ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

東京の事を中心にいろいろ突き刺してます(笑)
ついでにマンガも描いてます(笑)

2018.11.18 J3第32節 FC東京U-23 1-0 YS横浜~点は取ったけど・・・~

2018-11-19 00:43:22 | 観戦記
観衆:1,925人
<得点者>
21分:富樫(東京)








うーん、点を取って勝ったのはいいのですが、
6戦負け無しの乗りに乗っていた頃と比べると
ちょっと手詰まり感がありましたね。

まあ、ここに来てJ1でやる為の
いろいろなトライをしたと
捉える事もできますけどね。

山田の持ち上がりであるとか、
ウッチーの右SBであるとか。
その他多くの選手が仕掛ける事を
意識していたように思います。

できていたこともできていなかった事もあるけれど、
これをいいチャレンジとして、
先々に向けた積み上げにしてもらいたい。

ところで唯一?マークが上がったのは
USAが誰とも噛み合っていなかった事。
気持ちの空回りなのか、
それともモチベーションなのか。

残り合わせて3試合、
どれだけ出番があるのかはわかりませんが、
最後に爪痕は残して欲しいものです。

このままだとUSAを返して
建英を残しておいたほうがよかった、
という状態ですからね。

J3は残り1試合。最後まで全力で。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

似てますよね?

2018-11-18 22:10:25 | 日記
よく「△△選手が○○に似てる!」っていう事を目にします。

一番おなじみなのはやっぱり、



これでしょうねえ(笑)

あと一部で言われているのが、



あ、こういうのもありましたねえ。



でも2015年のクラブW杯で
もっと似てるパターンを発見してしまいました。
東京絡みじゃないですけど。
それがこちら。



酒井敏也さんに
スペイン人の血が流れているとは
知りませんでした(笑)


たまにはサッカーで笑いましょう。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

誰がやらせたかではなく誰がやるか

2018-11-18 17:04:00 | 日記
個人的に、小川はSHで伸ばしたいと
考えております。

それも左ではなく右で。

日本代表では、左利きの堂安が右、
右利きの中島が左というように、
利き足とは逆のサイドでの起用が
いろいろな効果を生み出しています。

小川もSBではありましたが、
今年2回ほど右SBで起用されました。

ただ、小川を右サイドで起用するのは
今年が初めての事ではありません。

2016年にはJ3で試合途中から右SHに入りましたし、
昨年もJ1で右ウイングに入る事もありました。

ちなみにその2例はいずれも
安間さんが起用したものです。

でも、特に昨年の例では
味スタのスタンド全体から
「?」マークが頭の上に浮かんでいたのを
思い出します。
もっとも、前例や事前の報道などを見て
そういう起用もありえると見ていたワタシは
機能したかしないかではなく、
起用自体には納得していましたが。

よくこういう言葉を耳にします。

大事なのは「誰が言うか」ではなく
「何を言うか」である。

一方でこういう言葉も耳にします。

大事なのは「何を言うか」ではなく
「誰が言うか」である。

これはどちらが間違っているという事はなく、
どちらも正しい事だと思います。

でも個人的には前者寄りかな(笑)

まず人は誰かの話を聞く時、
それを誰が言ったのかを重要視します。

要するに、説得力というのは
それを話したのが「誰か」という部分に集中します。
なので
「大事なのは何を言うかではなく、
 誰が言うかである」
という主張はおおむね正しいと思います。

しかし、その「誰が」の部分を支えているのは
その人の実体験、実績です。
体験したことや、残してきた実績に
信頼が集まり説得力が生まれます。
当然ここには「何を言ってきたか」という部分も含まれます。

なので
「大事なのは誰が言うかではなく、
 何を言うかである」
という主張も一方で正しいと思います。

これを小川のケースに当てはめてみましょう。

小川の右サイド起用は
賛否両論出ていますが、
前向きな意見が多いように思います。

しかし昨年や一昨年にも同じようなケースが
あったにもかかわらず、
その時にはネガティブな意見が多かったように思います。

要は「誰がどのポジションをやるか」ではなく
「誰が考えて起用したか」というところに
オーディエンスの目線が集中しているわけです。

安間さんがやると「大丈夫?」「なぜ?」
という見え方がするのに対して、
ケンタ監督がやると「できそうだ」「いい采配」
という見え方をしているのです。

やっている選手・ポジションは同じなのにです。

もちろん、ケンタ監督には
三冠をはじめとした実績があるのに対して、
安間さんにはさしたる実績はありませんし、
Jリーグで選手としてプレーをした経験もありません。

そこが周囲を納得させる「説得力」の差に
つながってくるものであると。

もっとも、小川が昨年や一昨年に
右サイドで明確な結果を出していれば
その説得力は成立した話ではありますが(笑)

とにかく、選手は起用に応えられる結果を出す事です。
実際にプレーをするのは指導者ではなく選手なのですから。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

ポジションを奪いに行く集団

2018-11-18 11:09:26 | 日記
夏場以降、マコや小川、輝一やたすくといった
J3を主戦場としていた若手の活躍が目立ちます。

やっぱり調整目的でJ3を使うのは
ファンもJ3の他クラブもU-23の選手も
あらゆる全てを舐めていると思います。

繰り返しますが、
J3は調整目的で通用するほど甘くない。

調整や数合わせで来て、
相手も含めた野心の強さに
ついてこられるわけがない。
思えば一昨年は水沼なり林(容平)なり
エノタツさんなり石川様なりが、
OAとして若いチームを引っ張り、
若い選手にOAとしての違いを見せていました。

それが昨年9月まではOAの役割が完全に
数合わせや調整になり、OAとしての違いどころか、
足枷になるという惨状。
面倒見がいいのとお手本になるのは
全然意味合いが違います。
寮長じゃないんだから、
ピッチでクオリティの違いを見せなければ
選手としての信用は得られません。

どうもファンを含めて、
面倒を見てるのを選手として人望があるのと
履き違えているように思います。
そういうところがプロ意識が薄いんですよ。
ピッチ外で愛想よくしてないで
ピッチで手本を見せるのが
本当のプロでしょう。

面倒見る暇があったら自主練習をしなさい。
そのほうがよっぽど若手の手本になります。

ともかく、野心もなくなんとなくJ3に出る選手が
絶対にトップで出場できてはいけない。

そういう競争原理を取っ払ってしまったのが
篠田の最大の過失です。

そしてルヴァンが終わった今、
J3ですら結果を出せないOAは
J3でも出番を失いリストラされていきました。

それこそJ3を戦うU-23は
「ポジションを奪い取る集団」
でなければならないのです。

そういう集団だからこそ観ていて面白い。

トップから脱落してJ3に出てくる選手が
「行かされている感」満載だと
絶対に通用しません。

J2上位のチームのうち、大分と町田は
J3を経験しているクラブです。

J3を舐めたらいかん。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

二刀流

2018-11-18 05:01:32 | 日記
北海道といえばファイターズ。
※日本ハムファンなものでw

日本ハムといえば大谷翔平。
大谷翔平といえば二刀流。

その昔、2002~2005年ごろ、
控えのメンバーが今の7人ではなく、
5人だった頃の事です。

当時の監督であったヒロミが
GKの分だけ選手交代の選択肢を減らすのは
もったいないという発想で
サブGKをベンチ入りさせないという事がありました。

この試合とかそうです。
ミヤザーコーチが点を取ってますね。


何が言いたいかというと、
FPの中でGKもできる、
あるいはGKの中でFPもできるような、
いわゆる大谷翔平のような
二刀流選手がいれば
選手交代や戦術の選択肢も
増えるのになあという事です。

それはチラベルトやカンポス、セーニのような
FKやPKができるという事ではなく、
例えば試合最終盤に放り込みで
ターゲットになれるとかですね。

なんか波多野とかできそうですけど(笑)

