ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

2019シーズンチームスローガン

2019-01-17 22:27:08 | 日記
リリースないよね?

シンプルイズベスト。

2018シーズンチームスローガン決定!

スローガンはこちら。


この言葉はクラブ創設以来、
使い続けてきた理念に近い言葉です。
四の五の言わず、もう一度、
クラブがこれまで築き上げてきた、
大切にしてきたものを思い返すという意味で
最適なワードと言えますね。

ちなみにこれまでのスローガンはこちら。


特にここ最近は
スローガンと全然違う事になって、
一体感もどこへやらな状態。

2014、2015年のスローガン、
攻撃的という意味合いだったんですが
「どこがだよ」って感じ(笑)

2016年は触れないでおく(笑)




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

身長で紐解く選手編成

2019-01-17 17:18:00 | 日記
さて、前回は年齢構成で編成を紐解きました。

今度は身長で紐解いてみました(笑)

暇だと思うかもしれませんが、
こんなのExcelでちょちょいのちょいです(笑)

それがこちら。


平均身長は昨年の181.1cmから181.0cmと、
大台180cmを超えてはいますがほぼ横ばい。
これは189cmのはらたいちや
187cmの輝一が引き続き残っている事が大きいですね。



そして、チームで半分以上の選手が
180cm以上となっています。
これだとセットプレーで強さを発揮できます。
というか小川がいまだに+1cm、
一昨年からはなんと3cm伸びています・・・
伸びしろですね(笑)

なお「アンダー170」の選手は
大森1人となりました。
おかしいなあ、大森が一昨年は167cmだったんですが、
3cmも伸びています(笑)
神戸の身長測定器は少し沈没してませんか?

で、年齢に続いて身長についても
バランスがいいんじゃないですかね。
CBを担いそうなあたりは軒並み180オーバーですし。
それだけでなく、SBも高身長。

そして前目の構成は相手によって
うまく切り替えられれは面白そうです。
スピード系のCBが揃っている相手に
スピード勝負をするよりも、
ミスマッチを狙って空中戦に持ち込むというほうが
賢いですからね。
「これも相手に合わせず自分たちのやり方をやる」
の一つではないでしょうか。
相手によってやり方を変える、というのが
自分たちのやり方という解釈でいいはずです。

あとは・・・
体重で紐解いてもあまり意味ないですよね(笑)




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

年齢で紐解く選手編成

2019-01-17 11:23:18 | 日記
今シーズンも東京には多数の選手が加入しました。

昨年と比べて平均年齢はどうなったのかな・・・
と思って、今年も年齢で並び替えてみました。

暇だと思うかもしれませんが、
こんなのExcelでちょちょいのちょいです(笑)

それがこちら。


年齢構成で見ると、
30歳以上が7人(±0)、29~24歳が9人(-4)、
そして23歳以下が15人(±0)です。
昨年開幕時の選手構成での
平均年齢が25.1歳に対して、
今年は24.5歳に下がりました。



これは、アラサー含めてベテランが
複数名チームを去った事と、
新卒加入選手が2人いるという事が
大きな要因でしょう。
そして、移籍加入選手についても
全員20代ですので、INとOUTを比べれば
平均年齢が若くなるのは必然ですね。

しかし、こうして一覧にして見てみると、
一層若返りが進みました。
完全なレギュラーになりきれない中堅層を
一層したことで、
よりチームとしての伸びしろに
期待できるようになりました。

U-23に23歳以下が全員帯同するかといえば、
トップのレギュラーを窺える選手もいますから
そういうわけでもなさそうですし。

そして、中堅どころの29~24歳の選手は
ほぼ主力級の選手です。
サッカー選手として一番いい時期ですから、
これまでの経験を還元しつつ、
さらなる成長を期待できる層でもあります。

まあ、これが成功だったかどうかは
約1年後に分かりますが、
少なくともここ数年と比べて
クラブのコンセプトに近づいたのではないか。

この他のデータでも紐解きます。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

ひとり観戦のススメ

2019-01-17 05:01:45 | 日記
いますよねえ、一人じゃなにもできない人。
そういう人は大抵ネット弁慶です。

実際、現在ひとり観戦をしている
ワタシからすれば、特にここ最近の教訓で
「一人じゃ何もできないのは人としてヤバイ」
という事をひしひしと感じています。

結局一人で何もできないから、
誰かの金魚の糞になって、
ヘコヘコして自我ゼロで過ごす。

ワタシの場合、かなりの事が一人でできちゃうので、
集団の中にいると、
それが逆に居心地の悪さや
違和感をいつもどこかで感じていました。
なんだろうな、なんか利用されているだけというか。

で、そういう「自我が無い人」は、
依存する、寄生する、流される、頼る、
けん制する、監視する、
といった事が発生するわけです。

結局元々がひとり観戦でしたので、
この辺は本当に違和感や嫌悪感を感じています。

ひとり観戦がかっこいいわけでもないし、
えらい事でもないし、凄くもすばらしい事でもありません。

でも、一人では何もできない、一人で判断できない、
有言不実行を繰り返すよりは
よっぽど健全だし、
自分という「個」を認めてもらえると思っています。

それに、寄生すると絶対に悪い評判が回る(笑)
それは一人では何も出来ないくせに、
金魚の糞になったら底意地の悪い行動を取ったり、
一人の時には攻撃的な意見は言えないくせに、
バックボーンがあると勘違いして
無礼千万な態度をする。
といった、悪い集団心理から来るものです。

また、二人以上になると出てくるのが「依存体質」。
本当は自分で決められる事も
考えるのがめんどくさくなって、
ベッタリ依存してしまう人。

こういう人は単独行動が絶対にできないです。

何でも依存するのは、
自分で決めるような責任のあることからは
極力逃げようとしているから。
素直なようで実は自分の意思が無い。
いつしか「集団の誰かに決めてもらったほうが楽」
と思うようになり、何かトラブルが起こると
「自分は関係ない」とはぐらかすんです。

ちょっと話がそれました(笑)

ひとり観戦というのは
それだけ目の前の試合に集中できて、
群の中の人間関係などどこ吹く風と、
一つの足枷を排除することができます。

依存体質になると、
結局何が目的で金魚の糞をやっているのか
わからなくなってしまう事もあります。
「この人についておけばとりあえず大丈夫」とか
「後ろ盾があるからどれだけ無礼を働いても大丈夫」とか
安心してください。それ大きな勘違いですよ(笑)

なんか目的を履き違えているような気がしますし、
その金魚の糞を良しとして生暖かい目で見る者も、
潜在的に依存体質を抱えているんじゃないかと思います。

「誰かと一緒じゃなきゃスタジアムに行けない!」
「誰かと一緒じゃなきゃ観戦できない!」という方々、
本来の目的を思い出してください。

一見さんでもない限り、
「応援しに行く」という目的があれば
そんな概念は非常にくだらないと思いません?

だって、周りにいる人たちは
みんな「応援に来ている」ある種の仲間ですよ。

そこで東京の話という共通の話題もあるんですから、
会話だって出来るでしょう。

逆に「依存集団」に入ると、
目的があやふやになって、
依存する、寄生する、流される、
頼る、けん制する、監視する、
そしてトラブルがおきて
本来の目的が二の次になって仲間じゃなくなる。

そんなのめんどくさいことになるだけじゃないですか(笑)
というかそういうめんどくさいことになったし(笑)

まあ複数でないと
どうしてもダメという方は、
そこに依存しすぎないことを強くお勧めします。
本来の目的をブラさないという
強い自分の意思を持っていないと
難しいでしょうけどね。

依存される側も断る気持ちを持たなきゃダメ。
結局自我が無い人と同じに見られるだけですから。

「仲間」と「依存」は全然違いますよ。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

カラーズの呪い

2019-01-16 22:22:51 | 日記
2/1に放送再開らしいですけど、
もうよくないですか?

カラーズで今後の展望をインタビューした選手は
ほぼほぼ次の試合で活躍できない。

一番その呪いの被害を被ったのはUSA。
広島戦前に広島戦に向けたインタビューをしたところ、
広島ではなく鳥取行き。
秋田戦前に残りの試合に向けての意気込みを聞いたら
秋田戦はベンチにすら入らず。

