業務出張専門の旅行会社、株式会社アラ・ブランカ・フライトの新着情報!

ストライキ情報、渡航安全情報等に加えて、ホテルのお得情報等の様々な話題をピックアップ。

国際観光旅客税、来年1月7日から徴収 国際観光振興法が衆議院で可決

2018-04-12 11:13:18 | ニュース
こんにちは。業務渡航、学術渡航専門の旅行会社
(株)アラ・ブランカ・フライトの南埜(みなみの)です。

 4月10日、国際観光振興法が衆議院本会議で可決、成立しました。

 これにより、2019年1月7日から、国際観光旅客税を日本人や外国人を問わず、日本からの出国時に1人あたり1,000円を徴収することになります。 同日前に締結された国際旅客運送契約に係る一定の出国は除外となります。

 航空機や船舶の乗員、強制退去者、公用機や公用船(政府専用機など)により出国する者、入国後24時間以内に出国する乗り継ぎ旅客、外国間を航行中に緊急着陸などをした者、出国後天候などの理由で帰ってきた者、2歳未満の者など一定条件を満たした場合には非課税となるとのこと。

 国際観光旅客税は航空会社などの国際旅客運送事業者が徴収し、翌々月末までに国に納付するとのことで、航空券に切り込みとなります。 税収が上がらない中、膨れ上がる外国人訪日旅行者から取りたかったのでしょうが、旅行者に取っては迷惑な話です。



オリジナル旅行 手配 航空券販売 旅行会社
【アラ・ブランカ・フライト】

〒179-0081 東京都練馬区北町2-20-9
TEL: 03-5399-9311 FAX: 03-5399-9312
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マンダリン航空、成田/台中... | トップ | 外務省、「ゴルゴマニュアル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事