これからのサッカーで生き残るには
こういった一芸ならぬ二芸三芸は必要・・・かも。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

昇格と降格と残留と悲喜こもごもの中で

2018-11-17 23:13:37 | 日記
J2のリーグ戦全日程が終了しました。

その結果、
1位松本と2位大分が自動昇格。
そして横浜FC、大宮、緑がPOに。

それに伴い、上のほうでは
長崎のJ2降格が決定。
試合が無い時に降格が確定するのは
なんともかんともという感じですが・・・

DAZNマネーの影響なのか、
J1とJ2でレベル差が少しついてきたように思います。
正直なところ、
今年昇格する2or3クラブは
来シーズン全落ちの可能性すらあると
地味に思っています。

そして下のほうに目を向けると、
讃岐の最下位、そしてJ3降格が決定。
ワタルと重松がいるのだが。。。

対して21位熊本は愛媛に完勝。
ワタシは思いました。
愛媛よ、そんなに讃岐が嫌いかと(笑)

これでJ2の席はあと0or1or2となりました。
0はPOでJ1クラブが勝ち残留を決め、
J3で沼津が2位に入った場合です。
1はJ1からの降格かJ3からの昇格がある場合。
2は上記の両方があった場合です。

ここからはもう12月までわからんね。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

応援したい人が集まれば人数関係なく声は届く

2018-11-17 17:16:00 | 日記
J1の試合と比べて、
J3の試合は格段に応援の頭数が少なくなります。

建英がマリノスにレンタル移籍して以降は
ギャラリーが減り気味ではありますが、
応援の人数は変わっていないですね。

しかし、その応援は人数が少なくとも
選手たちを後押しするよう頑張り、
後押しされた選手もそれに応えて頑張るという
相乗効果が生まれています。

応援に人数は関係ないと思います。
人数が少ないほど、声の圧力は
非常に強く感じる事ができます。
それは、来る人のほとんどが
「応援したい人」だからなんじゃないでしょうか。

だから逆に観衆が多いと、
声を出さない人や無駄に飛んでる人が
声の壁になってしまい、うまく響かない。
別に来るなと言っているわけではありません。
声を出して欲しいのです。いわゆる地蔵禁止。

そして遠方のアウェイもそう。
応援するために来ているのだから、
少数でも声が出ればしっかり響く。

近場だとその辺がイマイチなのです。
例えば甲府戦。結構観光がてら来る人が多く、
今一つ声の圧力をかける事ができません。
これは開放的なレイアウトという事もあると思いますが、
今一つ応援する側の熱さに落差があるように感じます。

そういう考えを持っているので、
「ホームではまったりみたいのに邪魔すんな!」
と言うような人とは基本的に合いません。

まったり見たいならバックでも上層でも
メインでも行けばいいのにと思います。
少なくともその発想だとゴール裏は絶対に無いですね。

あとは応援の強制や煽りなど論外。
誰もが違和感を感じる事を
偉そうにやらないでほしいですね。

やるなら離れたところでどうぞご勝手にって感じ。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

明日はJ3 YSCC横浜戦です

2018-11-17 11:12:00 | 観戦記
J3もアウェイゲームは全て消化し、
残るはホーム2試合となりました。

東京は前節、アウェイ鹿児島で
先制するも痛恨の逆転負け。
実に一か月半ぶりの敗戦となりました。

しかし、失点の原因はともにハッキリとしており、
改善できる要素は十分です。

今週はJ1がありませんから、
U-23もほぼベストメンバーで臨めそうです。
波多野、柳、マコ、山田、小川、
愛斗、怜、ウッチー、たすく、輝一、はらたいち
廣末、リッピ+α
という感じでしょうか。

うーん、トップよりも攻撃の引き出しがありそう(笑)
輝一とはらたいちで納めどころが二つになりますし、
SHはともに献身的でバランスも考えられる。
ボランチの組み合わせは気持ち悪い(褒め言葉)。