そもそもカラーズは
バカ息子のムダなポジティブ感が不快なレベルだし、
J3やU-18の扱いが小さすぎる。

あと厳しいコメントで突き刺す存在がいないから、
すごく温く感じる。
間口を広げる為に温い雰囲気を強調するのは
全然プラスにならない。むしろマイナス。

双子は事務所のゴリ押しだし、
横田真悠と同じくお仕事感満載。
そら降板も当たり前ですよ。

それに事前にリリースされた内容とは全然違います。
テコ入れを中途半端にやって
内容も中途半端で一層薄っぺらくなるという。

MXという地方局でしかもサブチャンネルで
23:00からやる番組が
無関心層に迎合する必要は
一切ないと思いますけどね。
よそから番組買って流してるだけの
MX自体の存在意義が疑問ですけど。

だからトーチュウも魂メンバーに注力して
カラーズにあからさまに触れないですよね。

バカ息子はTwitterで
「たらればが多すぎて気持ち悪い」
とツッコミを入れたら
たらればをやめたので
ちょっとは学習能力があるんだなとは思うが(笑)

まあ「ザッケルーニィ」というコンビ名が
そもそも知性を全く感じないけどな。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

永井に見る武藤との共通点

2019-01-16 17:20:30 | 日記
スプリントとチームに溶け込むスピードが驚異的な永井。

ただ、昨年の後半は
なかなかゴールという結果に結びつかず、
一昨年はリーグ、ルヴァン各1点。
昨年はリーグで5得点でした。

この原因はなんなんだろうと考えてみた結果、
一つの仮説にたどり着きました。

それは、
「斜めの動きがない」
という事。

直線的な動きが多いという事は、
それだけ直線的な前へのフィードで
走りこむことしかできない。
DFの裏のスペースに
斜めに入っていく事ができないのです。

斜めの動きが無いと言えば武藤を思い出します。
武藤は斜めの動きができなくても、
一人で決めきる力がありましたから、
特に問題は起きませんでしたが。
でも斜めの動きを会得してからドイツに行っていたら
もっとすごいことになっていたと思います。


なので永井も斜めに入ってくる動きが
できるようになれば、
そのスピードをより活かすことができ、
得点も量産できるようになるのではないでしょうか。

チームにはいいお手本もいます。
今はクラブコミュニケーターですが・・・


永井はこの映像を100回見返して
斜めの動きを会得することを望みます(笑)




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

ポジション別2019シーズンの展望その4~FW編~

2019-01-16 11:11:53 | 日記
ポジション別今シーズンの展望。最後はFW編です。

フォーメーションとして
1トップにするのか、2トップにするのか、
その辺は不透明ではありますが、
基本的に東京はFWを横に並べずに、
縦の関係を重視する傾向があります。
これは2003~4年ごろから出来ている形です。

しかし、昨年の基本フォーメーションである
4-4-2においては縦の関係、横の関係に関わらず、
FWを走らせることに終始してしまった印象です。

本来であれば、最前線にFWが一人、
その周囲を動き回れるFWの2トップ、
というのが理想であるはず。

そうなったときにまず最前線に入りうるのが、
現状ではディエゴ一択となるのでしょうが、
正直言ってディエゴを最前線にしてしまうと
「ディエゴにおまかせ」からの脱却は不可能です。

よってディエゴは2トップで言えば
最前線の周りを動き回る。
幸いエリア内、及びバイタルあたりでの
ディエゴのポジショニングは非常にうまい。
要するにパスやクロスを受けて
フィニッシュにもっていきやすいポジショニングなのです。

ならば誰を最前線に持ってくるのが理想か。

結論から言えば輝一だと思います。
ケンタ監督は従来より、
最前線に長身のFWを配置する形を好む傾向があります。
長澤、パトリック、清水ではチョジェジン、ヨンセン。
そしてその周囲を、宇佐美や阿部浩之、
岡崎慎司といった選手が動き回る、
という形が確立されていました。

極論を言えば、最前線の選手には
そこまで得点を求めてはいないと思います。
得点があるに越したことはないですが、
最前線でタメや潰れてもう一人のFWやSH、
ボランチから得点が生まれる事が、
得点力向上の近道ではないかと。

そして2トップのもう一人の最右翼は
ディエゴなのはもちろんですが、
永井やナサンホ、田川というあたりも
候補になってくるでしょう。
ただし、田川についてはSH起用という目も。

いずれにしても、今シーズンの東京は
昨年までですっかり忘れてしまった、
前線からみんなが頑張るサッカーを
取り戻さなければ結果はついてきません。

その為に前線の連携は非常に重要になってきます。
実際にFWだけで点を取るという事を
少なくしなければならないですね。
昨年FWだけで点を取ろうとして
大失敗したことを忘れてはいけない。

東京のやり方として個に頼るのは不向きです。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

元青赤のあの人は今~パラナ州最高のフットボーラー~

2019-01-16 05:01:56 | 日記
今シーズン、ブラジルから
アルトゥールが加入しました。

無名、というか謎外人に近い存在は
近年なかなかいなかったので、
非常に新鮮に感じます。

しかし、そんな謎外人のはしりといえば・・・

時は2001年、
3月に新外国人の入団がリリースされます。
そのわずか4日後、
シーズン開幕戦でいきなり途中出場!(笑)

東京のオフィシャルをして、
「このまだ見ぬプレーヤーは
 フィールドに入った直後、ゴール前の混戦から
 こぼれたボールにすぐさま反応。
 ボールはネットを揺らしたが、
 これは惜しくもオフサイドに。
 ファーストタッチのシュートは
 幻のゴールに終わったものの、
 何かを期待させずにはいられない
 プレーの片鱗を見せてくれた」

と。

その選手の名は、
ケリー! 写真は2002年開幕戦のものです。


初出場以来、ケリーは卓越した個人技と
抜群のキープ力でチームの攻撃を操りトップ下に定着。
的確にスペースをつく効果的なパス、
二列目から飛び出して行きゴールに
球を流し込む・押し込むようなゴール、
相手に囲まれた際にヒールパスや
ラボーナなど意表をつくプレーは、
「パラナ州最高のフットボーラー」
という異名に恥じないものでした。

しかし2004年、ケリーは相次ぐ怪我に悩まされ、
ナビスコカップ初制覇に貢献したものの、
馬場、梶山といった若手の台頭と、
若手を使っていきたいというクラブの構想から外れ、
このシーズン限りで退団となったのでした。
その二人はその後どうなったという事を考えると、
それが正しい判断だったのかはかなり疑問です。


その後母国ブラジル帰国後は
クルゼイロEC、UAE、グレミオ、
アトレチコ・パラナエンセと渡り歩き、2009年8月に引退。
その後はブラジルのスポーツ大学で体育学学位を取得。
さらには自身のサッカースクールを
設立するなど活躍をしています。

そんなケリーも昨年のOB戦に出場。
ルーカス、アマラオとのチームプレーは
胸熱ものでしたね。

ちなみにケリーのチャントは
「オーケリーオオオー、オーケリーオオオー」というやつです。
その後、エメ、セザー、ネマと引き継がれたものです。

今までもこれからも
オーケリーオオオー、オーケリーオオオー




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

「本当は怖い~」For 2019

2019-01-15 22:53:05 | 日記
当ブログ草創期に、こんな記事を書きました。

本当は怖い「新加入選手のお知らせ」

要は新卒加入選手があると、
それに近い選手が放出される、ってやつです。

実際、2015シーズンには
SBの小川と攻撃的MFのワタルが加入し、
その結果、SBの椋原と
広ーく見て(笑)攻撃的ポジションの
エドゥーや渡邊が退団しました。
まあ渡邉は神戸でMFやってるからいいでしょw

そして2016年も、
SBの柳、前目のインス、
そして在学中でしたがSBの室屋が学校から加入して、
その結果、SBの太田宏介と松田陸が退団。
攻撃を得意とするタマがレンタルと、
「ほぼ」この法則が成り立っています。
多少こじつけ感はありますがw

さらに昨年。
GK波多野、廣末、DF岡崎、山田、MF喜丈、ウッチー
と、5人が新卒で加入して、
GKは秋元と圍が移籍、エノタツさんが引退。
DFはCBもやっていた高橋が移籍。
MFは晩年ボランチをやっていたはにゅーさんが移籍、
攻撃的MFの水沼もレンタルということで、
またまたこの法則が成立してしまいました。

さらにさらに昨シーズン。
新卒加入選手が
MF愛斗、FW輝一、はらたいちと3人いて、
もっと言えば昨年末に在学中に怜と建英がプロ契約。

ここでもFW2人とMF3人ですが、
オフにはFWウタカさんと疫病神が退団。
前目のインスが福岡にレンタル。
そして近年はボランチをやっていたワタルが退団。
そして夏にはついに梶山が新潟に移籍。

法則が成り立ってしまいました。

ならば今シーズン。
CBのつよぽんとSBの拓海が加入しました。

となるとCBが怪しいという事になってきますが、
CBは吉本が期限付き移籍延長。
SBもジャキットがタイに帰国という事で
法則がなりたってしまいました。

新卒の加入選手が出てきたら、
重複するポジションの選手が怪しくなると思いましょう。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

ここ数年の選手数と成績の相関関係に関する一考察

2019-01-15 17:22:57 | 日記
「一考察」なんて論文みたいなタイトルですが。
こんな言葉は大学の卒論以来
とんと使っていませんね(笑)
ちなみにそのときの論文のタイトルは
「アニメソングと視聴率の相関関係に関する一考察」です(笑)


さて本題。
昨シーズン、開幕の段階で外国人を含めて
プロ契約選手が総勢35名いました。
※二種登録・特別指定は除きます

で、年間最終順位が6位だったわけですが、
それならば、過去開幕時に何人の選手がいて、
成績はどうだったのかが気になって調べてみました。

2018 35名 6位
2017 34名 13位
2016 33名 10位
2015 29名 4位
2014 27名 9位
2013 30名 8位
2012 32名 10位
2011 29名 1位(J2)
2010 26名 16位
2009 30名 5位
2008 32名 6位
2007 31名 12位
2006 31名 13位

うーん、特にこれといった傾向は
無いように見えますが、一つ言えるのは、
「人数が少ないと成績は思わしくない」
ということでしょうか。
しかもそういう時に限って、
負傷などで離脱する選手が出てくる。
2010年で言えばヨネや平松、梶山。
2014年で言えばマテウスや梶山、加賀など。

2010年に至っては、この26名から
長友、赤嶺、阿部巧が移籍してしまいました。
代わりに補強したのは大黒とヨンドクと・・・

マエシュン。

その中で活躍したのは大黒ぐらいです。
今思うと正気の沙汰とは思えない。

あとは人数が少ないと
「離脱できない」というプレッシャーから、
練習であまりハードな事が
無意識にできなくなってしまう、
というデメリットもあるのではないでしょうか。
かと言って多すぎると
紅白戦であぶれる選手が出てくるので、
あぶれた選手が腐りやすい。

かなり昔の話ですが、
岩政が強化指定で東京にいた時に、
紅白戦にも入れてもらえず
鳥かごばっかりやっていて、
「東京には絶対に入らない」と強く思った、
という事もあったらしいですから、
多すぎることもまた問題とも言えそうですね。

ちなみに2008、2009年あたりも多いですが、
これらの年はシーズン途中に放出するなどして、
かなりの戦力見極めを行っていました。
2009年に至っては
シーズン終了時点では26人にまで減っています。

今シーズンは現在総勢32名いますが、
現在はJ3がありますから、
そこまで「あぶれた感」は
出ないのではないかと思います。
そして、東京は下部組織出身の
「25名枠外」が多いですから、
J3に参戦している今、
保有選手が多いに越したことは
ないのではないでしょうか。

しかもこれに二種登録も加わります。
今年はU-18はプリンスリーグという事で
Aチームのメンバーの多くが二種登録されて
ローテーションで回していく事も想定されます。

多けりゃ多いで悩ましいですね(笑)




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

特別指定の制度が変わった

2019-01-15 11:21:07 | 日記
昨シーズンは輝一、一昨年は山田と、
特別指定でプレーをしていた選手が
そのまま入団を果たしています。

そして今シーズンは
特別指定で在籍していた
つよぽんが加入しました。

ところで、この「特別指定選手」とは一体何なのか。
正式名称は「JFA・Jリーグ特別指定選手制度」といい、
対象は大学生、高校生となります。
そしてこの制度には
ちゃんと指定期間が設けられていました。
その期間が・・・
なんと1ヶ月単位(笑)

そして、一昨年までは
「特別指定として入ったはいいが、
 全然試合に出られないから指定された意味がないよ!」

とか
「全然練習に参加させてないじゃないか」
という事になれば、
受け入れ先クラブを変える事もできました。
よく室屋は一シーズンそのままだったな・・・(笑)

この「一昨年までは」というのがポイント。
昨年から受け入れ条件に次の項目が追加されました。
「受入先のJクラブに
 プロとして加入することが
 内定している選手であること」


つまり、入団内定をしている選手しか
受け入れる事はできなくなったのです。

選手からすると公式戦に出ながら
向き不向きを判断できる、
ある意味就職活動ができたものが、
先に入団を決めないと特別指定になれないという
インターンみたいなことになりました。

なので複数クラブから入団先を選ぶ基準が
練習参加しかなくなったというわけですね。

それもあって、昨シーズンから各クラブで
大学3年生以下の入団内定が複数出ています。

ちなみに、もちろん「正式入団」を
したわけではありませんので、
いわゆる「25名枠」に数える必要はありません。
※ただし、試合出場があった場合、
 A契約移行に際しての出場時間にはカウントされます。

逆に言えば所属選手の去就として挙げるのも
まだ「所属選手」ではありませんから、
少々お門違いな話ではないかと思います。
特別指定にあたって金銭のやり取りも無いですからね。

ちなみに過去東京で
特別指定として所属した選手は以下の通り。

本橋卓巳(2000年・市立船橋高)→横浜FM入団
田中達也(2000年・帝京高)→浦和入団
青木良太(2001~2002年・市立船橋高)→G大阪入団
千野俊樹(2002年・韮崎高)→2004年甲府入団
岩政大樹(2003年・東京学芸大)→ 鹿島入団
徳永悠平(2003~2004年・早稲田大)→東京入団うほっ
栗澤僚一(2004年・流通経済大)→東京入団
阿部伸行(2005年・流通経済大)→東京入団
池上礼一(2005年・仙台大)→東京入団
赤嶺真吾(2005年・駒澤大)→東京入団
長友佑都(2007年・明治大)→東京入団
高橋秀人(2008~2009年・東京学芸大)→東京入団
武藤嘉紀(2012~2013年・慶應義塾大)→東京入団
三田啓貴(2012年・明治大)→東京入団
松田陸(2013年・びわこ成蹊スポーツ大)→東京入団
室屋成(2015年・明治大)→東京入団
山田将之(2016年・法政大学)→東京入団
矢島輝一(2016年・中央大学)→東京入団
小山拓哉(2016年・専修大学)→?※この春4年生
生地慶充(2017年・筑波大学)→?※この春3年生
田中和樹(2017年・浦和学院高)→大学進学へ※この春2年生
渡辺剛(2018年・中央大学)→東京入団

当初こそ特別指定で所属しても、
他クラブに加入され続けていましたが、
トクゴリさん以降は
ほぼ全員そのまま東京に入団しています。

「ほぼ」というのは、一昨年それが止まったから。

チームに迷惑をかけた分は選手権で取り戻す!
大学進学決断の浦和学院FW田中和樹がまず1ゴール!


えー(´・ω・`)

2年後にオファー出しましょう。

さて、武藤、タマは
下部組織出身というのもありますが、
他の選手については練習環境が良かったり、
出場機会をそれなりに得ていたり、
所属した際に先輩選手にいい影響を受けたから、
などプラス要素が近年増えてきた、
という事も「そのまま入団」の理由としてあると思います。

逆に他クラブで特別指定として所属していたのに
東京に入団したのは過去たったの2人。
塩田仁史(2003年・流通経済大→横浜FM)
米本拓司(2008年・伊丹高→神戸)


今年の大学生にもたくさん
青赤DNAを受け継ぐ選手が在籍しています。

「特別指定=内定」ということですから、
今後どのあたりが特別指定に入るか。
そういったところにも注目です。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村

スタジアムはストレス解消の場ではない、と思います

2019-01-15 05:01:07 | 日記
たまに
「スタジアムでストレス解消!」
なんて言葉を見かけます。

個人的な見解をあげさせて頂くと、
スタジアムでストレス解消なんて
できるとは到底思えません(笑)

やらんとすることが
上手くいかないのを見て、
モヤモヤっとストレスを感じることも
含めて応援だと思いますから。

ストレスを感じるくらい入り込める趣味があるって
素敵なことだとさえ思います(笑)

知人の中には東京を応援し始める前は、
呑んだくれだったりギャンブル狂いだったりの
ろくでなしだったのが、
応援をし始めたことでのめり込める、
酸いも甘いも分かち合える事ができ、
「ちゃんとした人」になった人も複数います。
まあ「東京バカ」という意味では世間一般では真人間ではないかもしれませんがw

特に「スタジアムでストレス解消!」
という人々を否定するつもりもありません。
そういう人は結果や過程に関わらず
ふざけたりバカ騒ぎしたい人ですから、
本当に応援している人たちの
邪魔にならなきゃどうぞご自由に、と思います。

ただ、そういう人々には
「応援している」人に文句を言ったり、
「応援している」人よりも
しゃしゃり出てくるべきではありませんし、
「応援している」人の熱意は一生理解できないでしょう。

応援している人たちの中で
とても応援や後押しとは考えられない事を
言ったりやったりする人は
いい場所があるのでお教えします。

テレビの前です。

応援する事とストレス発散は
決してイコールで繋がるものではないと思います。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

君と夏の終わり将来の夢大きな希望忘れない 10年後の8月また出会えるのを信じて 最高の思い出を

2019-01-14 23:13:15 | 日記
栃木では11番をもらって、
非常に期待されている事がうかがえるたすく。

昨年後半のあのゾーンに入った状態は
本当に凄かった。

集中力が極限まで高まって、
他の思考や感情、周囲の風景や音などが
意識から消えて、感覚が研ぎすまされ、
活動に完璧に没頭している特殊な意識状態になり、
圧倒的にハイレベルなパフォーマンスを発揮する。

まさにそんな状態でした。

ゾーンに入ると言えば、2009年の石川様。
あれを直視した身としては、
それに近いものがあったように思います。

しかし、そういうときに注意したいのが怪我。

石川様も絶頂の時に大怪我をしました。
だからこそ、周りはより気を付けなくてはいけない。

まあ、当時と違ったのは、
石川様に頼りっぱなしだったか、
たすくがチームの一部として
躍動できていたかの差ではないかと思います。

でもグリスタの芝は酷いから
栃木では怪我には気を付けろ!




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

ナ サンホ選手 完全移籍加入クラブ間合意

2019-01-14 16:05:00 | 日記
これで外国人出場枠が埋まった。

ナ サンホ選手 完全移籍加入クラブ間合意のお知らせ

これまたスピードがある選手の加入です。

これまでチャン、ヨングン、ヒョンス、インスと
東京の韓国籍選手はポテンシャル採用が多いので、
目の付け所はいいですね(笑)

アジア大会制覇のメンバーですので、
兵役も免除されます。
ちゃんと免除活動はしてくださいね。

アジアカップにも選出されていましたが、
これはちょっと気になる・・・

韓国代表ナ・サンホ、ひざ負傷で離脱

ともあれこれで外国人出場枠が埋まりました。
ディエゴ、ヒョンス、インス、アルトゥール、
そしてナ サンホ。
ナッタウットは提携国枠の為、
外国人枠には入りません。

外国人の中でも競争を促す為、
もう一人くらい獲ってもいいかもしれません。

本当に今年はいろいろ我慢の年です。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

田川亨介選手 完全移籍加入

2019-01-14 14:08:11 | 日記
東京五輪世代です。

田川亨介選手 完全移籍加入のお知らせ

最近で鳥栖から奪うのは水沼、林に続いてですね。

鳥栖は最近育成に力を入れていますが、
イタリア人を監督にしたのが運のツキ。
あれは育成という観点はまず無いですから。
その時点で使えるか使えないか、
それと言う事聞くか聞かないかで選手選考して、
シーズンを14人で回す監督でしたから。

それにスペイン人とコロンビア人と
韓国人と豊田が前線にいて、
このままではベンチ入りもままならない。
東京五輪の前年で出場機会も無く、
練習試合だけではド田舎鳥栖では目に留まりにくい。

さらに鳥栖はサイゲームズ撤退で
スペイン人とコロンビア人の年俸が人件費を圧迫。
そもそも金欠になる中で
完全で買い取ってくれるところが欲しい。

どこにというのは差し引いても
移籍するのは必然ですね。

その点弊クラブでは
最悪U-23という出場機会もありますし、
原石の鍛錬に定評のある安間さんがいます。
監督としては「うーん・・・」ですけど。
そして今年からU-23には徹さんが復帰。
選手一人一人を丁寧に観察し、
若手や出場機会を得られない選手を
心技両面でサポートして成長をさせる人なので、
周りを活かし周りに活かされるであるとか、
守備をサボるとかいう意識を改革するには
うってつけの指導者です。
トップの監督としては「うーん・・・」ですけど。

チャントはこれで↓


ルイルイ♪




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma

背番号変わりました。


にほんブログ村