズンサンド

材料
<ビスケット生地>
薄力粉 120g
コーンスターチ 13g
砂糖 25g
塩 ひとつまみ
ベーキングパウダー 小さじ1/4
牛乳 30g
サラダ油 43g
バニラエッセンス 少々
<レーズンクリーム>
レーズン 45g
ラム(ないしブランデー) 小さじ1
マーガリン 45g
ホワイトチョコレート 45g

作り方
①ビスケットの材料のうち薄力粉からベーキングパウダーをふるいにかけてボウルに取る。
②別のボウル牛乳、サラダ油、バニラエッセンスを取り良くかき混ぜる。
③①に②を加えて捏ね、タテ×ヨコが21cm×28cmの四角に広げて、タテ3等分、ヨコ8等分に切れ目を入れる。これをオーブンペーパーに乗せて180℃で10分、温度を170℃に下げて5分焼く。
④レーズンクリームを作る。レーズンはラムを振ってしばらく置く。
⑤マーガリンとホワイトチョコレートを小さめのボウルに取り、湯せんで溶かす。これにレーズンを加えて混ぜる。
⑥空きあがったビスケット生地にレーズンクリームを乗せ、もう1枚のビスケットでサンドする。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

<長野ショップ> 9月の営業日

2018-08-31 | ジャム&プリザーブス
クイーン・ハーベストの長野ショップの9月の営業予定は以下の通りです。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

<長野ショップ> 8月の営業日

2018-07-31 | ジャム&プリザーブス
クイーン・ハーベストの長野ショップの8月の営業予定は以下の通りです。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

クイーンハーベスト・10周年

2018-07-21 | ジャム&プリザーブス
クイーンハーベストは今月の7月でスタートから10年を迎えました。
「季節をビンに詰め込んで ー SAVING THE SEASON」を合言葉に、地元の新鮮な果物や野菜を使ったジャムやピクルスなどのビン詰めの製造販売を初めてはや10年、皆様のおかげで続けてまいりました。今後ともよろしくお願いいたします。

そこで10周年といえば大冝座ですが、10年前最初に発売したハーコットのアンズジャムを当時のレシピで再現し、発売します。
信州産高級アンズのハーコットをじっくりと煮込んだ、爽やかな酸味と香りのジャムです。



また、10周年記念のピクルスとして信州産の極太のアスパラガスを使ったピクルスを販売します。
こちらは数量限定で長野ショップ(東御市)のみの販売です。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2018年7月の料理教室

2018-07-20 | クッキングスクール
今回の料理教室は中華風の和え物と定番のエビチリ、さらにタイ風のイエローカレーとカオニャオです。

・中華風和え物2品
夏向きのさっぱりしたシーフードの和え物です。タコとキュウリの和え物は辛子に加える花山椒油が決め手。イカとセロリの和え物はショウガとレモン汁のソースがさわやかです。



・塩麹のエビチリ
本格的なエビチリには中国の甘酒に近い調味料のチュウニャンを使いますが、今回は塩麹を使ってみました。塩麹の甘みと塩味がエビチリの旨みを増します。



・タイ風イエローカレーとカオニャオ(タイのもち米)
タイカレーには大きく分けてレッド、グリーン、イエローの3種類があり、この順番に辛さが増します。今回はインドカレーに影響を受けたといわれるマイルドなイエローカレーです。
また、カレーに合わせるご飯はタイのもち米カオニャオです。タイをしばしば訪れるお知り合いにカオニャオをたくさんいただきました。蒸して作るカオニャオは日本のもち米のような粘り気は少なく、固めの食感は汁物によく合います。



☆  ☆  ☆

タコとキュウリの辛子和え

材料
茹でダコ 100g
キュウリ 1本
<花山椒油>
花山椒 小さじ1
サラダ油 80ml
<和え衣>
粉辛子 大さじ2
水 大さじ2
花山椒油 大さじ1
酢 大さじ1
塩 ひとつまみ

作り方
①茹でダコは一口大に乱切りする。キュウリは所々皮をむき叩きつぶして乱切りにする。
②花山椒油を作る。鍋に油を熱して花山椒を中火で熱し、花山椒が少し黒くなったらザルでこし取り、油を冷ましておく。
③和え衣を作る。粉辛子に水を加えて良く練り、他の材料を加えてさらに練り、暖かい場所に30分程度置いておく。
④タコときゅうりを和え衣で和え、皿に盛る。

☆  ☆  ☆

イカとセロリの香味和え

材料
イカ 1杯
セロリ 1本
キュウリ 1本
ショウガのしぼり汁 少々
酒 少々
<ソース>
塩 ひとつまみ
日本酒 小さじ1
レモン 1/2個
ごま油 小さじ1
サラダ油 小さじ2

作り方
①イカは足と内臓を取り除く。身は開いて皮をむき、タテヨコに斜め包丁を入れて一口大に切る。
湯にショウガのしぼり汁と酒を加えてイカを湯通し、氷水で冷まして水けを切る。
②セロリとキュウリは皮をむいて3mm厚程度の斜め切りにする。湯を沸かして塩を加え、セロリとキュウリをさっと茹でて冷水で冷ます。
③ ソースの材料をボウルに入れて良く混ぜる。イカ、セロリ、キュウリを器に盛り、ソースをかける。

☆  ☆  ☆

塩麹のエビチリ

材料
エビ 400g
片栗粉 適量
油 適量
玉ネギ 1/2個(みじん切り)
ニンニク 2片
ケチャップ 大さじ3
トウバンジャン 小さじ1
水 300ml
塩麹 大さじ1-2

作り方
①エビは片栗粉をまぶし、油を熱したフライパンで色が変わる程度炒めて取り出す。
②同じフライパンに油を熱して玉ねぎ、ニンニクの順に炒め、ケチャップ、トウバンジャンを加えて炒める。
③水と塩麹を加えて沸騰したらエビを戻し、水溶き片栗粉でとろみをつける。

☆  ☆  ☆

タイ風イエローカレー&カオニャオ

材料

<イエローカレー>
鶏もも肉 1枚(一口大に切る)
塩・コショウ 適量
サラダ油 大さじ2
イエローカレーペースト 大さじ2
ターメリック 小さじ1
水 300-400ml
ココナッツミルク 1/2缶
キノコ 1/2束
ジャガイモ 2-3個(一口大に切る)
ナス 2本(一口大に切る)
パプリカ 1個(一口大に切る)
ナンプラー 適量
カレー粉(オプション)
<カオニャオ>
タイのもち米 3合
作り方
①イエローカレーを作る。鶏もも肉は塩、コショウを振り、サラダ油を熱した鍋で炒め、イエローカレーペーストを加えて炒める。
②水を加えて加熱し、煮立ったら弱火にしてフタをし30分程度煮る。
③ココナッツミルク、キノコ、ジャガイモ、ナス、パプリカを加えてさらに10分程度煮てナンプラーとカレー粉で味を調える。
④カオニャオを作る。もち米は軽く洗って水に数時間漬けておく。蒸気の上がった蒸し器で30分程度蒸す。



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