取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

憎悪の連鎖

2017年06月20日 08時44分40秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
「人は今生きている社会に何ができるのか?」
不条理、理不尽、無理解、悪意、無明。
時に無力さに暗澹たる気持ちとなる。
憎悪の連鎖。
戦争、紛争、日々、人の命が奪われていく。
空爆などで死ななくともいい人々の命が奪われていくどうにもならない現況。
生命の尊厳の前に、余りにも人の命が軽る過ぎる。
この世から<悲惨><苦渋><残酷>を無くさなければならないはずなのに、解決の道はほど遠い。
人類の負った業とも言うべきであろうか?
迂遠とも思われるのだが、<人間の生命・心>を改革する他ない。

国民の幸福度を近代化の指標としている国・ブータン。
先進国が豊かさの再定義を余儀なくされている今、幸福度という尺度で<本当の豊かさ>を世界に問いかける国である。

ある意味で、掘り下げて一度は考えてみたい命題にあふれている。

例えばパソコンは、欠陥製品なのではないだろうか?
テレビや携帯電話は、電源のスイッチを入れれば瞬時に画面が映るが、パソコンは直ぐには軌道しない。
その違いは何であろうか?と素人の立場で思うのだ。

治療法もない難病の存在から頭が離れない。
友の過酷さは、まるで人類の苦を一身に背負っているように想われてならないのだ。
「かわいそうに」老いた母親の嘆きのつぶやきが胸に強く響いた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 権力こそ監視対象 | トップ | <バカ笑い> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伝えたい言葉・受けとめる力」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL