■ argentiere ■ つぶやきブログ

アートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe教室 ■argentiere■(アルジェンティエーレ)のブログです

ゴールドフィルドワイヤーのリング完成!

2015年09月28日 23時00分49秒 | 教室
今日は教室がありました。

今日の生徒さんはフリーコースのOさん、ゴールドフィルドワイヤーのリングを制作中。

前回リングのトップパーツを乾燥させて形を整えている途中で時間となったのでヤスリで形を整える作業から。

形が整え終わったら早速焼成。

焼成後はいよいよゴールドフィルドのワイヤーで作ったリングとロウ付けしていきます。

色々やり方はありますが今回は第3の手という道具を使ってリングを保持してロウ付けしていくことにしました。

結構セッティングに苦労されていましたがロウ付け自体はあっという間です(笑)

酸洗いし、バレルで磨いたら完成!

完成したリングがこちら





それともう一つ前回ロウ付けしたリングですがちょっとずれてロウ付けされていたのが気になっていたようで、もう一度やり直すことにしました。

ロウ付けで付けたモノはもう一度火にかけてロウが溶けた時に引っ張ってあげると簡単に取れるのでやり直しがききます。

と言うわけでリングからトップを外し、もう一度慎重に位置を見ながらセッティングして再度ロウ付け。

酸洗いしてバレル研磨し、完成したリングがこちら





マーキスの石で長さがあったのでまん真ん中に付いてないとすぐにずれているのが分かってしまいます。

今回は上手く出来て本人も大満足のようでした。

切りよく2つ出来上がったところで時間となりました。

次はどんな作品をつくるのかな?

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

PCの基盤

2015年09月19日 23時00分52秒 | 教室
今日は教室がありました.

まず応用コースのTさん現在「さざ波のペンダント」を制作中。

前回3段重ねが終わり、形を整えている途中で終ったのでその続きから。

補強をしつつヤスリがけをして形を整えるのですが一度折れている部分があるのでその箇所はがっつりと補強してからヤスリがけすることにしました。
乾燥させてはヤスリがけを何度か繰り返し、形を整え終わったところで時間となりました。

次回はいよいよ焼成して次の課題までいけるでしょうか?

そしてフリーコースのT・Mさん、すでにインストラクターの資格をお持ちの為、府中の本部教室の特別研究クラスにも通われています。

私は平井先生のクラスを受講しておりますがT・Mさんは礒野先生のクラスを受講しています。

3回で1クールでクラスにもよりますが3回で2作品、多いと3作品作るクラスもあるようです。

今月その1回目の授業が終わったのですが珍しく礒野クラス、リングが仕上がったようです。

作品を持っていたので見せて頂きました。





幅広のリングの中央に樹脂を流し込んでいます。

中に入っているのはPCの基盤を砕いたものだそうです。

アクセサリーに基盤をそのまま使ったりするのが一時期はやったのは知っていましたが砕いて使うという発想は無かったのと材料見せて頂きましたがとてもきらきらしていてしかも色んな色があってとてもこれがPCの基盤とは思えなかったです。

色々な事を考えつくなぁと感心したのと同時にまだまだ自分のアンテナは未熟だと思い知らされました。

そんなT・Mさん、今度またコンテストに出すらしく、その作品の制作を進めることにしました。

この前のコンテストに出品するかどうするか迷ってデザインを起こして中子まで作って辞めたのを作ることに。

モチーフは金魚です。

金魚が泳いでるところを上から見たデザインになります。

2匹作る予定なので並行して作っていきます。

まずは中子に平らにのばした粘土を貼り付けて乾燥させ胴体を作ります。

これを土台にして粘土を盛り付けていき、立体的な金魚にしていくのですが2個同じくらいの大きさのモノを作っていかなくてはいけないので交互に乾燥させながらの作業。

今日はとりあえず胴体の土台部分の盛り付けで終わりましたなるべく自宅で作業を進めてくるとおっしゃっていましたが締め切りがかなり迫っているのでこのシルバーウィークで頑張って制作進められると良いのですが・・・。

頑張れ!!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

メロンなペンダント

2015年09月15日 22時00分23秒 | 教室
今日は教室がありました。

今日の生徒さんはフリーコースのOさん。

制作途中のペンダントトップの仕上げです。

コルクで中子を作りそれにシリンジをのせ、ペンダントにする予定だったのですが焼成したら強度の弱かったところにヒビが(泣)

いっそのこと半分にしてしまえ!ということでバレル研磨した後にニッパーでパチパチ半分にカット。

楕円のまん丸が半円になったところで樹脂を流し込んで補強を兼ねて色付けすることにしました。

まずはひっくり返した状態で液漏れしないようにマスキングテープで穴をふさぎ、まずはクリアで底の部分を固めていきます。

2層目からは網目がメロンっぽい!ということでグリーンに色付けしていく作戦で(笑)

少しずつ塗っては固めてを繰り返し、最後まで樹脂で埋まったらマスキングテープをはがして表からも一度塗って完成!

かんせいしたペンダントトップがこちら





裏にするとはっきりと色が分かります。


思いがけず可愛い素敵なペンダントトップに生まれ変わって良かったです。

失敗も成功のもと?良い勉強になったかな?

■ argentiere ■ M
コメント

秋祭り

2015年09月12日 22時00分04秒 | 教室
今日は教室がありました。

この近くの神社では今日と明日、秋祭りです。

教室のすぐそばの道、御神輿と山車の通り道なので時折祭囃子と「わっしょい!」の掛け声の中の教室となりました(笑)

今日の生徒さんは課題作品コースのM・Tさん、「コンビネーションリング」と「グラスハーモニー」を並行して制作しております。

まずはリング、前回焼成出来たので鏡面仕上げを宿題にしておりました。

ちょっと磨きにくいデザインと言う事もあり、手の届きにくいところでイマイチという箇所はありましたが審査課題のペンダントを作る時には気を付けてねという念押しをしてとりあえず完成としました。

出来上がったリングがこちら





ピラミッド部分が本来金粘土で作る部分で鏡面仕上げする部分です。

ふもとの部分と覆輪に当たる粘土との隙間が少し甘くなっています。

形はとてもきれいに出来たので次は頑張りましょう!

そして「グラスハーモニー」。

前回フュージングしたガラスパーツの周りに粘土で花びらを付けお花パーツを乾燥させたところで終っていたのでその続きから。

ヤスリで形を整え、葉っぱとなる部分を付けていきます。

平らにのばした粘土の葉っぱが1枚とシリンジで透かしを施した葉っぱが2枚合計3枚の葉っぱを付けていきます。

まずは平らにのばした粘土を葉っぱの形にカットして乾燥、乾燥後は形をヤスリで整え葉脈の彫りをヤスリで入れていきます。

形が整ったらそれを花パーツにシリンジでくっつけあとの2枚の透かしを施した葉っぱをシリンジで造形していきます。

少しずつシリンジをのせては筆で形を整えてを何度も繰り返し3段シリンジの枠を積み重ねたところで一旦乾燥。

乾燥後はひっくり返して裏からと横からがっつり補強。

補強し、乾燥したところで時間となりました。

次回、ヤスリで形を整えてくることを宿題にしました。

課題作品あとのこり3作品、気合入れ直して頑張りましょう!

■ argentiere ■ M



※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

祝!インストラクター誕生。

2015年09月09日 22時00分00秒 | 教室
今日は台風だったので教室はお休みにしました。

ただ8月に審査課題を提出していた生徒さんのSさん、無事に合格通知が届いたので台風の中、諸手続きをしにいらっしゃいました。

色々書類に記入していただいた物が受理されて改めて立派なインストラクターの認定書等届いて手続きが完了となります。

なのであと約2週間、認定書が届くまでに時間がかかりますがひとまずはおめでとうございます!

ということで、提出されていた審査課題3作品がこちら

リング





ペンダント





ブローチ





リングとブローチはすずらんをイメージされています。

ペンダントは真っ赤な太陽をイメージしています。

それぞれを丁寧に仕上げることが出来ていました。

これから同じインストラクターとして宜しくお願い致します!!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

ペアリング

2015年09月07日 23時38分04秒 | 体験教室
今日は体験教室がありました。

今日の方はペアリングを作りたいとリングコース2名様でご予約いただいておりました。

まずはサンプルをご覧いただきデザインを決めたら作り方をご覧いただき制作開始!

順調に作業が進み、乾燥。

乾燥している間に内側に文字を彫りたいということで何を彫るか相談。

彫る時はお互いのリングを交換して彫ることにしました。

練習が終わったころにリングの乾燥が出来たのでヤスリで形を整える作業。

ここでハプニング!

一つのリングが4分割に(泣)

丁寧にヤスリがけしていて持っている(支えている)方の手に力が入ってしまったようでバラバラに。

パズル作業を経てなんとかくっつけ再生させて内側に文字を入れオプションの合成石を入れたら焼成!

焼成後はブラシがけをして磨いて完成。

完成したリングがこちら

男性用





女性用





2つ並べて



色々ありましたが何とか完成して良かったです。

お二方ともこういった体験教室は初めてとおっしゃっていましたがとても楽しそうに作業されていたのが印象的でした。
また機会がありましたら是非作ってみて下さい!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

祝!貴和製作所 池袋ルミネ開店

2015年09月05日 22時00分27秒 | 作品
今日は教室終わり、池袋ルミネに今日オープンする貴和製作所へ行ってきました。

数年前、キンカ堂が閉店してから池袋では手作り資材関係がなかなか手に入りにくい状況が続いておりました。

ユザワヤもオープンしましたが私にはちょっと物足りない。

なのでビーズパーツ関係は原宿のラフォーレや新宿ルミネにある貴和製作所へ行って購入していました。

そんな中やっと池袋に貴和さんが進出して下さることになりこれは初日に行かねば!と早速行ってみました。

さすが初日、夕方(ほとんど夜)とはいえ凄い人。

レジはディズニーランド状態!

売り場面積は新宿よりも広くて原宿よりは狭いといったところでしょうか。

何周も回ってくまなくどこに何があるかを頭に叩き込んでそれなりに買い物して帰ってきました。

ナントノベルティグッズを頂いちゃいました。



鹿さん柄のあめとスワロフスキーの星型パーツ。

そして購入してきたパーツを使って早速色々と作ってみました。

(貴和で購入したパーツ以外も組み合わせてありますが・・・)

ペンダントその1



ペンダントその2



ブレスレットその1



ブレスレットその2とその3(色違い)



以上勢いで作りました(笑)

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

9月から!

2015年09月05日 21時00分00秒 | 教室
今日は教室がありました。

8月は何かと皆さんお忙しいらしく、あまり教室のご予約がなかったのですが9月からまた再始動!?

今日の生徒さん2人とも8月はお休みされていてまた今日から来ていただけるようです。

まずは課題作品コースのM・Tさん、前回「グラスハーモニー」と「コンビネーションリング」を並行して制作していました。

まずはコンビネーションリング、リング部分とトップ部分それぞれ乾燥してヤスリで形を整えるところまで行ったのでトップをのせるリング部分を平らにヤスリがけ、シリンジを間にはさんで合体!

乾燥したら更に補強して再度乾燥し、軽くヤスリをかけたら焼成。

焼成後、ブラシで磨いたらトップの本来金粘土で作る部分を鏡面に磨くのですがそこはご自宅で磨いてくることにしました。

そして「グラスハーモニー」フュージングして作ったガラスパーツの周りに粘土を巻き付けヤスリで形を整えたところで終っていたのでその続き。
平らにのばした粘土で花びらを作っていくことに。

中央のガラスパーツモチーフに合わせて2段花びらをつけることに。

1段目は4枚、大体の大きさを見て一応目指す大きさを下書きして、ローラーを使って粘土を伸ばしていきます。

下書きを写したらそれに従ってカット、カットした花びらの先端を少し潰して薄くしてくっつけていきます。

これを4枚花びらを少しずつ重ねながらくっつけて乾燥。

乾燥させたらサッとヤスリで形を整え2段目。

2段目は1段目よりも大きい花びらのサイズにして先端を少し反らせる感じにします。

これも4枚、1枚目の合わせめを隠しつつ全体のバランスを見ながら貼り合わせていきます。

全て貼り付けたら乾燥。

とここで時間となりました。

次回、コンビネーションリングは写真アップ出来ると思うのでお楽しみに!

