だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マグニフィセント・セブン

2017-02-05 02:02:47 | 映画(ま行)

アメリカ
アクション/西部劇

    * * * * * * * *

黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした
西部劇。
冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、
賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追う。
メガホンを取るのは、『サウスポー』などのアントワーン・フークア。
『トレーニング デイ』『イコライザー』でフークア監督とタッグを組んだ
デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョン
ホンらが結集する。
熱いストーリーと迫力のアクションに注目。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、
絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。
住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム
(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、
流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を
救い出すように頼む。
金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

予告映像観ても、特にコレを目当てに観に行きたいなぁと思わなかったので
スルー予定だったけど、『虐殺器官』を観に行ったついでに鑑賞することに。

なんだかんだで魅入ってしまった。

予告映像からして『七人の侍』や『荒野の七人』を元にした作品ってことが
分かってるので、もう話の展開は分かりきってるので、観ても面白くない
だろうと思ってたんだけど、コレがなかなかに面白かった。

でもサム以外の各メンバーが住民達に加担する理由づけが不十分だし、
西部劇に東洋人が居たりとツッコミ所がいっぱい。
特にガトリングガンが強力すぎるわ。あの位置からの射撃で、何軒もの家の
壁を突き抜けて攻撃できるとは思えないんだが・・・。

だけど、そんな突っ込み所はこっちに置いといて、素直に勧善懲悪物の
ガンアクション物として頭空っぽにして観たら、結構面白い。

イ・ビョンホンが東洋人役で出演してて、員数合わせであんまり見せ場無い
のかなと思ったら、意外にかなり見せ場あって驚き。
『ブラック・ファイル 野心の代償』では怪しげな雰囲気醸し出すだけで
コレといって見せ場が無かったけれど、コッチではしっかり見せ場があって
良かった。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 虐殺器官 | トップ | ザ・コンサルタント »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2017-02-19 21:57:49
イ・ビョンホンがハリウッド映画に出て、尻を出さずに帰って来たら、まずは褒めてあげたい。

コメントを投稿

映画(ま行)」カテゴリの最新記事