未来の読書ノート

読んだ本のメモ。あくまでもメモでその本を肯定したとは限らない。そんなノート。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

清水直子・園良太編著 『フリター労組の生存ハンドブック』

2009-09-27 | 反貧困
 「派遣切り」にあった人たちは、いきなり所持金がわずかになるわけではない。寮を出てしまい、ネットカフェなどに滞在して、ギリギリまで自分で何とかしようとして、次の仕事を探しながら、次第に蓄えが尽きてしまう。 ㌻13

 未来記=「派遣村」へ行かざるを得なかった人たちへバッシングする人たちがいるが、「ギリギリまで自分で何とかしようとして」いる姿が見えないのだろうか。「自己責任」論というイデオロギーに固まった人の考えを変えるのは容易ではないが、現実を知らしめながら、わかってもらうしかないのだろうか。あまりにも、悲しい。
コメント   この記事についてブログを書く
« 高島康司著 『こんな時はマ... | トップ | 清水直子・園良太編著 『フ... »

コメントを投稿

反貧困」カテゴリの最新記事