ど根性系障害者は頑張って生きていくぞ!!!~高次脳機能障害その他症状てんこ盛り障害とともに~

交通事故で負わされた高次脳機能障害等とともに3年ぶり復職できたけど、次の目標を探しながらまだまだ頑張る奮闘ブログです。

また悪化するよ~ん、高次脳機能障害!!

2011年04月29日 22時54分10秒 | 日記
 僕が信号無視の大型トレーラーに轢かれて高次脳機能障害やらなんやらになっちゃったのは、

もう書いたとおりですが、当然、僕は、交通事故の被害者ですから、加害者側から損害賠償を受ける権利が

あるわけです。

 でも、加害者側の損保会社が、3月末で症状固定したものとみなし、治療費の支払いは打ち切る、

と言ってきやがったんですよ。それも、僕じゃなくて治療中の病院に、ですよ!!。もうめちゃめちゃ呆れますよね。

ここでイライラすると、脳にストレスがたまって症状が悪化しちゃうから、イライラしちゃいけないんですよね。

でも、そんなことできます?

 あの鹿沼市の6人の子供轢き殺した犯人の事件。あれ、犯人の会社の社長、犯人の親からの謝罪の文書を

公開しましたよね?僕が思うには、あれって、損保会社の入れ知恵だと思うんですよね。だって、あれって、

社長あてに送付した謝罪文書で、犯人にとって不利益情報(人に知られることで得にはならないことです)が

山盛りの個人情報てんこ盛りの文書でしょ?

 それを公開するということは、個人情報保護法違反ですよ。しかも、あの社長は、絶対にあの犯人が持病を

持っていたことは知っているはずなんですよ。だって、健康保険使えば、雇用先にこの犯人が病院に

通院していることは、会社に通知されるわけですから、この会社の社員が、運転免許を持って運転している、

ってことは、把握していなければならない、って言う、「安全運転管理者」を置かなければならないんですよ!!

これは道路交通法の義務ですから、この会社は道路交通法も違反しているわけです。

 おそらく、損害賠償の支払いの面積に持ち込もう、って損保会社が企んで、犯人を雇っている会社に

入れ知恵したんじゃないでしょうかね?そうすると、こどもが轢き殺されて、悲しみの真っただ中にいる家族たちは、

損害賠償の相場なんか知るはずもないでしょうから、あの犯人一人を悪者にして、逃げるつもりなんですよ。

もちろん犯人を雇っていた会社もグルでしょうね!!

 おそらくですが、あの低レベルのストーリーを演じさせるのは、僕を轢いた犯人の損保会社と

同じなんじゃないかな、と思います。僕が車に轢かれてl高次脳機能障害を負わされて、全身打撲で骨折とかしてて

何か所も怪我して手術を受けてて、事故からまだ1年ちょっとしかたっていないんだから、まだ治療が必要なのは

当たり前ですよね?!!それなのに、「『もう治療は必要ない』と判断したから、支払いは打ち切る」って、

僕じゃなくて病院に行ってきたらしいんですよ!!!

 病院から電話がかかってきたからわかったんですけどね。というわけで、症状は悪化する一方です。

あの鹿沼の犯人は、あいつが個人的に悪いから、っていうことで、そっちに攻撃が行くように、あの社長もうまく

演じているつもりかもしれませんが、そんなのバレバレですよ。だから、この件で、会社のワル企みにも

警察の捜査が入って、会社の責任を追及する方向で法改正されるきっかけになるんじゃないかな?でも、

そのきっかけを作ったところで、あの子供たちのご家族らはの悲しみは癒えるはずはないんです。

 事故が起こってから、信号ができたりすることって、よくあるでしょ?でも、そんなことで被害者は

癒されることはないんですよ!!!だったら、なんで、最初から信号付けてなかったんだよ!!!!!!

って悲しみに怒りが加わって、精神的な苦痛が増えるだけなんです。

 今回の僕は、そんなかんじです。だから症状を悪化させことに対しても損害賠償だぞ!!!!


 ふううう、今日は何とかまとまったかな・・・。でも、文章ずいぶん長くなっちゃったな~。

くそっ!!見てろ!!ぜったい復職するぞ!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーちゃんが亡くなりました

2011年04月25日 22時14分40秒 | 日記
僕はもともとファンというレベルではなかったのですが、子供の頃の思い出として

解散の時のフレーズは今でも記憶に残っています。

でも、その中でもおっとり系だったスーちゃんが乳がんで亡くなりました。

19年も闘病していたんだそうです。

それと比べたらキャンディーズの活動の4年半というのは、どんなに短かったことでしょう。

僕らが思っていた通りに、おっとり系でもありますが、人のいい優しい人だったんですね。

でも、亡くなったスーちゃんは、今頃は天国で、おっとり系でみんなのために尽くしていることでしょう。


スーちゃんはがんに打ち勝つために闘病していたんだと思います。

余命宣告された人は、どれほどつらい思いをしたことでしょう。

余命宣告されて助かった人は、それこそこれ以上ないくらい幸せだったと思いますし

体験した人の気持ちは、いろんな形で知ることができます。

でも、余命宣告されて亡くなった人の気持ちを知ることはできませんから、

「本人は、こんな気持ちだったのではないかな?」といった想像でしか知ることができません。


僕も高次脳機能障害を負わされて、事故に遭うまでは、意識としては知っていました。

でも、それがこれほどまで辛いものとはわかりませんでした。

精神的な苦痛だけでなく肉体的な苦痛の頂点で、亡くなる人。

「死」がゴールですから、これほど辛いことはないでしょう。

でも、精神的な苦痛のゴールが、どこにあるのかわからないで進まなければならないのは辛いです。

僕が、余命宣告を受けて死んだわけではないので、どちらが辛いのかはわかりません。

でも、いろんな本を読むと、高次脳機能障害のゴールには「完治」がなく、

何か障害が残ることは分かります。

しかも、本人が書いたものではない本も多くあります。


僕は、精神障害者になってしまいましたが、退院直後よりも肉体的には悪化しているようです。

でも、記憶障害から、その記憶ははっきりとはありません。

これを、辛いと思う気持ちが、ないこと。

余命宣告を受けた人には及ばないかもしれませんが、それなりの苦しみがあるはずです。

でも、その精神的な苦痛を感じる感覚も無くなっているのが悲しいんです。

「たぶん、これくらい辛いはず」と辛さのレベルを頭で考えているんです。

これは、多分すごく辛いことなんだと思います。

辛さを直感的に感じないのが、救いなんでしょうけど。

なんだか、また、話がずれてしまいました。


スーちゃんは今頃、天国で幸せになっていると思いますが、ご冥福をお祈りします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕は復職できるのかな?

2011年04月22日 20時56分04秒 | 日記
僕は復職に向けて頑張ろうって決めました。

でも、先日診察を受けたら、あんまり頑張りすぎると運動神経にも障害が出る可能性があるので

頑張りすぎず、確実に実行していくことに気を付けてください、って言われちゃった。

あれ?っとおもったけど、やっぱり、がんばることは、高次脳機能障害だけではなく身体障害にもよくないみたいです。

だから、リハビリのつもりで頑張ってたことが、実は悪化の元になってたみたいです。

悲しいなあ。

どうすればいいんだろう・・・。

今日も、北海道物産展みたいなのをやってたから、妻に連れて行ってもらったんです。

周りを見ながら注意して杖を突いて歩いてると、誰かにぶつかって転びそうになりました。

妻からも、もうちょっと普通の速さで歩けないかな?って言われたので

歩くことに集中して歩いたんだけど、周りを見ることには神経を配ることができなくて

何を展示して、何を販売して、何を試食に手渡されたのか、わかりませんでした。

試食を渡されたけど、それを受け取るのに一生懸命で、それを持って杖を突くのが難しくて

とりあえず、いそいで口に放り込んではみたものの、味覚障害もあったから、

見もせずに口に何を放り込んだのかはわからなかったから、結局何かわかりません。

こんなことで、復職できるのかな?

不安です。

僕を轢いた運転手は、今頃執行猶予だから、また、大型トレーラーを運転しているんです。

あんな奴を野放しにしてるから、小学生6人が轢き殺されたんだよ!!!!

今の司法って、交通事故に関しては加害者に甘すぎるよね。

僕を轢いたやつだって、誰かを轢き殺す可能性は猛烈に高いんです。

あれ?また話がずれちゃったな。

でも、やっぱりあの犯人は許せないですね。許しちゃいけないのは轢かれた者の責任かな?

だって、だれかが轢き殺されるのを未然に防ぐには、僕が行動を起こさなければ誰も起こさないでしょうからね。

あれ?また、ずれちゃったな。でも、辛いし、とっても悲しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾崎豊を聴くことができて良かったな

2011年04月14日 21時16分40秒 | 日記
こないだ尾崎豊のドラマ見たんだけど、僕が高校生の頃は聞きたくなかった。

彼が嫌いっていうことじゃなくて、彼のファンが好きじゃなかったんだ・・・。

全てのファンを見たわけじゃないから、それが真実ではなかったんだと思うけど。

彼の曲を訊いた頃って、洋楽しか聞かなかったんです。

歌詞がわからなくても、音楽性の良し悪しがわかってるつもりだったからね。

でも、僕の周りで彼が好きだって言ってた人は、それがわかって聞いてる人じゃなかったの。

だから、彼の曲を聴いて、彼を好きになることで、彼のファン(当時の僕の周りのファンです)と

同じレベルになるのが嫌だったから、あえて聞かないようにしてたんです。

だって、音楽性の高さは分かったから、好きになるのはわかってたから。

でも、今になって思い返してみると、当時の僕の周りにいた彼のファンって、彼のメッセージとか理解してなかったと思う。

今、自分が障害者になったから、わかるってわけじゃないけどね。

彼は多分精神的なストレスが相当あったと思うよ。売れて注目されて満足するような人じゃなかったんだよね。

別に、僕が彼と同じレベルになったって言うわけじゃないけどさ、共感できることができたって言うのかな?

とにかく、彼が生きて歌うところはテレビでしか見たことはなかったけど、今こうして聞くことができて良かったと思える。

彼が精神障害者だったかもしれないってことじゃないよ。

だって、精神障害者の定義を決めたのは健常者でしょ?多分・・・。

だから、健常者が決めた定義に当てはまる精神障害者になったから僕が、精神障害者として言うんじゃなくて

それだけ、こころにキズを負った者っていうのかな?

そういう状態になってわかるんだけど、彼もそういう状態だったと思う、・・・多分ね。

僕もあの頃はバンドやってたから、ジャンルは違うけど、音楽で、自分を表現しようと思ってたんだよね。

だから、やっぱり、彼がすごかったのは分かるよ。

でもね、彼も辛かったんだと思うよ、たぶん・・・。

あんまり彼のことを語るほど彼のことは分かってないから、この辺にしておきましょう。

でも、命が助かって、障害を負って、また、彼の歌を改めて聴く機会ができて、良かったな、ホント・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曲がったことは大嫌いです!!

2011年04月13日 23時48分43秒 | 日記
僕は、曲がったことが大嫌いで、自分が曲がったことをするのも、当然大嫌いでした。

だから、曲がったことをする人も大嫌いでした。

それが、高じて、憎むほど嫌いでしたが、憎んでも仕方ないので、物理的ではない攻撃をしてました。

それが、今回は物理的に攻撃してやりたいほど憎みました。

でも、相手を憎む自分もいやで、なぜ、これほどまで苦痛を負わされなければならないのでしょうか?

いったい、僕がどれだけ悪いことをしたのでしょうか?

今回は、加害者側の損保会社の対応が、本当に、テレビドラマにしてもいいくらい、呆れるほどにレベルが低いんです。

まるで、北〇鮮の工作員じゃないのか、あるいは、オ〇ム信者じゃないの!?っていうくらい。

僕が脳に障害を負わされてなければ、これほど、相手を憎むことが、自分の脳細胞にも負担をかけることはなかったんでしょうけどね。

だって、僕がノーブレーキで正面から突っ込んで行って、その結果がこの程度の損傷でおさまりますか?

これだけでも、修理すれば時価よりも高額になっちゃうから全損扱いになるんでしょうけどね。

けどね、って言ったのは、まだ、わからないんですよ!!

事故から1年以上たっているのに、バイクやら、衣服やら、荷物やらの物件損害賠償は未だに1円も受け取ってないんですよ。

損害賠償金額の提示すらないんですよ!!!もう、理解できません!!!

もう、こうなったら徹底的に闘います!!もちろん物理的にではないですけどね。

これが、ある意味では、リハビリになっている面はあると思います。

だって、事故に遭う前の記憶が戻ってきましたからね。

だから、それが曲がったことは嫌いな性格が戻ってきたんですね。

その「嫌い」のレベルがアップして戻ってきたんですよね。

だから、徹底的に闘います。

もちろん、僕が高次脳機能障害を負わされて、知識とか記憶とか瞬時に浮かばなくなっちゃったから弁護士さんに

応援を頼みましたけどね。でも、闘いますよ、徹底的にね。

あれ?また文章がまとまってないなあ。もう寝ようかな。

では、おやすみなさい。

・・・・zzzzzzzzz。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加