<川は流れる>

Reiの好きなこと、ここだけの話

「善き人のためのソナタ」ネタバレあり

2011年02月26日 |  映画
ときは1984年の東ベルリン。

国家保安省の大尉ヴィースラーは忠実な社会主義の権化だった。
芸術家ドライマンの監視を命じられ、24時間の盗聴と監視を開始した。

盗聴を続けていくうちに、ヴィースラーには自分のかすかな変化が感じられるようになった。
そしてそれが決定的になったのは
ドライマンが弾いたベートーベンの「情熱のソナタ」だった。
ドライマンが恋人に言う。
「この曲を深く聞く人は悪人にはなれない」

ヴィースラーは激しく心が揺すぶられる。
自分のしていることはなんだろう。
愛する芸術の未来をことごとくつぶしているこの仕事はなんだろう。
そういう疑問が心に湧いてきたに違いない。

そしてやがてドライマンが西側に発表しようとしている記事の件で
仲間と相談していることを知る。

ヴィースラーはやってはいけないことをした。
それを隠蔽したのだ。
虚偽の報告書を書き、国家保安省を欺いた。

それが自分の身の破滅になることは明らかだった。

・・・・・・・・・

1989年ベルリンの壁が崩壊し、社会主義国家は終わりを告げ、
言論の自由とともにドライマンは一冊の本を書く。
「善き人のためのソナタ」
ヴィースラーに捧げる一冊の本を・・。

・・・・・・・・・・・・・


なんとも感動的な佳作でした。
ジュリーが以前に「良かった」とインタビューで言っていたので、
どうにかして見たいと思っていたのですが、田舎で上映もなく
今になってしまいました。

当時の東ドイツにもヴィースラー大尉のような人がたくさんいたに違いありません。
民衆となんら変わりのない心を持った人たちが・・。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「花も嵐も・・・」

2011年02月25日 |  映画
昨日、ネット予約しましたー。
「寅さんマガジン 花も嵐も寅次郎」

うふふ。

これは映画館で観ましたか?
私はたぶん観ました。
ちょっと忘れちゃって^^;

その後、レンタルビデオやDVDでも何回も観たので映画館の記憶が薄れていますが。

今回のは「永久保存版」でしょ。マガジン付きですから、あ、反対か、
DVD付きマガジンでした。
そしてポスターも付録でついてる!!

私はジュリーファン
そして映画ファン
そして裕子さんファンですから
この映画だけは特別なんですよ。

山田監督にすっごい感謝ですね。
「男はつらいよ」30作目の記念の作品。
何度みても、蛍子のかわいらしさ、三郎の純朴ぶり、寅さんの可笑しみ、
三人三様のキャラクターが活かされていて
飽きることがありません。

映画は何度も観るタイプ。
その度に新しい感動があります^^v

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「Blood Diamond」

2011年02月24日 |  映画
レオナルド・ディカプリオ主演。

公開当時観にいきたかったのですが行けなかった1本。

ディカプリオの演技が好きなんです。
顔とかは別に好きな感じではないです。
どっちかというと苦手な顔かも。

でもすごく演技に惹き込まれる。
この映画もそうでした。

ダイヤ密輸商という、いわば悪者なんですが、
南アフリカの荒廃した世界に生まれ
不幸な生い立ちから、悪に手を染めなければいけなかった男の心が
雪解けのように溶けて行く様の演技が見事で、
本当に素晴らしい役者だなーと
見るたびに思います。

社会的ドラマと愛の人間ドラマが織り込まれていて
見ごたえもたっぷり。

ダイヤモンドがどこで採れて、どこで加工され
どこに売られていくのか、
その行程の中でどれほどの血が流されたのか、
そういうシリアスな実話が元になったとても怖い映画ですが

ロマンチックな愛が、純粋な家族愛が
それを浄化してくれる気がする、そんな映画です。
綺麗な気持ちを持てるラストでした。

DVDには監督のコメンタリーもついていて楽しめました。
「ラストサムライ」の監督さんです。

これはもう☆4つ半!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「情熱のステップ」

2011年02月22日 |  映画
DVD感想、ネタバレありです。

昨日、レンタルしてきて観ました。
シンガポールの映画?かな。台詞は韓国語と英語です。

チャン・ヒョク主演の映画ですが、
タイトルどおり、ダンス映画という分類に入る?のか???

と最初から疑問符だらけの映画でしたー。

ヒョクシのファンは読まないでね。(こればっかり)

まず、題材が「社交ダンス」なので少し期待して観てしまいました。
どうやってヒョクが踊るんだろう?
武道で鍛え上げた肉体はおよそ、ダンスには不向きな筋肉ばかり。

果たして!

ちょっとシリアスなロマンチックな映画だけど、ここ笑うとこ?みたいなところがあったので
笑っていいかどうか非常に悩みました。

だって、社交ダンスの練習かと思いきや、少林寺拳法の練習を「果し合い」のためにしてるんです。
何故唐突にダンス練習でなくてカンフー・・・。

カンフーの試合で恋の決着をつけるっていうんで部屋で一人DVD見ながら練習してるんです。@@)
けど、どうも様子がおかしい・・・・。

さあ、試合です。
審判と観客の立会いのもと、始まりました!
なんだ???@@)
演舞かよ・・・。

演舞は見ごたえたっぷりで、ふたりの技がぴたりと決まりカッコイイ。
最後にヒョクが、ぐらっとして負け。

あれ、負けたの?
そう・・・・、
みたいな感じですよ。
で、失意で韓国に帰っていくんですけどね。


笑っていいですよね?ここ。
シリアスな音楽が全編を通してかかっていて、
どうしようもなく暗いんですよ。

もう、傷ついて帰ってきた息子を優しく見守る父親、シンガポール行きの旅費を出してあげる父。
それだけでお涙ちょうだいなのに、
この展開がおかしすぎて泣けません><。やーん、
ヒョク、名演なのに。

そして肝心の社交ダンスですが、
最後に競技会でパソドブレを踊るんですが、
もちろんどしろうとのダンスなのでスローモーション多用。
何を踊ってるのかさっぱりわからない~。
主演の二人が社交ダンスができないのは一目瞭然。
(女性はクラシックバレエをやってる動きでしたね)

私は社交ダンス歴20年。

社交ダンスを正しく広めようと努力していた頃もあり
この映画に関しては
「社交ダンス」にして欲しくなかったな~、という感想です。

チャン・ヒョクはきっとダンス本格的に練習すればきっと上手になると思いますが
やっぱり武道の方が似合うかな^^。

お国変われば、映画の撮り方ももちろん違う、そんな印象ですが
細かい設定など気にせず、すっ飛ばして全体で映画を観ようとしても
それでもまとまりのない、どこに感情を持っていけばいいのか
観客をおきざりにするというのか、
そんな映画でしたね。

☆にすれば2つってとこ。きびしー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ももちパレス

2011年02月21日 | ジュリー
ももちパレス座席表

福岡の探偵のチケットがようやく手元に届きました。
今回は一回のみの鑑賞なので、良い席がいただけるかなーと思ってましたが
予想通りのお席だったので
ついうれしくて座席表をリンク。

ももちパレスは初めて。
なんだかとっても楽しみです。

今回の「探偵」は再演ということなので、たぶん基本的には変わってないのでしょうが、
時代設定も2年進んでるかな

ジュリーの髪の色は何色かな~。

あと一ヶ月以上先だけど、楽しみが待ってるっていいですね。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『星が降る』

2011年02月19日 | 
星が降る
あなたの髪 光り

星が降る
頬に伝う 光

プロフィール影となり 私の胸を打つ

星が降る
川面に映る 光

星が降る
さざなみに寄り添う

長い髪 風となり 私の胸を打つ

これからの想いをどこに伝えたらいいの
どこに向かえばいいの
教えて

星が降る
あなたの髪 光り

星が降る
頬に伝う 光

突然の言い訳 私の心裂き

これからの想いをどこに伝えたらいいの
どこに向かえばいいの
悲しい

ああ
星のまたたき やんで見つめる
あなたの横顔
沈んだまなざし
何故に星より美しい

ああ
いつかまた 輝いてくれるだろうか
私の星よ
私のあなた
降る星よりも美しい





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好きなお菓子

2011年02月17日 |  ブログ
自分的に好きなお菓子は~

とギャル風な書き出しで久しぶりの更新です。

いや、最近はまってるお菓子がありまして
以前から好きだったのですが
「ピーナッツ黒糖」です。「黒糖ピーナッツ」とも言う。
国産のほんまもんはあまりお目にかからないので。

今、食べてるのは熊本のお菓子屋さんの、一袋525円。
ピーナッツが少なめ、黒糖多めっていう感じです。

黒糖っていうのはミネラル成分たっぷりの健康食品。
白砂糖は美味しい~って思わないんだけど
黒糖はなんか好き。

黒棒とか、黒糖かりんとう、なんてのも好きなお菓子ですが
やはりピーナッツと組み合わせたのは誰の考えか!
素晴らしい組み合わせですね。
チョコピーナッツも好きですが断然黒糖に軍配が・・。

いえ、戦わせているわけじゃありませんが。

もちろん南国でしかとれませんからさとうきびは。
沖縄のがもっとも美味いと思いますが、
なかなか売っていません。

みなさんもどこかで見かけたら是非お買い求めを。
まわしもんじゃないです。
黒糖大使でもないですが、黒糖ピーナッツのファンです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「ウサギとリザード」

2011年02月05日 | 
死が僕を捕まえにくるなら
もうちょっとだけ待ってくれ。

あの娘に言いたいことがあるんだ
今、思い出したんだ。

だから
もう少しだけ時間をくれないか。

生きているならすることがある
何か人のためになりたい。

誰かに喜んでもらうにはどうしたらいいのかな。

友達に電話してみたけど
みんな忙しいみたいだ。

僕はきっと必要ないね。

本も燃やした。写真も燃やした。
もう必要ないから。

僕の想い出ってこんなに少なかったかな。

気のいい親友がひとり
僕をなごませてくれるよ。

これでいいかな、こんなものでいいかな。
想い出は嬉しいものだけじゃないから。
無理に作らなくてもいいね。

生きているうちにあの娘に言いたいことがあるんだ。
赤いウサギさえ見つかれば
きっと僕は少し長く生きられて
あの娘の笑顔が見れると思う。
だから

死が追いかけてきても
僕は逃げるから
手を握っていてくれないか。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DVD「うさぎとリザード」

2011年02月05日 |  映画
あまり興味はひかれない映画だったのだけど、
まあ、好きな俳優が出てるからと買った1枚。
(ヒョクシのファンは読まないでね。私もファンだけど・・ネタばれありです)


主演のチャン・ヒョク演じる「ウンソル」は心臓の鼓動が一瞬止まる珍しい病気。
それが何十秒と続くと死に至る。
職業は「タクシー運転手」

これが又解せない職業(笑)
だって、心臓の突然の発作があるのにどうして車の運転ができるのか。
客を乗せてるときに、発作が起こったことは?

なんてものすごく突っ込みたくなった。

この最初の突っ込みどころにひっかかって
どうしても完全に映画に没頭できない。

もうひとりの主演のソン・ユリ演じる「メイ」は
幼い頃、アメリカに養子に出され、
実の親を探しに韓国へ戻ってきたところだった。

最初にメイとウンソルが会うシーン。
発作を起こしたウンソルが通りかかったメイの腕を咄嗟に掴む。


ここもちょっと。

見知らぬ男性に急に腕を掴まれたらなんらかのリアクションないですか?
それも相手が苦しんでるようすなのに。
むっとして相手をにらんでるだけなんてありえなくない?^^;

客引きだと思ったのかメイはそのままウンソルのタクシーに乗り込むのです。
今、具合悪そうな人が運転するタクシーに乗って平気ですか?
おなかが痛いのか?くらいに思ったのでしょうか。

運命に操られるように出会った二人。
実は、お互いがお互いの傷を癒すのに会わなければいけない二人だったのです。


というストーリーはとっても良かったです。

ラストシーンも好きだし、
ハッピーエンドのような終わり方もすごく気に入りました。

でも、「観客のあなたが考えてください」的な
この演出の仕方は、あとにもやもやが残るタイプ。
ちょっと監督に詰め寄っていろいろ聞きたくなる。

メイはアメリカの両親に不満があるのだろうか。
娘の誕生日も覚えてない親という設定らしいが
それでも愛されて育っているというところも窺わせる。

メイの背中にはリザード(とかげ)に似た傷跡があり
その傷の理由を知りたくて、何故自分は遠いアメリカに養子にやられたのか
その理由を知りたくて韓国に来たのだ。
けれど、両親は事故で他界していた。

深く絶望するメイ。


この傷の件を見ながら「ママ・・・」という歌を想い出した。
(ジュリーファンならおなじみ)

と、それはともかく
その傷の理由のカギを握るのがウンソルだった・・、
そして、ウンソルは幼い頃みた赤いウサギを探していた。
見つければ病気が治る奇跡が起きる。
そう信じて。

そのすべてがメイとウンソルの幼いころの出来事に通じているというお話し。


叙情的で、映像も主演の二人の美しさも際立って
見ていて飽きない映画であります。

だからいいのか悪いのか、そこんとこどうなの?
見たほうがいいのか、良くないのか?
どうなのよ、
と言われてもさっぱり答えられない映画です。

まあ、3回続けて見た感想がこれです。
ご想像あれ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ジュリー寄り

2011年02月04日 | ジュリー

ミュージック ペンクラブの音楽賞を受賞!という嬉しいニュース。

コンサートパフォーマンスでツアーが選ばれたことに特に意味があると思う。
日本全国、ツアーを重ねているアーティストは他にもたくさんいるけれど、
2008年に「ジュリー祭り」でジュリーが注目を浴び、
審査員がジュリーにずっと関心を持っていてくれたおかげだろうと思う。
2010年に「ジュリー with ザ・ワイルドワンズ」が
長いツアーをやった事が評価されて本当に嬉しい。

ジュリーファンとしては、ソロツアーも併せて評価されたんだと思いたい。

よくよく考えてみれば、ジュリーはこの賞が一番嬉しいのではなかろうか。
自分が生涯をかけて続けてきた仕事、ライブツアー。
これが今、最高の評価を受けているという事は
ジュリーの人生が最高だと言われているようなものだから。

私は2009年、この賞の授賞式にジュリーが出席して
挨拶をしてくれた様子をペンクラブのHPで見て、
本当に感激した。

ジュリーはファンの誇りです。

今年はワンズのみなさんと全員で出てくれるでしょうか。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加