<川は流れる>

Reiの好きなこと、ここだけの話

「蒼穹の昴」

2010年08月30日 |  TVドラマ
録画みてます。

こないだは「Mother」号泣でしたが、
これまた素晴らしいドラマです。

中国映画やドラマは、基本全部吹き替えです。
それは「普通語」がもともと普及されてなかったということと、
普通語を話す役者が少なかった名残だと思います。
中国は広くいろいろな言葉があるからです。
香港で上映するときは広東語、韓国は韓国語、など
あらゆるアジア圏で吹き替えられているからですね。
字幕もさまざまです。

このドラマももちろん日本人の声も吹き替えですが、
中国語を話せない日本人ががんばってしゃべっています。

口のあけ方はもちろんその通りではないですが、合わせてあるのはわかります。
裕子さんは台詞も多く、相当苦労されたと思います。
日本語でない言葉をしゃべりながら感情を入れるのは至難の業ですね。

年齢にあったお化粧もされていて、素顔に近い状態です。
それが、実物の西太后の写真のイメージに近くてびっくりです。

見進めて行くうちに、西太后にしか見えなくなってしまいました。
西太后の細かな心理描写は見事です。
清朝の時代の紫禁城の中も、本当にこうだったのでは?
と興味深かったです。

衣装や髪の飾りなどとても豪華で、素晴らしいと思いました。
頭が重そうなので、華奢な裕子さんは大変だったのではないでしょうか。

西太后お付きの宦官、「春児」を演じている「余少群」はとても魅力的な俳優さんです。
裕子さんと一緒の場面が一番多かったので、
親子のように仲良くなって、別れがつらかったとか・・。
辮髪が良く似合い、いっぺんにファンになってしまいました。

これは確かBSのドラマですが、
総合で再放送があればいいのに、と思います。
裕子さんの代表作が又生まれたような気がします。

ほんとに、歳を重ねた裕子さんはますます素敵になりました。
どの役もはまり役で、偉大な俳優だと私は思ってます。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お誕生日記念

2010年08月29日 |  ブログ
2000年
「音楽倶楽部」より
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お誕生日おめでとうございます!

2010年08月27日 |  ブログ
柴山和彦さん
58歳のお誕生日、おめでとうございます。

近くで見ても、遠くで見ても、
そんなお歳なんて信じられません。

シャララダンスで意外な一面も見せていただいたし、
ますます、魅力的な柴山さんにぞっこんであります。

今年もステージの位置は上手ですか?
私も上手の席が多ございますので
いつものアイコンタクトができる・・(あ、カズラーの皆さん殴らないでね)

ジュリワンの時は遠かったので寂しかったです。

ばりばりぎゅうんぎゅうん、の柴山さんのギターを楽しみに
宮崎でお待ちしてまーす。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

まだ覚えてないし・・。

2010年08月27日 | ジュリー
何故かCD来たら、途端に忙しくて
ゆっくり歌詞を眺めながら聴くことができません。

遠出もないし、車でも近いとこばっか・・。

頭の中には「まほろーばのー」か
「ぱわあれす、ぱわあれす」か
「エメラルドアーイズ
が鳴り響いてですね。

あ、「涙色の空」がない・・。
あの歌は難しいでございます。

4曲、なんとちょうどいい曲数でありましょう。
この歳になると覚えるのは4曲が限度かもしれません。
私たちのこと考えてくださって、ジュリーったら・・オホホ。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

リフレイン

2010年08月26日 | ジュリー
もう、曲がさー、
頭の中でさー、
なりっぱなしなのよ。

「まほろーばのーちきゅうぅぅはー

今までの曲の「ごった煮」状態とも言えるし、
集大成とも言えるし、
今のうちに言いたいこといっちょけ、とも取れるし、

言葉数の多さとしては過去最高じゃないかしら・・。

老人は先が短いので、
言いたいことは早く今のうちに、っていう
思いが伝わってきます。
それだけメッセージ性が強いということだけど、

字として読むより、曲として歌われたら全然イメージが違うので
さすが、鉄人バンド・・・とうなってるところです。

曲の感想は、「じゅりじゅりたいむ」でぼちぼちと。
(あ、すいません、8ヶ月ぶりの更新になります・・・ダメダメじゃん)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

到着っす

2010年08月25日 | ジュリー
「涙色の空」到着しました~。キャッキャッ

早かったですねー、一般発売よりも6日も早く到着。
やっぱ澤会さんに頼んでよかった。

早速車で聴いてみます。
歌詞忘れ必至な難しい歌詞の4曲。
ソロコンは、ジュリワンの流れもあるし、歌詞忘れにはひどく寛大な自分になれそうです。
ウフフ

案外ジュリーの即興作詞が好きなものですから。
期待しちょる自分がいる・・。

また、じっくり聴いて感想は後日。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

高速道路1000円

2010年08月23日 |  ブログ
21日、22日とお仕事で「大分県湯布院」に行ってきました。

片道220kmです。
スムーズに走って(高速で)2時間半くらいかかります。
スムーズと言うのは(90km~110km)くらいのスピードで常時走るということです。
途中休憩を2回ほど入れて。

しかし、土日の高速道路は多かった。
追い越し車線を走ってると、もう走行車線のほうに戻れません。
運転に慣れない人たちは「恐い」といいます。

よく考えれば夏休み終盤、お父さんがどこかに連れて行ってくれるお休み、って言ったら、今週末除いてもうないよ、って慌ててでかけているんでしょうか。

九州の高速道路って渋滞することってまずないです。
だから、道路が混んでいても誰もスピード緩めないんです。

走行車線も追い越し車線もびゃんびゃん同じようなスピードで流れています。

行きは朝早かったのでまあまあの速度で走れましたが、
帰りの渋滞には驚いた。
九州道でこんな渋滞って・・・。
時速20~30kmくらいのノロノロ運転が延々と続きます。
都会の方は反対に渋滞にあったことない、ほうが驚かれると思いますが、
同乗者は
「高速道路の渋滞って初めて!」とわめいておりました。

帰りはとてつもなく時間がかかってしまい、
ぐったし。
まあ、料金が安くなったり無料になったりすると
道路の呼び名を変えないといけませんよね。
「高速」以外の呼び名を考えてみようっと。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

始まったのね

2010年08月20日 | ジュリー
昨日からリハーサル始まったようですね^^。

ああ、9月3日初日渋谷に行ける方、
楽しんできてくださいね。

そして私に携帯メールでレポをくださるかた、奇特なかた(誰かいる?誰かいる?)
待ってます。
あのね、私、ネタばれ、全然OKですから。

セットリスト知りたいのよ。
こそっと教えてくださいね。

予習していかなきゃだから。

私の初日は9月10日宮崎メディキットホール。
口蹄疫でつらい思いをした宮崎県民、元気にして欲しいです。

わたしゃ隣の県民として、ほんとに盛り上げたいです。
ちーっと遠いけど、頑張ってでかけますからね~^^/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

苦手なもの

2010年08月19日 |  ブログ
昨日、大事なものの話しをしたからついでに苦手なものの話も・・。

コンサートに香水をつけてくる人。
飲食店に香水をつけてくる人。

これはもう信じられない!という気持ちになるくらい苦手です。

たぶん、自分自身はあまり匂わないけど、
香水っていうのは匂いがはるか遠くに飛ぶんですよね。
5m四方くらい匂ってるんじゃないでしょうか。
いや、量によってはそれ以上。

だいぶ以前に、うちの会社の会長(女性)が(たぶん鼻がバカになってた)じゃぶじゃぶ香水をつけて会社に来てたので、それがトラウマになってるんでしょうか。
(今はもういらっしゃいません)

それもフランスのゲランとかジャネルとか強い匂いのやつをつけてました。
付き合いが、お医者様の奥様とか、でっかければいいやっていう宝石を身につけてる方とか、
そういう方に限られていたので、
まあ、目も鼻もバカになってたのでしょうね。

会長の乗る車は一生分の香水が振り掛けられており、
乗ると気分が悪くなって吐き気が・・。

ああ、遠くにあっても香水のにおいのする車・・・。
いや、これは大げさじゃなく、あると知らない駐車場で匂いだけで
会長が来てる、とわかったことがあります。

どこかに行って土産にもらうのはべっとりねっとりする「シャネルの口紅」だったりします。
うげーーーっ!
すみません、好きな方、すみません。
これは単なる好みの問題ですので^^;


ということで特に苦手なもののお話でした!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

私の大事なもの

2010年08月18日 | ジュリー
やっぱり自分の一番大事なものは友達かな。

友情がいつも自分を支えてくれてるような気がします。
自分自身が孤独に強くて、人に頼るタイプじゃないんだけど
これでも、本当は頼りにしてるんです。

いつもありがとう、感謝!

だから友達が一番大事だから、友達の幸せが一番嬉しい。

そしてその次がジュリーかな。
ジュリーは雲の上のスターだから、身近に感じることはないし、
何をしたってOKだけど、(スターが○○しちゃいけないという法律はないからね)

ただ現実的に、健康で生きてるってだけで、私は幸せなのです。

自分も若いときはそうじゃなかった。
テレビでふざけすぎるジュリーをみて不快になったり、
歌詞忘れも恥ずかしい、と思ったり、
声がかすれて出なかったりしたら「他の歌手みたいに大事にしてよ、喉」と思っていたり、

勝手に責めていたこともあります。

でも、今は全然ちがーう。
大切な人は健康でいてくれればいいです。
仕事が楽しくて、家族と幸せであればいい、と思います。

あんなに元気で歌ってくれるジュリーに他に何を望む?

そして、自分にとって大事なものがこんなにたくさんあるっていうのは
やっぱり「シアワセ」ですねっ。

まだ8月の半ばだというのに、
明日「涙色の空」が届くんじゃない?
なんて、日にちの感覚がボケボケですが、楽しみが続くのは
ジュリーだから。

他の歌手の方ではこうはいきませんよ。
60を超えてまだまだ続くなんて、ほんとにほんとにすごいですよ。

シアワセの連鎖を起こすことができるジュリーの存在は
私の大事なものというより、世界において大事なものですね。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加