だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット

2018-02-13 00:01:05 | 映画(さ行)

日本/アメリカ
SF/アクション/戦争/アニメ

    * * * * * * * *

『ロボコップ』などのポール・ヴァーホーヴェン監督によるSFアクションの
20周年を記念して作られたフルCGアニメ。
昆虫型生命体の地球侵入を止められず、火星で訓練を行っていた主人公が、
戦場と化した火星で展開するバトルを活写する。
監督は『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』などの荒牧伸志と
松本勝。
『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズに出演してきたキャスパー・
ヴァン・ディーンとディナ・メイヤーが声優を務める。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

宇宙に進出した人類と昆虫型生命体“バグ”の戦いは長く続いて、かつての
英雄ジョニー・リコはバグの地球侵入の阻止に失敗し、植民地惑星・火星で
“はぐれ小隊”の訓練を行っていた。
しかし火星の平和は突然終わり、リコは小隊を率いてバグと戦闘を繰り広げる。
ところがリコは彼らをかばって脱出できず、火星に取り残されてしまう。
絶体絶命のリコの前に死んだはずのディジーが現われ……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』の監督が再び『スター
シップ・トゥルーパーズ』の新作を作って公開されるってことで、『コード
ギアス』を観に行ったついでに新宿ピカデリーで鑑賞。

やっぱ実写版が好きだな。

前作の『インベイジョン』を観た時に思ったんだが、このシリーズはフルCG
アニメよりも実写でB級臭さを前面に出した方が面白いと思うんだけどなぁ。

前作がバグに占拠された宇宙船内が舞台で、今回は火星ってことで舞台の
スケールは大きくなったものの、話としてはスケールダウンしている印象。

ポール・ヴァーホーヴェン監督による1作目の20周年記念として製作された
らしいのだが、それだったら実写で作ってくれと思う。

 

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« コードギアス 反逆のルルー... | トップ | 祈りの幕が下りる時 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2018-03-21 15:49:34
そうですね。
キャラは実写の方がいいですよね。小道具・大道具、役者の出演料、セット代がかかるんだろうなあ。全背景CGとかでは作れないんですかねえ?
>ふじき78さん (はくじ)
2018-03-22 23:35:05
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ほんとに実写でやればいいのにって思っちゃいます。
背景フルCGとか全然出来そうな気がするんですけどね。
やっぱ予算がかさむんでしょうか。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事