朝鮮半島と中国と世界の動き

最新の週刊誌及び月刊誌などの拾い読み 朝鮮半島での出来事及び中国の政治経済などテレビ新聞が
報道しない記事を拾う

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米国政府はWHを中国には買わせない

2017-04-21 05:17:56 | 宇宙


日本のメディアでは、東芝の決算と半導体部門売却に関する報道が主だが、欧米メディアでは、中国企業によるウエスティングハウス(WH)買収を米国政府が懸念しているとの報道が目立つ。

WHが中国企業に売却されないように米国政府は働きかけるが、もし、中国企業による買収が提案されれば、米国財務省管轄の外国投資審査委員会で審査し買収を阻止するとされている。

中国企業が陰で参加するコンソーシアムによる買収も防ぐため友好国企業による買収も画策しているとも報道されている。

中国企業による海外投資・企業買収の動きが活発になるにつれ、国の重要インフラ、あるいは技術を社会体制が異なる国に握られることを懸念する声は、多くの国において高くなっている。

その筆頭は豪州だ。2016年に公共インフラの買収については全て外資審査局が審査することを決め、同年8月中国のコンソーシアムによる電力網運営者の買収を、安全保障上問題ありとして阻止した。

電力網に中国企業の参加を許したポルトガル、イタリアとは大きな違いだ(『欧州のエネルギーインフラを買い漁る中国』)。
 
米国政府が中国企業によるWH買収を懸念する理由は、軍事転用が可能な高度な技術を社会体制が異なる国が保有する安全保障問題にあるが、それだけではなさそうだ。

最先端技術を巡る争いにおいて中国企業が米国企業と対立する懸念も当然ある。例えば、米国が開発したIT技術は世界標準になるが、中国だけは例外だ。中国では標準にならない。

独自路線を訴求する中国が世界の主流になっているWHの原子力技術を握ると他国が困惑することも起こるだろう。

ウェッジからの引用記事
 
コメント

シリア攻撃の決断に長女イヴァンカの影響も

2017-04-20 14:00:36 | 宇宙


4月6日夜、米軍はシリアの空軍基地をミサイル攻撃した。6年前、シリア内線が始まって以来、米軍のシリア直接攻撃はこれが初めてだ。

バッシャール・アル=アサド政権が反体制派の拠点を空爆した際、シリア軍が化学兵器を使用したことに対する対抗措置という。

トランプ政権は、これまでアサド政権には関与しない方針だった。それが急きょミサイル攻撃に転じたのは、シリア軍の化学兵器使用による子供たちの悲惨な映像がトランプ大統領の長女イヴァンカ氏(大統領顧問)の「悲しみと怒り」を誘い、それが父を動かしたとも報じられる。

ともかく、シリア内線の混乱、泥沼化は、2013年夏の米軍によるシリア攻撃が、突然中止されたことが原因とされる。このドタキャンは「オバマ最大の失態」とされ、タカ派は「史上最弱の大統領」と非難した。

その失敗を繰り返さないためにも、トランプ大統領がシリア攻撃を即決したとしても不思議ではない。

今回のシリア攻撃は、これまでのオバマ支持者の目を覚まさせ、トランプ支持者を増やす絶好の機会になる。CBSテレビの世論調査(4月10日実施)では、シリア攻撃支持者は米国民の57%、反対は36%だった。

トランプ大統領が米軍にシリア攻撃の命令を出した当日は、まさに米中首脳会談の最中だった。パームビーチの別荘で習近平国家主席と会談中、トランプ大統領は何度も席を外した。

にもかかわらず、トランプ氏はシリア攻撃については包み隠さず、習氏に伝えた。その説明を聞き、習氏は米軍のシリア攻撃に対して理解を示したという。

東洋経済新聞社からの引用記事
コメント

イバンカ政権入りでホワイトハウスがトランプ家に乗っ取られる

2017-04-20 11:31:53 | 宇宙


白人でブロンドで家長を重んじ、自分や家族の利益になる限り社会の不公正など気にもかけないイバンカのような女性が、中国(やアメリカ)で憧れの対象になっても驚くにはあたらない。

しかしだからといって、イバンカの存在が米中関係に実質的な変化をもたらすとは思えない。むしろ彼女は、もっとグローバルで生死に直結する問題──戦争や金融、経済競争、貧困、環境問題など──について議論が及ぶのを避けるためのお飾りだ。

イシュ・マオ、独フンボルト大学ベルリン大学院生 トランプは大統領就任前から中国を挑発する発言を繰り返してきたが、いまや多くの中国人が、本人やトランプ家に対して奇妙な共感を覚えている。

トランプが着々と家族経営のような政権をこしらえたことに対し、アメリカでは批判の声が噴出したが、多数の中国共産党幹部にとっては、権力を掌握するための手法としてあまりに見慣れた光景だ。
時トランプと妻のメラニアの不仲説が出回ると、中国で夫の影に隠れてないがしろにされている主婦層のネチズンが一斉にメラニアに感情移入し、応援するようになった。

ニューズウィークからの引用記事
 
コメント

気になる火星移住のお値段は?マンション購入程度の価格で

2017-04-20 07:30:14 | 宇宙
マスク氏の試算では、当初の飛行費用は1人につき20万ドル(約2000万円)程度。将来的には10万ドル(約1000万円)まで下げ、やがては飛行機代くらいにまで抑える予定だという。「特別な人だけでなく、誰でも行きたい人が火星へ行く」ことが目標だそうだ。

火星までの交通手段は、再生可能ロケットや宇宙船。まずは宇宙船1機に100人を乗せ、やがて200人を超えるまでに増やしていく。これで、最初の宇宙船打ち上げの後、前述のように40年から100年で100万人が火星に住むようになる。やがては植物も植えて自給自足だ。

酸素や温度を保つことを思えば、SF映画「フィフスエレメント」のように、大きなファンで街に酸素を送り込むなど、勝手な想像がふくらんでいく。現段階では、カプセルやドームのような形の宇宙船などが並ぶようだ。

時事通信社によると、今のところ一人を火星に送るために必要な経費は1兆円ほど。個人ではとうてい無理な金額ながら、米国はこうした設備投資など初期費用を防衛予算などに組み込むとしている。

2018年には火星が地球に最接近するとされ、無人探査機の打ち上げも計画されている。すでに2012年にはオランダに拠点を置く民間非営利団体マーズワンが、2025年に人間を火星に移住させる計画を発表している。

火星までの“片道切符”にも関わらず、公募には20万人が集まり、今はある程度の人数に絞ったとされる。けれども、まだ無人探査機の状態を考えると、時期尚早との声も聞こえてくる。

赤土の火星のピンクの空に、青い地球を眺める。移住が実現したあかつきには、「部屋から地球の眺望良し」や「地球にアクセス至便」なんて物件に、人気が集まりそうな気がする。

やがて、技術開発がすすみ、マスク氏が言うように誰でも行きたい人が自由に渡航でき、価格も居住環境も手がとどくようになったら……たとえば東京郊外にマンションと火星での新生活のどちらを選びたいだろう。

地球でマンション購入か火星への移住か……今までになかった選択肢が増えて、人類とその住宅購入費はどこに向かっていくのだろうか。

プレジデントからの引用記事
コメント

火星の居心地がいい理由、四季もあり、月よりも地球環境に近い

2017-04-20 05:56:41 | 宇宙


ぜ火星か、理由は単純明快。ご存知の通り、近隣の惑星に比べると距離が“近い”上に“地球に似ている”からだ。

7000万km以上という距離があるとはいえ、ほかの惑星よりも渡航時間が短いため、宇宙で浴びる放射線量が抑えられる。

さらに固体ながら水が存在し、二酸化炭素も豊富で植物も育ち、地中には窒素やリンといった生命に必要な元素もある。ただし、酸素は存在しないため、どうしても酸素を供給する設備や宇宙服は必要になる。

火星が赤く見えるのは、岩が酸化鉄を多く含んでいることが理由であり、“火星”の名とは裏腹に表面は冷えていて、決して熱くない。

場所にもよるが、平均気温は-(マイナス)50度。赤道あたりは最高20度くらいになりながら、日没後は-90度の地域もあるとの説もある。

「平均気温-50度で人は生活できるのか?」との疑問が湧くかもしれない。けれども、気象庁のデータによると、ロシアのオイミャコン村の冬の平均が-46度前後で最低が-71度、シベリア内陸部平均が-50度。

北海道の旭川ですら最低気温-41度を記録している。自分の街で思い描く“普通の生活”とはいかなくとも、充分に人間が暮らせる気温ではありそうだ。
今の火星の表面には液体の水が流れる海や川はなく、氷やドライアイス様のものがあるだけだ。

ところが、水が流れて浸食したような地形が数多く残されているとNASAが発表している。火星の直径は地球の約2分の1で、重力は3分の1程度と小さいため、水が蒸発して宇宙に逃げたか、地球よりも寒冷な気候で地下に氷結してしまったものと考えられている。

NASAの主任科学者のスティーブ・スクワイアーズ教授(コーネル大)は、「(今回の調査地点は)過去のある時期、生物の生存に適した場所だった」とした。

さらに火星が寒くても過ごしやすい理由として、1日の長さが地球とほぼ同じ24時間37分だということがあげられる。四季もあり、月よりも地球環境に近く、金星や水星のように暑すぎない。

ただ、地球と大きく違うのは“空がピンク色”なこと。青い空がのぞめない環境をどう受け止めるかは、適応問題として案外大きいかもしれない。

それでも、現段階では火星がもっとも“居心地がいい”理想的な惑星というわけだ。では、いざ火星へ……となったら、お値段はどのくらいかかるのだろうか。

プレジデントからの引用記事
コメント