■ argentiere ■ つぶやきブログ

アートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe教室 ■argentiere■(アルジェンティエーレ)のブログです

ジュエルライフ1-5/6

2014年09月30日 21時33分47秒 | セミナー
今日は午後、月に一度のジュエルライフを受けに府中の工房へ行ってきました。

今日は全6回のうちの5回目。

前回土台のパーツを乾燥体で持ち帰ったので頑張って土台パーツに上の部分のパーツをかぶせ全部で3つのパーツの焼成までやって行きました。

本当は乾燥体のまま持って行きたかったのですが壊さないで持っていく自信が無かったので先生に見せて確認を取る前に焼成してしまいました。

一応、焼成が出来上がっていたので今日はひたすらロウ付け作業。

まずはそれぞれのパーツに石枠をロウ付けしていきます。

ここで石枠の座る部分が結構ぴったぴたなサイズな事に気が付きました!

3つのパーツ全て何とかおさまりましたがそんな事お構いなしに作っていたので冷や汗ものでした(^_^;)

今度作るときは気を付けなきゃというポイントです。

そして石枠を3分ロウでロウ付け、色々ありましたが何とか3つのパーツに石枠が無事付きました。

次に丸カンのロウ付け。

これも丸カンを付ける部分を意識して作っていなかったのでロウ付けしやすいパーツとしにくいパーツに分かれました。

ここも次回作るときの反省ポイントです。

1つのパーツに2個ずつ丸カンをロウ付けするのでこっちは付いたけどそっちは付かず、ということもありました。

めげずに根気よくやって何とか全てのロウ付けが終了。

酸洗い後バレル研磨。

バレルから出てきたときに事件発生!!

先生が持ってきて下さったのですがなんかちょっと違う感じ??

なんと、一つのパーツの石枠が取れていました(泣)

酸洗いでは取れなかったので安心してましたがバレルには耐えられなかった模様・・・。

ま、ここで外れてくれて逆に良かったのかもしれません。

気を取り直して再度ロウ付け→酸洗い→バレル研磨。

終わる時間ちょうどにバレルから上がってきました。

今度はちゃんと取れずにくっついてます!良かった。

次回までに磨きをし、石留して組み立てたら完成です。

こうなったら早く完成させたいという思いが・・・。

気が向いたら宿題で全部やっちゃおっかな?(笑)

■ argentiere ■ M
コメント

石ころのペンダント

2014年09月29日 15時08分27秒 | 教室
今日は午前中、教室がありました。

今日の生徒さんはフリーコースのKさん、今回は石ころのペンダントという課題に挑戦!

この課題タイトルに石ころとありますが本当の石を使うのではなく、石を元に型取りをしてその型に粘土を詰めて作っていくというモノです。

石を拾ってくるという宿題を出しておりましたがすっかり忘れていたらしく(笑)

私が持っていた石で型取りすることに。

ブルーミックスで型取りし、その型の中に銅粘土を詰めて乾燥。

前回の流星ペンダントで緋色に銅を仕上げるのがお気に召したらしく、こちらの作品も焼成後緋色仕上げにすることにしました。

銅粘土は銀粘土よりも乾燥しにくいので温度を高めに少し長く乾燥時間がかかります。

いくつか型を取ったので手持ちの銅粘土50gを全て投入し、全部で5つパーツを作りました。

最初に乾燥が出来た物からヤスリで形を整え、金具を通す穴を開けてから焼成。

今日は2個焼成が出来ました。

銅粘土は銀粘土よりも高い温度で焼成し、焼成時間も長いです。

その間、残り3個の形をヤスリで整えたり銅粘土で作品を作るときの注意点などの説明。

焼成後は黒くなった酸化膜を取り、前回と同じく大きいバーナーを使っての色づけ作業。

最初に作ったものは上手く色づけが出来ました!!





問題は2個目、1回目の色づけで部分的に色がつかないところがあったので再度色づけしてみたらヒビが!?

