日本人としてのアレ。

通りすがりで会ったなら、その出会いを大切にしたい

キヨミ・オカルトガール

2024-04-03 | キヨミ・オカルトガール

キヨミ・オカルトガール

タイトル「先輩だった人」


一人暮らしのミキは、いつも遅い時間に帰宅する生活を送っていました。

疲れた体を癒すために、帰宅するとテレビをつけ、ビールを片手にくつろぎます。

しかし、ある晩、彼女は異様な体験をしました。

テレビを見ながらウトウトしていたとき、突然、カラダが動かせなくなりました。

金縛りに襲われたのです。

目を開けても、カラダを動かすことができませんでした。

その時、自分の周りで足音が聞こえ始めました。

足音は近づき、遠ざかる、そして再び近づいてくる。

ミキは恐怖に震えました。

その足音には、かすかに見覚えのある匂いが混ざっていました。

それは、先月自ら命を絶った女性従業員のものだと気づきました。

彼女はミキの中学の先輩であり、同僚からその事実を聞いたことがありました。

なぜ彼女が直接、自分にそのことを話してこなかったのか、ミキは不思議に思いましたが、その時は気にしませんでした。

金縛りが解けると同時に、足音と匂いは消え去りました。

しかし、ミキの心には不安と恐怖が残りました。

ミキはその夜、眠ることができませんでした。

そして、それ以降も、彼女は、しばしば同じような体験を繰り返しました。

自分が何をされているのか、そして、その亡くなった同僚から、何を求められているのか、理解できないままでした。

コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【睡眠朗読】おとぎ話5話【20... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

キヨミ・オカルトガール」カテゴリの最新記事