アンダンテ:フルート発表会

2008-11-30 13:48:30 | Weblog
先日の10月11日(土)に以前に私が習っていたフルート教室の発表会がありました。その時の様子です。関心のある方はのぞいて見て下さい! アンダンテ:フルート発表会 にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ
コメント

南京事件前夜:日本軍の空襲とイマジン9

2008-11-30 12:21:19 | Weblog
ラーベの日記を読んでいると、日本軍の南京攻略戦における空襲の様子がよく分かる。 ジョン・H・D・ラーべ(1882年ハンブルク生まれ。1911年にドイツの世界的コンツェルン、ジーメンス社に入社。ナチ党員。日中戦争が深刻化し、首都南京が陥落したときは当地支社長だった。日本軍占領下の南京で、国際安全委員会の代表となって中国人を救おうと奔走する。1950年、ベルリンにて死去する。)が、南京攻略戦前夜から陥落後の様子を日記に書いていた。[「南京の真実」(ジョン・ラーベ著):講談社]より引用 1937年9月21日裕福な中国人はとうに船で漢口へ避難し始めていた。農場という農場、庭という庭、さらに公共の広場や通りには大車輪で防空壕が作られた。とはいっても、19,20日と、続けて4度の空襲にみまわれるまでは、ごく平凡な毎日が続いた。 アメリカ人やドイツ人の多くがすでに南京を去っていった。これからいったいどうなるのか。昨晩、じっくり考えてみた。・・・・・・ 10月3日政府高官筋の人々、とりわけ蒋介石夫人の宋美麗はドイツにあまり好感を持っていないという噂だ。ドイツが日本と防共協定を結んでおり、ソビエトと同席したくないという理由から、ブリュッセル会議への出席を拒否したからだ。「私たちの味方でない者はすなわち敵」と夫人は言ったという。それなら、ドイツ人顧問はどうなんだ?いまや中国人があんなに誇りにしている高射砲部隊、つまり防空隊を導入したのはいったいどこの誰だ?ドイツ人の軍事顧問じゃないか!北部ではろくに訓練されていない兵士が逃げ出しているというのに、上海付近の軍隊は勇敢に戦っている。だれが訓練したと思ってるんだ?ドイツ人の軍事顧問だろうが!南京から逃げずにがんばっているのは?ドイツ人の軍事顧問と我々会社員じゃないか!こっちに言わせれば、南京に残るのはまさに犠牲的行為以外の何ものでもないんだ。それなのにやつらにはそれがどうしてもわからない!なんせ自分の国にいるんだからな。・・・・・  薬がなくなりそうだ。天生薬房(薬局)は、このあいだの爆撃で派手にやられて店を閉めてしまった。・・・・・・・・ けが人を大ぜい乗せたトラックが毎日到着する。大したけがではないが、どの人も痛々しい。汚れた包帯をまいて、泥がこびりついている。まるでたったいま塹壕(ざんごう)から出てきたみたいだ。医師のヒルシュベルクさんがいてくれるのがせめてもの救いだ。彼の家族もまだ残っている。・・・・・ 10月6日 18時から19時まで、トラウトマン大使(駐華ドイツ大使)がお茶を飲みに来ていた。一時間ほど一般的な情勢について話し合った。お互い少々悲観的になっている。北部は陥落してしまった。これはどうにもならない。だが、南京は上海に守られているために、中国人は戦争の中心は上海だと思っているようだ。だが、いつまでこれが続くだろうか? 10月13日薄曇り。不穏な日だ。だが、このあたりは無事だった。8時に空襲警報。だが、15分後に解除された。警報のたびに男も女も子どももみな、貧しい人たちが大ぜいわが家のそばを通り抜け、五台山へと、逃げていく。かなり大きな防空壕があるのだ。これだけでも悲惨きわまりないというのに、小さい子どもを抱いた母親たちのおびえようといったら!見ていられない。今日はそういう人たちが4回もここを通り過ぎていった。  防空壕を広げよう。ドイツ語の話せる沈(セン)さんと馮(フォン)さんが、わが家の近くの支局に転勤してきた。空襲警報が鳴ると二人ともここに避難してくる。いつも郵便物を配達してくれる二人も常連だ。そのうちに泊めてくれといってくるだろうが、場所があるだろうか。私自身はここのところまったく防空壕に出入りしていない。・・・・・ (IMAGINE 9)【合同出版】より 想像してごらん、武器を使わせない世界を。 Imagine, A world that doesn’t let weapons be used. 憲法9条はどんな軍隊より、どんな核兵器よりも大きな力をもっています。なぜなら、核兵器はけっして平和をもたらさないからです。それはこれまでの歴史が証明しています。核兵器はこれまでに何十万人もの人々の命を奪い、国を破壊してきましたが、世界はまだ暴力と戦争だらけです。 (アメリカ/男性) にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント

南京事件の日々

2008-11-29 21:43:29 | Weblog
南京が攻略された時、南京に残って安全区を作り、そこに避難してくる避難民を守った外国人たちがいた。南京難民区で活動した外国人たち【ここであげたうち、ラーベがドイツ人である以外は、すべてアメリカ人】(「南京事件」笠原十九司著 岩波新書)より引用 ジョン・ラーべ ジーメンス社南京支社支配人。ナチス党支部長代理。南京安全区(難民区)国際委員会委員長、帰国後南京事件をヒトラーに報告、対中・対日政策の変更を願ったが、逆にゲシュタポに逮捕される。 ジョン・マギー アメリカ聖公会伝道団宣教師。南京国際赤十字委員会委員長、南京安全区国際委員会委員、日本軍の蛮行を厳しく批判すると共に、良心的な行動をとった日本人将兵についてもきちんと記録している。 アーネスト・フォースター アメリカ聖公会伝道団宣教師。南京国際赤十字委員会書記。カメラが趣味で、多くの記録写真を残している。 ルイス・スマイス 金陵大学社会学教授。南京安全区国際委員会書記。社会学者として南京攻略戦の被害状況を調査書にまとめた。 ジョージ・フィッチ YMCA国際委員会書記。中国蘇州に生まれ、中国語が堪能で南京安全区国際委員会のマネージャー役を務める。 マイナー・ベイツ 金陵大学歴史学教授。南京安全区国際委員会委員。委員会の中心メンバーとして、財務実務や日本大使館への抗議交渉を担当した。知日派としても知られる。 ロバート・ウィルソン 金陵大学付属病院(鼓楼病院)医師。南京国際赤十字委員会委員。南京占領時、唯一の外科医師として医療活動に従事。 ミニー・ヴォートリン 金陵女子文理学院教授。宣教師。南京国際赤十字委員会委員。強姦・暴行を防ぐために献身的な活動を続けた。1940年アメリカに帰国し、翌年自殺。 明日からは、ラーべとヴォートリンの日記をもとに南京事件をどのように描写したかを見ていきたい{IMAGINE 9}より【合同出版】より 想像してごらん、おたがいに戦争しないと約束した世界を。 Imagine, A world that promises not to fight wars with each other戦争して平和を取り戻すんだという意見があります。でも、イラクを見てください。ブッシュ大統領はサダム・フセインを倒すといって実行しましたが、平和にうすることはできませんでした。戦争が起きると、もっと多くの人が犠牲になるだけなのです。暴力や武力では平和はつくれないことを、今のイラクは証明しています。(ケニア/男性) にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント

南京大虐殺 and IMAGINE 9

2008-11-28 11:07:54 | Weblog
日中戦争では、日本刀が広く使われた事が、『「百人斬り競争」と南京事件』(笠原十九司著)を読むとよく分かる。南京攻略戦の途中から百人斬り競争を始めた、二人の少尉は戦後南京の裁判で処刑されたが、その二人はたまたま大新聞の記事になって有名になったから処刑されたのであり、その他にも沢山の日本人兵士が日本刀で、中国人を斬った。それが戦いの最中なら正当性はあるが、残念ながら、敗走する兵を後ろから斬ったり、捕虜にした無抵抗な兵士を据え物斬りしたりもした。前述の百人斬り競争の中身も、このように斬られたものがいたという。 ともかく、中国戦線に於いては日本刀が威力を振るった。著書に載っている一例をあげる。地方紙「新愛知新聞 三河版」【隊長からもらった日本刀で敵の首32!新城町の剣道選手・・・君の痛快な武勲をきく】(1938年6月17日)・・・・・・・・・隊長より特に剣道の腕を見込まれ、隊長所持の伝家の日本刀贈与の栄光に浴し・・・徐州攻撃参加の激戦には真っ先に振りかざして突進、真っ向当竹割と敵兵の首12個を吹っ飛ばした。すでに幾多の戦闘にても18個の首を切り落としており、衛兵勤務の立哨中敗残兵2名が出没したが、このときなどは敵は無茶苦茶で簡単に斬り落とすことができた。現在刀の刃はボロボロに濡れているが零れているが、切れ味は大丈夫だ。 合計32首を葬ったが、凱旋までには50個を血祭りにあげる覚悟だから安心していてくれ。このような記事がいろいろな地方紙に武勲として紹介されていた。当然その当時の日本は国民こぞっていけ!いけ!モードであったのだから。敵国の中国人を沢山斬ることに何の疑問もはさまなかっただろう。たとえ、それが無抵抗なものであっても。勿論捕虜を斬るとか、敗残兵を斬るというのは戦時国際法違反である。 {IMAGINE9}【合同出版】より 想像してごらん、武器をつくったり売ったりしない世界を。 Imagine, A world that doesn't Make or sell weapons. 紛争が続くアフリカでは、子どもたちまで武器を持ち、命を落としています。その武器はヨーロッパやアメリカから売りつけられています。アフリカの私たちは、殺しあう必要もないのに買わされているのです。 だから、9条はアフリカにこそ必要だと思います。 9条があれば、これ以上アフリカに武器を持ち込ませないようにできるのです。(ケニア/男性) にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント

南京大虐殺andIMAGINE9

2008-11-27 20:30:32 | Weblog
南京攻略戦は現地の師団の独断専行によるものであったが、勿論軍中央にも南京攻略を積極的に進めるべきだという勢力もあり、それが力を持つようになった。 11月20日、天皇が直属する最高戦争指導機関である大本営が設置され、24日には天皇臨席のもとに、参謀本部、陸軍省、軍令部、海軍省の最高首脳部が出席して第一回大本営御前会議が開かれた。開かれたということは、本格的な戦闘に入ったということだろう。 12月1日、大本営は「中シナ方面軍司令官は、海軍と協同して敵国首都南京を攻略すべし」(大陸命第8号)との南京攻略を下令して、中シナ方面軍の独断専行を正式に追認した。 12月14日、昭和天皇より南京占領を喜ぶ「お言葉」が下賜(かし)された。 陸海軍幕僚長に賜りたる大元帥陛下御言葉中シナ方面の陸海軍諸部隊が上海に引き続き勇猛果敢なる追撃をおこない、首都南京を陥れたることは深く満足に思う。この旨将兵に申し伝えよ。(『南京戦史資料集Ⅱ』) 大元帥陛下にどのような情報が伝わったか分からないが、中国では以下のような事が起こっていた。「陣中日記」の続き。12月27日午前8時、野菜の徴発に出る。漢中門を出た所には五、六百の死体が真っ黒に焼かれ折り重なって倒れている。焼けただれた皮膚が黄味を帯びて全く見苦しい。戦闘が間遠になっている関係か気持ちが悪くなった。あちこちにこのような無残な死体が散乱していた。 大きな橋を渡りさらに進む。道端にはさらに遺棄死体が転がっている。・・・・・こじんまりとした部落につく。当部落には避難民が多く集まっているが大多数は老人か子どもである。・・・・・・・・・・・・・(「牧原日記」)12月31日逃散兵が河の波打ち際に五,六百名ほど殺されて投げられていた。(「上羽日記」) {IMAGINE 9}より想像してごらん、軍隊のお金をみんなの暮らしのために使う世界を。 (アメリカでは、イラク戦争に年間およそ1兆円も税金をつぎ込んでいます。それなのに、ハリケーンから自国民を守ることさえできませんでした。日本が9条をなくして大きな軍隊を持てば、きっと税金は戦争の用意に回され、日本の人々の生活は苦しくなるでしょう。そして、貧困に苦しむアフリカの人々への支援も減らされてしまうのではないでしょうか(ケニア/男性) にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント

南京大虐殺

2008-11-26 20:51:51 | Weblog
笠原教授の「南京事件」の記述による    南京大虐殺の定義と範囲 「南京大虐殺事件は、日本の陸軍ならびに海軍が、南京攻略戦と南京占領時において、中国の軍民に対しておこなった、戦時国際法と国際人道法に反した不法残虐行為の総体のことをいう。 事件発生の区域は、南京城区とその近郊の6県を合わせた行政区としての南京特別市全域であり、それは南京攻略戦(中国にとっては南京防衛戦)の戦区であり、南京陥落後における日本軍の占領地域でもあった。 事件発生の期間は、日本の大本営が南京攻略戦を下令し、中シナ方面軍が南京戦区に突入した、1937年12月4日前後からはじまる。大本営が中シナ方面軍の戦闘序列を解いた38年2月14日が南京攻略作戦の終了にあたるが、南京における残虐事件はその後も続いたので、南京事件の終焉は、日本軍の残虐行為が皆無ではないまでも(近郊農村では相変わらず続いていた)、ずっと少なくなった3月28日の中華民国維新政府の成立時と考える事ができる。だたし、37年8月15日から開始された海軍機の南京空襲は、南京攻略戦の前哨戦であり、市民に対する無差別爆撃は、南京事件の序幕といえるものだった。」 「陣中日記」の続き12月22日  於南京 馬家山砲台および同火薬庫一帯南側より清沿山砲台、水道塔、文化学院、漢西陵以北の地区内の捜索を実施す。午後四時掃蕩を了し帰還す。(四中隊日誌」) 特務兵が何処にいたものかシナ兵を引っ張り出して水溜りのところで殺している。你公(にいこう)が大勢たかって見ている。(「北山日記」)12月23日 軍司令部南京に移動と共に大隊は軍直轄となり同地の警備に任ず。(「四中隊日誌」)12月27日漢中門を出て、菜っ葉、水牛の徴発に行く。出たところものすごい死人の山である。五百を超えるであろう。折り重なって殺されている。敵兵が主らしいが一般の你公の服装のもいる。大方敗残兵をしたものであろう。道路の両側も敵兵の死体でいっぱいである。(「北山日記」) {IMAGINE 9}より想像してごらん世界から戦争のなくなった平和なせかいを。 でも、どうやったらそんな世界がやってくるのかな? 一つひとつ考えてみよう。 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント

南京大虐殺

2008-11-26 11:35:43 | Weblog
昨日書いた食糧の調達についての補足を書きます。笠原教授の「南京事件」に次のような記述があります。 南京事件の前史 近代戦においては、大部隊は前線部隊と後方の兵站部隊とに別れ、前線の戦闘部隊は後方の兵站部隊からの食糧・軍事物資の補給を受けながら前進していく。したがって、前線部隊の新たな前進は、兵站部が補給可能な位置まで移動してきてからおこなうのが常識であった。ところが中シナ方面軍の独断専行で開始された南京攻略戦ではこの作戦常識が無視された。上海派遣軍の場合、もともと上海周辺だけを想定して派遣された部隊であったから、各師団の兵站部隊は最初から弱体だった。それにもかかわらず、前線部隊は「南京一番乗り」をあおられ、補給を無視した強行軍を余儀なくされたのである。そのため、中シナ方面軍は糧秣(食糧と軍馬の飼料)のほとんどを現地で徴発するという現地調達主義をとった。これは「糧食を敵中に求む」「糧食を敵のよる」という戦法であり、通過地域の住民から食糧を奪って食べることであった。 中シナ方面軍の兵士の多くが予備役兵・後備役兵で、妻子を残しての出征であった。上海戦が終われば帰還できると思いきや、そのまま南京攻略戦に駆り立てられた不満や憤りが兵士間にくすぶっていた。それらの不満のはけ口として、軍の上官たちは性的蛮行を「兵の元気をつくるに却って必要」といった理由で黙認する風潮があった。「中国女性を征服し」「力ずくで女をものにする」という戦場の役得としての婦女陵辱行為が兵士を南京攻略に駆り立てるために黙認された(国府台陸軍病院附軍医中尉 早尾乕雄「戦場に於ける特殊現象とその対策」・・・・・・・・・・・・ このようなわけで、兵士たちは徴発せざるを得なかった。 12月16日(1937年) 本日各大隊は掃蕩に出る。多くの敵の焼死体があちこちに転がっている。真っ黒にこげた死体、また黄疸のように真黄になり皮の破れた者等々で、戦いが終わってみると可哀想である。何処の部落に行っても若い男は一人もいない・・・豚一頭殺して早速料理して食う。鍋の徴発にはいかにも困った。苦労した。(「牧原日記」) 12月17日 白水橋着同地付近の警備に任ず。(「四中隊日誌」) 敗残兵の掃蕩を行う。多数の捕虜広場にいるを見る。(「増田日記」) 午前八時半、謝塘を出発。部落を通過ごとに火をつけて南京へ向かう。今夜も2,3ヶ所に火の手があがっている。(「牧原日記」) 12月18日 白水橋西北方地区掃蕩のため大西伍長以下21名午前8時30分出発、午後0時20分帰隊す。(四中隊日誌」) ちょう発に出る。面白し。洋服を着るやら、トランクをさげるやら、種種様々の服装でもはや凱旋気分いっぱいだ。(「上羽日記」) 八時に食事を終わる。皆の者は何時とはなしに徴発に出る・・・あめ、もち米、唯米、それに醤油等、色々と徴発品があったので当番も大助かりだった。(「牧原日記」) 12月21日 太平門の入口に死体五百名ほどうちころし、無残につんであった。人間ははかないものなり。腹を突き破り、頭、顔など所きらわず切った死体、砲車などなかなか奮戦の跡を思わせる。(「上羽日記」)にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ  
コメント

南京大虐殺

2008-11-25 14:39:47 | Weblog
日中戦争では、日本軍には捕虜と言う言葉はなかったようである。日本軍人は死ぬまで戦うべきだとして、捕虜になることは最大の恥辱だとされるような風潮があった。1941年には「戦陣訓」が出て、「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪禍の汚名を残すことなかれ」という捕虜否定思想の徹底になった。ましてやもっと蔑視、軽視していた中国軍の捕虜に対しては、なおさらその権利を認めなかった。 中国で戦っていた日本軍(皇軍)は後方支援がなかったから、前進したら、夜営する場所、食糧はすべて、自分たちで見つけなければならなかった。民家に押し入り、食糧や寝床を占拠した。勿論人がいれば殺した。自分たちは正義の戦いをしていると錯覚し、中国人を人とも思わなかったふしがある。人としてどのように扱うか全く考えていなかったようだ。 中国のその当時の首都南京に入っても、状況は変わらず、当番を決めて、食糧をあさっていた。(徴発していた。)敗残兵や武器を捨てて民間人に成りすましている(便衣兵)と思われる人などを片っ端から捕まえては、殺してしまった。本来、捕虜を処刑する時、戦時国際法にのっとって、裁判にかけてから刑を執行するのだが、それもしなかった。 大量の捕虜がでれば、その人たちに食べさせる食糧も必要だ。だが、その時の日本軍には全くの予備の食糧などないのだから、現地指揮官も、どうしていいのか分からなかったのだろう。パニック状態になっていたと思われる。陣中日誌の続き・・・・ 12月15日話によれば城内北方に敵武装解除したる兵1万5千人いて、これを機関銃で囲んでいるそうな。また、紫金山のトーチカ内に一ヶ師団ほどいて、これも囲んで守っているそうな。ちょう発に行く。面白い、何もかも引っ張り出してさがして行く。(「上羽日記」) 12月16日南京東側地区掃蕩のため午前7時30分露営地出発、硝石村に向かい前進す。情報によれば南京東地区には敗残兵多数あるもののごとし。連隊主力の掃蕩により敗退する残敵を捕捉殲滅せんとすにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント

南京大虐殺

2008-11-24 09:58:57 | Weblog
今、私は多くの日本人が出来るだけこの問題には触れたくない・忘れたいと思っている問題を取り上げている。 でも、加害の事実ははっきりと認識しなければ、日中の真の友好はないだろうし、中国だけでなく、アジアとの共生も難しいと思う。大東亜共栄圏などというまやかしの政策で侵略したのだから。 笠原教授によると「南京大虐殺の主因は日本軍が南京を防衛する中国軍に対して徹底した「包囲殲滅戦」、つまり中国兵の皆殺し作戦を実行したところにある。その背景には南京攻略戦は「暴戻なる抗日シナのよう懲(日本に歯向かう乱暴な中国を打ち懲らしめる)」のための戦いだという傲慢な考えと、中国軍には戦時国際法を適用しなくても国際的には問題にならないという蔑視と、さらに中国人を「チャンコロ」「シナ人」と蔑称して人間以下とみなす差別意識があった。中島今朝吾第16師団長みずから「だいたい捕虜はせぬ方針なれば、片っ端よりこれを片づくることとなしたる」(「中島今朝吾日記」12月13日)としているように、捕虜は保護せずに虐殺した。 第13師団山田支隊(若松歩兵第65連隊)も、支隊長山田栴二少将の「陣中日記」に、「12月14日 捕虜の始末に困り、あたかも発見せし上元門外の学校に収容せし所、14777名を得たり。斯く多くて殺すも生かすも困ったものなり」「12月15日 捕虜の始末その他にて本間少尉を南京に派遣し連絡す。みな殺せとのことなり」と書いてあるように、捕虜集団の大殺戮をおこなった。同支隊では16日と17日に長江岸で捕虜を殺戮、18日と19日をかけてその死体を長江に流して片付けたのである。」とある。 勿論、民間人か、兵士か分からない場合も多々あったので、巻き込まれた多くの一般人も多かったろう。  昨日の続き・・・ 飛行機残敵掃蕩(「上羽日記」) 空軍も掃蕩に協力。市の上空を旋回している。午後二時戦銃隊は紫金山の残敵掃蕩に行く。午後12時過ぎ掃蕩から帰る。800名ほど武装解除したらしい。みんな一人残らず殺すらしい。敵兵もよもや殺されるなどと思っていまい。学生が主力らしく大学生なぞ沢山いたという。生かしておけば随分世界文化の発展に貢献する人も有るだろうが惜しいものだ。尊い生命がなんのちゅうちょもなく失われていく。戦争の苛烈な姿をつくづく感じる。(「北山日記」)・・・・ 何とも、戦争とはこわいものだ。自分ではしたくないことも強制的にやらされる。しないと、こっぴどい目に遭うだろう。皇国日本の軍隊(皇軍)が中国でおこなったことは、何ともむごいことである!! にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント

南京大虐殺

2008-11-23 20:37:33 | Weblog
日中戦争は、満州事変とは比較にならない本格的な戦争であった。日本は1937年(昭和12年)12月の南京占領までの第一段作戦において、陸軍は戦時編成の16箇師団を中国戦線に送り、海軍は第2、第3艦隊と航空隊の主力を使用し、1万8千の戦死者と5万2千の負傷者を出した。(遠山茂樹他著「昭和史」岩波書店) 近衛内閣は「八紘一宇」などをスローガンに掲げ、侵略を正当化した。【「八紘一宇」とは「世界を一つの家とすること。第二次大戦中、日本の海外侵略を正当化するスローガンとして用いられた。」(大辞林)】 天皇が家父長で、周りの国々の人々は下僕として仕えることか? 国民には勤労奉仕や節約を強制した。パーマネントをやめさせ、国民服やモンペ姿を男女の制服・日の丸弁当をおしつけたりした。 そのような生活全体が戦争一色の時代である。南京陥落後、南京で何が起こったか?昨日の続きを書こう。 「今日は国際委員会の設置している難民区へ掃蕩に行くのである。昨日まで必死で抵抗していた数万の敗残兵は八方より包囲されて唯の一人も逃げていない。結局この難民区へ逃げ込んでいるのだ。今日こそ虱潰しに草の根を分けても捜し出し、なき戦友の恨みを晴らしてやろうと意気込んで配置についた。各小隊に分かれて、それぞれ複雑なシナ家屋を一々さがして、男は全部調べた。大きな建物の中に数百名の敗残兵が軍服を脱いで便服(普段着)と着替えつつあるところを第二小隊の連絡係前原伍長らが見つけた。それというので飛び込んで見ると、なんのそのそうそうたる敗残兵だ。傍らには小銃、拳銃、青龍刀など兵器が山ほど積んであるではないか。軍服のままの者もあれば、早くもシナ服に着替えている者もあり、また、下に軍服を着て、上にシナ服をまとっている者もあるが、いずれも時候はずれのものや不釣合いの物を着ているので、にわかごしらえである事が一目で解った。 片っ端から引っ張り出して裸にして持ち物の検査をし、道路へ垂れ下がっている電線で引くくり、数珠つなぎにした。大西伍長、井本伍長をはじめとして気の立っている者どもは、木の枝や電線で力任せにしばき付けながら「きさま達のために俺たちはこんなに苦労しているのだ、エイ」ピシャン「貴様らのためにどんなに多くの戦友が犠牲となっているのか知れんのじゃ、エイ」ピシリ。「貴様らのためにどんなに多くの国民が泣いているのか知れんのだぞ」エイ、ピシリピシリ、エイ、この餓鬼奴、ポン「こらこの餓鬼もだ」ポン、素裸の頭と言わず背中と言わず蹴る、しばく、たたく、思い思いの気晴らしをやった。少なくとも三百人くらいはいる、ちょっと多すぎて始末に困った。 しばらくして委員会の腕章をつけたシナ人に「你支那兵有没有」と聞くと、向こうの大きな建物を指して「多々的有」と答える。その家に入ってみるといっぱいの避難民だ。その中から怪しそうな者一千名ばかり選び出して一室にいれ、またその中より兵隊に違いない者ばかりを選び出して最後に三百人くらいの奴を縛った。金を出して命乞いをする者もあったが、金に欲のない我々は十円札、三枚五枚と重ねたままピリッピリッと引き裂きポイッと投げる。また時計など出すのがあれば、平気で大地に投げつけ靴のかかとで踏みつけて知らん顔している。 夕闇の迫るころ、六百人近くの敗残兵の大群を引き立て、玄武門にいたり、その近くで一度に銃殺したのであった。(増田六助「南京城内掃蕩の巻」『増田手記』)」 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント