seiji honda's blog

制作雑記帳云々

開化展示終了しました。

2008-12-28 12:42:04 | インポート


お陰様で無事終了いたしました。
忙しい季節に足を運んでくださりありがとうございました。

来年に向けて益々精進したいと思います。


画像は開化の本年最後のイベント「花餅」作りに参加した様子です。

飛騨高山地方の正月飾りだそうです。

もち米を捏ねて木の枝につけます。

ちょっと荒い感じに仕上っておりますが、
それもまた風情があってよいですね。

紅白の小さな塊が奇麗です。
コメント

おもちゃとオブジェ

2008-12-27 03:37:03 | インポート


件のオブジェとバウハウスの積木です。
(丑年なのでやっぱり件{くだん}!)

開化展示は残すところ本日(12/27)のみです。

激しい雪降りになりましたが、
それでもという方は是非遊びに来てください!

ブックカフェという紹介をしておりますが、
それだけでは勿論ない場所なのでアンテナを立ててご来場くださいませ。
コメント

KUMA

2008-12-25 22:49:36 | インポート


札幌の天気、
荒れてますね。

荒天の中来ていただいた方ありがとうございます。

くまちゃんの画像でくつろいでください(笑)。
(後ろにある本はボリス・ヴィアンと龍膽寺雄ですが。)


コメント (2)

F.H.C.@Kaika 12/23

2008-12-24 19:57:00 | インポート


お陰様でライブは盛況でした。
開化展示も残すところあと3日です。

お時間ございましたら観に来てください。

宜しくお願いします。
コメント

F.H.C.@Kaika 12/23 リハーサル風景

2008-12-24 19:53:28 | インポート



コメント

品品法邑

2008-12-23 01:36:30 | インポート


行って来ました。

札幌市東区本町にあるギャラリーカフェ(と言っていいものか)法邑の姉妹店、
1階にカフェと作家物を扱うスペースと2階にギャラリーを擁する品品法邑。
(画像は建物の裏側だと思われます。最近OPENしました。)

そもそもの目的は小林さんの絵を法邑に観に行くことで、
その報告をすべきですが、
画像等を紹介することが躊躇われた為にずらした紹介をして恐縮です。

抜きのないデザイン、設計など素敵なところでした。
コメント

開化風景3

2008-12-22 00:35:17 | インポート


雪になりましたね。
今もまだ降り続けていて寒いですが多少はほっとしました。

日が落ちるのも早く、
16時過ぎでこの暗さです。

さて、
23日(火)はお店は営業しております。
18:30からF.H.C.with VJ N&N のライブですのでまた違った一時を楽しみにいらしてください。
(17:00ごろからその準備の為、会場が多少慌ただしくなるかもしれません。)

無料(ドリンクオーダー願います)。

宜しくお願いします。

F.H.C. Sounds ↓
http://www17.plala.or.jp/foxhole/sounds.html



遅れ雪 逢魔ヶ刻を 塗り照らす
コメント

タルトタタン

2008-12-20 22:55:33 | インポート


開化冬場メニューのタルトタタンと
能登から取り寄せている二三味コーヒーです。

ようやく食べ物の画像が撮れました(笑)。

美味い!


タルト・タタン (Tarte Tatin)とは、バターと砂糖でいためた(キャラメリゼ)リンゴをしいて焼いたフランス菓子。ひっくり返してリンゴの部分を上にする。
【出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)】

二三味珈琲↓
http://www.omisebatake-isico.com/tanbohki/nizamicoffee.html
コメント

下拵え

2008-12-20 22:49:49 | インポート


↑開化メニュー、タルトタタンの林檎を剥いているところです。


コメント

開化本棚ⅲ

2008-12-20 04:10:00 | インポート


またまたちょっと趣味に走っての開化本棚です。

今週は開化の食べ物を紹介しようと思ったのですが、
写真をとる前に食べてしまいました・・・。

いつも紹介しようと思っているのですが料理が出てきた瞬間に
そういうことは頭の中から消えてしまうみたいであります(笑)。

明日(今日)こそは画像付きで紹介したいと思います。
期待しないでお楽しみに!

画像は稲垣足穂、瀧口修造、牧野信一、椿實、尾崎翠などが並んでいる上部本棚。
それだけではなんなので、などというのもなんだが、中フレーム作品と共に。


あめふらし くうきのそこで ゆきふらし
コメント