未来の読書ノート

読んだ本のメモ。あくまでもメモでその本を肯定したとは限らない。そんなノート。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マルクス「ヘーゲル国法論(第261節-第313節)の批判」(第1巻)

2012-01-15 | マルクス=エンゲルス全集
 「ヘーゲルは術語を、客体を自立させるが、しかし自立させるといってもそれは、それらの現実的な自立性、それらの主体からきりはなして自立させるのである。」
 「だから、現実的な主体になるのが神秘的な実態なのであって、実在的な主体はなにか別な主体として、神秘的な実態の一つの契機として、あらわれる。」P256
コメント

マルクス「木材窃盗取締法にかんする討論」(第1巻)

2012-01-15 | マルクス=エンゲルス全集
 「われわれは貧民の手への慣習法(慣習的権利)の返還を、しかも地方的でない慣習法、あらゆる国々の貧民の慣習法であるような慣習法の返還を要求する。われわれは、さらにすすんで、慣習法あるいは慣習上の権利というものは、その本性上、このような無産で、根源的な、最下層の大衆の権利以外ではありえないのだ、といいたいのである。」P133

 「だがなによりもまず、人倫感のつよい立法者なら、これまで避難されることのなかった行為を犯罪行為の領域にひっくるめてしまうことは、もっともゆゆしく、もっとも心苦しく、そしてもっとも危険なやりくちだと考えることであろう。」P141
コメント

マルクス「『ケルン新聞』第一七九号の社説」(第1巻)

2012-01-04 | マルクス=エンゲルス全集
 「哲学が世界のそとにないことは、脳髄が胃の中にないからといって、人間のそとにないのと同じである。」P112

 「はやくはマキヴェリ、カンパネラ、のちにはホッブズ、スピノザ、フーゴー・グロティウスから、さらにルソー、フィヒテ、ヘーゲルにいたるまで、国家を人間の目で観察して、神学からではなく、理性と経験とから国家の自然諸法則を展開しはじめた。」
 「最新の哲学は、すでにヘラクレイトスやアリストテレスがはじめた仕事をおしすすめたにすぎない。」P119

 「無知は一つの魔物である。われわれは、それが今後も少なからぬ悲劇を上演するのではないかと気づかっている。」P120

 未来=「学ぶ」ということ、「無知」の弊害などについて、鋭い。
コメント

マルクス「第6回ライン州議会の議事(第一論文/出版の自由と州議会議事の公表とについての討論)」(第1巻)

2012-01-02 | マルクス=エンゲルス全集
 「かつて、地球は太陽の周囲をまわっているのではないと、命令で決めたことがあった。はたしてガリレイは、そのことによって反駁されたであろうか」P39
コメント

マルクス「シュトラウスとフォイエルバッハとの審判者としてのルッター」(第1巻)

2012-01-01 | マルクス=エンゲルス全集
 「もしあるがままの事物にすなわち真理に改めていたろうと欲するならば、従来の思弁哲学の概念と偏見から諸君を解放せよ」P28
コメント

マルクス「プロイセンの最新の検閲訓令にたいする見解」(第1巻)

2012-01-01 | マルクス=エンゲルス全集
 「事物にたいする憤怒は人にたいする憤激となる。人々は人を変えることによって事物を改変したと信じる。」P5
 「真理は普遍的なものであり、それは私に属するものではなくすべてのものに属する。真理が私を所有しているのであって、私が真理を所有しているのではない。」P6
 「もし強制国家が誠実であろうとすれば、その国家自身が廃棄されるであろう。」「検閲制度の真の根本的治療はその廃止にある。なぜなら、この制度は悪い制度であり、そして諸制度は人間より強力であるからだ。」P6

 未来=「事物にたいする憤怒は人にたいする憤激となる。人々は人を変えることによって事物を改変したと信じる。」とは鋭い指摘だ。この頃は毎年のように首相が変わるが、その度に内閣支持率が高くなる。何も変わっていないのに、「改変したと信じる」国民の何と多きことよ。
コメント

『マルクス=エンゲルス全集』第1巻 序文

2012-01-01 | マルクス=エンゲルス全集
 「マルクス主義は、「時代おくれになる」ことはありえない。なぜなら、マルクス主義は、最終的な不変な公式の硬化した体系ではなく、創造的研究と積極的行動への手引きだからである。」
 「マルクスとエンゲルスにとって、科学は、自己目的ではなく、「歴史的に運動する革命的な力」(エンゲルス)であった。彼らは、なによりもまず革命かであり、革命家にとっては、世界を変革することこそ肝要だったのである。」(ドイツ語版序文)