そして応用コースのT・Fさん、「ウェービーリング」と「天然石のピンブローチ」を並行して制作中。

ウェービーリングは鏡面にしてくることを宿題にしていましたがやってこなかったので引き続き宿題でやってきます。と言うことで今日は品ブローチの方を進めることにしました。

前回天然石の石枠を純銀リボン線で作ったところで終っていたので今日はその石枠を埋める土台部分を作っていきます。

モチーフはメンズデザインの本に載っている蜘蛛の形を少しアレンジしたものです。

本に載っている石はラウンドカボションを使っているのですがT・Fさんはオーバルカボションの石なので少しお尻の部分が縦長になります。

石枠の大きさを見ながら土台の形をまず下書きします。

それに沿って粘土を下書き通りの形に造形していきます。

石枠を埋めるのとピンブローチの金具を埋めるのでそれなりの厚さが必要なのと銀線で作る足を4本ずつ両側に埋めなくてはいけないのでそのスペースも確保しながらと気を付けるところが沢山あります。

あらかた形が出来たら純銀リボン線を埋めて乾燥。

乾燥している間にキャンペーンの品物を物色。

次の課題の説明などをし、乾燥後はヤスリをかけて形を整えていきます。

削るだけではなく盛った方が早い箇所には粘土を盛り付けたりとそれぞれの状況に合わせて形を整えます。

形が整ったらお尻の部分にシリンジで縞模様を付け乾燥。

とここで時間となりました。

次回はリングの鏡面忘れずに!!

■ argneiere ■ M

コメント

オーダーのリング

2015年09月04日 22時00分05秒 | 作品
この前、江古田で行われた通っている彫金教室の教室展で私の作品を気に入って下さった方からリングのオーダーを頂きました。

私自身、あまりオーダーと言うのは受けていないのですがせっかく教室展に足を運んで頂いて私の作品を気に入って下さったということでお受けいたしました。

ご注文は13号のふっくらとした甲丸で幅は1~1.3mm、スターダスト加工のロジウムメッキ仕上げ。

シンプルな形のリングですがなかなか市販されていなくてずっと探していたということです。

早速作ってみるとシンプルで装飾がない分ごまかせないデザイン・・・。

きっちり形を作らないと不格好に見えてしまいます。

私自身シンプルなこういった甲丸をあまり作らないのでとても勉強になりました。

そして磨きを終え、



さらにスターダスト加工を施してとりあえず完成!



メッキに出していただくよう工房にお願いしてきました。

後日ロジウムメッキ仕上がりましたとのご連絡を頂いたので早速ご注文頂いた方へ連絡し、先日工房で受け渡しを致しました。
気に入って下さるか不安だったのですが「素敵なリングを有難うございます」とのお言葉を頂き一安心。

初めて友人以外のフルオーダーを頂きとてもいい経験をさせていただきました。

なにはともあれ気に入っていただけて良かった!大切に末永く使って頂きたいです(*^_^*)

■ argentiere ■ M



※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

セントーレアペンダント アレンジ作品

2015年09月02日 22時00分24秒 | 作品
先日受講してきた「セントーレアペンダント」のアレンジ作品を何点か作りました。

セミナーで作ったのは小さいパーツを組み合わせて大ぶりなペンダントトップになっているのですがそのパーツ一つだけでも可愛いのでまずは1つのパーツバージョンを。

セミナーと同じ石を使うのも芸がないと思い、スクウエアカットの石でチャレンジ。

こんな感じに仕上がりました。







下にぶら下がっているのはダルマ型の平べったい淡水パールです。

なかなか可愛い(自画自賛)

やはり一つのバージョンで石をペアシェイプ(しずく型)に替えて







下にぶら下がっているのは天然石で同じ雫がたの石にしてみました。

今度は2つのパーツを使って。

一つはセミナーと同じマーキスの石、もう一つはオーバル(ダエン)の石を入れて作りました。







下にぶらさげているのはヴェネチアンガラスのビーズです。

大きいラフカットの天然石にしようかな?と思ってのですがちょっと重くなってしまうのでガラスに変更。

最後は4つのパーツを使った作品。







ブローチにしてみました。

石はセミナーと同じマーキスの石。
中央には淡水パールをあしらいました。

このトップは簡単に外す事が出来るので好みの紐やチェーンを通してペンダントに替えることも出来ます。

最後のブローチは母親にプレゼントする予定です。

喜んでくれると良いのですが(笑)

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント