朝鮮半島と中国と世界の動き

最新の週刊誌及び月刊誌などの拾い読み 朝鮮半島での出来事及び中国の政治経済などテレビ新聞が
報道しない記事を拾う

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

権力者の前でかわいい女の子が演じるのは中国の広報、

2017-04-20 16:15:54 | 中国


プロパガンダ、外交の常套手段だ。ある中国の友人は、小学生のころしょっちゅう北京の国際空港に呼び出されていた。そこには数百人のかわいい愛国者が集まっていて、花束を持って外国からの賓客を歓迎した。

幼稚園の子供たちも、振付のついた歌と踊りを軍事パレード並みの正確さで披露し、かわいらしさでお客様を魅了した。

中国研究家ローラ・ポッジが著書『中国の子供たちよ立ち上がれ!』で書いた100年前の中華民国では、ダーウィンの『進化論』に影響を受けた中国の知識人の間で後から生まれる者ほど価値があると信じられ、子供こそ国家の進歩の希望ともてはやされた。

当時の映画もテレビも、思春期前で無垢でかわいい子供の作品でいっぱいだ。今の子供用品にかわいらしいものが多いのも、子供を「母なる大地」の象徴とする信仰を裏付けている。

アラベラも夢に見る中国、アラベラ・クシュナーは、子供を国家発展の希望と崇める中国の子供信仰の西洋人版だ。かわいらしく飾り立てられた青い目のお人形がどこか退屈そうにしていると、嘘がなくていっそう純真で魅力的に見える。

彼女がたどたどしく漢詩をそらんじ、党幹部が好みそうな歌を歌うと、中国人はまるで自分が褒められたように感じる。最も反中的なアメリカ大統領の孫娘さえが中国に未来を見ているのだ、と。

そしてイバンカ・トランプは生まれながらのブランドだ。彼女がインスタグラムやツイッターに投稿するアラベラの姿に、中国人は人類の次の進化段階のビジョンを見る。

生まれながらにして中国文明の優越性を理解し、中国語で歌って踊る西洋の子供は中国の未来であり、将来の顧客としてまた投資家として、富の源泉でもある。

アラベラへの称賛は、祖父のトランプに向けられるはずだった嫌悪や怒りをかき消した。アラベラの助けを借りて、イバンカはまた、トランプに金メッキを施すことに成功したのだ。

ニューズウィークからの引用記事
 
コメント

引き渡しに協力して恩を売った中国

2017-04-19 08:59:17 | 中国


歯車が狂って暗殺が露見したが、それでも北朝鮮は「死んだのはキム・チョルだ」と言い張った。

マレーシアが「金正男氏の家族に渡す」と拒否すると、北朝鮮は平壌のマレーシア大使館員や家族を出国禁止で人質にするという乱暴狼藉(ろうぜき)までして、しゃにむに「キム・チョル」の遺体を手に入れ「金正男」を抹殺した。
 
金正恩委員長が異母兄抹消にこだわるのは前に書いたように祖父・父・自分と続く「白頭山血統」神話の枝振りを「三世一系」の姿に整えるための脇枝落としだ。

マレーシアの誤算は、金正男氏の庇護(ひご)者だった中国が暗に北朝鮮側に立ったことだ。そのわけは、米中首脳会談にある。

習主席はトランプ大統領に「北朝鮮の核兵器放棄と米軍の終末高高度防衛(THAAD)ミサイル韓国配備の撤去」という取引を持ちかけるだろう。

そのためには習主席が金委員長を北京に招き中朝首脳会談ができる関係がなければならない。そこで遺体引き渡しに協力し、金正恩委員長に恩を売った。

米中首脳会談の1週間前、ぎりぎりの綱渡りだ。

サンデー毎日からの引用記事
 
コメント