京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『犬も食わねどチャーリーは笑う』

2022-10-04 | 邦画



□作品オフィシャルサイト 「犬も食わねどチャーリーは笑う
□監督・脚本 市井昌秀
□キャスト 香取慎吾、岸井ゆきの、井之脇海、中田青渚、的場浩司、余貴美子

■鑑賞日 9月26日(月)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

夫婦の形は百あれば百、きっとあるでしょうね(笑)

どんなに好きでも、一緒になって一つ屋根の下で生活して月日が流れると、
出逢った頃のことなんて忘れてしまっているかも

結婚4年目となる裕次郎(香取慎吾)と妻・日和(岸井ゆきの)は、
まわりにはに表向き仲の良い夫婦に見えていたけど、その実、
日和は夫に不満を募らせていた。さて、そんな日和がどう鬱憤晴らしをするのは。
ここがこの映画の主題となるのだろうが、これが今流で面白い。

それはSNSでの「旦那デスノート」なる書き込みサイトだった
そこには妻たちが恐ろしいほど生々しい投稿が書き込まれていた。
よく「今年の何とか川柳」とか発表があるけれど、まさに
妻の毒々しい川柳が山ほど。
ここはプレバトでお馴染みの夏井先生の厳しい評価を(笑)
で、その一つ一つがメッチャ面白くて声を殺して爆笑していた
しかも日和が投稿に使ったハンドルネームは、実は二人が可愛がっていた
ペットのふくろう・チャーリーの名前だったから、
ここから裕次郎と日和の戦争が勃発。
ここでいっちょ噛んでくるのが裕次郎の同僚の蓑山(余貴美子)
さすが余さん、ベストフィット

ま、色々ありつつ二人は元の鞘に収まるのだが、
この映画を観ながら、もし実際にこんなサイトがあり、
かみさんが投稿してたら、どんなこと書くかなぁと思いつつ
ふと二人の出逢った頃のことを思い返していた。
ぼくら夫婦のキーワードは「歩道橋の上」かな(笑)


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「美をつくし なにコレ」/サ... | トップ | 「コスモスまつり」/昭和記... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事