見てみるとかなり粘土の厚みが薄くなっています。

その部分だけヤットコで挟んで割って取ってみても面白いかも?とダメもとで割ってみたらイマイチ(汗)





この作品はお蔵入り決定・・・。

残念ですが良い勉強になりました。

次回残りの3つを焼成し、やはり色づけ予定。

こちらも楽しみです。

■ argnetiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

審査課題のペンダント完成!

2014年09月27日 20時00分51秒 | 教室
今日は午前と午後、教室がありました。

今日の生徒さんは審査課題コースのYさん、審査課題のペンダントとリングを制作中。

ペンダントは鏡面仕上げの部分を宿題にしていたのでそのチェック。

きれいな鏡面になってます!

最後に天然石を石留。

覆輪に石を入れ、カシメて磨き、チェーンを付けたら完成!

作りなおしただけあって素敵なペンダントに仕上がりました。

審査課題の作品なので写真は資格が取れたらということで・・・。

次はブローチの課題。

こちらも土台は作ってこられたのですがご自宅で形をヤスリで整えているところで割れてしまったと修正したところまでやってありましたが、見てみるととっても薄くなってる!?

これでは強度的に問題なので急遽その部分を補強することに。

粘土を薄く平らにしたものを薄くなっている部分に貼っていきます。

ペーストなどを塗って補強することもできますがそのレベルではなくなっていたのと粘土を貼り付けた方が早く修正できます。

乾燥させている間にリングの作業、リングのトップ部分の彫りを進めていきます。

彫りがすべて終わったところで合成石を入れていきます。

2mmの合成石を5個入れるので穴を開ける作業も大変です。

穴を開けては石を入れ、深さを見るという作業を繰り返し、全ての石を入れたところで時間となりました。

この調子だと次回、リングは完成しそうです。

後はブローチ!年内の資格取得を目標に頑張りましょう!!

■ argentiere ■ M
コメント

黒檀のリング磨き編

2014年09月26日 23時00分15秒 | 教室
今日は夜、教室がありました。

今日の生徒さんはフリーコースのOさん、「黒檀のリング」を制作中。

前回黒檀を取りつけ、形はあらかた出来たので磨きを宿題にしておりましたが、どうやらお忙しかったらしく前回終わったままということで今日はその磨き作業から。

鏡面仕上げと同じ手順で進んでいくのですがリングトップの黒檀部分、もう少し丸くしたいということで黒檀をメインに形を更に丸く整えていくことに。

黒檀もそれなりに硬いのでヤスリがけも根気が要ります。

少しずつですが丸くなり、これで良し!というところでヤスリを細かいものへ番手をあげていきます。

とここで時間となりました。

次回こそは本当に完成!とさせたいところですがどうでしょうか?

■ argentiere ■ M
コメント

サプライズのプレゼント

2014年09月24日 22時39分29秒 | 体験教室&教室
今日は午前中体験教室、夜は教室がありました。

まずは午前中の体験教室。

本日お申込みの方は結婚式を控え、2次会で新婦さんへサプライズのプレゼントを差し上げようとお申込みいただきました。

リングにするかペンダントにするかはサンプルを見てから決めたいとおっしゃっていたのでまずはサンプルをご覧いただいて相談。

とても迷われていましたがペンダントを作ることにしました。

まずは作り方のお手本を見て頂いてから挑戦!

形へのこだわりで3回程やり直しをしましたがとてもきれいな形に成形出来ました。

乾燥させる前ならば何度でもやり直しがきくのがアートクレイの良いところです。
しかもやり直すうち、作業に慣れてくるので上手になります(笑)

乾燥後、丁寧にヤスリがけをし、オプションの石は2個入れることに。

焼成後、磨いて出来上がったペンダントがこちら!





細身のねじったフォルムがとてもシンプルですがオプションで2個合成石を入れたことでとても華やかなペンダントになりました。

来月の中旬に結婚式とおっしゃっていました。

新婦さんも素敵なペンダント、喜ばれることと思います。

そして夜の教室、基礎コースのY・Mさん前回の課題、トライアングルイヤリング(ペンダント)の仕上げ作業から。

シリンジで付けたテクスチャー部分を磨きヘラで磨いて光らせます。
人によってはいぶし仕上げにする方もいらっしゃいますが今回はこのままでということで完成!





初めてのシリンジ作品にしてはきちんと模様が出ていて少し大き目のトップなので長めのチェーンでニットの上から付けたらよさそうな感じです。

そして次の課題は「木の葉のペンダント」

文字通り本当の葉っぱにペーストを塗り、テクスチャーを写し取るという課題です。

この課題はとても地道な作業の繰り返しですが出来上がると本当に本物そっくりに出来上がるのでなかなか面白いです。

今回お持ちいただいた葉っぱはアイビー。

アイビーは葉脈があまりはっきりしていないのでテクスチャー取るのが難しいですがやってみたいということで早速葉っぱにペーストを塗っていきます。

1層目、2層目、3層目と塗り重ねていき、だんだん厚みを増していきます。

大体葉っぱの厚みを除いて1mmくらいになるまで塗り重ねていきます。

塗っては乾かしの地道な作業ですが厚みが付いたところで裏になる部分と側面をスポンジ研磨材で軽くヤスリ形を整えているところで時間となりました。

次回、もう少し形を整えてから焼成です。

次回もお楽しみに!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

教室DAY!

2014年09月20日 23時00分23秒 | 体験教室&教室
今日は午前と午後、教室。夜は体験教室がありました。

教室は2コマ続けて応用コースのT・Fさん。

薔薇のパーティーペンダントの課題を制作中。

薔薇の花を花びら1枚1枚作っていく作品です。

ここまで来ると粘土の扱いにもだいぶ慣れてきているので平らに薄く伸ばした粘土をいかに乾燥を防ぎながら造形するかといった高度な技術に挑戦します。

T・Fさん、粘土の薄さにはだいぶ慣れたのですが薔薇の花の構造に苦戦しております。
花びらを付ける位置(特に高さ)がまだコツをつかみ切れていないようです。

2個薔薇の花を完成させたところでお昼になりました。

午後はちょっと息抜きで課題ではないのですがUV樹脂をやりたいと以前からおっしゃっていたのでそれをやることに。

初めてなのでまずは簡単なモノから

ミール皿等、枠や中に入れるモノはお持ちになったのでやり方を説明してあとはどこに何を配置するかを決めていきます。

これが結構時間がかかります。

私も作るときにあーでもないこーでもないと色々なパーツを配置してみながら試行錯誤します。

今回は樹脂に色づけはせず、透明なままで使うので硬化の時間はそんなにかかりません。

配置が決まったら枠に樹脂を流していきます。

この時、空気が入らないように注意しながら入れます。

それでも入ってしまった空気はつぶしたり温めたりして泡を消します。

そっとUVボックスに入れたらスイッチを入れ2分。本当は1分くらいで固まりますが年の為ちょっと長めに。

そして出来上がった作品がこちら



一番右が最後に作ったものですがやはりそれが一番うまく出来ました。
上の3つは後ろにゴムを通せるようになっているのでヘアゴムにするようです。

まだ枠はいくつかお持ちなのでまたやりたいとおっしゃっていました。

今回は中に入れるモノの種類が少なかったのでバリエーションをあまりつけられなかったと残念がっていたので次回は万全の態勢を整えていらっしゃることと思います(笑)

そして夜、体験教室。

男性、女性のご友人2名様でリングコースをお申込みです。

いつものようにサンプルをご覧になりデザインを決めて頂きます。

デモンストレーションを見て頂いたら早速挑戦!

今日も器用な方々だったので順調に作業が進み、女性の方はオプションでピンクの石を入れ、男性の方は内側にご自身のイニシャルを入れ焼成

出来上がった作品がこちら

女性のリング





男性のリング





2つ一緒に



とても気に入っていただけて早速身に着けて帰られました。

秋の夜長、体験教室はいかがでしょうか?

日・祝教室はお休みさせていただいておりますが体験は最終開始時間、ペンダントコースは20:30、リングコースは19:30まで受付ておりますのでお仕事帰りにも体験可能です。

予定が空いていましたら前日の予約でも大丈夫です。まずは日程等お問い合わせ下さい!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

緋色のペンダント

2014年09月18日 15時22分10秒 | 教室
今日は午前中教室がありました。

今日の生徒さんは先日新木目金のコースを終了したKさん。

フリーコースで引き続き通って頂いております。

前回課題が終わり、やはり木目金のフォローアップセミナーで教わった緋色のペンダントを制作中。

ご自宅で焼成及び磨きをしてきて下さいました。

今日は銅の部分を色付けする作業。

バーナーの大きいタイプは初めてお使いになるということだったので使い方から説明。

彫金をされていたこともあり、バーナー自体は使ったことがあるのですぐに操作も慣れ、早速色づけ。

銅の部分を緋色にするためには温度の見極めが大事なんですがまずバーナーでやる前にイメージしながら手順を説明。

いよいよ本番。

やはり1回ではタイミングをつかむのが難しかったらしく色づけがまばらになってしまったのでもう一度。

3度目でようやくまんべんなく色が付きました。

後は磨いて完成!ですがやはりご自宅でやってくるということになり、次は何を作るか相談。

次も銅粘土を使った作品にすることになりました。

緋色がとても気に入ったらしくその作品も色付けすることにしました。

また次回楽しみです!

■ argentiere ■ M
コメント

平井先生特別研究クラス~水晶と真鍮のジュエリー第2弾~1/3

2014年09月17日 22時07分36秒 | セミナー
今日は月に一度の平井先生の特別研究クラスを受けに府中の工房へ朝から行ってきました。

今回も「水晶と真鍮のジュエリー」前回はラウンドカットの石を使ったアクセサリーだったのですが今回はカボションカットの石を使って作っていきます。

まずは石決め。

教材では水晶となっておりますが12mm、10mmそれぞれ他の種類も用意されていました。

私はあらかじめサイズを聞いていたので手持ちの石を持っていったのですがどの組み合わせにしようかはまだ決めかねていたのとカボションカットだけどツルンとした石ではなくカットの入った石でも大丈夫かを確認したかったのでまずは先生に石の確認をしていただきました。

その結果、12mmは教材の水晶を使い、10mmの方はカットの入ったラブラドライトの石を使うことにしました。

まずは粘土作業。

石が決まったらサイズを測って数式にあてはめて計算し、石座の底板部分を作っていきます。

平らに延ばした粘土を使い計算で出た寸法でカット。

これを12mmと10mm一つずつ作ってそれぞれ乾燥。

その間に覆輪部分を作ります。

これもサイズに合わせて計算し、そのサイズの部分を爪芯金に印を付けてひも状に伸ばした粘土から角棒状にカットしリングを作る要領で巻き付けこれも10mmと12mmの2個を作って乾燥。

ここでお昼休憩。

いつものお蕎麦屋さんでハヤシライス丼、せいろそばセットを食べエネルギー補給。

午後は底板と覆輪を合体させる作業。

それぞれヤスリがけをして形を整えるのですがこれも寸法を測りながら削っていきます。

0.1ミリとか繊細な作業ですが前回のラウンドカットでやっているので慣れたのかそんなに大変じゃなかったです。

底板と覆輪それぞれ形が整ったらシリンジで合体させ乾燥。

12mmの水晶が入る方の石枠は底にテクスチャーを付けておきました。

出来上がった時に模様が透けて見えるようになってます。

最後に覆輪の高さや幅、傾斜など最終的には石を入れて見ながらの確認をして削っていきます。

この作業で大体石枠の精度が決まってくるので慎重に。

出来た物から焼成。

最後は石が入るかの確認をして今日のところは終わりました。

本当は真鍮のリングを作る作業もあったのですが今日はそこまでたどり着けませんでした(^_^;)

次回はリングが完成する予定なので楽しみです!!

■ argentiere ■ M
コメント

黒檀のリング最終章?

2014年09月11日 23時00分05秒 | 教室
今日は夜、教室がありました。

今日の生徒さんはフリーコースのOさん、黒檀のリングを制作中。

前回、黒檀を出来上がったリングにはめ込んだところで終っていたので最後の黒檀を削ってトップの形を作る作業。

これが結構地道な作業。

黒檀は硬いので地金を削る位の根気が必要です。

まずはどんな形にしたいのかを聞いてどうやって削っていったらいいか作戦会議。

削り方が決まったら後はひたすら中目のヤスリでガンガン削っていきます。

形が荒型整ったらヤスリを細かいものに替えてと鏡面の手順と同じ手順で進んでいきます。

Oさんトップの形が出来て細かいヤスリにしている途中で時間となりました。

次回には完成した写真をアップできると思いますのでお楽しみに!!

■ argentiere ■ M
コメント

星座のペンダント完成!

2014年09月08日 23時33分14秒 | 教室
今日は夜、教室がありました。
今日の生徒さんは基礎コースのY・Mさん。

一つめの星座のペンダントを制作中。
鏡面仕上げを宿題にしていたのでそのチェック。

とてもきれいな鏡面になっています!

最後にいぶし仕上げ。
やり方を説明し、早速挑戦。
今回はモチーフ部分を真っ黒にしたいのでその部分が黒くなるまで漬けておきます。
いぶしができたら最後にモチーフ部分いがいのいぶしを取って、チェーンを付けたら完成!

完成したペンダントがこちら



ちょっとソラマメっぽい形のペンダントです。

鏡面仕上げは裏側なので写真には写っていませんが丁寧にヤスリがけしたのできれいに仕上がっています。

さて次の課題、トライアングルイヤリングですが前回土台となる平らに延ばした粘土パーツは出来上がっているので同じく宿題にしていたシリンジ練習の成果を見せて頂くことに。

Y・Mさんなかなか頑張って練習してきました。

一通り見せて頂き、大丈夫そうなので練習用のシリンジに使ったノズルを洗って本番のシリンジに装着!いよいよ模様を土台に乗せようと土台の粘土パーツを見たらなんと真っ二つに割れています(泣)

しかしいつかはこんなことも起こるので直すのも勉強のうち土台パーツを直すことに。

きれいに割れていたので比較的簡単に修正出来ました。

気を取り直してシリンジで模様を描いていきます。

半分ほど模様を描いたところで生乾きのうちに指でシリンジ線をつぶし、また模様を描いてを繰り返し、全ての模様を書き終ったら完全に乾燥させます。

はみ出たシリンジ線と指でつぶしただけのモチーフを軽くスポンジ研磨材でやすったら焼成。

焼成が出来たところで時間となりました。

次回までにブラシがけをしてくることを宿題にしました。

次回また一緒に頑張りましょう!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

続・続・審査課題のペンダントとリング

2014年09月06日 20時00分07秒 | 教室
今日は午前、午後と教室がありました。

今日の生徒さんは2コマ続けて審査課題コースのYさん。
現在インストラクターの資格取得の最終段階、審査課題のペンダントとリングを制作中。
ペンダントは焼成したものの納得できずに前回から作り直ししております。

今日はその続きから、ペンダントは土台の乾燥体をヤスリで整えていきます。
この課題は天然石を純銀リボン線で留めるということ、金具を埋めて取りつけそして鏡面仕上げにします。

鏡面の部分は乾燥体の段階できれいに整えておくと焼成後の磨きがしやすいので念入りに。

土台が整ったら別で作っていた石枠パーツを中央に取りつけます。

最後に一部分、テクスチャーを付けたら焼成!

2個目のペンダント、焼成まで行きました。(良かった!)

後はご自宅でブラシがけと時間のかかる鏡面を宿題にしました。

リングの方はトップパーツの彫りを進めていきます。

丁寧に模様部分を彫り、1本の線でも幅が広いところや狭いところ、深かったり浅かったりと表情を変えながら彫り進めていきます。

このリングはサイズが13号、彫りが入り合成石を埋め、最後にいぶし仕上げをするという課題ポイントがあります。

彫りが入れ終ったら合成石を入れていくのですがここで時間となりました。

次回から最後の課題、ブローチの制作に入る予定です。

あと少し!頑張っていきましょう!!

■ argentiere ■ M
コメント

3Dモチーフ、復習。

2014年09月02日 22時09分24秒 | 作品
昨日学んできた3Dモチーフ、復習がてらペンダントを作ってみました。

デザインは昨日のリングが縦長っぽい感じになったので今日は普通の立方体に近いコロンとした感じにしました。

ペンダントなのでチョコンと胸元にあったら可愛いかな?と

で、作ったペンダントトップがこちら







裏はこんな感じ



中央の合成石は赤、ちょっとサイコロっぽいです。

全体を鏡面にして丸カンはロウ付けしました。

サイコロの頂点のところに丸カンをロウ付けしたのでちょっと丸カンを角に合わせてヤスリがけするのがひと手間ですが点で着けるよりは面で付けた方が断然に丈夫になるので。

鏡面仕上げにしてからミルタガネで石留。

久しぶりのミル留めだったのでちょっと下手くそです(^_^;)

やっぱり日々練習しておかないといけませんね。(反省)

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント

星座のペンダントとトライアングルイヤリング

2014年09月01日 23時38分02秒 | 教室
今日は夜、教室がありました。

今日の生徒さんは基礎コースのY・Mさん、先月教室に入られて今日が2回目の授業です。

前回焼成してざっと磨いたところで終っていた「星座のペンダント」の続きからです。

鏡面仕上げにするので耐水ペーパーを使って地道に磨いていきます。

荒いペーパーから細かいペーパーへ番手を変えていきながら磨くのですが荒いペーパーで取りきれなかった傷は細かいペーパーでは取れないので荒い番手のペーパーをいかに丁寧にかけるかで仕上りが変わってきます。

こればかりやっていると疲れてしまうので合間に次の課題「トライアングルイヤリング」の制作もしていきます。

こちらはシリンジを使ってテクスチャーを付けるという課題。

シリンジの練習も兼ねています。

とりあえず土台のデザインを決め、平らに伸ばした粘土をデザイン通りカットして乾燥。

その間に練習用のシリンジを使って練習をします。

直線、丸、四角(三角)等、徐徐に難しい形を練習。

このシリンジ練習も指が疲れてしまうので鏡面の作業と交互に休み休みやっていただきます。

一通りシリンジの練習が終わったところで時間となりました。

次回までに鏡面仕上げをしてきていただくことと、シリンジの練習をしてきていただくことを宿題にしました。

Y・Mさん、シリンジのコツをつかみかけていたので継続的に練習して頂くとぐっと上達するでしょう!楽しみです。

■ argentiere ■ M 
コメント

飛び出す!?『不思議な3Dリング』

2014年09月01日 16時00分36秒 | セミナー
今日は午前中、府中工房へ行ってきました。

今日のセミナーは10:00~13:00の3時間という久しぶりの短いセミナーです。

こういう短時間で作れる作品は体験教室やアートクレイを始めたばかりの方でも楽しめる作品が多いので気軽に楽しめるのが特徴です。

今回は「飛び出す!?『不思議な3Dリング』」というタイトル通り厚さはそんなにないけどとても立体的にモチーフが見えるデザインを学ぶというものです。

タイトルにはリングとありますがリングもしくはペンダントを作ります。

私はリングを作ることにしたのですが事前にリング部分は作っていきました。(その方がモチーフをきっちり丁寧に作れるかなぁ?と思ったので)

初めに先生からデザインの説明と構造について講義を受けます。

それから実際にデザインを書いて実際の粘土造形に入ります。

デザインから緻密に測りながら繊細な作業をしていくのかと思いきや大胆に作っていくのがかえって新鮮でした。

私は縦長に飛び出した感じのモチーフを作りました。

そして出来上がったリングがこちら







リングを家で作ってきたおかげで短い時間のセミナーでしたがじっくりモチーフを作ることができて仕上げもリング部分を鏡面にしたり時間をかけることができました。

本当はミルタガネで石の周りを装飾するのもセミナーに含まれていたのですが出来上がってみると無い方がスッキリしていいかな?と思い、私はミルタガネしませんでした。

またアレンジ作品を作ってみようと思います!

■ argentiere ■ M


※このブログに掲載されているアートクレイシルバー・ジュエルDeCoRe等のデザイン、画像の無断使用、無断転載は固くお断りいたします。
コメント