■ argentiere ■ つぶやきブログ

アートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe教室 ■argentiere■(アルジェンティエーレ)のブログです

コンビネーションリング完成!

2013年11月28日 22時36分58秒 | 教室
今日は午前と夜、教室がありました。

まずは午前中の生徒さんは課題作品コースのKさん。

前回コンビネーションリングの課題リングを焼成し、磨いてくる事を宿題にしていました。

Kさん、鏡面はお手の物でなんと全体をピッカピカに磨いて来て下さいました!!







本来真ん中部分は金粘土で制作するのですが今回は作る手順だけ覚えて頂きました。

そして次の課題、「さざ波のペンダント」この課題ではメインで金箔の貼り付けをまなんでいただきます。

まずはデザインを決め、どこにテクスチャーを付け、どこに金箔を施すかを決めます。
決まったら制作開始!
まずは型紙を作って平らに伸ばした粘土を型紙に沿ってカットして行きます。

一番大きなパーツは動きを付ける為にウエーブを付けて乾燥させます。
あと2つのパーツは少しずらしながら乾燥後付けていきます。

乾燥させてヤスリで整えたら大きいパーツにテクスチャーを付けていきます。
ペーストを竹串に取って心の赴くままにドローイングして一旦乾燥。

乾燥させてみてテクスチャーの足りない所に再びドローイングを施して乾燥。

最後に裏付けバチカンを裏に付けます。
とここで時間となりました。
次回は焼成からになるのでメインの金箔貼り付け頑張りましょう!!

そして夜、いらした生徒さんは課題作品コースのMさんです。
甲丸リングの課題を制作中。
前回大体の形を整えたところで終わっていたので今日は左右対称をめざしてさらにヤスリで形を整えていきます。

削っては全体のバランスを見てを繰り返し、時には粘土を盛り付けたりしながら形を整えていきます。
全体が整ったらいよいよ彫りに入るのですがまず、彫りのデザインをリングに下書きをします。
紙の上で書いたデザインがも実際立体に書いてみるとチョット違ったりする事もあります。
そんな所を修正しながら下書きを終えたらいよいよヤスリで彫っていきます。
最初は細い線で全体を彫っていきだんだんと線を目指す太さまで彫り進めていきますが、一気に一か所を彫ってしまうと後でバランスがおかしくなってしまうこともあるので全体を見ながら少しずつ彫り進めていきます。
時には彫る方向を変えてみたりと色々工夫しながら進めていきますがここで時間となりました。
次回までに出来るところまで彫ってくるという事になったのでどれだけ彫ってくるか楽しみです!

■ argentiere ■ M
コメント

天然石のピンブローチ完成!!

2013年11月27日 23時27分14秒 | 教室
今日は午前、午後、夜と教室がありました。

まずは午前、午後の2コマいらっしゃったT・Mさん。
現在審査課題のリングとペンダントを制作中。

リングの彫りから進めていきます。
地道に彫り進め、全体にスポンジ研磨材をかけて滑らかにしたところで合成石を埋めていきます。
ピンバイスで下穴を開け、慎重に穴を広げて石を入れ高さを調節します。

後は最終点検。スポンジが当たってなかったり石にうっすらかぶっている粘土を取って刷毛で粉を丁寧に払ったら焼成!!

審査課題のリングは13号のサイズ指定があるのでドキドキです。
焼成後、サイズを測ったらチョット大きい(泣)
仕方が無いので焼きしめる事にしました。

温度の設定をし直してもう一度焼成!!

祈りながら再びサイズを測ったら今度は良い感じです。
芯金に入れて叩いてゆがみを直したら宿題で磨きをやってきていただく事に。

落ち着いたところでペンダントの方を作り込んでいきます。
こちらは彫りは入れなくて良いのですが目指す形を作るのに彫り込みをする事に。
盛ったり削ったりを繰り返してだんだん良い感じになってきました。
こちらもご自宅でもう少し仕上げてきていただく事にしました。
後は金具を取りつければ次回焼成出来るかな??
あとはブローチだけ!頑張りましょう。

そして午後もう一人の生徒さんは応用コースのTさん。
(何だかTさんがいっぱいいるので分かりにくいですがこの方が初代Tさんです。)

こちらは天然石を使ったピンブローチを制作中。
前回焼成まで終わっていたので今日は仕上げをしていきます。

ブラシがけをしてシリンジ部分を磨きヘラで磨いたらいぶしていきます。
自分の好みの色になったら引き上げて洗います。
真っ黒の状態なので銀色にしたい部分のいぶしを取って天然石を留めたら完成!!







いぶしの部分がこげ茶色なのでその色とアマゾナイトの水色がとてもマッチしています。
いぶしを取れば夏もOKなオールシーズン出来そうなピンブローチになりました。

次はガラスの課題ですが以前フュージングして周りに土台となるひも状の粘土を巻き付けた状態で終わっていました。
デザインを考えてくる事を宿題にしていましたがなかなか思いつかなかったとの事・・・。
一緒に考える事にしました。

あーでもないこーでもないと絵を描きながら相談して結局、ガラスからやり直す事に(汗)
Tさんはガラスの先生なのでフュージングはお手の物、フュージングで次回までにテントウ虫を作ってくることになりました。
どんなテントウ虫がやってくるか楽しみです!!

そして夜の教室はフリーコースOさん。
「蜘蛛の巣リング」を制作中。

前回トップのパーツは完成したのですがリング部分と合体させようと思ったところでトラブル発生。
あらかじめ作っていたリング部分とトップパーツの大きさが合わずもう一度リング部分を作り直すことになりました。

気を取り直してトップパーツを木芯棒に仮留めしてリング部分を作っていきます。
2回に分けてリングの腕を付けていくのですがこれが結構繊細な作業で見ていて怖いくらいです。

なんとかリング部分を付け、乾燥させて補強した所で時間となりました。
出来上がったらかなり個性的なリングになりそうで、楽しみです!!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

ブローチ完成!!

2013年11月24日 23時10分53秒 | 作品
今日は午後、彫金教室に行ってきました。

いつも日曜日の午後に予定が空いていれば不定期で通っている彫金教室。
今月は順調に通えたのでずっと製作していたブローチがいよいよ完成しそうです。

前回までにロウ付けが終わり、石留めの途中から。

小さい石用の爪を倒してヤスリで長さを整えたところまでやったので今日はミルタガネを使って爪の先端を丸くしていきます。
ミルタガネは苦手なのですが特に番手が大きいミルは力が要るのでめげます。
休み休み作業して12本すべて丸めたらそれぞれの爪を磨きへらでバリがなくなるまで磨きます。



地道な作業です(汗)

最後にブローチの針を取り付けてかしめてさっと磨いたら完成!



製作期間、半年くらいかかっているので身に着けるのがなんだかもったいない(笑)
しばらくは飾っておこうかしら?

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

ガラスのブローチ完成!!

2013年11月21日 12時54分24秒 | 教室
今日は午前中、教室がありました。

今日の生徒さんKさんは課題作品コースでガラスを使ったブローチの課題を制作中。
前回焼成したところで終わっていたので今日は磨きと針作りから。

まず針を金具の長さに合わせてカットし、針の先端を削って尖らせます。
先端を尖らせるときに針先の中心がずれないように慎重に針を回しながらヤスリがけ。
大体の形が整ったら紙やすりの番手を徐々に上げていって引っ掛かりがなくなるまで磨きます。

ブローチは全体をブラシがけで磨き、磨きへらをかけて部分的に光らせたら作った針を取り付けて完成!!









クリアベースのダイクロガラスを使っているので冬にぴったりの雪のような印象のブローチに仕上がりました!
バチカンも作ってあるのでペンダントとしても使える2ウェイです。
長めの皮ひもを通してざっくりとしたセーターに合わせても良いですね!

そしてもうひとつ製作中の「コンビネーションリング」
こちらはトップ部分は出来上がっていてリングの形を整える作業からです。
甲丸よりは角ばった感じを目指してヤスリで左右のバランスを見ながら整えていきます。

リングの形が整ったらシリンジを使ってトップパーツとリングを合体させます。
さらに接合部分を補強してヤスリできれいに整えたら焼成!

焼成できたところで時間となりました。

次回までに磨いてくることを宿題にしたので来週には写真がアップできると思います。
お楽しみに!!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

審査課題制作中

2013年11月18日 23時34分21秒 | 教室
今日は午前と午後教室がありました。

今日は午前・午後の2コマともT・Mさんにご予約いただ行きました。
T・Mさんは今年中にインストラクターの資格を取るべく最終段階、審査課題の制作をしています。

前回は審査課題のリングの形を作って乾燥させてだいたいの形を整えたところで終わっていたのでそのつづきから。

幅広の甲丸をめざして左右対称を心がけ形を整えていきます。
慎重に形を整えたらいよいよ彫りの下書きを書いていき、それにしたがってヤスリで彫りを入れていきます。

その合間にペンダントの方も進めていきます。
ペンダントの課題は天然石を純銀リボン線で作った石枠で留めるということと鏡面仕上げにする、差し丸カンまたは裏付けバチカンなどの金具を使うといった事が課題に入っています。

前回覆輪は作り終えていたので粘土で土台を造形していきます。
デザイン画通りの形に粘土の形を整えたら慎重に覆輪を埋めます。
乾燥に時間がかかるのでその合間にリングの彫りを入れていきます。
ペンダントの乾燥が終わったらヤスリで土台の形を整えていきます。
丁寧にヤスリがけをしたら装飾部分を盛り付ける作業をします。

とここで時間となりました。

2つともご自宅に持ち帰ってじっくり彫って(造形して)くることになりました。
次回どこまで出来てくるか楽しみです!

■ argentiere ■ M
コメント

ネコ用お洒落首輪完成!

2013年11月16日 22時54分09秒 | 教室
今日は午前中、教室がありました。

今日の生徒さんは2名、基礎コースのT・Fさんと課題作品コースのYさん。
まずはT・Fさん、「レーシーなボールイヤリング」の課題を制作中。
T・Fさんはこの課題、イヤリングではなくペンダントトップに変更して大、小1つずつ大きさ違いのトップを作っています。
前回小さい方の焼成が終わり、バレルでの磨きも終わったのでとりあえず作品に仕上げる事にしました。
金具を付けてトップを付けたら完成!!







ピンクの革紐がかわいらしいチョーカーが出来上がりました。
なんだか革紐の長さが短い??
と思ったらなんとネコちゃん用の首輪でした。
で、今制作中の大きいトップの方はご自身のペンダントにする予定だそうです。
ネコちゃんとお揃いのペンダント、素敵ですね!

で、大きい方は前回大体のシリンジをのせ終わったので金具を埋めて強度の足りなそうな所を再度チェックしたら乾燥させ、ざっとスポンジ研磨材をかけたら焼成。

焼成後ブラシがけをしたところで時間となりました。
お預かりしてバレル研磨しておく事にしました。
次回は人間用のペンダントトップの写真をアップできると思いますのでお楽しみに!

そしてYさん、「グラスハーモニー」の課題の制作中。
前回からガラスパーツの周囲に花びらの粘土パーツをくっつけていく作業をしています。

ガラスパーツも大と小の2つあるので交互に作業を進めていくのですが花びらの大きさがそれぞれ違うので間違えて付けないように気を付けながら、バランスを見つつくっつけては乾燥、そして補強、ヤスリがけの作業を地道に進めていきます。

なんとか花びらパーツを全て付け終わったところで時間となりました。
次回はいよいよシリンジの作業に入ります。
お花のモチーフ、なかなか良い感じに出来てきているので完成が楽しみです。

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

鍵のブローチ完成!!

2013年11月13日 22時26分14秒 | 教室
今日は午前と午後教室がありました。

今日の生徒さんT.Mさん、1カ月ぶりとちょっと間があいてしまったのですが2コマ続きでご予約いただきました。
前回「鍵のブローチ」を焼成したところで終わったので今日はその続きから。

ブラシがけをした後、一部分を鏡面仕上げにするのと、ブローチの針を作る作業をします。
鏡面もブローチの針作りも審査課題でのチェックポイントにあるのでちょっと厳しめに仕上がりをチェックします。
何回かやり直しをしていただいたら完成!!







合成石も色とりどりで素敵なブローチに仕上がりました。

そしていよいよ審査課題の作品づくりに入ります。
デザインは何回か打ち合わせをしてきてリング、ペンダント、ブローチの3種類それぞれ決まったので後は作るだけ。
まずはサイズ指定のあるリングから取り掛かる事にしました。

リングは13号のサイズを作らなくてはいけません。
最悪、13号にならなかった場合作り直さないといけないので最初に作っておいた方が後が楽なのでリングから取り掛かる事にしました。

リングは13号のひも状で彫りが入って合成石を埋め、いぶし仕上げにするという課題をクリアしなくてはいけません。
この課題を含んだデザインを考える事が一番の難関なので後は13号になるように作るだけです。

T・Mさんは甲丸のデザインにを選んだのでまずは甲丸のリングを作っていきます。
大体の形が整ったら乾燥。
乾燥させたらリングの高さを整え、次にリングの幅を整えます。
最後にリングの内側を整えていくのですがここで時間となりました。
次回はペンダントにも取り掛かれるかな?
今年中の資格取得を目指して頑張りましょう!!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

グラスハーモニー

2013年11月12日 22時14分53秒 | 教室
今日は午前中教室がありました。

今日の生徒さんKさんは課題作品コース、「グラスハーモニー」と「コンビネーションリング」を制作中。

まずはグラスハーモニー(ブローチ)から。
前回、全体を補強して金具を付けるところまで終わっていたので金具の部分の補強をしてガラス部分に付いた粘土を綺麗に取ったら焼成。

ガラスがあるので低温でいつもよりも長い時間焼成し、徐冷するので焼成後はお預かりする事になりました。

その間にコンビネーションリングを進めていきます。
トップ部分のパーツは作ったのでリング部分を作ります。

審査課題の前の最後のリング制作なので今までのおさらいで復習しながら進めます。
リング部分はトップとのバランスを考えて甲丸に近いデザインに決定。
さっそく作っていきます。

造形の段階で出来るだけ綺麗な形に整えておけばヤスリがけも楽なので丁寧に形を整えて乾燥。
乾燥が出来たらヤスリがけをしていきます。

リングの高さを整えて幅を整えたところで時間となりました。

次回、ブローチは完成するかな?
楽しみです。

■ argentiere ■ M
コメント

蜂のピンブローチ完成!!

2013年11月09日 18時05分50秒 | 教室
今日は午前中と午後、教室がありました。

午前中の生徒さんは基礎コースのT・Fさんと応用コースのYさん。Yさんは午前午後の2コマです。

まずはT・Fさん、「レーシーなボールイヤリング」の課題に取り組んでおります。
課題はイヤリングですが大きさ違いのペンダントを2つ作りたいということだったので小さい方はブルーのシリンジノズルで、大きい方はグリーンのシリンジノズルで作る事にしました。
小さい方から取り掛かっていたので本体のシリンジ作業は大体終わって今日は差し丸カンを埋める作業から。

楊枝が刺さっていた穴に差し丸カンを差し、シリンジで固定します。
乾燥させて最後に補強してさっとスポンジ研磨材をかけたら焼成!

ゆがみもせず綺麗に焼成できました。
焼成後はざっとブラシをかけてからバレルに投入。

その間に大きい方のペンダントトップを作ります。
手順は小さい方で一度やっているので順調に作っていきます。
全体にシリンジを行き渡らせたところで一旦乾燥させ、2週目。
そしてまた乾燥、最後に強度的に弱そうなところを部分的にシリンジをのせて乾燥。
とここで時間となりました。

バレルに入れた小さい方のペンダントトップはもうちょっと磨きにお時間がかかりそうなのでお預かりして次回、組み立てる事にしました。
大きい方も次回焼成出来そうなのでとても楽しみです。

そして2コマご予約のYさん。
前回、ブローチの焼成が終わっていたので磨きをざっとして戴いたらいぶし仕上げ。
全体が真っ黒になるので銀肌を出したいところをのいぶしを取ったらいよいよ石留めです。

磨いてる時に少し石枠がゆがんでしまったのでそれを整え直したら石を入れて覆輪を倒していきます。
石に覆輪がそうまで何度も少しずつ倒していって最後は磨きヘラで押さえるように磨いたら完成!!







とても立体的なピンブローチが完成しました!
いぶし仕上げにしてあるのでどこかアンティークっぽい仕上がりです。
秋から冬にかけてコートの襟元や帽子に付けたらとっても素敵!
いい作品が出来上がりました。

そして次の課題、「グラスハーモニー」。
前回、ガラスパーツの周りに付ける花びらのパーツを大量生産したところで終わっていたのでそのパーツ(乾燥体)をヤスリがけして一つ一つ整える作業から。
花びらパーツを合体させてしまうと内側部分は手が入らなくなってしまうのでそのあたりを今のうちに綺麗にしておきます。

小さくて数が沢山あるので一つ一つ丁寧にヤスリがけしていくのも一苦労。
なんとか全部、整え終わったらそれらをシリンジで合体させていきます。
まずはバランスを見ながらどのパーツをどこに置くか決めていき、場所が決まったら1段目をシリンジで留めていきます。

一旦仮留めで乾燥させたら補強の意味でしっかり接着させます。
2段目に行く前にヤスリで整えます。

とここで時間となりました。
次回までに花びらパーツを出来るだけつけてくる事を宿題にしました。
根気のいる作業ですが一緒に頑張りましょう!!

■ argnetiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

バラのパーティーペンダント完成!

2013年11月08日 22時51分30秒 | 教室
今日は夜、教室がありました。

今日の生徒さんは応用コースのMさん、「バラの-パーティーペンダント」を制作中です。
前回すべてのパーツの焼成が終わって磨きも終わったので早速組み立て作業。

順番を間違えないように丸カンでつないでチェーンを付けたら完成!!







ゴージャスなペンダントが出来上がりました!
3つのパーツに分かれているので飽きたらバラバラにしてそれぞれをペンダントにも出来るようになっています。

チェーンじゃなくてもぺロアのリボンでチョーカーでも可愛いねと色々な使い道が浮かびます。
Mさんも今までの中で一番お気に入りかも!とおっしゃってました。

そして次の課題。
いよいよ甲丸リングです。

デザインはあらかじめ宿題で考えてきていただいたのでその確認をし、早速制作開始。

粘土をひも状に伸ばし木芯棒に巻いて柔らかいうちにざっと甲丸の形に整えたら乾燥。
乾燥後、まずはリングの高さをヤスリを使って整えます。
大体の形になったら次はリングの幅を整えます。
彫りのデザインを思い浮かべながら幅が狭くならないように気を付けながら削っていきます。

そしていよいよ甲丸の形に整えていくのですがここで時間となりました。
次回までに出来る範囲で甲丸(左右対称)にしてくる事を宿題にしました。
どこまでできるかな?頑張って!!

■ argntiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

立体唐草のアクセサリーペンダントセミナー

2013年11月01日 00時53分34秒 | セミナー
今日は府中の工房で「立体唐草のアクセサリーペンダント」のセミナーを受けてきました。
先生は関先生。
月イチで受けているステージアップクラス、私が習っているのは戸田先生ですが関先生もそのクラスを持っています。

アートクレイと彫金技法を組み合わせて華やかな作品を作られる先生です。

今日は大きめの天然石を使って作るペンダントなのでとても楽しみにしていました。

まずはいきなりロウ付け作業から。
覆輪になる部分を純銀の平角線と純銀リボン線を使って作っていきます。
リボン線はとても薄いので溶かさないようにビビりながらロウ付けしました。

今回は7名で受講したのですがロウ付けの初心者の方はいなかったのですが結構皆さん苦労していました。
覆輪が出来たらお昼かと思っていたら粘土作業をして乾燥させてからお昼との事・・・。
覆輪の上にのせる唐草のパーツとバチカンを作っていきます。

けっこうこれが曲者でなかなか思った形になりません。
しかも小さく作っているつもりが合わせてみるとかなりでかくてごつい(~_~;)

雑な性格がこんなところに現れるとは思ってもみませんでした。
苦労しながらもなんとかトップパーツを作り乾燥炉に入れたらお昼休憩。
いつものお蕎麦屋さんへ直行!
今日は日替わりのメニューがイマイチだったので冷やしかき揚げそばを注文。
これがとっても美味しかったです(^^)
エネルギーを充填したところで午後の授業。

午後は乾燥させたトップパーツとバチカンを補強したり綺麗に整えるところから。

バチカンは簡単にととのえられますがトップパーツはとても繊細なので慎重にヤスリがけをして整えていきます。
私は柔らかいうちに全てのパーツをくっつけてから乾燥させたので比較的楽でしたがバラバラにパーツを乾燥させた人はけっこう大変そうでした。

ヤスリがけが終わったら焼成。

焼成後はまたロウ付けの嵐。
まず覆輪とバチカンをロウ付けし、トップパーツを最後にロウ付けします。

このトップパーツがなかなか言う事を聞いてくれません。
四苦八苦しながらなんとかロウ付けが出来たら酸洗いをしてバレルに入れて磨きます。

最後に石を入れて石留めをすれば完成!



こんな感じに出来上がりました。
飾りがごつすぎて石がだいぶ隠れてしまってますがま、最初にしては良くできたと思います。
着けて行った革紐に通してとりあえず写真撮りましたがグリーンの革紐に付け変える事にしました。

材料は買ってきたのでまたアレンジ作品を作ってみたいと思います。

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント