ど根性系障害者は頑張って生きていくぞ!!!~高次脳機能障害その他症状てんこ盛り障害とともに~

交通事故で負わされた高次脳機能障害等とともに3年ぶり復職できたけど、次の目標を探しながらまだまだ頑張る奮闘ブログです。

高次脳機能障害の回復はいかに

2010年10月31日 17時33分06秒 | 日記
 最近は目がぐるぐる回る症状が悪化しているので、本当に回復することができるのか、不安な状況です。脳にストレスがかかると、目がぐるぐるすることは、あんまりうれしいことではないのですが、経験でわかったことですが、その原因は何か?どう対処すればいいのか?等はわかりません。

 とりあえずは脳にストレスがかかることはやらないように、考えないようにすることくらいしか思いつかないですが、そのようにしようと心がけている。

 でも、保険屋の対応には呆れた。加害者の損害賠償の示談代行の作業をするのは一般論としては理解している。しかし、だからと言って関係法律を知らないことには理解できないし、理解したくもない。なんで、僕が事故で受けた症状で通院しなければならないのに、なぜ、その支払いを拒否するのか?理解できない。そもそも通勤途中で信号無視の大型トレーラーに轢かれた事故であり、僕には過失は無い。それをまともな対応をせずにくだらないことを言いまくる担当者には犯人の運転手以上の憎しみを感じた。

 だって、そうだよね。事故の記憶なんか無いから、犯人をにくいのは頭では考えることができるけど、覚えていないし、謝りに来たのは一度きりだから顔も覚えてないし。そういう意味では、僕の意識が回復した後の対応がめちゃくちゃな保険屋の担当者の方が憎くなっちゃうでしょ?憎いんだけど、それを考えていることが脳にストレスがたまって、目がぐるぐる回っちゃうの。

 だから、その保険屋を許してあげるわけじゃないけど、憎むことを考えていると、回復が妨げられちゃうから、だめみたい。馬鹿な奴を馬鹿だと思うことがダメなんだけど、別に僕が馬鹿だって言わなくても、みんなが「あいつは馬鹿だ」って言ってくれるから、考えなくてもいいんだよね。

 と、言いながら、ここにそんなことを延々と語っちゃうところがダメなんだけどね。あんな低脳の奴が課長クラスで給料もらうことができるんだから、「幸せで良かったね」と考えることにして、恨むことはやめることにした。だってこっちは何も得しないことだからね、あいつを恨んだって。

 というわけで本題に戻すけど、高次脳機能障害は完治は無理だってことはわかってるんだけど、じゃあどうやって回復していくか、それが問題なんです。とりあえず、事故前の趣味をスタートした時点まで戻って始めてみようかな、と思います。そうすれば脳にストレスはたまることなく回復していくんじゃないかな。いいことだけを考えるように心がけて、趣味で躓いても「あの事故に遭わなければ」ってことは考えないようにして、やり方を変えてみようかな。

 僕はバイクとクルマとギターとカメラが趣味だったんだけど、バイクは乗らなくても、中学生の頃みたいに、あのバイクの性能は○○で、とか考えておくだけにしようと思う。

ギターにしても、指が動かなくなっちゃってるけど、これは、初めて儀他^を引いた頃に戻ったと思えばいいんだしね、その代わり上達のスピードは落ちるけどね。そういう考え方を変えるだけで回復していくんだったら、それを心がけていこうかな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日から再びリハビリ通院です

2010年10月25日 17時57分26秒 | 日記
 耳の手術入院してお休みしてたけど、退院したので、リハビリ通院が今日から再開です。でも、保険屋のふがいない対応に怒り柄お通り超えて呆れてしまいまいたが、それでもやはり脳には疲れがたまってしまったようで、目がぐるぐる回って、バランスが取れなくなって、うまく歩けなくなってしまいました。

 そんな状態ですから、入院前のリハビリのメニューの全てを再開することはできないだろうと思っていましたが、やっぱり無理でした。以前は、僕がワンバウンドで軟球を受けて、それを思いっきり先生のグローブめがけて投げ返すというキャッチボールをやっていたのですが、さすがにそれはできませんでした。思いっきりと言っても、事故前のレベルの3分の1程度のスピードしか出せないんですけどね。

 でも、できる限り一生懸命がんばってリハビリしました。だって早く復職したいですもん。でも、高次脳機能傷害のリハビリって、がんばっちゃダメなんですよね。がんばっちゃうとそれが脳の疲労になってしまい、脳の回復の妨げになるんです。だから、「がんばります!」って言うと、「いいの、いいの。がんばらなくていいから、確実にやることだけ気をつければいいんだよ。」ってリハビリの先生からの言葉が・・・。難しいんだよね。「がんばる」って言葉、事故前には普通に使ってたもんね。

 そんなかんじでリハビリやってたら、なんと保険屋からの電話が妻の携帯電話に入ってた。そんなの病院にいるんだから出れるわけ無いじゃん!だいたい毎週○、○、○曜日はリハビリのために通院するって言ってあるから、損害賠償の示談代行の保険屋としては、把握してなきゃいけないんじゃないの?それがプロの仕事でしょ?!それで、留守電メッセージが入ってて、「また、夕方に電話させていただきます」っていうから、とりあえず、「リハビリが終わって帰宅したらかかってくるんだろうな」って思って、そのままにしておきました。

 帰宅したら、自宅にも電話してきたみたい。でも、留守電メッセージが全く無いのにはあきれたよ。「それが本当にプロの仕事なのかよ!」って思っちゃった。とりあえず、いらいらしても仕方ないから、外に出て自宅のリハビリ(家の周りのほうきがけだけなんですけどね)をやることにした。一通りがんばって、家に入ってみたら、また妻の携帯電話に電話が入ってたみたい。今度は留守電メッセージなし・・・。何それ!馬鹿にするのもいい加減にしろよ!!結局それ以外の電話はかかってこなかった。何の用事だったのかなあ?

 馬鹿を相手にしてても仕方ないから、リハビリに取り掛かることにした。がんばらないでだよ(笑)。目指せ復職!!です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耳の手術をして退院してきました

2010年10月22日 20時46分07秒 | 日記
 信号無視の大型トレーラーに轢かれて、全身打撲と高次脳機能傷害を負わされていますが、それだけじゃないんです。右耳の聴力も損失してしまい、24時間耳鳴りしか聞こえなくなっていたんです。

 頭部も打撲されていたわけです。そりゃあ、衝突のショックですから、強烈ですよね。だから耳小骨といって、鼓膜と脳へ伝わる神経のあいだに小さい骨と言うか軟骨が3つあるんですよ。そのうち2つが脱臼していました。1つは破壊されていましたから再生しなければならないわけです。それは耳たぶから軟骨を取り出して整形して作ったものを使ったそうです。1つは破壊されずに倒れていただけなので、それは立て直したそうです。言うのは簡単ですけど、耳の後ろからメスを入れて鼓膜より先の部分まできることになりますから、脳のすぐそばなんですよね。

 というわけで全身麻酔で手術です。僕が寝ているあいだに全部終わるわけですから、怖いことは全くありませんでした。だって右耳から聞こえる音が無くなってから、もうすぐ1年経つわけですから、聞こえるようになることは回復ですからね。でも、耳鳴りは治すことはできないそうです。耳から音が聞こえれば耳鳴りが残ったとしても、かなり回復したことになりますよね。

 入院2日目で手術を受け、トータルで8日間の入院です。昨日退院したんですけど、やっぱり耳鳴りは治りませんでした。しかも、耳が聞こえるようになるのは約1ヵ月後だそうです。手術後は、鼓膜内に体液が漏れているため、音を聞くことは難しいそうです。でも、手術後の保護のため、まだ耳の中にガーゼが入っていますが、耳を触った音はちゃんと聞こえます。これが聞こえなかったんですよね。

 事故からもうじき1年が経つんですね。高次脳機能傷害を負わされたので、時間の感覚がなくなっているからか、そんなに時間が経ったとは思えないのですが。もっとも、最初の2ヶ月くらいは意識が戻っていないわけですからね。

 でも、僕がこんなになって、まだリハビリをしている状態でも、おそらく犯人は免許停止も終えて、今頃運転しているのでしょうね。これは恐怖ですよ。あんなに荒っぽく、信号も見ていないような犯人があんなにでっかいトレーラーを運転しているわけですからね。また、誰かが犠牲にならないことを祈るばかりです。執行猶予が切れる直前にスピード違反で掴まれば執行猶予が解除されますから、刑務所行きです。そうすれば免許書き換えもできなくなりますから、免許取り消しになりますよね。そうすれば、まさか無免許で乗ることはないでしょうから、犠牲者は増やさないで済みますよね。

 まあ、あんまり犯人のことを考えていても、僕の回復が早くなることはないので、もうこの辺でやめておきます。

 病院で入院中はリハビリができなくなっているため、歩くことがすごく難しくなってしまいました。目はぐるぐる回るし、膝が痛くなってしまいました。だから、歩幅は事故前の5分の1くらいに狭くなって、バランス感覚がなくなっているため、ペースも落ちていますから、10分の1程度に遅くなっています。でも、退院したからリハビリ再開しなきゃね!がんばろ!耳が完全に聞こえる頃までには早さだけでも回復しなきゃ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あさっては入院だ!!

2010年10月12日 23時08分38秒 | 日記
 全身打撲の一部で右耳の聴力が失われたための治療として、手術することになったんだけど、あさって入院して、手術はその翌日です。怖さは全く無いといったらウソになる。だって、ちゃんと歩けないから、入院先で転ぶかもしれない。でも病院内で転んでもすぐに治療してもらえるから、大丈夫なのかな?むしろ期待してる。両耳が聞こえることで、立つバランスが取れるようになるきっかけになるかもしれない。

 でもきょう地検に電話して公判調書とかが地裁から移管されているかどうか聞いてみた。そしたら届いてるって!きょう地裁で謄写してもらった公判記録を読んでて思ったんだけど、犯人側がいかにウソばっかり言ってるか良くわかった。だって、犯人側の社長が、犯人を会社で面倒みるって言ってるのはウソじゃないんだろうけど、被害者に対しても誠意を尽くしてお見舞いしていくつもりだって言ってるんだけど、これ真っ赤なうそ。

 だって、犯人側の社長なんか、見舞いに来たのは1回だけだったし、2回目は判決のときに裁判所であった(と思うんだけど、顔覚えてないから良くわからなかった)だけだもん。別に会いたいとは思わないけど、「ウソ言ってんじゃねーよ!」ってまさにそんなかんじかな。

 裁判で見舞いに来た回数とかを発言してたけど、意識が回復する前に何回来たって、それで被害者本人が癒されるわけ無いじゃないか!!実刑になるのがいやだから来てただけだろ!!意識が回復したら、執行猶予が付くと思って安心したから来なかっただけじゃねーのかよ!!1回だけ来たのは覚えてるけど、ヤ○ザみたいなチン○ラな胡散臭そうな奴だったのは覚えてるけど、もう一度会ったとしても、わからないなあ。でも、○力団の人とか見たら、「こいつだ!」って思うんだろうな。そのくらい、人相悪かったよ。

 1年前は、こんな目にあうとは予想できなかったなあ。だって1年半前に轢逃げに遭って、その慰謝料もらったら限定解除して大型バイク買おうと思ってたんだもん。今にして思えば、轢逃げに遭った時点で、バイクに乗るのは、もうやめておけばよかったんだよなあ。でもバイクが好きだから大事にしてたし、丁寧に乗ってた。交通ルール守ってたし、最近の若い奴の運転とかかっこうとか大嫌いだったもん。安全装備なんかほんとに重装備だったから、命が助かったようなもんなんだけどね。最近の若い奴のカッコだったらグチャグチャになって即死してたよ。病院でも奇跡的だって言ってたらしいもん(意識不明だったから覚えてないんだけど)。

 でも、やっぱり悲しいな。ギターも弾けなくなっちゃったし、写真も取れなくなっちゃったし、バイクもクルマも乗れなくなっちゃったし・・・。できなくなったこと並べたらもっと悲しくなっちゃうからこの辺でやめとこ。

 明日は入院前の最後のリハビリ通院です。目がぐるぐる回っちゃってるのは不安だけど、がんばろっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また事故が起きちゃった

2010年10月11日 23時30分44秒 | 日記
 うちの奥さんのお友だちが事故に遭った。このお友だちのだんなさんも事故に遭って入院中なのに!なんで僕の周りでこんなに事故が多いの!!でも、僕も運転できなくなっちゃってて、うちの奥さんの運転する車の助手席に乗ってるんだけど、なんで車の運転がへたくそな奴に限って、かっこつけて運転するの!!許せないよ!!!!

 うちの奥さんの運転がうまいわけじゃないけど(別にへたくそじゃないです)、ちゃんとマナーあるし、交通ルール守ってるよ!へたくそな奴に限って、マナーはないし、交通ルールも守ってないし、周りのクルマに危険な運転してるんだよ!!僕がこんな目にあったのも、信号無視の猛スピードの大型トレーラーが突っ込んできたからなんだよ!!!!!!!!

 あんな奴が免停で済んでいるのが不思議だよ~!たぶん、また人身事故起こすよ。みんな気をつけてね。大型車って殺傷能力高いから、ちょっとぶつかっただけでも大変なことになるんだよ。道路交通法じゃなくって刑法で扱うべきだよ。だって被害者にとっては、通り魔に襲われたようなもんだよ。

 幸いこのお友だちは怪我はしなくて済んだようなんだけど、気をつけてね。高次脳機能障害だけじゃなくって、脳の損傷は外傷がないから、わかりにくいだけなんだからね。

 ほんとにほんとにみんな気をつけてね。運転する人によっては大型車は殺人凶器に変わるるんだからね!!最近は検察庁も怪しくなってきてるから、司法が味方になるとは限らないから、未然に防ぐしかないんだよ。あんまりこんなこと考えてると、ストレスで脳に悪影響及ぼすんだよなあ。もう寝ようっと。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加