プリウスと風景

私にとっての「銀河鉄道」プリウスで旅へ、そして自由な思考表明をと考えています

テレ朝女性記者事件に思う

2018年04月25日 | 朝日新聞・マスメディア
全体と一部開陳

 一部でもセクハラ問題になること明白なのだからそれで充分という言い方がある。

おかしい。

 私は人を殺した

と確かに話したとする。これを録音して公開すればウソではない。

が、引き続いて「という夢を見た」と話していたとすればどうか。

この場合後半を削除隠ぺい知れば全体としてねつ造になるだろう。

 理財局の公文書の事後的修正に関してあれほど「ねつ造はけしからんと」と言っていたことと整合性に

欠けるのではないか。

セクハラ有無と軽重の正しい判断のためには全体の言動の把握、加害者,被害者双方の事情聴取が必要なの

は公文書の真正さ判断同様に必要なことではないか。

 些細な新聞の片隅にも載らないような刑法犯の方が厚く保護され、国政に多大な影響を及ぼすような事柄

については一切の適正な手続きが保障されないというのはおかしい。

 ホリエモンの発言

 彼は重大な経験を語っているがマスメディアにはほとんど紹介されない。

 収監前、テレ朝の女性記者が如何にも個人的な同情する素振りで電話をかけてきたが、それを録音してい

て後で番組で流したという。

 この記者が今回の渦中の女性と同じか違うかわからないが、テレ朝の風土としてかような傾向があったと

いうことは明確ということになろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« テレビ局とこね入社 | トップ | J事務所と忖度についての女性... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

朝日新聞・マスメディア」カテゴリの最新記事