こねたみっくす

映画なしには生きられません。
livedoorブログ「こねたみっくす」のTB専用ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『あゝ、荒野 後篇』

2017年10月23日 | 映画レビュー【あ行】

戦え!覚悟を決めたら、どんなに辛くても逃げずに戦え!
スクリーンから目を逸らせなかった。いや目を逸らすことが逃げることだと分かっているからこそ、覚悟を決めた者たちの姿を瞼に焼き付けたかった。
これは映画史に残るボクシング映画だ。命を賭けた青春映画だ。
そして2017年を語るうえで改めて外せないと確信した映画だ。

続きはこちら→こねたみっくす『あゝ、荒野 後篇』
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アトミック・ブロンド』 | トップ | 『ブレードランナー2049』 »
最近の画像もっと見る

映画レビュー【あ行】」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

あゝ、荒野 後篇 (だらだら無気力ブログ!)
後篇も凄かった。
あゝ、荒野 後篇★★★★ (パピとママ映画のblog)
演劇実験室「天井棧敷」を設立した劇作家で歌人の寺山修司の小説を映画化した青春ドラマの後編。ボクシングを通じて絆を育んできた二人の男の姿を描く。『二重生活』などの岸善......
「あゝ、荒野 後編」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2017年・日本 制作:テレビマン・ユニオン配給:スターサンズ 監督:岸 善幸原作:寺山修司脚本:港 岳彦、岸 善幸音楽:岩代太郎企画:河村光庸エグゼクティブプロデューサー:石井......
あゝ、荒野 前編/後編・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人は皆、荒野で闘う。 なんという熱量だ! 寺山修司が1966年に発表した唯一の長編小説「あゝ、荒野」が、半世紀を経て映画化された。 猥雑な新宿の街で出会った、全てが対照的な......
「ああ、荒野 後編」☆女人禁制の男の美学 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あれだけ続編が気になって、楽しみにしていた作品だったのに、間に「ブレードランナー」やら「ゲットアウト」などインパクトの強い作品を観てしまったせいか、やや気持ちがトーン......
あゝ、荒野 4話~6話(後篇) (ネタバレ映画館)
殺せ!殺せ!