Coco's eye

美しいと思った事、感動した事、好きな事などを書きとめたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セルゲイ・ポルーニン

2017-07-29 17:54:44 | バレエ
今日はル・シネマで『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
を観てきました。

空を舞う肉体が、なんて美しい!!!
完璧な美が存在してる!!!


『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』

  <ヌレエフの再来>と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心――ー
19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

ウクライナ出身で、19歳の時、史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲“Take Me To Church”のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで1,800万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。

<ヌレエフの再来>と謳われる類い稀なる才能と、それを持て余しさまよう心。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?

監督:スティーヴン・カンター
『Take me to church』演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン他

予告編




伝説となっている「Take Me to Church」




パルコ「君も特別」




エル・ジャパンの撮ったショートムービー


エル・オンラインの紹介記事を一部ピックしました。

『中学そこそこで国を出て、子どものころから一日9時間練習し、生活のほぼすべてがバレエに支配される。共産圏の家族が必死で外国で出稼ぎしてレッスン費を捻出してくれている分、誰よりも練習し、誰よりも早く稼げるように努力した。ところがトップに上り詰めたら、そこにあったのは野球選手の最低年俸にも満たない給料。40歳前には多くが引退する世界では、投資してもらった分を回収することなど夢のまた夢。彼自身が語っているように「トップになりさえすれば家族を祖国に帰せる分だけの十分なお金が手に入れられると信じていたのに、すべてが打ち砕かれ」てしまった。しかも、プリンシパルになっても契約は更新制。労働ビザはロイヤルで働いていることが条件のため、ケガでもしてクビになったら即、国外退去の恐怖が待っている。出世街道をひた走る稼ぎ頭の営業部長が契約社員のまま他の会社だと係長並みの給与で放置されているようなもの。通常の精神状態ならまず耐えられない。
 
世界5大パレエ団のトップの座を射止めるのは、確立的に言えばオリンピックで金メダルを獲るよりもはるかに難しい。ふつうの人が送れるはずの無邪気な時間も、箸が転がるだけで笑える青春も犠牲にして、ときには教育ケアも精神ケアもないまま大人になって、結局何も手にできない人が無数にいる。そんなリスクだらけのいばらの道を歩んでいるからこそ、バレエは尊い(合掌)。尊すぎて死ぬ。
  
ポルーニンはスキャンダルに“まみれて”なんかない。彼の努力と才能と個性とプロフェッショナルとしての問題提起に、周りが追い付いていけなかっただけ。二十歳そこそこの若者が「成功したはずなのに自分の人生なんだったんだろう」と絶望した姿に、非情にも後ろ指を指しただけだ。タトゥーショップ経営、始めましたけど何か? たとえばそんな悪態をついたとしても、何もおかしくない。
 
数々の苦難を糧に困難を乗り越え、いま多くの人の支えを得て支援しているのは、そんなバレエ界で生きていこうと奮闘する若者たち。「マスコミがいるから僕たちの存在をみんなに知ってもらえる。今は大切だと思っているよ」と、インスタグラムインタビューにも丁寧に応じてくれたポルーニン。かつて自分に敵意を向けたマスメディアに対する“大人な”対応の後ろには、バレエ業界の慣習を少しずつ変えていきたいという姿勢が見えた。

つぶれかけた21世紀のニジンスキーが、最後までつぶされずに復活したことは幸運。タトゥを彫ったことで彼を非難した人たちにも、今は感謝すべきなのかも。父と慕うゼレンスキはじめ、もうすぐ公開となる豪華スター共演『オリエント急行殺人事件』に抜擢したケネス・ブラナーなど、彼を愛する多くのサポーターたちが現代のディアギレフとなって彼を支えるきっかけを与えてくれたのだから。』


ドキュメンタリー映画なので家族との葛藤が多く描かれているのだけど、
私としては踊っている姿をもっと少しでも長く見ていたかったな~。
人気があるようで、満席(狭いけど)だったのには驚きました。
美しさに感動したい方は、是非。お勧めです。



*動画と記事の一部は感謝してお借りしています。ありがとうございます。
コメント

「Notte Stellada」と「The Dying Swan」

2016-11-05 11:04:13 | バレエ
スケートカナダから、1週間が経ちました。早かったですね~。
今週は白鳥さんで頭がいっぱいで、仕事中もこの曲が頭の中でずっと
流れていました。

白鳥の写真とバレエの写真も組み合わせた動画がありました。


「アンナ・パヴロワを追憶して」と作った方が最後に書いていますが、
パヴロワは20世紀初めのロシアのバレリーナ。
『瀕死の白鳥』は、ロシアのミハイル・フォーキンが1905年に彼女のために
振り付けた作品で、パヴロワの急死を悼んで この演目は20年間 誰も踊る
ことが無かったという伝説の人です。

ボリショイ・バレエ団のプリンシパル、スヴェトラーナ・ザハーロワの
動画があったので貼っておきます。


バレエでは「The Dying Swan」という演目で、
日本語にすると「瀕死の白鳥」

イル・ヴォーロは原曲を生かしながらロマンティックな愛の歌にして、
羽生選手は美しいフィギュアの世界に変えていく。美の連鎖ですね~。

以前から羽生選手のファンでしたけど、このEXで魂抜かれちゃいました。
ホント、ヤバイです。。。



*画像と動画は感謝してお借りしています。ありがとうございます。
コメント (2)

英国ロイヤル・バレエ団「ジゼル」

2016-06-26 20:03:27 | バレエ
今日は 久しぶりにバレエを観に行ってきました。

場所は上野の東京文化会館。
海外のバレエ団とかオペラの公演も東京だとここで行われる事が多いです。

「ジゼル」のあらすじです。

 村娘ジゼルは、村人になりすましたアルブレヒト伯爵に恋をする。母ベルタは、婚礼の前に男に捨てられて死んだ娘たちの亡霊「ウィリ」の話をして、その恋をあきらめさせようとする。そんな時、貴族の一行がジゼルの村を訪れる。ジゼルは美しい貴族の女性バチルドをもてなすが、彼女はアルブレヒトの婚約者だった。ジゼルを愛する森番ヒラリオンは、恋敵アルブレヒトの素振りに怪しさを感じとり、皆の前で正体を暴く。ジゼルは衝撃のあまり狂気に陥り、アルブレヒトの剣で自らの命を絶つ。

夜、ヒラリオンとアルブレヒトが相次いで森の中の彼女の墓を訪れるが、彼女は「ウィリ」となっていた。ウィリたちはヒラリオンを踊らせて殺し、次の標的をアルブレヒトに定める。ジゼルは必死に彼を守り、いつしかウィリの魔力が失われる夜明けが訪れる…。

マリアネラ・ヌニェス!第1幕、裏切りを知ったジゼルの狂乱の場面。


私が観たのは、ローレン・カスバートンとフェデリコ・ボネッリの二人。





第2幕のウィリの女王ミルタ役に日本人のファーストソリスト、小林ひかるさん。

第1幕は、物語のあらすじを追う形で最後のジゼルの死でクライマックスを
向かえて終わり、やはり見どころは第2幕のウィリ達のコール・ド・バレエと
ウィリとなったジゼルの踊りとアルブレヒトとのパ・ド・ドゥ。



ローレン・カスバートンの羽のような軽やかな踊りが、この世のものとは
思えない美しさで、本当に素晴らしかったです。
(この写真はナターリヤ・オシポワ)



今日が東京の楽日だったので、何度ものカーテンコールの最後には、
楽屋のスタッフも皆舞台に出てきて、SAYONARA、SeeYouSoon!
の電飾が下がり、紙吹雪が舞うという華やかで感動的な舞台となりました。

さすがロイヤルだけあって5階まで満席、踊りが終わるごとに歓声と拍手が
起こり、カーテンコールでは 皆が立って手を上に挙げて拍手したり 手を
振ったり、観客としても一体感のある楽しい時間を過ごせて、幸せな一日でした。

*画像と動画はお借りしています。ありがとうございます。
コメント (2)

スペイン国立バレエ団 アントニオ・ナハーロさん

2015-11-05 20:35:00 | バレエ
先週土曜日、31日にショックを引きずりながら、観に行ったのが
この「スペイン国立バレエ団」の公演。

今回日本で演じられているのは、A、B、Cと3つのプログラムがあって
公演日程によって変えられています。
私は「ボレロ」を観たかったので、Aプロの東京文化会館に行きました。

フラメンコは情念的な女性の踊りというイメージで私にはちょっと…
という感じだったのですが、バレエ団という名前がついているとおり、
バレエとスペイン舞踏を融合させた美しくも情熱的な踊りの数々でした。

特に足を踏み鳴らして踊る男たち、そしてコール・ド・バレエ(群舞)の
迫力はただただ圧巻でした。

私が説明するより、詳しい動画が上がっているのでそれを貼っておきますね。





私が観たAプロは、前半20分で「ボレロ」を含む3曲。
最初の「ファルーカ」というのが、生ギターで、白いシャツ、腰高のパンツと
ベストの衣裳で3人の男性が踊るのですが、すっごいクールでカッコよかった!
そして「ボレロ」はやはり大感動、躍動する肉体美に酔いしれました。

20分の休憩をはさんで、後半40分は「セビリア組曲」
セビリアの情景9曲を踊ります。これは、ナハーロさん振付のもの。
すごく斬新な振付が随所にあり、これもすごい迫力でした。

最後にカーテンコールでナハーロさんも挨拶にでてこられましたよ。

6月に貼ったものと一緒かもしれませんが、ボレロも貼っておきますね。



そう言えば、安藤美姫さんの名前のついたお花が飾ってありました。

明日から始まる中国杯に出場するフェルナンデス選手のSPは、
ナハーロさんの振付。どんな風に仕上がっているのか楽しみですね。

中国杯は浅田選手の復帰戦。ドキドキしますね~。
小塚選手の欠場は本当に残念。ロシアを楽しみにしています。

*動画はお借りしています。ありがとうございます。
コメント (2)

川井郁子 「Adagio」&ヘザー・オグデン

2015-09-03 21:32:30 | バレエ
川井郁子さん演奏の「Adagio」も好きです。

カナダ国立バレエ団プリンシパルのヘザー・オグデンさんの踊りと
組み合わせた動画がありました。

バレエで鍛え上げられた身体と動きがメチャクチャ美しいです~。
人間てこんなに美しいのですね。(*゜▽゜*)
自分が同じ人間とは思えないデス。。。(´Д` )



*動画はお借りしています。ありがとうございます。
コメント (4)