★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

アルゴ

2012年10月27日 | ★★★★★(5/5)

【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分
監督:ベン・アフレック
出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリヴァー、カイル・チャンドラー、マイケル・パークス

この《実話》は、フィクションよりも大胆

1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデスは、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった... (シネマトゥディより)

1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件とその裏でCIAによる救出作戦を描いたサスペンス。監督(製作・主演)は『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』のベン・アフレック。製作にはジョージ・クルーニー。

今日はTOHOシネマズで観るものがないのでMOVIXまで遠征して観てきました。
うんうん、やはりベン・アフレック監督作品にはハズレがないわー。
最初から最後まで緊迫感・緊迫感ある展開でした。すでに結末がわかってるいるのに、ハラハラドギトキしっぱなしでこんなに手に汗握る作品は久々でした。シリアスな中にちょっとコミカルな部分もあって、映画としての面白さもあり見応えのある作品でした。今年の上位にきた!!

映画みたいな実話...。事件発生から18年後にクリントン大統領が機密扱いを解除したことで、前代未聞の人質救出作戦が初めて世の中に明かされた事件。
偽の映画を企画して大使館員6人をカナダから来た映画クルーに見せかけて出国させようとする“アルゴ作戦”。これが人質救出のプロ、トニー・メンデスが息子との電話中に息子が観ていた『最後の猿の惑星』からヒントを得たという....。しっかし、大胆な発想ですな。
やるからには“本物”に見せかけなきゃいけないわけで、映画製作会社を作ったり大々的に製作発表したりとそこまでやるの?と思ったけれども、あの電話で納得しました、、、。

いくら映画クルーになりすますとはいってもそう簡単にはいかなくて、いくつもの難関を突破しなきゃいけない。空港でのシーンは一番緊張しましたね。もうちょっと、あーもう少し....えー....と心拍数上がりながら観てました。航空券は大統領のOKがないとダメだとか、出国するときは入国した時の紙と照らし合わせたりとか、6人の顔がバレるのは時間の問題だったりとほんとハラハラさせられました。別室に連れて行かれた時はもうダメかーとつい思ったり....。
飛行機に乗り込んでも危機は迫ってたし、大丈夫とわかっててもドキドキしたー。
イラン上空を出た時はホッとして泣けてきちゃいましたよ。

それにしても6人をかくまったカナダ大使だってバレたら命の危険もあったのによくぞ守ってくれました、カナダは素晴らしい。その裏にCIA、そしてハリウッドの映画関係者も関わってたというのは興味深いものがありますね。アメリカは素晴らしいご近所さんがいるのに、日本はご近所さんと仲が、、、。

また言うけど、ベン・アフレックはほんっとスゲー!!
それにエンドロールで、役者さんと実際の人たちの画像が出てくるんですがソックリ!!
その他にも実際の画像と照らし合わされてる画像を見ると、かなり忠実に作られているのがわかりますね。そうそう、髭ありのベンがなかなか似合ってて素敵でした。
今後も目が離せない監督さんですね!!

ちらちらと劇中でスター・ウォーズや偽スター・ウォーズが出てきてニヤニヤしてました♪
子ども部屋にも...。ある意味、スター・ウォーズのおかげもあるかな?? 

パンフを買う時につい『ランゴ』と言ってしまいそうで何度も確認しました(汗)
“カメレオン作戦”なんてすぐばれそー、、、 

アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
ベン・アフレック,ジョージ・クルーニー,グラント・ヘスロヴ,クリス・テリオ
ワーナー・ホーム・ビデオ

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バッド・ティーチャー | トップ | ミッドナイトFM »

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2012-10-28 05:47:30
ベン・アフレックの監督手腕、凄過ぎですよね。
サスペンスタッチ溢れる演出で、
緊迫感を最後まで持続させていました。
ラストまで心臓がバクバクでしたよ。

そうそう、エンドロールに出てきた実際の人物の写真…
俳優さんたちとそっくりだったのにも驚きました。
かなり作り込んだ作品でした。
Unknown (mig)
2012-10-28 10:33:12
yukarinおはよう。
早速みてきたね〜
ベンは昔から親友マットと映画プロデュースとか
脚本などやってて頭の良さが伺えたけど
監督としてこんなに開花するとはね★

今後も楽しみすぎるわ〜♪

そういえばランゴと似てる? 笑
カメレオン作戦! (ノルウェーまだ〜む)
2012-10-28 10:36:00
yukarinさん☆
私、猿の惑星見て思いついたとき、メンバーを去るの着ぐるみでも着せて・・・は確かに無理としても、特殊メイクでもして変装するのかと思っていたの(笑)
だってどうせパスポート偽造したでしょう?

とにかく最後までハラハラが続いたねー
スターウォーズでニヤニヤ、わかるわー。見ながらyukarinさn思い出していたの。
こんにちわ (にゃむばなな)
2012-10-28 11:44:29
先の先まで読んだのかどうかは分かりませんが、ここまで徹底的にリアルに映画製作と同じことをするのはさすがアメリカだと思いましたよ。

それにしてもあの空港での別室シーンの緊張感はたまりませんでしたわ〜。
Unknown (えふ)
2012-10-28 15:53:51
制作会社作ったり、
制作発表やったり、、、
なにもそこまでやらなくても〜
って、おもいましたよね。
でもあの1本の電話でほんと!納得でしたわ〜。
ドキドキしましたわ〜〜
BROOKさんへ (yukarin)
2012-10-28 20:43:22
本当に最後まで緊張感あって面白かったですね。
ますます監督としても磨きがかかりましたよね。
エンドロールで忠実に描いてきたかがわかる所もうまいですよねぇ。
migさんへ (yukarin)
2012-10-28 20:49:42
こんばんは♪
ゴーン〜を観てこれは!と思ってたけど3作目でここまでやられちゃうと更にファンになっちゃうわー。
ほんと今後がすごく楽しみ〜気が早いけど次回作は何になるのか気になっちゃう。
ランゴ、ゴしかあってないんだけどね(笑)
ノルウェーまだ〜むさんへ (yukarin)
2012-10-28 20:54:54
こんばんは♪
あ、私も同じことは考えてました。
偽造パスポートならいくらでも写真つくれますもんね。
まさか堂々といくとは....

スター・ウォーズ....
ははは、まるっとお見通しされちゃいましたね(笑)
にゃむばななさんへ (yukarin)
2012-10-28 20:59:45
ほんとアメリカらしいですよね。
でもここまで徹底的にやらないとだめなんですね。
空港でのシーンは一番の緊張ものでした、、、
えふさんへ (yukarin)
2012-10-28 21:02:22
たった1本の電話ですべてが台無しになる所だったもんね。
やはりやるからには徹底的にやらないとだめなんた...と思った瞬間でした。
いやん♪面白いっっ (q 何気に周囲にオススメ中)
2012-11-02 12:00:45
実際に動いているのは「1人だけ」
何気に「製作の過程」で人がいるんだけど
これに気が付いてないかどうかで
ハラハラドキドキ感が変わるよね
史実だからネタバレなんだけど
クソ難しく無く「上から目線」じゃないから
コレまた面白いんだなぁ♪
前半→ジョン・グッドマンとアラン・アーキンが軽妙
後半→緊迫感ハラハラドキドキ
この緩急ばっちり、ヤバいっす〜!
シュレッダーで細かくバラバラにされた写真
子供達の手によって形を成してゆく「モンタージュ」 なんていう観せ方も
ゥマ━━((☆≧Д≦)p━━ィ♪・:,
 業務連絡
 007の記事、ライブ・・・の方にトラバったよ
qちゃんへ (yukarin)
2012-11-02 13:27:20
結末わってるのにハラハラドキドキしちゃうよね。
シリアスな内容だけど堅苦しくないのも良かった。
あのシュレッダーのやつは私も上手いなと思ったよ。
あ、業務連絡ありがと♪
Unknown (ふじき78)
2012-11-11 02:33:35
> そうそう、髭ありのベンがなかなか似合ってて素敵でした。

うんうん、髭、似合いますよね。
薄情そうな顎が隠れていい。
チョビ髭だとダメなんだろうな。
Unknown (たお)
2012-11-12 06:48:55
時代や人物・風俗の再現の見事さにも驚きましたが、テーマの重さを損なうことなく、それでいて軽快な娯楽映画にもなってるベンアフの手腕に驚きましたねぇ。
ふじき78さんへ (yukarin)
2012-11-12 12:41:27
いつもより素敵に思えちゃいましたー
チョビ髭はちょっと....(笑)
たおさんへ (yukarin)
2012-11-12 12:42:17
本当は重いお話なのに、ここまで楽しませてくれるのは素晴らしいです。
今後が楽しみですね。
おおっ (ボー)
2012-11-13 00:03:26
満点だ!
ランゴとかラルゴとか、似たのがありますね。…ラッコとか…(ないよ)
ボーさんへ (yukarin)
2012-11-13 12:56:57
期待以上に面白かったもので!

>ラッコとか
笑!!
どれがタイトルが間違えそう(笑)
さらにこちらにも〜♪ (ひろちゃん)
2012-11-15 22:57:14
お〜〜yukarinちゃん満点評価だ〜!
ベン監督、本当にすごいですよね^^
彼の監督作ってハズレがないのよね〜
(ってタウンしか観ていませんが(^_^;))

これが本当にあったお話だから、驚きですよね(*_*)
結末はわかっているのに、私もドキドキハラハラ、飛行機が飛び立ってもアナウンスが入るまで気が抜けませんでした(苦笑)面白かった!

パンフ購入の時ランゴって言いそうになるのわかるわあ(笑)
ひろちゃんへ (yukarin)
2012-11-18 20:48:49
これはね〜良かったです。
そうそうハズレがないの!!
本当の話だし結末がわかってるのにこのハラハラドキドキ感は半端ないです。
ラストの飛行機もわかってるのにドキドキしちゃいましたもんね。

パンフ買う時半券もちながら買いましたから(笑
気をつけようと思うと余計焦るんですよね
今晩は〜 (小米花)
2012-11-20 21:57:01
本当にベン監督、素晴らしかったです。
マットくんと組んでの大ヒットがいつかありそうですね〜。

私は「ランゴ」見てないので、混乱する心配はなかったです。
しかもパンフはあまり買わないし・・・。
むしろチケット買う時、頭で何度も繰り返しながらって事あります。
未だに売り場で買うので・・・。
最近は自販機?になってしまいましたが、それでも現場で買ってます。(^_^;)
小米花さんへ (yukarin)
2012-11-21 12:53:23
こんにちは♪
監督としての才能は本当に素晴らしいですね。
マットとの大ヒットあるといいですね。

「ランゴ」は観てないのですね〜では大丈夫だ(笑)
パンフは観て気に入った時だけ、または実話もので興味があるのは購入してます。
最近のチケットは殆ど自販機になっちゃいましたよね。
心臓バクバク! (マリー)
2013-02-13 22:34:09
いや〜〜〜疲れた!疲れた〜〜〜!疲れました!←しつこい。
でも面白かった!帰ってから1時間寝てしまったわ。

大使館が占拠されるシーンから、息も出来なかった、私が死ぬかと思った(汗)
あのクレーンからぶら下がった死体とか、全部実話・・って、本当に凄い。。。怖い。。。

ベンは悪人顔だけど(ひどい)才能ある人だな〜。
疲れたけど、本当に惹きこまれた〜。
SWフィギュアも嬉しかったね♪
マリーさんへ (yukarin)
2013-02-14 00:13:20
うんうん疲れるねー。
あらあら寝てしまったとは、そーとーお疲れで(笑)

オチはわかってるのに息も出来ない緊迫感にひきこまれました。
かなり忠実なのもビックリですよねぇ。

>ベンは悪人顔だけど(ひどい)才能ある人だな〜。
ひどい(笑)
今回のベンは素敵かも〜と思ったんですが。
本当に監督しても才能がある人ですよね。
いろんな賞を受賞してるしすごい!

SW関係が出てきたのはニヤリでしたわー。
こんばんは! (ヒロ之)
2013-03-16 01:07:58
ほんと映画の中の人物と、実際の人物がそっくりそのままでしたね。
見事なキャスティングでした。
それにしても空港からの脱出シーンにおいての緊張感は半端なかったです。
手に汗ぐっしょり、成功時には一緒になって笑顔になってましたよ^^
ヒロ之さんへ (yukarin)
2013-03-18 12:56:35
こんにちは♪
そうそうキャスティングが見事でしたよね。
結末が分ってるのに最後までハラハラドキドキものでした。
空港のシーンは一番緊張しましまたね。
安全圏に入った時は思わず拍手しそうでしたもん。
役者としても魅力です (メビウス)
2013-03-21 20:57:54
yukarinさんこんばんわ♪自分もようやくの鑑賞です。

ベンの作品ってシリアスな所が多くて重くなりがちな面も見受けられますけど、それでも毎回観る者を映像に引き付けるパワーがありますし、それは今回も同様でしたね。こんな奇想天外な作戦が実話という驚きも凄く、何より途切れないスリルと緊張感は見応えが充分にありましたねぇ♪それに今回のヒゲ面ベンには監督としてだけじゃなく、役者としての魅力も感じました。オリジナルのトニー・メンデスさんもあんな風貌なんでしょうね^^
メビウスさんへ (yukarin)
2013-03-21 22:58:52
こんばんは♪
ベンの作品はどれも引きつけられるパワーがありますよね。今回はさらに見応えのある作品でした。
実話で結末がわかってるのにこの緊張感はすごいです。
今回のお髭姿が似合ってました。
役者としても監督としても魅力ある人ですね。
きっとトニーさんご本人もあんな感じなんでしょうね。
Unknown (タケヤ)
2013-03-25 20:17:50
yukarinさん、こんばんは。

この作品先日観たのですが・・・
ほんっと面白かったです。

この緊迫感なんなんでしょうね〜。
ず〜っと手に汗握る展開がすげ〜良かった。。。

ところでベンの演じるトニーだけが
全然似ていませんでしたね(笑)
タケヤさんへ (yukarin)
2013-03-30 00:41:26
こんばんは♪
面白かったですよね。
緊張感緊迫館がなんともいえません。
本当に手に汗握る....というものでした。

>全然似ていませんでしたね(笑)
そのへんは気にしないように(笑)
こんにちは (maki)
2013-05-01 10:10:28
緊張してほっとしてコミカルでシリアスで、ほんと面白かったー!
監督してのベンアフの力量ってほんと凄いと思います
俳優さんから監督になる方って(メルギブとかサラポーもそうですが)どうしてこういい作品をつくれるんでしょうね
映画の作り方だとか、やはり生で見られるから感性がみがかれるんでしょうか
ほんと、はずれがないです
次回作も楽しみになりますね♪
makiさんへ (yukarin)
2013-05-02 23:38:21
こんばんは♪
いい緊張感があって面白かったですよね。
確かに俳優出身の監督は見応えある作品が多いですよね〜
ベンの次回作が楽しみですね!
Unknown (Nakaji)
2013-05-09 11:10:44
おくらばせながらやっとレビューかいた(笑)

>また言うけど、ベン・アフレックはほんっとスゲー!!

本当にそれにつきるわ。。。
これって10月にはいってたんだね。富山はやっと3月にはいったんだよ〜
これ去年見てたらベストに確実にはいっているわ!!
Nakajiさんへ (yukarin)
2013-05-09 22:40:26
富山はずいぶん遅れたんだ...
これ確実にベスト入りでしょー!!
もうベン・アフレックすげーだったもん。
ほんと面白かった〜
こんにちは (ディープインパクト)
2013-10-01 08:46:32
 僕もこの映画はブログにしているのでコメントを書きにきました。やたら緊張感を煽る演出が楽しめました。本当にベン・アフレックの監督作品は外れが無いというより、傑作揃いですね。特に『ゴーン・ベイビー・ゴーン』なんて素晴らしい映画だと思いましたよ。ずっと余韻が残ります。
ディープインパクトさんへ (yukarin)
2013-10-01 12:55:08
こんにちは♪
本当にベンの作品は傑作ばかりですよね。
あー私も『ゴーン・ベイビー・ゴーン』は好きです。
早く新作が観たいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「アルゴ」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客席はほぼ満席。試写会場入場前にカメラチェック&身体検査、上映中には1階席と2階席両端に警備員が観客を監視する厳重な試写会となった。      映画の話  1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが...
アルゴ (佐藤秀の徒然幻視録)
偽映画と言っても期待したほど劇的でない 公式サイト。原題:Argo。ベン・アフレック監督・主演。アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、スクート・マク ...
アルゴ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
事実は映画よりも奇なり。 イラン革命の混乱の中、治外法権のはずの大使館に怒れる過激派学生たちが雪崩れ込み、大使館員とその家族ら52人を人質に、444日間に渡って占拠したアメリカ大使館人質事件。 全...
ドッキリカメラ (MESCALINE DRIVE)
ベン・アフレック監督・主演作品、「アルゴ」を観た。 1979年、イランでホメイニ師を指導者とする革命が勃発。米英が担ぎ上げていたパーレビは浪費と圧政によって国民の憎悪を買っていた。パーレビにとって幸福なのは、彼自身の癌治療のためこのときアメリカに渡ったこと...
アルゴ (花ごよみ)
監督、主演はベン・アフレック、 ジョージ・クルーニーがプロデューサー。 1979年イランで起こったアメリカ大使館占拠、 人質事件救出作戦を描いています。 6人がアメリカ大使館から脱出、 カナダ大使の自宅に身を潜める。 ベン・アフレック演じる CIAの人質....
アルゴ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) 前代未聞の救出劇は映画ファンにはたまらない?(笑)
[映画『アルゴ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず相手の分も払うので、いつでも、あなた、「やったあ!」じゃ...
映画:アルゴ Argo 長く極秘にされていたイランからの「奇抜」な救出大作戦。重さ軽さの対比が売り! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出した6人のアメリカ人外交官を救出する秘密作戦。 その方法が奇抜! 「アルゴ」とい....
アルゴ (心のままに映画の風景)
1979年11月。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。 秘かに脱出した6人の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ込んだ。 ...
映画「アルゴ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アルゴ」観に行ってきました。1979年に勃発したイランのアメリカ大使館人質事件で実際にあった話を題材とした、映画「ザ・タウン」のベン・アフレックが監督&制作&主演...
劇場鑑賞「アルゴ」 (日々“是”精進! ver.F)
6人を、脱出させろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210260004/ アルゴ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (ハヤカワノンフィクション文庫)アントニオ...
アルゴ (映画感想メモ)
緊張感が続き過ぎてどうにかなりそうだった。見終わった後、作戦全てに関わった人達に
実話を誠実に描いた作品。『アルゴ』 (水曜日のシネマ日記)
1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件の裏で敢行されたCIAによる救出作戦を描いた作品です。
アルゴ / argo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...
アルゴ (Akira's VOICE)
地味だけど面白い。  
「アルゴ」胃が痛くなるほどの緊張感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしまう(かも?)。 それだけでも恐怖なのに〜〜〜と思いながら観ているうちに、この緊迫感で...
映画レビュー「アルゴ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Argo: How the CIA and Hollywood Pulled Off the Most Audacious Rescue in Historyクチコミを見る◆プチレビュー◆ウソの映画製作で人質を助け出す驚きの実話「アルゴ」。監督ベン・アフレックの緩急をつけ ...
『アルゴ』 (こねたみっくす)
映画製作のロケハンを口実に人質を奪還する。 1979年のイラン革命時に、カナダ大使私邸に逃げ込んだ6人のアメリカ人を架空のSF映画『アルゴ』のロケハンスタッフに偽装させて脱出 ...
アルゴ (試写会) (風に吹かれて)
前代未聞の救出作戦 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/argo10月26日公開実話の映画化原作: アルゴ (アントニオ・メンデス著・マット・バグリオ著/ハヤカワ文庫
アルゴ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Argo監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェベン・アフレック、Good Job
アルゴ / ARGO (勝手に映画評)
CIAが18年間隠し続けたイランからの外交官救出作戦と言う事実を下にした映画です。 1979年11月4日に発生したイランアメリカ大使館人質事件の裏に、こんな物語が隠れているとはねぇ。カバーとして使った身分が、映画撮影スタッフと言う事で、荒唐無稽で、コミカルな印象を...
アルゴ (悠雅的生活)
人質奪還。絶体絶命。真剣勝負の作り話。
「アルゴ」胃が痛くなるほどの緊張感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしまう(かも?)。 それだけでも恐怖なのに〜〜〜と思いながら観ているうちに、この緊迫感で...
『アルゴ』‐映画愛に満ちた最高の救出劇!ラストの名チェイスシーンを浴びよ!! (弊風の中に映画を浴びろ!)
CIA史上、最もありえない救出作戦――それは"ニセ映画"作戦だった。1979年の全世界を震撼させたイランアメリカ大使館人質事件。CIAは人質の6人を救出するため、ウソの映画を企画し、彼らをロケハンに来たスタッフに仕立て上げて出国させようとする。事件発生か...
アルゴ (映画にする?)
今日は2本斬りしてきました。まずはアカデミー賞候補の呼び声の高い『アルゴ』。ベン・アフレック監督・主演、実話に基づく政治サスペンスドラマです。アルゴ2012年(アメリカ)原 ...
『アルゴ』 (ラムの大通り)
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、 その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を描いているんだ」 ----...
アルゴ (to Heart)
この《実話》は、フィクションよりも大胆 製作年度 2012年 原題 ARGO 上映時間 120分 脚本 クリス・テリオ 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック/ブライアン・クランストン/アラン・アーキン/ジョン・グッドマン/ヴィクター・ガーバー/テイト・ドノヴァン/クレア...
ベン・アフレックの『アルゴ』: アメリカ外交政策の受容 (マスコミに載らない海外記事)
wsws.org ダン・ブレナン 2012年10月24日 監督 ベン・アフレック、脚本 クリス・テリオ ベン・アフレックが主演、監督の政治スリラー映画アルゴは、批評家の称賛を得、興行成績が二週間連続、第二位だ。映画は、1979-1980年のイラン人質事件の際のほとんど知られていな...
「アルゴ」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜この《実話》は、フィクションよりも大胆〜 2012年   アメリカ映画    (2012.10.26公開)配給:ワーナー        上映時間:120分監督:ベン・アフレック脚本:クリス・テリオ衣装デザイン:ジャクリーン・ウェスト音楽:アレクサンドル・デスプ....
アルゴ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
1979年に発生し、18年間機密扱いにされていたイランアメリカ大使館人質事件の真相を映画化。CIAは、人質を映画クルーに仕立てて出国させようとするが……。監督・主演は、「ザ・タウン」のベン・アフレック。共演は、「リトル・ミス・サンシャイン」のアラン・アーキン、...
人質救出大作戦〜『アルゴ』 (真紅のthinkingdays)
 ARGO  "Argo fuck yourself! "  1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち が人質となる中、6人の男女が秘かに脱出、カナダ大使私邸に匿われる。見 ...
アルゴ ★★★★☆ (センタのダイアリー)
宗教も慣習も全く違う異国の地、イランでの恐怖は淡々と冷徹に描かれる。 人質たちが自分たちだけが殺されるだけでなく、他の大勢の同僚の命も危険にさらす可能性のある作戦への参加への恐怖と緊張感は見ている方にも気が狂いそうになるほどの高まりを与える。 脱出...
アルゴ (そーれりぽーと)
役者の顔で観ない映画を決めてしまいがちなそーれです。 ベン・アフレックのむさ苦しい顔が嫌で観ないでおこうかと思っていた『アルゴ』を観てきました。 ★★★★★ 食わず嫌いせず観てきて良かった。 鬚と前髪で顔の大半が隠れてるベン・アフレックが別人のように見え...
アルゴ 〜面白い♪観ないと損するよ〜 (Said the one winning)
監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリヴァー、カイル・チャンドラー、マイケル・パ...
「アルゴ」 国のため、正義のためというより (はらやんの映画徒然草)
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな
アルゴ/ARGO (いい加減社長の映画日記)
パスしようかとも思ったんだけど、予告編を観ているうちに、面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1979年11月4日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派がアメリカ大使館を占拠し、52人の人質を取った。 しかし、この混沌の中6人のア...
アルゴ (映画的・絵画的・音楽的)
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、....
『アルゴ』をHTC渋谷2で観て、うへへへへへへふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★面白い。それが特徴】    凄い。 面白いんだもの。 基本、成功するに分かってる作戦なのに(失敗したら映画にならんからね)、 ハラハラドキドキの連 ...
『アルゴ』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: ARGO 監督: ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック 、アラン・アーキン 、ジョン・グッドマン 、ブライアン・クランストン 、スクート・マクネイリー 、クレア・デュヴァル 、クリストファー・デナム 、テイト・ドノヴァン 、タイタス・ウェリバー....
アルゴ (とりあえず、コメントです)
ベン・アフレック監督&主演の実話を基にしたサスペンスです。 面白そうな作品だなあと公開前から楽しみにしていました。 激動のイランを舞台にした物語は期待通りの手に汗握るような展開でした〜
「アルゴ」 (或る日の出来事)
6名のアメリカ人をイランから脱出させよ! 1980年。その作戦は奇想天外だった。
アルゴ (Argo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語...
「アルゴ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Argo」 2012 USA 架空の映画を演出して人質奪還するアイデアは素晴らしい!としか言いようがない。そしてそれを本物の映画にしてしまった。エンディングで実際の人物が紹介される。皆とても似ているのだ。監督ベン・アフレックのこだわりが感じられナイスだった。 ...
★アルゴ(2012)★ (Cinema Collection 2)
ARGO この《実話》は、フィクションよりも大胆 上映時間 120分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/10/26 ジャンル サスペンス 映倫 G 【解説】 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、 実際にCIAが行った架空のSF映...
アルゴ (こんな映画見ました〜)
『アルゴ』---ARGO---2012年(アメリカ )監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック 、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口....
『アルゴ』('12初鑑賞88・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 10月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:20の回を鑑賞。
映画的救出作戦! (笑う社会人の生活)
29日のことですが、映画「アルゴ」を鑑賞しました。 イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く サスペンス ドラマ いや〜 面白かった! 映画製作を装って スタッフとして脱出させるという! 驚きの作戦 事実は小説よりも奇なりとは まさにこのこと...
『アルゴ』 ★祝アカデミー賞作品賞受賞★ (pure breath★マリーの映画館)
                     CIA史上、最もありえない“人質救出作戦”とは何か!? 『アルゴ』 監督・製作・・・ベン・アフレック 製作・・・ジョージ・クルーニー 出演・・・ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョ...
アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...
『アルゴ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴ...
アルゴ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
大使公邸に匿われたアメリカ人を架空の映画製作のロケハンで、堂々とテヘラン空港から民間の飛行機で脱出させる。実際に自分もいっしょにイランを脱出できるかと入り込んでしまった。シュレッダーで裁断した紙を子供がつなぎ合わせて、隠れていたメンバーの顔が判明してか...
アルゴ (銀幕大帝α)
ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック『ザ・タウン』・・・トニー・メンデス ブライアン・クランストン『ジョン・カー....
【DVD】アルゴ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ベン・アフレック 【出演】ベン・アフレック/アラン・アーキン/ブライアン・クランストン/ジョン・グッドマン/ケリー・ビシェ 【公開日】2012年 10月26日 【製作】アメリカ 【スト...
アルゴ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートと...
No.346 アルゴ (気ままな映画生活)
ベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリ ...
アルゴ (いやいやえん)
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるト...
アルゴ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
アルゴ '12:日本 ◆原題:ARGO ◆監督:ベン・アフレック「ザ・タウン」「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 ◆出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、ブライアン・クランストン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリストファー・デ...
映画 アルゴ(2012) アカデミー賞作品です (ザ・競馬予想(儲かるかも?))
 ナンダカンダ言っても、アカデミー作品賞受賞映画と聞くと、どうしても観たくなってしまう。だいたいの作品が観終わった後に、『エッ〜、この程度でアカデミー賞が獲れるの?』なんて感想を持ってしまうことが大半。あくまでも個人的にだが、実は今回紹介する映画アルゴ...
アルゴ (映画に耽溺)
「事実は小説よりも奇なりッ!」 「なに叫んでるのよ」 「だから事実は映画よりも奇なりッ!なのよ!!」 「はいはい映画のお話なのね?」 「そうそう」 「おかずですッ!」 「ずーこですッ!!」 「2人揃って〜〜」 「映画に耽溺〜〜〜!!」 「うだるような猛暑...
【映画】アルゴ…アカデミー賞作品だけどやっつけた(2013年観賞) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2015年8月15日(土曜日)は、娘がホークスの試合を観にヤフードームまで行くと言うので、送りがてらついでにマリノアシティというのに初めて行きました。 ここでの収穫は特に無し。試合が終わるのを待つ間、ほぼ駐車場で昼寝していた一日でした 以下は映画観賞記録...