ど根性系障害者は頑張って生きていくぞ!!!~高次脳機能障害その他症状てんこ盛り障害とともに~

交通事故で負わされた高次脳機能障害等とともに3年ぶり復職できたけど、次の目標を探しながらまだまだ頑張る奮闘ブログです。

今日は、復職の決意表明しちゃった

2012年06月30日 23時32分36秒 | 日記
 今日は、我がコウジ村の村長さん、柴本礼さんの講演会が、入間市で開催されました。

 僕は、「高次脳機能障害は安全な障害だ!」ってことを証明するためにも、
超安全運転で昭和のくるま、5速マニュアル車のカペラくんで、行ってきました。

 でも、開演2時間前に出発したのに、渋滞に引っかかっちゃって、開園5分前に到着しました。

 カーナビなんか必要ないくらい道を知ってたはずなのに、地誌的障害には勝てませんでした。


 遅刻寸前に到着した僕と奥さんに、礼さんが声かけてくれたのに、
僕は 「この親しげに話しかけてくる女性は誰だ??!!」とキョトン顔しちゃいました。

 やっぱり僕は、記憶障害なんですねぇ。

 僕の記憶で、礼さんのお顔は、Eテレのリハビリ応援団に出演した時のお顔なんですよねぇ。

 顔と名前を思い出せない公務員って、変ですよね・・・、見るからに健常者なのに・・・。

 公園は、ユーモアたっぷりで、楽しくお話を聞けました。

 そのあとの質疑応答コーナーで、出ちゃいました、僕の感情失禁・・・。

 質疑応答なのに、僕が高次脳機能障害でも就労できるんだってことを証明するための「成果」を掲げて
大号泣の決意表明みたいなことしちゃいました。

 この「成果」っていうのは、僕が公園に植える植栽の訓練用に、うちのお庭に植えた木があるんですけど
これが30センチくらいだったのが、今は3メーターくらいに大きくなったんです。

 だから、復職に備えた訓練として、剪定作業をやったり、挿し木をして増やしてたんですけど
それがどうやら成功したようなので、それを礼さんに贈ろうとして持ってきたんです。

 でも、自分が育てた木なのに、名前を思い出せなくって、
講演終了後、たむたむさんにも贈ったんですけど、
たむたむさんのお母さんの一言「ムクゲじゃないかな」で、
「あ、ムクゲだ、ムクゲだ~~!!」と記憶が戻ってきたりしました。

 
 というような、僕の「成果」を掲げて復職するぞ!って決意表明みたいな発言をしながらの大号泣・・・。

 コウジさんで公務員のこうじ、「続・日々コウジ中」の「目撃者がいなかったKさん」の大号泣でした。

 閉会後は、コウジ村の村民たちが集まって楽しかったですよ。

 たむたむさんとお母さん、こたぱんさんとだんなさん、だふっちさん、それから村長の礼さん。

 今日は楽しかったです~。

 でも、帰宅後は、やっぱり僕の脳くんが疲れてたみたいで、目がグルグル回って、さっきまで寝てました。

 この、脳くんが疲れるのは、復職してからどうすればいいのかな・・・。

 これが、今後の課題かな。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

明日は礼さんの講演だ!!

2012年06月29日 23時03分11秒 | 日記
 明日の入間市主催の「高次脳機能障害」講座で講演をすることになった、
僕らコウジ村の村長さんの柴本礼さん。

 あれ?!と思ったんですけど、礼さんちのコウジさんの実家がある埼玉県内、初めての講演なんだそうです。

 コウジさん、コウジ子さん(高次脳機能障害者のこと)、その家族、
それだけじゃなくて、医療関係、福祉関係の人たちが集まることと思います。

 僕が入院してた、リハビリ病院の人たちも来るそうですよ。

 先日の渡邉修先生の講演も凄く良かったですけど、明日は介護する家族の体験を添えて
礼さんのユーモアたっぷりの講演になると思います。

 復職を備えた僕も、高次脳機能障害者の復職と、免許センターでの検査に合格した実績を積み重ねることで
高次脳機能障害者の就労を応援していきたいと思って、カペラくんで運転して行きます。

 公園の途中で、脳くんが疲れて居眠りしちゃうかもしれないけど、そういうことも含めて
礼さんはお話ししてくれることと思います。

 先日の講座に出席して思ったのは、同じ公務員として、
会場の善し悪しについては、僕の症状、知識では判断できないけど
入間市さんの取り組みと職員さんたちの素晴らしさには驚きました。

 僕が健常者だったころは、物理的に、障害者にも優しいまちづくりをしてきたつもりですが
復職した時には、地域で守る社会にして行きたいです。

 先日は、同じ会場にいた、たむたむさんに気が付かないで帰っちゃいましたが
明日は、会って、お話ができると思うと、ここでは書けないようなことも、お伝えしたいと思います。

 というわけで、おやすみなさ~い!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高次脳機能障害と息子の大学進学について

2012年06月28日 22時55分09秒 | 日記
 僕は、高次脳機能障害の公務員。

 健常者ではありません。

 通勤中、信号無視野郎に轢かれたから、公務災害で休職中です。

 健常者の頃から、幸せになってほしかったから、息子には僕と同じ道に進んでほしかった。

 だから、大学を頑張って卒業して、世間のためになる社会人になってほしかった。

 そこには、まさか障害者になっても大丈夫な道を進んでほしいなんてことは考えてもいなかった。

 でも、僕は実際障害者になった。

 障害者の僕が、同じ目に遭わせたくないから、どう育てればいいのかわからない。

 今日は、息子の通信教育の担当の人が、大学進学の指導に来てくれた。

 僕は、同席しないで、奥さんに任せることにした。

 奥さんは冷静に対応してくれた。

 僕だったら、健常者であることに感謝して、もっと勉強しなきゃダメだ!!って言ったかもしれない。

 でも、息子もそれはわかってるはずだし、奥さんも息子に厳しく対応してくれた。

 いま、息子は、部屋の掃除をしているようだ。

 まずは、自分の部屋を勉強できる状態にすることを、奥さんは息子に厳しく言ったらしい。

 僕は見守ることにしたい。

 まずは僕が復職すること、それが先なのかもしれない。

 そのあとは、僕が加害者らを合法的に懲らしめることで示すことが先かと思う。

 正義が勝つってことを示したい。

 
 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

くも膜下出血からの生還って凄いことなんですね

2012年06月27日 22時34分54秒 | 日記
こないだのテレ東の番組見てて思ったんだけど
くも膜下出血からの生還って医療とみんなのチームワークで
成し遂げることができるのがわかりました。

 だから、奇跡みたいなものなんですね。

 ということは、信号無視の大型トレーラーに轢かれても生還した僕は、
自分でも気づかないうちに奇跡に助けられてたんですね。

 拾った命じゃなくて、みんなに守られてた命だから僕も大事にしていきます。

 なんだかよくわからないけど、頑張ります!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

障害てんこ盛りの高次脳機能障害者って辛いなぁ・・・。

2012年06月26日 23時37分54秒 | 日記
 僕は、公務員です。

 建設業、自動車製造業を経ての秘術系の公務員です。

 だけど、事故に遭った時は許認可事務をやってました。

 よく、悪い業者に「轢き殺すぞ!」って脅されたりしてました。

 だから、意識が回復した時、「もしかしたら、やられたのかも?」って思いました。

 でも、僕を轢いた奴は、悪い奴には変わりはありません。

 許認可事務ですから、僕にとっては畑違いの仕事でしたけど、法律の勉強をいっぱいしました。

 その結果、関係法律の講師を依頼されたりするようになりました。

 だから、違法行為は嫌いでしたけど、高次脳機能障害で正義感の塊みたいになりました。

 事故に遭う前に、いっぱい覚えた法律の知識は、記憶障害で、おかしくなっちゃいました。

 でも、正義感の塊だから、悪は許すことができません。

 公園で歩行訓練してた時、障害者スペースに駐車していたチン〇ラに、「ここに駐車するのはダメだ」と言ったら
「なんだと~!」と怒鳴られて両手を掴みかかられたことがありました。

 こういう風に、見て見ぬ振りができなくなったのは、高次脳機能障害の症状です。

 掴みかかられて、対抗できないのは、身体障害者でもあるからです。

 こんな状態で復職していいのかな、っていうのがここんとこの悩みです。

 だって、復職したら、良い人も来るけど、たまに猛烈に悪い業者が来る許認可事務ですから・・・。

 別に、入れ墨なんか入れてないですよ、僕はね・・・。

 でも、たまに、弁護士を名乗るのが来るんですよね、見た目は、もろにチン〇ラですけどね・・・。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加