てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

ヤママユ

2017年08月11日 17時58分27秒 | 日記

 

とある神社とコンビニの2か所でヤママユに出会った。

どちらもメスのようだ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨモギハマダラミバエ

2017年08月11日 17時50分55秒 | 日記

ミスジミバエに似ているが、ヨモギハマダラミバエだという。

この写真では見にくいが、頭にある太い毛や羽の黒筋模様がヨモギハマダラミバエと一致する。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナシカメムシ

2017年08月11日 17時33分29秒 | 日記

 

ウメ、ヤマザクラ、ナシが食樹だという。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウスオビヒメエダシャク

2017年08月11日 17時14分49秒 | 日記

ウリハダカエデ、ウリカエデ、ホザキカエデを食べるという。

開帳21-25mm。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テングアワフキ

2017年08月11日 17時09分39秒 | 日記

この山に登ると毎回見つかる。

 

        茶色いタイプもいる。

        

   

        斑紋のあるのも。

        

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャイロホソナガカメムシ

2017年08月11日 17時04分50秒 | 日記

 

このカメムシも遠笠山の中腹にて撮影。

ツツジ類に付くという。

体長 6~7㎜と小さい。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カバイロキバガ

2017年08月11日 16時55分08秒 | 日記

風の強い日で1/1250ssでも止まらなかった。

サクラ、ウメ、スミザクラ、エドヒガン、ソメイヨシノ、オウトウ、スモモ、ブンゴウメを食べるという。

開帳17-21mmと小さい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウスブチミャクヨコバイ幼虫 ??

2017年08月11日 16時34分53秒 | 日記

ブチミャクヨコバイの幼虫かと思ったが、色が違う。

調べてみると、ウスブチミャクヨコバイというのがいるという。

これがそれの幼虫かもしれない。

 参考にさせて頂いたページ。

 

          以前撮ったブチミャクヨコバイの幼虫

        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツノゼミ

2017年08月11日 16時27分35秒 | 日記

 

本家本元のツノゼミは初めて見た。

 

翅端まで6~8.5mm

前胸の左右大きなトゲを持つ黒いツノゼミである。

基本的に山地見られるが、環境対す適応力が強いようで、公園などの植え込みの木でも平気で発生するという。

等と書かれている。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンスズメバチ  ---> ホンシュウキオビホオナガスズメバチの女王

2017年08月11日 16時16分48秒 | 日記

 

 

遠笠山で見たモンスズメバチ。巣材を集めていたようだった。

モンスズメバチは里山の蜂だと思っていたが、標高1000mぐらいのところでも活動している。

全体に黒っぽくて寸詰まり、がっしりしているように見える。

 

-----------------

この記事を書いて間もなく、いつもの中学生昆虫博士からメールを頂いた。

「遠笠山で撮影されたという「モンスズメバチ」は、「ホンシュウキオビホオナガスズメバチ」ではないでしょうか?
山地性の種なので、近所では見られない種です。」

とある。

びっくりしたり喜んだりした。

間違っていたのはまずいが新しい種を撮影したのは大成功だ。

強風の中、山に登った甲斐があったというものだ。

早速調べてみるとホンシュウキオビホオナガスズメバチの女王に間違いないようだ。

こちらを参照してほしい。

改めてよく見るとモンスズメバチは胸背部が真っ黒なのに対してこのハチには黄色い紋がある。

モンスズメバチにある赤い紋がない

K君、いつもありがとう。

彼はこの夏休みに、このホンシュウキオビホオナガスズメバチに擬態しているという、ヨコジマナガハナアブを採集したという。

いやはや、いつもながらすごい。

 

 

170811

 


昨日 閲覧数3,775 訪問者数175

コメント
この記事をはてなブックマークに追加