 「われわれの学説は教条ではなく、行動の手引きである」
 「マルクス=レーニン主義理論にたいする教条主義的・経文読み的態度と断固としてたたかっている」
 「マルクス=レーニン主義の創造的性格を理解するよう、個々の定式や引用をならいおぼえるでなく、マルクス=レーニン主義の古典家たちの偉大な学説の真の本質を習得するよう要求している。」(ロシア語版第二版序文)

 「勤労大衆の苦しい物質的状態を分析しているこれらの論文を書いたことは、マルクスの見解を形づくるうえに大きな意義をもっていた。」
 「マルクスは、生活から、大衆の実践的闘争から切りはなされた思弁的理論を断固として排撃し、旧社会にたいする理論的批判と実践、政治、「現実の闘争と」をむすびつけるという任務を提起している。」(第一巻序文)

 未来=マルクス主義を、「最終的な不変な公式の硬化した体系ではなく」「教条主義的・経文読み的態度と断固としてたたか」い、「真の本質を習得するよう」な「手引き」とすべき、との重要な意義がそれぞれの序文に書かれている。
 しかし、その一方で、「ソ連邦の人民はすでに共産主義の明るい高所への移行を遂行している」など、現実に反する認識が書かれている。マルクス主義を「手引き」にせず、逆に「生活から、大衆の実践的闘争から切りはなされた思弁的理論」で覇権的・官僚的体制をすすめた国の破綻は当然の成り行きだと、マルクスも言うだろう。
 私たちは、真に「マルクス=レーニン主義の古典家たちの偉大な学説の真の本質を習得するよう」努力し、現実社会に活かす「導きの糸」としなければならないだろう。
コメント

10月の読書記録

2009-11-02 | 読書記録
不破哲三  『激動の世界はどこに向かうか』
『ロスジェネ』2009別冊
小川洋子  『心と響き合う読書案内』
宇都宮健児 『大丈夫、人生はやり直せる』
山室信一  『憲法9条の思想水脈』
宇都宮健児 『弁護士、闘う』
加藤周一  『羊の歌』
今野晴貴  『マジで使える労働法』
永野朝子  『香春岳』
纐纈厚   『私たちの戦争責任』
咲木英和  『誰もが読める資本論』
大阪革新懇 『大阪から日本の改革へ力を合わせて』
森田実・雨宮処凛 『国家の貧困』
コメント

労働総研アンケート 労組入りたい67%

2009-10-02 | 労働
 労働運動総合研究所の大学生の労働組合観に関するアンケート調査結果が発表された。
 ことし2月時点で大学生の3分の2が「労組に加入したい」
 労働組合は「必要だ」「そう思う」「ややそう思う」と答えたのは57.2%、新入生の68.5%。

 「就職後に労働組合に加入したいと思いますか」の問いに、「ぜひ加入したい」「必要に迫られたら」という大学生67.3%。

 「労働条件などの改善に向けて団結していけそう」
などの声で、前向きな姿勢がうかがわれる。
コメント

9月の読書記録

2009-09-30 | 読書記録
湯浅誠編 『若者と貧困』
スティーブン・グリーンハウス 『大搾取!』
湯浅誠・関根秀一郎 『脱・排除社会』
三田誠広 『マルクスの逆襲』
『<研修生>という名の奴隷労働』 「外国人労働者問題とこれからの日本」編集委員会
関口安義 『「羅生門」の誕生』
鈴木邦男 『公安警察の手口』
高島康司 『こんな時はマルクスに聞け』
竹内真一 『労働組合運動の可能性』
徳富健次郎 『謀叛論』
マルクス 『資本論』第7分冊
中西伊之助 「農夫喜兵衛の死」
地維法国賠同盟 『抵抗の群像』第二集
長崎平和研究所 『ガイドブック ながさき』
『学習の友』10月号
清水直子・園良太編 『フリター労組の生存ハンドブック』
金倉義慧 『画家 大月源二』
山田朗編 『歴史認識問題の原点・東京裁判』
コメント

清水直子・園良太編著 『フリター労組の生存ハンドブック』

2009-09-29 | 労働
 いまや企業経営者たちはグローバルな競争を理由に、生活を維持できる水準での雇用は不可能とまで言い出している。もちろん一方で彼らは自身の利得と株主配当、株価維持はかたくなに守ろうとする。生活保護を求める人々が「働かない」と蔑まれ、「転落」を恐れる人々は過労死にむかっているのにだ。 ㌻174

 未来記=どう考えてもおかしな企業の自分勝手な論理を、なぜ資本家でない人まで同調しているのか。「自己責任」論が、その本質を隠してしまっているのだ。
コメント

清水直子・園良太編著 『フリター労組の生存ハンドブック』

2009-09-29 | 労働
 がんばりすぎないこと。過労死や過労自殺にいたった人たちの多くは、がんばりすぎで、たとえば1か月に100時間を越えるような残業をして身体や精神を壊している。確かに、恒常的な長時間労働の職場では「仕事を切り上げてさっさと帰る」というのはかなり勇気がいるかもしれない。しかし、命や健康に優先する仕事などないし、あってはいけない。残業時間が6カ月平均で80時間以上、そのうち100時間を超える月があるならば、過労死・過労自殺は身近に迫っていると考えて、職場にウソをついてでも早く帰ることをおすすめする。 ㌻32

 未来記=「がんばりすぎないこと」。肝に銘じておこう。そして、自分の健康を守るためにウソまでつかなければいけない、社会のあり方を変えたい。
コメント

清水直子・園良太編著 『フリター労組の生存ハンドブック』

2009-09-27 | 反貧困
 「派遣切り」にあった人たちは、いきなり所持金がわずかになるわけではない。寮を出てしまい、ネットカフェなどに滞在して、ギリギリまで自分で何とかしようとして、次の仕事を探しながら、次第に蓄えが尽きてしまう。 ㌻13

 未来記=「派遣村」へ行かざるを得なかった人たちへバッシングする人たちがいるが、「ギリギリまで自分で何とかしようとして」いる姿が見えないのだろうか。「自己責任」論というイデオロギーに固まった人の考えを変えるのは容易ではないが、現実を知らしめながら、わかってもらうしかないのだろうか。あまりにも、悲しい。
コメント

高島康司著 『こんな時はマルクスに聞け』

2009-09-23 | 資本論
 このような、ときとして暴力をともなうことにもなる新しく労働者を作り出す過程を、『資本論』では、本源的蓄積といっている。
 『資本論』では、本源的蓄積を、資本主義の初期に起こった現象としてエンクロージャーなどを例に出しながら解説している。
 本源的蓄積は、資本主義の歴史を通して幾度となく起こった。なぜなら、この方法によって安い労働力が手に入り、より大きな利潤が望めるからである。
 これは、マルクス以後の時代に現われた多くのマルクス主義の思想家も指摘する点だ。本源的蓄積のくり返し、共同体を解体して安い労働力の源泉を作り出すことは、資本主義システムの一般的な傾向であるといって間違いないだろう。 ㌻100

 未来記=資本主義を、歴史の一過程としてとらえることは重要。そして、そもそもの本源的蓄積を考えると、資本主義はけっして平和的に行われていないことがわかる。「努力したものが報われる」というイデオロギーは、資本主義の始まりその時からウソにつつまれているのだ。
コメント

高島康司著 『こんな時はマルクスに聞け』

2009-09-23 | 蟹工船
 マルクスの生きた19世紀や現代のみならず、小林多喜二が『蟹工船』を書いた20世紀のはじめにも同じことが繰り返された。 ㌻44

 過酷な奴隷労働を強いる蟹工船で働いていたのは、「函館の貧民窟」から来た「十四、五の少年」や、「北秋田」などからやってきた「百姓の少年」の集団だった。生きてゆくためには、過酷な奴隷労働をせざるを得ない境遇であったことは十分に想像できる。こうした状況の背景にはすさまじい貧富の差があったことは間違いない。 ㌻45

 マルクスの生きていた時代の「農村共同体」の解体も、『蟹工船』からみてとれる「奴隷労働をせざるを得ない貧民」の創出も、そして現代の「日本型資本主義=会社村」の解体も、すべて資本主義社会の本質的な構造がくり返し作り出した問題だ。資本主義の社会は極端な格差をくり返し作り出す傾向があるのである。 ㌻50

 資本主義社会は発展すればするほど、社会の存続さえ脅かしかねないほどの巨大な格差を必然的に作り出し、下手をすると自滅の道をたどりかねないという警告だった。 ㌻52

 未来記=マルクス、『資本論』、『蟹工船』が、これほど引用され、現代を照射しようとした時代があっただろうか。「蟹工船」化された現実を変えない限り、この傾向は続くだろう。
コメント