ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

結局大事なのは攻守のバランス

2017-12-07 17:17:00 | 日記
今度は「勝負強さ」という観点から見てみます。

昨シーズン、
1点差勝利が14試合、1点差負けが8試合でした。
対して今シーズンはどうか。
1点差勝ちが公式戦16勝中9試合、
1点差負けが公式戦19敗中7試合ありました。

1点差負けが少ないとなかなか得失点が伸びません。
残りの12敗は2失点以上しているという事ですから、
攻撃でなかなか点が取れないのなら、
守備は最悪でも最少失点にとどめなければならない。

では、失点を少なくすれば優勝できるのか。
調べてみました。

過去10シーズンで
リーグ最少失点で年間勝ち点1位となったのは
2009年:鹿島
2013年:広島
2015年:広島
2016年:浦和
この4例です。

逆にリーグ最多得点で年間1位となったのが、
2015年:広島
2017年:川崎
この2例だけです。

ということで色々調べて出た結論は
攻撃に偏るのは問題だが、
守備に偏るのも問題。
結局大事なのは攻守のバランス。

という事でしょうかね。

もちろん数字だけでは計れない
精神的な強さなどもあります。
実はそれが一番大きい気が・・・
そういったものを経て
こういった結果に表れているわけですからね。

クラブが軸としているのは
「主導権を握るサッカー」であり、
「育成型クラブ」のはずです。
それはどういうアプローチで行くかは
複数選択肢があります。


ただ、少なくとも今年のアプローチは
大失敗だったことはクラブとして強く認識すべき。
来シーズンも同じアプローチをしたら降格しますよ。

トライ&エラーはあっていいけど、
トライ&エラー&エラー&エラーは
あってはならないです。

育成型クラブとしての監督の人選は
悪くないと思います。

あとは選手がそれら理念に基づく環境づくりに応えられるか。



FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。















にほんブログ村
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« 先制されると勝率5% | トップ | まだまだ石川様とのふれあい... »