南京事件の日々

2008-11-29 21:43:29 | Weblog
南京が攻略された時、南京に残って安全区を作り、そこに避難してくる避難民を守った外国人たちがいた。南京難民区で活動した外国人たち【ここであげたうち、ラーベがドイツ人である以外は、すべてアメリカ人】(「南京事件」笠原十九司著 岩波新書)より引用 ジョン・ラーべ ジーメンス社南京支社支配人。ナチス党支部長代理。南京安全区(難民区)国際委員会委員長、帰国後南京事件をヒトラーに報告、対中・対日政策の変更を願ったが、逆にゲシュタポに逮捕される。 ジョン・マギー アメリカ聖公会伝道団宣教師。南京国際赤十字委員会委員長、南京安全区国際委員会委員、日本軍の蛮行を厳しく批判すると共に、良心的な行動をとった日本人将兵についてもきちんと記録している。 アーネスト・フォースター アメリカ聖公会伝道団宣教師。南京国際赤十字委員会書記。カメラが趣味で、多くの記録写真を残している。 ルイス・スマイス 金陵大学社会学教授。南京安全区国際委員会書記。社会学者として南京攻略戦の被害状況を調査書にまとめた。 ジョージ・フィッチ YMCA国際委員会書記。中国蘇州に生まれ、中国語が堪能で南京安全区国際委員会のマネージャー役を務める。 マイナー・ベイツ 金陵大学歴史学教授。南京安全区国際委員会委員。委員会の中心メンバーとして、財務実務や日本大使館への抗議交渉を担当した。知日派としても知られる。 ロバート・ウィルソン 金陵大学付属病院(鼓楼病院)医師。南京国際赤十字委員会委員。南京占領時、唯一の外科医師として医療活動に従事。 ミニー・ヴォートリン 金陵女子文理学院教授。宣教師。南京国際赤十字委員会委員。強姦・暴行を防ぐために献身的な活動を続けた。1940年アメリカに帰国し、翌年自殺。 明日からは、ラーべとヴォートリンの日記をもとに南京事件をどのように描写したかを見ていきたい{IMAGINE 9}より【合同出版】より 想像してごらん、おたがいに戦争しないと約束した世界を。 Imagine, A world that promises not to fight wars with each other戦争して平和を取り戻すんだという意見があります。でも、イラクを見てください。ブッシュ大統領はサダム・フセインを倒すといって実行しましたが、平和にうすることはできませんでした。戦争が起きると、もっと多くの人が犠牲になるだけなのです。暴力や武力では平和はつくれないことを、今のイラクは証明しています。(ケニア/男性) にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
コメント