有志舎の日々

社長の永滝稔が、 日々の仕事や出版・学問などに関して思ったことを好き勝手に 書いていきます。

有志舎7月の新刊、『キューバ革命 1953~1959年』

2016-06-23 11:15:07 | 出版
アメリカに尻尾を振って自らの権力を維持し、強権的に国内の異論を封じ込め、経済界に甘い汁を吸わせて味方につけている政権。
あ、これって日本のことじゃないですよ。
1952年のキューバのことです。そのバチスタ政権のこと。

キューバはバチスタ政権の下で、国民の富を吸い上げる「泥棒国家」になってました。それをくつがえしたのがキューバ革命。
もちろん、選挙は大事だけど、どうすれば強権的な国家を倒せるかのケーススタディとしてこういう革命のプロセスを読んでみるのも良いんじゃないかなあ、などと不穏なことを考えております(笑)。

有志舎の7月新刊、
『キューバ革命 1953~1959年』(河合恒生さん著、400頁、本体2800円)は7月下旬発売です。
有り難い事に結構たくさんの予約をいただいています。

ただ、言っておきますが、この本は「革命万歳!」の本ではありません。暴力革命の問題点も含めて、変革を考えるすべての人々に読んで欲しい!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有志舎の「ただ今執筆中」情報 | トップ | 「本街 ライブ!ライブ!ラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。