Coco's eye

美しいと思った事、感動した事、好きな事などを書きとめたブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

土曜日の朝 ハワイアンミュージック

2015-01-31 21:48:31 | 音楽
休みの日は、いつもより1時間遅く起きることにしています。
もっと遅くまでベッドの中にいたいのですが、愛犬はそうそう待ってくれ
ません。朝遅い日はお休みですね♡と分かっているらしく、いつも以上に
ニコニコしてすり寄ってくるので可愛いです。

土曜日の朝は、ラジオ InterFMの「iHeart Hawaii」を聴きながら、
過ごしています。ハワイの音楽や情報を流している番組なのですが、
休日らしいリラックスした気分にさせてくれます。

以前ハワイに行った時に、ハワイアンミュージックを買って帰ろうと思って
現地の方にお勧めは?と聞いて購入したCDが、Israel Kamakawiwo'ole の
「FACING FUTURE」イズラエル・カマカヴィヴォレと発音するそう。

肥満が原因で38歳の若さで亡くなってしまったのですが、
とても優しく美しい声の持ち主でした。
お葬式の日には、死を悼んでハワイ州旗が半旗掲揚されたそうです。

そのアルバムには、彼独特の高音の美しい曲が、他にも沢山あるのですが、
一番有名な曲で「Somewhere Over the Rainbow」



*動画はお借りしています。ありがとうございます。
コメント

雪! THE SNOWMAN

2015-01-30 22:14:43 | その他
朝起きると雪が降っていました!
雪はいいですよね。降っている様子も美しいし、積もると見慣れた風景が
一変して、真っ白な別世界になります。

浮き浮きしながらでかけたら、残念ながら昼頃には雨になり溶けてしまって
楽しみにしていた雪景色は見れませんでした。

雪が降ってくると必ず思い出す歌と映像があります。そう、スノーマンです!
ボーイソプラノの美しい歌声と空を飛ぶスノーマンの姿が、頭の中でリピート
されてしまうのです。

絵本もDVDも持っています。
少年が、自分の作った雪だるまと夜一緒に冒険に行き、翌朝目がさめると
雪だるまは溶けて消えていたのだけど、ポケットにはサンタクロースに
プレゼントされたマフラーが残っていた、という物語。
DVDでは、冒頭のナレーションでデヴィッド・ボウイが登場しています。

レイモンド・ブリッグズが1978年に絵本、1982年にイギリスのTV局
のクリスマス・イヴ放映に合わせてアニメ作品を作りました。

いまだに愛されて続けている素晴らしい絵本とアニメですよね♡
ハワード・ブレイク作詞、作曲 「Walking In The Air」



*動画はお借りしています。ありがとうございます。
コメント

チェロ奏者 ヨーヨー・マさん

2015-01-29 21:32:24 | 音楽
チェロは、日本の方の生演奏を聴いた事があって、その時に伺ったの
ですが、楽器の下に長く伸びているエンドピンの先、鋭くとがっている
部分を床に突き刺して演奏するのだそうです。

そうする事でその室内全体を反響板として使い、この豊かな音色が
出せると聞きました。実際の音はお腹の中にまで響いているような
感じでした。

ヨーヨー・マさんの演奏は、豊潤ですべてを包み込むようなふくよかな
響きがあります。他の方とは、何故か違うのですよね。

クラシック以外にもタンゴなど激しいものも弾かれたり、レパートリー
は広いのですが、やはり一番のお気に入りはバッハの無伴奏チェロ組曲。
全曲入った2枚組のCDは、私にとってとても大事な存在です。

張り付けた動画は、2011年3月11日の東日本大震災のあと、
日本人に向けて演奏して下さったものです。
その時のメッセージがこちらです。

日本の人々が大変な状況にある今、私は一人のアーティストとして、
芸術や文化の在り方について深く考えさせられています。
文化/芸術は、このような過酷な現実に直面している人々の痛みを
少しでも和らげることができるのだろうか

東京在住のある友人は、この疑問にこう応えてくれました。
「自分が適切だと思ったことをためらうことなく実行するべき。
行動しなければなにも始まらないのだから。」

私は、この映像によって、日本に住む皆様に少しでも心の安らぎが
もたらされることを切に願っています。(ヨーヨー・マ)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲 
「無伴奏チェロ組曲 第1番ト短調 プレリュード」



*動画はお借りしています。ありがとうございます。
コメント

夢の中へ

2015-01-28 21:24:31 | その他
以前、どなただったか、はっきりとした全体の文章も覚えていないのですが
バレエについて書かれていたものを読みました。

「なぜバレエでは爪先立つのか?」という問いに、その方は「爪先立つ
ことによって、観客を非日常の世界に引き込む事ができるからだ。」
とおっしゃっていました。

なるほど!と思いました。日常から離れた空間において、普段人間が
行わない所作をする事によって、より強く非日常性を感じさせるのですね。

フィギュアも(勿論得点を争うスポーツではあるのですが)人間の普段の
歩いたり、走ったりする行為の延長ではなく、凄いスピードで滑っていて
高く空中に飛び上がり回転する。
人間離れした美しさ、私はたぶんその非日常性に惹かれるのだと思います。

誰もがそうなのか分かりませんが、私はそういうものが好きなのです。
素晴らしいアートは、それがそこにあるだけで空間が変わりますし、
音楽によって空気も変わります。
映画も私を違う世界へ連れていってくれます。

非日常の世界は、夢の世界です。

仕事をしているので、休みの日くらいはずっと美しいものに触れて夢の中に
浸っていたいと思うのですが、普段かまってあげられない愛犬ともいたいし
買い物もしたいしなどなど、休みの日も忙しい現実はつきまとうのです。



*画像はお借りしています。ありがとうございます。
コメント

世界最高得点 男子フリー パトリック・チャン選手

2015-01-27 23:00:00 | フィギュアスケート
チャン選手は本当にスケーティングが美しい方。
エッジが氷に吸い付いているようななめらかさで、変な言い方なのですが、
氷の下に磁石があって、それで移動して行っているよう。
足で漕いで滑る感じが全くないんですよね。

昨年までカナダ選手権7連覇でした。
今季はお休みしていて、ナム・グエン選手が優勝しましたね。

2013年グランプリシリーズのエリックボンパール杯でだしたのが
196.75点、総合で295.27点の記録も彼が持っています。

羽生選手が昨年のグランプリファイナルで最後のジャンプミスさえなければ、
きっと超えたのでしょう。
そのジャンプの前までは、誰もがこれは大変な得点になるぞ!って思って
いました。オーサーコーチも残念そうなジェスチャーをしていましたね。

話しは変わり、この動画を見ていて気が付いたのですが、リンク脇の看板の
色がすべて同じブルーに統一されていたのですね。いろんな色が勝手に主張
するのは許せないのでしょう。さすがフランスです。

座席が赤で、フェンスがブルー、氷は白、トリコロールになっていますね。

アントニオ・ヴィヴァルディ作曲 「四季 協奏曲第2番と第4番」
アルカンジェロ・コレッリ作曲 「クリスマス協奏曲」
振付 デヴィッド・ウィルソン



*動画はお借りしています。ありがとうございます。
コメント