アカツキですけど

百戦錬磨 もう百戦越えてますけど その先に何があるのか

高句麗 高麗を北朝鮮に置き換えると何が起きるか

2015-06-30 19:09:15 | 日本にあった高句麗族(朝鮮半島移民)



高句麗
高句麗は、いまの中国東北部南部から朝鮮半島北中部にあったツングース系民族の国家であり、最盛期は満洲南部から朝鮮半島の大部分を領土とした。隋、唐を始めとする中国からの侵攻を度々撃退したが、最終的には唐・新羅の遠征軍により滅ぼされた。Wikipedia


高麗氏 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/高麗氏 - キャッシュ
当時、朝臣姓を渡来人に贈るのは異例であった。その後に高麗福信は氏を高倉に改称 する。なお若光の子孫は代々、高麗神社の宮司として現在まで続いている。同族に 高句麗第22代国王・安蔵王から三代孫の子孫の狛氏があり、戦国武将に高麗経澄が ある。


日高市にある「高麗神社」は、渡来人の子孫が建立したらしいが、誰が祀 ...
crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id... - キャッシュ
高麗神社」は、高句麗からの渡来人高麗王〈若光〉を主祭神とする神社である。 『日本書 紀』天智天皇称制5年(666)10月条に、高句麗が遣わした使節の中の若光が御祭神の 〈若光〉であると考えられているとあり(下記資料①p5より)。 詳細については、以下の ...


北朝鮮・高句麗 : Kazumoto Iguchi's blog
quasimoto.exblog.jp/i56 - キャッシュ
2014年9月18日 - 北朝鮮高句麗ビジネスを仕切るものはだれか?:謎の英国 ... by kikidoblog | 2014-09- 18 20:19 | 北朝鮮・高句麗. 中古車の ...... まあ、というわけで、韓国の王子はいまは北 朝鮮にいて、その直系の子孫が、金正恩だということである。そして、 ...


日本列島の古代部族
www.yasaka.org/KOBO/kodaibuzoku.html - キャッシュ
主に朝鮮三国(高句麗・新羅・百済)に住んでいた人達で、弁韓諸国(伽耶・加羅・任那) の人も含みます。 現日本人の ... 天武天皇は高句麗系あるいは新羅系の人。 持統天皇 は .... 現代の朝鮮半島の住民は、朝鮮三国(高句麗・新羅・百済)の遺民の子孫と、


【拡散】韓国人・朝鮮人が必死で隠す歴史的事実まとめ①【歴史捏造】|マンショ ...
www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/533496/ - キャッシュ
2015年6月10日 - では、高句麗人の子孫にあたる民族とはどのような民族なのか。それは女真族(満州族 )です。高句麗が唐によって滅ぼされた後、高句麗人(フヨ族)は彼らの故郷である『満州 』に逃げました。高句麗人はこの地において契丹族や鮮卑族、 ...

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

若松調べすると高句麗に近いのかな?? 調べてる最中だから後で結果変わるかも

2015-06-30 18:50:38 | 日本にあった高句麗族(朝鮮半島移民)

三韓征伐 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/三韓征伐 - キャッシュ
新羅が降伏した後、三韓の残り二国(百済、高句麗)も相次いで日本の支配下に入っ たとされるためこの名で呼ばれるが、直接の戦闘が .... 新羅は戦わずして降服して朝貢 を誓い、高句麗・百済も朝貢を約したという。 ..... 若松恵比寿神社 - 北九州市若松区 浜町。


高句麗系渡来氏族・長背連、高井造、狛氏など ( 歴史 ) - 民族学伝承 ...
blogs.yahoo.co.jp > 芸術と人文 > 人文科学 > 歴史 - キャッシュ
1 左京 諸蕃 高麗 高麗朝臣 出自高句麗王好台七世孫延典王也 2 左京 諸蕃 .... この 合掌式石室を持つ積石墓は福島県会津若松市にも存在し、安曇氏族かとも考えられる 四道将軍・建沼河別命と大彦命が出会った場所でもある。 →当ブログ ...


高句麗鉄道株式会社<koguryo-railway> - Gooブログ
blog.goo.ne.jp/hide2606 - キャッシュ
会社名:高句麗鉄道株式会社(コグリョテツドウカブシキガイシャ) 鉄道部門 路線: 高句麗本線・新宿線・空港線・日光鬼怒川線・群馬線 種別: 普通電車/普通・湘南 ... 株式会社(新宿~湘南海岸) 会津鉄道株式会社(鬼怒川温泉~会津若松).



若松恵比須神社(わかまつえびすじんじゃ)は、福岡県北九州市若松区にある神社である。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社。通称「若松のおえべっさん」。
若戸大橋の高架橋の真下にあるため、あまり目立たないが、若松の中心街には近い。

歴史[編集]
社伝(『恵比須神社縁起』)によれば、仲哀天皇と神功皇后が熊襲征伐のため洞海から岡津へ船で移動するとき、岡県主熊鰐が、「天皇様は外海をお進み下さい、皇后様は波静かな内海をお進み下さい。」と奏上したことを受け、皇后の船が内海の洞海湾を進んだとき、急に船が動かなくなったので武内宿禰が海底を調べさせたところ、光り輝く玉の石があがったという。この石こそ海神が皇后の聖旅を守るみしるしの霊石であるとして、畏み勅命を奉じて、祀った祠が当社の始まりであるとする。その後、再びこの地を訪れた武内宿禰が祠脇の聖地に小松を手植えして「海原の滄溟たる松の青々たるわが心も若し」と歓びの歌を詠み、これが「若松」の地名の起こりであるといわれている。
他に、村上天皇の時代に蛭子大神宮が創建されたという伝承もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%9D%BE%E6%81%B5%E6%AF%94%E9%A0%88%E7%A5%9E%E7%A4%BE



若松という単語には現在 うちをハメた連中がたくさんいるが昔はどうだったのか

という視点から調べてる



あとは高句麗と大和の関係

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする