てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

明日から3日ほどお休みします。

2012年05月29日 17時57分27秒 | インポート

明日から3日ほどお休みします。
仲間と戸隠方面に出かけます。

----------------------------------

画像はチャイロオオイシアブ。
甲虫などを狩る名手だ。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エゴの花

2012年05月29日 17時44分02秒 | インポート



エゴの木の下は雪でも降ったように真っ白。
今年もウシヅラヒゲナガゾウムシを見るのが楽しみだな。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おおもて

2012年05月29日 17時33分49秒 | インポート



ヒゲナガハナノミは嫁さん不足のようだ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コサナエのホバリング

2012年05月29日 17時22分35秒 | インポート





ホバリングは初めて見た。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒゲコメツキ

2012年05月29日 17時18分25秒 | インポート

しばらくぶりに見つけた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムカシヤンマの食事

2012年05月29日 17時12分00秒 | インポート





コメツキムシを捕まえてムシャムシャ。
カメラが近づいても気にしている様子はない。

---------------------------------------------

ヤンマという名が付くように、ムカシトンボよりも大型でがっちりしており、体長が80mmに達する。

見た目はオニヤンマや大きなサナエトンボのようにも見えるが、オニヤンマとは複眼の色が違い、サナエトンボのように複眼が離れており、止まり方も木の幹にセミのように、羽根を広げたまま張り付いた格好で止まる事が多い。

成虫は主に、4-8月にかけて発生するが、幼虫ヤゴ)の生態と生息環境が変わっており、谷の崖などに水がしたたり落ち、ゼニゴケなどのコケ類が一面茂っているような環境を好む。

低水温で、きれいな水質に住むが、幼虫は水に入ることはほとんどなく、湿ったコケの中にトンネルを掘って住み、半水生の生活をする。成虫になるのに約3年かかるといわれ、これはムカシトンボに次ぐ長期間の幼虫期である。




120529



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キシャチホコ

2012年05月28日 22時06分10秒 | インポート



幼虫はネザサ類、クマザサ類をたべるという、どんな幼虫だろう?
検索したがヒットしない。
香川県:絶滅危惧II類とある。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナミガタエダシャク???

2012年05月28日 21時40分10秒 | インポート

さんざん迷った結果、ナミガタエダシャクとしたのだが???


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックバス

2012年05月28日 20時55分57秒 | インポート



いつも覗く池に何かトンボでもいないかと見ると・・・
有害外来種で駆除をしているブラックバスだ、なかなか駆除は難しいのだろう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コサナエ オス

2012年05月28日 20時38分10秒 | インポート






ニコニコ笑っているように見える。
先日までは開けた草原にいたが、今は薄暗い水辺のある森の中にいた。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加