真の東京はJ3にあるようです。

さて相手。YSCC横浜ですが、
序盤こそ開幕8試合で4勝2分2敗だったものの、
5月以降の21試合は4勝7分10敗と失速。
今や勝ち点では東京と並んでいる状況です。

つまり、勝てば確実に順位が上がります。

現状からすれば決して力負けする相手ではありません。
開幕2戦目で惨敗した仕返しをして
Give the Doubleの回避を。

キックオフは14:00です。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

ゲーフラを上げる時のポリシー的なもの

2018-11-17 05:01:35 | ゲーフラ
いきなりですが、
ワタシは普段ゲーフラをこんな感じで上げています。


どういう事かと言うと、高さの問題ですね。
味スタにおいてはワタシは
比較的前目に位置するので
後ろのギャラリーがピッチが
見えなくなることがなるべく無いように
それでも選手に見えるように
上げるようにしています。
※上記画像は記念撮影なのでピッチを向いていませんが

これは自分の視界を遮る事になってでもです。
ゲーフラって結局自己満足に近いものがあるので、
「自分の視界を確保しつつゲーフラも上げる」
というのは自己満足に加えて
他者不満を生み出してしまいます。

最近、某選手のでっかいゲーフラを
高々と揚げて、自分の視界を確保して
後ろの視界を遮断している奴がいますが、
あれは絶対ダメ。
あれこそ他者不満の最たるものです。

これはご協力を頂く場合にも配慮をしてもらっています。

ちなみにこれはアウェイでも同様。
後ろで観戦する方々の邪魔にならないようにやっています。
でも空気を読まずに前にしゃしゃり出てくるのはその限りではありません。
観戦や撮影は自分の座席で行いましょう。


逆に悪い例を挙げます。

もう映画のタイトルを隠しちゃってます(笑)
こんな上げ方は絶対ダメです。

そもそもメインスタンドで
立ち上がるのはダメですけどね。
※このポスターはメインスタンドからの目線




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

代表戦

2018-11-16 22:02:25 | 日記
1-1の引き分け。

左サイドでの中島の躍動っぷりは
非常に見応えがありましたね。

右のケミストリーにいそうな名前の堂安と
双方カットインできる配置。

というかこの二人、
一昨年はJ3で対戦しているのだが・・・

中島が1アシスト、堂安が1ゴール。
でもこの試合でのインパクトは
堂安のボレーと圍のゴールキックが
風でエリアすぐ外までしか飛ばなかった事と
ガンバのスローインが風でそのまま
タッチを割った事しか記憶にない(笑)

あと原口以外の交代選手のイマイチ感が半端ない。
特に杉本。全然話にならない。
前線で持てないわ歩いてるわで
逆アピール全開でしたね。
北川もイマイチでしたが、
まだマシという感じですね。

このイマイチな二人にしてやられた東京(笑)

そしてJFAは地方の平日夕方を舐めてるでしょ。
地方ほど車需要が高いから、
平日、しかも金曜日の夕方に
道が混雑しないわけないでしょう。
まして県内の生活圏として
一番栄えている大分市内なんだから、
むしろチームの宿泊地を
別府とかにしたほうが良かったのでは?

次の豊田もちゃんと対策しないと
夕方のトヨタ関係企業の終業と
完全にバッティングしますよ。

次は室屋と中島と権田が
揃って出るとこを見たいかなー。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

居心地のいいチームではいけない

2018-11-16 17:07:00 | 日記
毎年チームが変わる中、
Jでチームがが生き残り持続的に成長し続けるには、
社会や顧客が求める独自の価値を提供し、
高く評価される必要があります。

その成功のカギは、
一人ひとりの選手が心身共に健康で、
イキイキと試合に熱中し、
「アクティブメンタル」な組織です。

アクティブメンタルな組織では、
選手は「自分には出来る」という健全な自己効力感と、
物ごとを積極的に前向きに捉え行動していく
高いモチベーションを持っています。

そして選手の思考と行動を支えるのが、
監督や他選手からのサポートなど、
健全な現場の人間関係です。

このような現場では、
チームでプレーすることに
自尊心と喜びを感じる選手が溢れています。
一人ひとりがチームのビジョンに深く共感し、
自発的に行動します。
また、チームとしても連携し、
変化や逆境にこそ底力を存分に発揮するのです。

「アクティブメンタル」な組織というのは、
決してぬるま湯につかったような、
選手がみな、ナアナアで仕事をしているような
現場ではないです。

では、どのような組織なのか。
それは選手がある意味、居心地の悪い職場なのです。
なんとなく居心地の良い現場では、選手が変化を嫌います。

今のままで十分と思っているため、
新しいことに挑戦する意欲もありません。

居心地の悪い現場というのは、
働きにくい現場ということではありません。
競争優位に立つためには、
チームは様々な変化の荒波を乗り越えなければなりません。
様々な環境の変化に柔軟にしかも前向きに取り組む現場というのは、
決してぬるま湯のような居心地よい現場ではありません。

常に変化を求め、選手一人一人も
意識改革や行動改革を求められるからです。
ですが、この居心地の悪さをそのまま放っておくのではなく、
チーム全体で乗り越えようとします。

チームとして組織として一丸となって
変化に順応できるよう、柔軟に前向きに取り組む。
その変化に適応し、競争優位性に立てるのが、
「アクティブメンタル」な組織なのです。

居心地の悪さを回避せず、真正面から向き合う。
そして選手一人ひとりが成長し、
チームとして繁栄する。
居心地が良いだけのチームは、成長も繁栄もないのです。

ちょうど昨年までのチームがそんな感じだな(笑)




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

結局大事なのは攻守のバランス

2018-11-16 11:19:00 | 日記
昨日の先制するかされるかに続き、
今度は「勝負強さ」という観点から見てみます。

一昨年、1点差勝利が14試合、
1点差負けが8試合でした。
対して昨シーズンはどうか。
1点差勝ちが公式戦16勝中9試合、
1点差負けが公式戦19敗中7試合ありました。

参考までに、今シーズンは
1点差勝ちが公式戦17勝中11試合、
1点差負けが公式戦15敗のうち11試合あります。

1点差負けが少ないとなかなか得失点が伸びません。
昨シーズン、残りの12敗は
2失点以上しているという事ですから、
攻撃でなかなか点が取れないのなら、
守備は最悪でも最少失点にとどめなければならない。

では、失点を少なくすれば優勝できるのか。
調べてみました。

過去10シーズンで
リーグ最少失点で年間勝ち点1位となったのは
2009年:鹿島
2013年:広島
2015年:広島
2016年:浦和
2018年:川崎
この5例です。

逆にリーグ最多得点で年間1位となったのが、
2015年:広島
2017年:川崎
この2例だけです。

ということで色々調べて出た結論は
攻撃に偏るのは問題だが、
守備に偏るのも問題。
結局大事なのは攻守のバランス。

という事でしょうかね。

ちなみに今シーズンは今のところ
得点はリーグ12番目の多さ。
失点はリーグ2番目の少なさです。
気が付くとやっぱり守備偏重に(笑)

もちろん数字だけでは計れない
精神的な強さなどもあります。
実はそれが一番大きい気が・・・
そういったものを経て
結果に表れているわけですからね。

クラブが軸としているのは
「主導権を握るサッカー」であり、
「育成型クラブ」のはずです。
それはどういうアプローチで行くかは
複数選択肢があります。

ただ、少なくとも昨年のアプローチは
大失敗だったことはクラブとして強く認識すべき。
今度同じアプローチをしたら降格しますよ。

トライ&エラーはあっていいけど、
トライ&エラー&エラー&エラーは
あってはならないです。

育成型クラブとしての監督の人選は
悪くないと思います。
そして若手の出場機会も増え、
絞り込みすら行われています。

あとは選手がそれら理念に基づく環境づくりに応えられるか。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

マッチコミッショナー

2018-11-16 05:01:15 | 日記
昨年ですが、
Jリーグ理事会での決定事項でこんなものがありました。

Jリーグマッチコミッショナー 追加選任について

この人、大宮の社長だったんですが、
クラブOBでもマッチコミッショナーになれるんですね・・・

という事で、疑問を持ったらすぐ調べるという、
松戸市の「すぐやる課」のような当ブログが(笑)
マッチコミッショナーについて調べてみました。

まず、Jリーグのマッチコミッショナーになる為には、
「JFAマッチコミッショナー認定制度」
というものにより、
マッチコミッショナーができるという
認定を受ける必要があります。

その認定条件というのが、
(1)「JFAの理念」「JFAのビジョン」に理解があること
(2)JFA規約・規程に精通していること
(3)競技規則に対する正しい理解があること
(4)試合運営に対する知識があり、試合実施要項に精通していること
(5)サッカー発展のために建設的な意見を持っていること
(6)マッチコミッショナー業務に対して、積極的な姿勢があること
(7)周辺関係者から信頼性と社会的地位があり、チーム等に対して説得力があること
(8)年齢が70歳以下であること(年度初めの2月1日時点で69歳であること)


うーん、なかなかのアバウトさですね(笑)
しかもこれ、試験とかではなく、
eラーニングで受講すれば割と簡単に取得できる(笑)
しかも認定料は5,000円。
格安でマッチコミッショナーになれるのですね(笑)



そして、いざ試合に立ち会う時には
こんな事項を遵守しなければなりません。
・大会規定に定める時間まで競技場に到着すること
・選手証により選手の試合における出場資格を確認し、
 「メンバー提出用紙」の記載事項に不備があれば
 そのチームに訂正させること
・大会規定に定める時間前に
 双方のチームの監督(またはそれに代わる者)および審判員を集め、
 マッチコーディネーションミーティングを開催すること
・マッチコミッショナーは試合運営上で事前に取り決め事項を検証し
 マッチコーディネーションミーティングにおいて確認しなければならない
・試合終了後24時間以内に競技会が指定する場所まで
 「マッチコミッショナー報告書」を発信すること
・試合の中断または競技中の悪質な違反による退場等の
 重大な事項が発生した場合に所定の手続きにより
 「緊急報告書」をすみやかに指定する場所まで提出すること
・裁定委員会または規律委員会より出席を求められた場合に
 これに出席し報告すること
・前各号のほか、別途競技会委員長の定める事項を行うこと


まあ要するに試合における立会人ということですね。
ちなみにマッチコミッショナーの権限には
選手の出場停止や審判の派遣停止などの判断はありません。
そのあたりは裁定委員会や規律委員会のお仕事という事になります。
ただ、それら委員会が判断を下す際の材料として、
報告書を上げたり、実際に委員会に出席して
答弁をするという事もあるようですね。

似た役割に「審判アセッサー」というものがありますが、
こちらは審判の判定からポジショニングに至るまでの
審判技術の評価がその役割ですね。
その試合の担当審判が大きなミスをした場合は
アセッサーの評価から一定期間、試合割当から外されたり、
悪質な場合は研修を課されることもあります。
やらかしたレフリーがその後しばらく
笛を吹いているのを見ないなー、
と思ったらアセッサーが悪い評価をしたということですね。

まあジャスティスやジョージが
アセッサーをやっているくらいなのだから、
この役割もどうなんだかという感じですが(笑)

東京の試合でもありましたね。
おかしな判定をしたレフリーが
その後しばらく姿を見かけなくなる事が。
それは審判アセッサーが
そういう評価をしたからであろうことであり、
誰かが拉致・監禁をしたりしたわけではありません(笑)

いろいろな役割の人たちが試合を支えるJリーグです。




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

#今シーズンのJ3アウェイをUSAで振り返る 4/4

2018-11-15 22:21:48 | 日記
カーモンベイビー福島~

サポーターののぼりがある~





カーモンベイビー北Q~

発砲事件起きがち~

カーモンベイビー北Q~

ヤ〇ザがふらふらしがち~

カーモンベイビー北Q~

ハコだけJ1レベル~







カーモンベイビー盛岡~

早朝やることがない~


カーモンベイビー盛岡~

キヅール人感ハンパない~





カーモンベイビー鹿児島~

タダで焼酎もらえる~




カーモンベイビー鹿児島~

どこでもとんかつうまい~



【来年もいくよいくよいくよー!】





FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

「関係者=クラブの人」とは限らない

2018-11-15 17:15:00 | 日記
シーズンも終わりに近づき、
そろそろ移籍報道も
ぽつぽつと出てくる事もあるでしょう。

ここで変にドタバタしないよう、
改めて用語の説明をしておきましょう。

よく報道で「関係者」
という文言が出てきます。
ここで気をつけたいのは
「関係者」には複数の意味合いが
隠れているという事。

クラブ関係者⇒勿論クラブ内部の人。
       強化担当者である事が多い。
クラブ幹部⇒社長や取締役を兼任している強化担当者など。
関係者⇒主にクラブ外の人。代理人や、
    代理人が属しているエージェント会社の幹部など。
複数の関係者⇒代理人と移籍先とされる
       クラブの人という事が多い。


つまり、移籍報道が出たからと言って、
「クラブが漏らした」と考えるのは
 ちょっと違いますよ
、という事です。

例を挙げてみましょう。
甲府FW阿部拓馬が東京入り、恩師城福監督が高評価
こちらの記事ですが、
「関係者によるとオファー殺到を受け」とあります。
ここには「関係者」としか記載がありませんので、
クラブが漏らしたのではなく、
代理人が情報提供したという事かと思われます。
そうでなければオファーが殺到しているなんて
分かりませんからね。

もう一つの例です。
東京DF松田獲得へ、C大阪と福岡がPO延長争奪戦
こちらの記事も「関係者によると」とあります。
これもクラブ側ではなく代理人からでしょう。
この選手については代理人が代理人なのでたぶん情報はガバガバ流れていたと思います。



そもそもこういった移籍情報は、
クラブ発信よりも代理人のネットワークから
出てくる事の方が圧倒的に多いです。
情報をリークすることで、
交渉を有利に進めるための下交渉の材料に
使用したいという思惑もあるからです。

これを一番積極的に行っているのが
関西拠点の某エージェントです。
2014年のシーズンオフ、
東京のある選手の移籍情報が流れました。
その某エージェントと代理人契約を結んでいるこの選手、
契約を1年残しての正式オファーで、
相手の監督とも面談をしたとも言われています。
こういった情報をメディアにリークすることで、
年俸のつり上げや、選手に有利な条件を付けるなどの
下交渉の材料に使ったとみる事もできます。

もし、契約条項に「○○試合以上出場させる」
という項目を追加でつけていたとしたら一昨年、
イタリア人が負けているときに
なぜか守備的なこの選手を投入、
という不可解采配にも合点がいきますし、
2015シーズンのこの選手の契約更新情報が
遅れに遅れたのも細部の詰めなどで
揉めに揉めたからなのでしょう。

まあ結局のところ、
移籍というのは公式な発表がなされるまでは、
何が起きてもおかしくないというのが
本当のところですね。
「昨日まではほぼ合意していたのに、
 他の選手の移籍との兼ね合いで急に破談となってしまう」

ということもよくあるようです。

繰返しになりますが、
報道はクラブが情報を流しているとは限りません。
公式発表が出るまでは確定しません。
もし「報道にヤキモキしたくない」という事ならば、
クラブの公式発表だけを信用することをオススメします。

ただ、移籍報道の行間を読むとけっこう面白いですよ(笑)




FC東京オフィシャルショップ楽天市場店


欲しいものがきっと見つかります。


いいね!と感じていただけたら
下記バナーのクリックをお願い致します。
ブログを書く励みになります。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

カボレもいいね!を押している(笑)
インスタでブログに出さない画像も公開中。


















PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

背番号変わりました。


にほんブログ村