seiji honda's blog

制作雑記帳云々

野中ユリ 金色蝙蝠 新作など

2008-09-26 20:13:35 | インポート

ゴールデンバット(煙草、以下バットと明記)の空き箱でコラージュをやっていて気付きました。

野中ユリ装丁、吸血鬼幻想(種村季弘著)、敬称略、の色味や感じが、
ゴールデンバットのデザインと何だかかぶります(笑)。

気のせいだと思いますが、こういう一致は好きな感覚です。

ところで、
吸血鬼幻想、良い本ですね。
内容は然る事ながら、
野中ユリの装丁がとても素敵です。


そしてバット。
このところ煙草は煙管(キセル)で吸うことが多いですが、
紙巻煙草の中で好きな物の一つです。

芥川龍之介が愛飲していた模様。
(他、森茉莉も好きだったみたいです。)

内田百閒がそのことを愛しげに書いております、以下。


芥川龍之介君がバツトを愛用して、
愛用すると云ふよりも滅茶飲みをした。
指の先が煙脂で赤茶けてゐた。
確か六銭の時代であつたと思ふ。
それが七銭になつたのを残念がって、
バツトは六銭でなければバツトらしくない。
七銭のバツトなんか変だよと云つて
世の無常をかこつような顔をした。

(内田百閒著 ひかり より抜粋)
コメント

高島野十郎

2008-09-23 02:07:29 | インポート
※制作とは直接関係ないですが、
間接的な事項(本や音楽なども)
も紹介していきたいと思います。
己にとってとても大切なことなのです。


というわけで高島野十郎について。
このところ回顧展(2005年)があったり、新日曜美術館で紹介されたりして、
ご存知な方もあると思いますが、この人の画集が素晴らしい。

図録は入手困難ですが、
画集は手に入りますので是非見ていただきたく思います。
ここでなんぼか観ることができます↓

http://www.kyuryudo.co.jp/shopdetail/002000000042

精神(いや魂か?)に沁みる絵だと思います。
(沁みすぎて傷が無いのにどこかが傷みます。)



表現は凡て暴力、生活は自然に對して暴力を加える事、
藝術は自然に直接でなく全く無関係の他物質に表現する暴力、だから美

(高島野十郎のノートより)
コメント

F.H.C.の新譜

2008-09-17 02:36:12 | インポート

8月にF.H.C.の NEW ALBUM が発売されました。
いつも札幌の個展会場でライブをしていただいております。
( F.H.C.ホームページ http://www17.plala.or.jp/foxhole/ )

今回、念願が叶いアルバムジャケットの絵を私が担当しました。

以下、ライブスケジュールです。

★2008/09/27/sat please drive faster

 於 STUDIO 電気猫(旭川市7条4丁目)

 時 未定

 料 未定

 共 realbeat、etc


★2008/10/05/sun BROOMOON ~月下に音の花開く~ Sound scope in the open shelf

 於 kissa kaika【開化】(札幌市豊平区平岸3条9丁目10-1 第一恵信ビル2F)
 ( 開化の所在地 http://www17.plala.or.jp/foxhole/kaika_map.jpg )

 時 18:30open / 19:00start(予定)

 料 ¥1,500-【1drink】(予定)

 ※ with VJ N&N

 ※ ワンマン・ライブです


コメント