屁理屈爺さんIT放談

お気に入りソフトやデジモノ紹介。その逆に使っていて困る事例の紹介(主にヒューマン・インタフェースの観点から)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マスコットキャラクターに秘められた皮肉?

2020年07月26日 | マイナンバーカード
マイナンバーのマスコットキャラクターってウサギだけど…
 
ワニだかサメにうまい話を持ちかけて自分だけ得したり、
前科のあるタヌキを執拗なまでに懲らしめたり、
一番だと思って油断したら亀にも追い抜かれたりで、
あまりいい印象ではないんだよね。
 
なんかマイナンバーのことを象徴しているみたい。昔話のキャラクターまで考えてマスコットキャラクターにしたのかな。
公式な説明を調べてみたら
「ずっと昔から日本に住んでいたシロウサギの妖精のマイナちゃん。」
とあるから、それなりに考えていたのかも。
お役人のブラック・ユーモア、凄いぞ!
 
 
と勝手に感動したのは無駄でした。(いつものパターンですが)
 
こちら↓を見てしまった。
何も考えていなかったみたい、トホホ。
 
 
ついでにつっこむと、
昔の日本(昔話)にウサギの「妖精」って出てたきたかなぁ?
あ~ぁ。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

意味不明の表示

2020年07月18日 | マイナンバーカード
「マイナポータル」をログアウトするときに表示された注意書きにビックリ!!
 
閲覧した「あなたの情報」や「やりとり履歴」は、ログアウトすると削除されます。(代理人を設定している場合、本人と代理人の両方が閲覧し、ログアウトすると削除されます。)
 
これ読んで、何が起るのか理解できる人、手を挙げてぇ~!と言いたくなりますね。
 
履歴っていうのは、ログアウトしても残っていて、次に使うときも参照できるから履歴というのでは?それを消しちゃうの?
サーバーにある個人の情報や履歴を削除するというのなら、これはれっきとしたサイバー犯罪だし…
 
セキュリティ上ちゃんと処理するから安心してね、といいたいのだろうけど、かえって不安にさせられます。読み手の心理なんかおかまいなしで作っちゃうんですね。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マイマイづくしで誤解の渦が…

2020年07月16日 | マイナンバーカード
マイナンバー、マイナンバーカード、マイナポイント、マイナポータル、マイキーID…
 
よくぞここまで、マイ・マイを連発したものですね。それによっていろいろな誤解が生まれているようです。
 
さてさて、そこで、現在の私の理解した範囲で解説を試みると…
 
「マイナポイント」というポイントの実体はない。そもそも「マイナポイント事業」という取り組みの名称があって、なんだかポイントがもらえる、というイメージが勝手に独り歩きしている。解説サイトも「マイナポイントが貰える」などと、その誤解を助長している表現がほとんどですね。
マイナポイント事業は、たしかにマイナンバーカードを利用したものだけど、それはマイナンバーカード内蔵のICチップの機能を活用したものであって、マイナンバー(個人番号)を使うものではないようです。ここも誤解している人が大半ではないでしょうか。
 
そのICチップの中には、電子証明書のデータなどがある他に、多目的に使えるエリアがあって、これら全体のデータのことを「マイキー」と呼ぶらしい。そして、多目的に使うときに、そのカード(ICチップ)を特定するために、マイキーIDというものを付与する。このマイキーIDは、「マイナンバー(個人番号)」とは全く無関係(ここが大事らしい)。
 
今回のマイナポイント事業では、マイキーIDと(利用者が選択した)決済サービスを紐付けするというもの。これによって、マイキーIDが紐付けされた利用者には、25%分の割増ポイントを(決済サービス事業者が)付与するというもの。(マイナポイントを付与するのではない。)決済サービス事業者は、割増した分の金額を政府からもらうことになるのでしょう。
なので、マイナンバー(個人番号)が、○○ペイに通知されるなどということもない。ということになりますね。
 
ちなみに、「マイナポイント事業」は、COVID-19対策で、拙速に打ち出されたというものではなく、昨年のうちにすでに計画されていたようです。
---
 
以上、間違っていたらごめんなさい。自分なりに少し整理できたかな、と思います。
 
それにしても、マイ・マイ連発は罪作りだなあ。選挙じゃないんだからそんなに連呼しなくてもいいのに。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いやいや、結構面倒です。

2020年07月13日 | マイナンバーカード
マイナポータルから、自治体が持っている自分に関する情報を確認する手続き。無料なのでお試し気分でやってみました。
 パソコンでカードリーダーをつないでマイナンバーカードを入れてログインして、画面で目的の情報の種類を確認して[実行]ボタンをクリック。
 すぐに目的の情報が画面に表示されるかと思いきや
「あなたの情報の確認を受け付けました」だって。受け付けただけなの?
よく読むと、その下に
「提供にお時間を要する場合、通知先メールアドレスを設定されている場合には、提供され次第、メールにてご連絡いたします。」と書いてある。(じゃあ、”お時間を要しない場合”はどうなの?お時間って何分?何日?今回のケースはメールを待てば良いのか、あるいはそうでないのか、こんな説明ではわからないじゃないですか。)
で、結局は翌日メールが届きました。
 
メールの内容は、
準備ができたので「マイナポータル」にアクセスしろ、となっている。ああメンド。
言われるままにマイナポータルにアクセスしたら、確かに「回答」が来ていました。
実は今回、試しに税金関連を照会してみましたが、「回答」の画面を見て、びっくり。
金額に位取りのコンマもなければ、数字の単位の表示もない。課税年度の欄はあるが、所得金額などは何年分のものなのかの記載がない。しかも、実際の確定申告などは元号ベースなのに、照会したデータには、元号が表示されず西暦のみ。さらに、確定申告していて口座振替でちゃんと納税しているのに、「提出なし」と表示されている。何年分の確定申告が「提出なし」なのかも不明。
(これって、まともな形式で見たかったら、金払って所得税証明書の交付を申請しろということなんでしょうかね。まあ、これはイチャモンとして)マイナポータル側としてはやるべきことをやっただけ、自治体としてはとりあえず持っている情報を言われるがまま回答しただけ、ということなんでしょうね。(これから改善するでしょうが)
 
そういえば、最近のニュースでも、全国の自治体の対応がバラバラで課題が多いとか(確かに!)。そこで、今後は同じシステムに統一するような話が出ていましたね。(これはもうはるか昔からの課題のようです。)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

臓器提供の同意署名欄があるんだ

2020年07月11日 | マイナンバーカード
マイナンバーカードの下のほうに、臓器提供の同意署名欄があります。おそろしく小さい文字と記入欄です。ナニコレ珍百景ものですね。本気で署名させようとしているのでしょうか。
 臓器提供意思表示の署名があるカード(運転免許証、保険証)は、事故などのとき、条件を満たせばなるべく新鮮なうちに臓器を取り出してもらえるようにするために、つねに携帯していることに意味があるものでしょう。ということはマイナンバーカードは常に携帯しておいたほうがいい?「法律で認められた者以外の者が個人番号をコピーすることは、法律で禁止されています。」ということなのでなんとなくズレを感じてしまいます。
 個人番号と電子証明書であらゆる本人認証を一元化できるという概念図的な夢と、セキュリティ面で突っ込まれることだけは避けたいという現実的な思惑がぶつかって、いろいろな矛盾を引き起こしているように思います。
 考えるまでもなく、そもそも利便性とセキュリティは相反するもの。利便性もセキュリティもどちらも優等生的な宣伝をしているマイナンバーカード。かつての○○みたい。
 
○○は、たとえば原子力発電、あるいは原子燃料とか…
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする