取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

<バカ笑い>

2017年06月20日 08時45分37秒 | 沼田利根の言いたい放題
地位を失った人は死ぬ気で向かってくる。
菅義偉官房長官は沈着冷静に見えるが、安部晋三首相と似て感情が先に立ち、痛いところを突かられると猛反撃する。

<行政を監視する意思と能力を持つ者こそ議員にふさわしい>増田寛也元総務相
であるなら、都民ファースト議員の存在はふさわしくないのでは?

日本のテレビ番組は明らかに質が低下しているのではないだろうか。
笑いの不自然さにまず違和感が募る。
笑えない状況なのに、<バカ笑>いが随所に挿入され、笑いを押し付ける。
いつからそのように変ようしたのだろうか。
笑いの質そのものが、低劣としか映じない。
一歩譲ってもユーモアとはほど遠い。
人を蔑むように相手を「お前」呼ばわりする傲慢さ。子どもたちへの悪影響など何ら配慮されていないではないか。
観て人を不愉快にするような番組を制作することは、プロのテレビマンとして恥ずかしくないのか?と問わずにいられない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憎悪の連鎖 | トップ | 6月20日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

沼田利根の言いたい放題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL