<川は流れる>

Reiの好きなこと、ここだけの話

「魔界転生」鑑賞

2009年03月31日 |  ブログ
とは言っても、ジュリーの映画「魔界転生」ではありません。
2006年の舞台、G2脚本・演出の「魔界転生」です。
成宮寛貴、中村橋之助主演。
当時の評判が「成宮君気持ち悪かった・・・。」というのが多くて(成宮ファン許して)どんな風に気持ち悪いのか(笑)観たかったのですが、やっと見る機会に恵まれました。^^v

まず、思ったのは衣装が・・。どうも舞台衣装にしては地味かな~。天草四郎着替えなし。華やかなおばけなんだからもうちょっと色とりどりに着替えさせてあげてもよかったのでは。

あとの方たちは地味一辺倒。女性陣も何故か地味・・。

音楽はとてもよかったと思います。シーンに合った音楽が盛り上げてくれました。

キャストに関していえば、有名な映画やドラマでよく見る方たちが多く楽しめました。

けれど、G2さん、中村橋之助さん好きなのでしょうか。
中村橋之助は私から見たらやはり歌舞伎の人。
どうしてもかぶいてしまうのです。
ここが、現代劇もなんなくこなす、中村勘九郎(現勘三郎)や市川染五郎と違うところ。

橋之助さん、そして汗かきすぎです。
勘九郎さんも同じですが、歌舞伎の人はどうしても演技やしゃべりに力が入り、滝の汗になります。
肩や襟足が水をかぶったようにぐしゃぐしゃに濡れます。
あれは、どういうものでしょうか。
見ていると汗を拭いてあげたくて、気になって。^^ヾ

それから一番の難点は、G2さんの脚本でしょうか。
説明がとても多く、それを全部役者が口に出して言うのです。(視力障害の方のためには音声ガイドがついてたようですが)セリフが多すぎる。
聞いてるほうもぐったり疲れ・・。
ひっきりなしに誰かがしゃべってるという感じでした。

もう少しセリフをすっきりさせ、間を置き、表情などを楽しませてくれると、もっと成宮くん、中村さんの魅力が出たのではないかなあ。
柳生7人衆はとても良かったです。

それから女性陣は3人ですが、全員、雰囲気が似てるスレンダー美人。
だから見分けがつかなくて・・。
誰がお品さんで誰がおぬいさん?・・・
キャラが立つまで練りこまれてない演技という感じがしました。

転生したあとの、ひとりひとりの様子も、何故かあまり生きてる時と変わらず、ばらばらと舞台に一緒にいると、どの人が転生した人か見分けがつかないです。衣装でもちろんそれとわかりますが、
言いたいのは、そういう雰囲気オーラがないってことです。
メイクだけでは出せない魔界のオーラが欲しかったですねぇ。

まあ、文句ばっかり言ってますが、柳生十兵衛が父親の但馬の守と戦ってしまうシーンなどではやっぱ泣けました。
天草四郎も壮絶な最期をとげますが、成宮君、あまりに演技に力入って、絶命したあとも、身体が大きくバウンドするくらいの息遣い。
死んでないぞぅ、みたいな。
ちょっと息止めておいて欲しかったな。(ホントに死んじゃうって)



どうしても「魔界転生」というと、ジュリーの魔界転生が私には基本になっているので、厳しく見ちゃうんでしょうねー。
ジュリーのおどろおどろしさは、誰にも真似できないし。

ま、ジュリーファンだから許してくださいましね~。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

どこらへんまでがネタバレですか?

2009年03月31日 | ジュリー
花曇のぐずついた天気が続いている。
雨も、降るの?降らないの?ってはっきりしない。
とても寒くて、桜は散りながらも、まだ枝にくっついていたいなあ・・・て感じだ。
例年になく、花が長い。
曇り空にも晴天にも似合う桜の花だ。

桜が散ると淋しさもつのるので、早く4日(探偵を観る日)にならないかなあと指折り数えている。
「かなり面白い」そうだ。o(^^)o
感想は?
アップしちゃまずいよね。かなりおもしろいとだけ、言っとこうか。
感想を書けないと、またうずうずして困っちゃうかもしれないけど、お口チャックよね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆかりの地

2009年03月30日 | ジュリー
今回何度目の大阪でしょうか。
先日、決めコンで神戸に行ったとき、終わってから大阪で食事しました。
その時に「ナンバ一番」あとに連れていっていただいたのですが、なんと、残念!

もう取り壊されて、他の建物が建っている途中でした。

あの赤いレンガの壁が全部なくなっています。

今迄、パチンコ店だったものの、名前も壁も残してあったのに。

どういうもんでしょうね、あれ、

一部だけでも残しておけなかったのでしょうか。

大阪にはジュリーゆかりの地がいっぱいあります。
そんな地を訪ねて歩いて、ジュリーと遠い遠い感情ではあるけれど、共有できたらなあと思ってしまうのです。

ファンならではの心理。

だから大阪は好きです。今度の舞台も関西弁だし、ジュリーったらどうやっても、関西弁のおっちゃんが似合うんだなあ。




大阪 ナンバ一番あと
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蘭ちゃん

2009年03月28日 | ジュリー
さああ、あと1週間、お芝居モードに突入です。

もう、しばらくツアーライブのことは忘れて、「探偵~哀しきチェイサー」に集中したいと思います。

ストーリーの方もいくつかのサイトで確認しました。
悲喜こもごもの、人情話に仕上がっているようですね。

出演者も、毎回おなじみの顔ぶれ。
そうそう、伊藤蘭さんについて触れないと。^^

キャンディーズの中でもダントツに蘭ちゃんが好きでした。
「ザ・近松」は蘭ちゃんとの共演の方しか、映像になっていませんが、やっぱり蘭ちゃんの声の色っぽさに参りました。

顔よりも品よりも、声のほうが色っぽさを奏でるのには最高なのです。
もうジュリーの歌とあいまって、最高の二人でしたよ。
その二人が再度、共演、
こんなに楽しみなことはありません。

蘭ちゃんの顔はいわゆるバタ臭くなく、しょうゆ顔であっさりしています。
気さくで明るく、おちゃめでキュート。
そんな若いときのイメージがありますね。
同性としてすごく好感がもてます。

そんな蘭ちゃん、今回の舞台で、きっと役者としての正当な評価を受けるのではないかと期待してます。^^

蘭ちゃんファン、集いたまえ~^0^/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チケット模様

2009年03月27日 | ジュリー
昨日はめでたく落選通知が来てませんでしたので、お赤飯をいただきました。(もらいもの)
とってもおいしくて食べ過ぎました。

航空券の予約をすでにしていたのでよかったです。
ほっ。
それでも、日帰りなので、ライブの時間が2時間を越えますと、途中で出ないといけないかもしれません。
えーん!と号泣しながらアンコールでフケてる人がいたら、それは私です・・。

今迄途中で抜けたことなんてありませんから、本当に抜けれるかどうか自信ないですね・・。
ジュリー「行くな・・・」って引き止めないでね。

妄想に入りましたのでここでやめときます。


4月11日サザンシアターのチケットも届きました。
これは
「もうずっといい席あげてきたでしょ、新しいファンの人に前は譲りなさい」と言われてるようなお席でした。
いいんです・・
譲りますとももちろん!

音楽劇、初めて!というファンの方々、楽しんでね~。
そしていっぱい宣伝してください。
ジュリーの魅力を語ってくださーい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渋谷で起きること

2009年03月26日 | ジュリー
たった今、はたと気がついたんですが、
この【Pleasure Pleasure】は新曲のタイトル違いますか?

やだなあ、今頃気付くなんて、
そうに決まってるのに!

もう、私の頭の中では、このPleasureという言葉のリフレインが鳴ってますよ。
いえ、メロディはわかんないですけど、勝手に作って。

そいで、やっぱし景気のいいロックなら、なんらかのパフォーマンスがあるわけでしょ。
これ、もう渋谷でできあがるんちゃいますか?
こぶしを突き上げる以外の景気のいいやつ、頼みます。

だーっっ!もやりたいですけどね。
今年も「ロックンロールマーチ」歌ってくれるような気がします。
新しいジュリーのテーマミュージックって感じですよね。

おおお、楽しみになってきました。
私は6月6日に行きますが、落選通知が届きはじめてるということなので、今日家に帰って届いてなかったら、お赤飯を食べたいと思います。イエイ^^v
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

PLEASURE

2009年03月25日 | ジュリー
今年のツアータイトルが決まりましたね。

【Pleasure Pleasure】

意味はよくわからないのですが「愉快!愉快!」っていうニュアンスでしょうか。

「歓喜!」っていう感じですね。
昨日の日本優勝みたいに^^。

今年のジュリーは喜びで溢れていますね。
それはファンにとっては、奇跡を通り越してもうパラダイスですね。

「探偵」も、ものごっつう面白いみたいだし、cobaさんの曲も素晴らしいということで、期待が高まるばかり。
あと10日!

そして【Pleasure Pleasure】まであと72日?あ、そんくらいです。

毎日「Pleasure!!」って言って暮らしたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見たかった!

2009年03月24日 |  ブログ
私は普段はとても忙しい。
なので、封印している趣味がいくつかある。
その中のひとつに「野球観戦」がある。
もちろん球場に見に行ったりしないのだが、TVは見たい。
国内のプロ野球もメジャーリーグも、甲子園もみんな見たい。

普段はまったく見ないので、今どんな選手がいるのか皆目わかってない。
けれど!
今日はとにかく、このWBCの決勝戦だけは見たかった。

なので、ネットの速報に釘付けだった。
仕事はもちろんその間はお休み。

最後のイチローのヒット、やっぱり感激した。
ダルビッシュのガッツポーズ見たかった・・。
原監督の胸の内を思うと、涙が出る。

故障の選手をはずしたことで、野村監督などからこき下ろされたでしょう。
よく、耐えて自分の信念を守り通したと思います。

実は高校時代から原監督の大ファン。
同年代ということもあり、ヒーローだった。

高校時代はジャイアンツのV9で、毎日毎日ラジオにかじりついていたものです。

あー良かった、ほんとに良かった。

原監督おめでとう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

18の春

2009年03月23日 |  ブログ
3月、4月は若者の旅立ちの季節だ。

かくいう私も、ん十年前、この熊本の片田舎から東京へと上京した。
3月の下旬、研修センターで1週間の研修があった。

社会人としての常識や、接客、マナー、いろんな事を教わった。
あまり覚えていないけれど、接客のロールプレイングをしたことはよく覚えている。
ああいう実践的なセミナーがおもしろかった。
ただ聞くだけの、学校の授業のような勉強ほど面白くないものはない。

晴れて社会人になった私は、不安と期待でいっぱいだったが、ほどなくして、仕事とはなんなのか?という疑問にぶちあたった。
要するに、私は子供だったのだ。

まず、会社組織というものがどういうものか全然知らなかった。
普通高校で、簿記のボの字も学んでこなかったので、売り上げ、仕入れという言葉さえ知らなかった。
帳簿?それなんですか?
売掛金?なんですか?
状態の私を、怪訝そうに見つめる先輩女子社員。

「ほんとにこの子は大丈夫かしら?(バカなんじゃないかしら)」と思ったそうだ。
最初に与えられた仕事は伝票を綴じること。
これさえまともにやれなかった。
そんなこと初めての経験だったからだ。
穴を開けて、とじひもを通すことさえできなかった。

それから数字を書く練習。
毎日、プリントにお手本どおりの数字を書く。
まるで小学校の書き取りだ。
だけど、先生がいない。
仕事は自らが探してやっていくものだということを、少しづつではあるが、学んでいった時期だ。

私がいた部署の先輩女子社員は、半年ほどすると別の部署に配属になった。
先輩とは仲が良かったが、彼女はとても暗かったので楽しくなかった。
なので、実はちょっとだけ一人になることを喜んでいた。
彼女は先輩ではあったけれど、教えるという経験がなかったために、何も知らない私をどう扱っていいか悩んでいたようだ。

それから、私は一人で仕事をするようになり、水を得た魚のように、仕事を覚え楽しみこなしていった。
それから一年もしないうちに、オールマイティな女になっていた。
受身から自発的に仕事ができる女に変わったというわけだ。

若いって素晴らしい、と今から考えれば思うけれど、
本当に吸収力がハンパじゃなく、仕事が面白くて仕方がなかった。会社に行くのが楽しくて、たくさんの人と出会うのが楽しくて、
上司からもとてもかわいがってもらった。

あの頃に培われた仕事への想いは、今も懐かしい。
精神は忘れていないつもりだ。
18の時に出会った上司とは、その後も長い間年賀状のやりとりもしたし、
今もいろいろなことを思い出す。

あの時、あの会社で出会った人たちは、実はどんな宝石よりも私の心の中で輝き続けている。
18の春は旅立ちのとき、そしてターニングポイント、桜の花とともに、毎年私の心にいろんな熱い想いがよみがえるのだ。



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

公園の桜

2009年03月23日 |  ブログ
ようやく、近くの公園にも桜が咲き始め、今8分咲きといったところです。

今年は、なんとなくどこの桜もバラバラに咲き始め、いっせいにどこも綺麗よね、というのがないようです。

でも、日本の公園ってほんとに桜は必ずといっていいほど植えてありますよね。(違う?うちとこはそうです)
春の日差しがぽかぽかあったかい時期になると、可憐なはなびらをつけてくれる桜。散るのも早いし、物悲しくもなるけれど、
日本の春に桜がないなんて考えられません。

今年も無事に桜を見れてよかったなあ。
花見に行く余裕はないけれど、ドアをあければいつも桜が見えるので幸せです。

4月に大阪に行くころは、もう散ってしまっているかもしれないけど、いつか満開の大阪城の桜を見たいなあ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加