笑顔あふれる生活へ!〜股関節と共に〜

田山陽平が、股関節とリハビリについて、皆様のためになる事を、選りすぐって書いています。
頑張ろう!日本!!

深圧実技研修会(1日研修)のお知らせ and more!

2016-05-16 18:48:50 | 日記
年に一度の

外部向け

深圧実技研修会

が、今年は

7月17日(日)10時〜17時(休憩1時間)

に開催されることとなりました。

金額はテキスト・お弁当代込みで50000(税込)になります。

場所は松本深圧院 銀座店です。


また、研修会後には懇親会も開催しておりますので、是非そちらにも出席して頂けると幸いです。

参加ご希望の方は、当院ホームページより、お申し込みをお待ちしております






別件で皆様に、もう1つお知らせがあります。

銀座店に新しいスタッフが1人増える事になりました

銀座店は長い事、予約が取りにくい状況が続いていて皆様にご迷惑をお掛けしておりましたが、

それも、もう少しで解消されそうです。


小林 裕哉 (こばやし ゆうや)先生です。


本日より入社され、まずは深圧実技研修の日々が始まります。

指導をし、早ければ6月中旬、遅くとも7月からは予約が取れるように計画しています。


運動系医療士という資格で、前職では整形外科病院のリハビリテーション科で約10年勤務していましたので、

治療の経験が豊富です。

最後は副主任としてリハビリ科のNO.2として働いていたそうです。

その前には整骨院やスポーツジムで施術をしていた経歴も持っています。


38歳で4人のお子様がいらっしゃる、家族の大黒柱です。

また高校時代は野球の有名校でキャプテンを務めていました。


以上、簡単な小林先生の紹介ですが、

皆様も一緒に小林先生を育てて頂けると幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。




そして、私もこれから小林先生の深圧実技指導に時間を費やさなければならない関係で、

またブログを一時的に休ませて頂こうと思います。

次回のブログ更新予定は7月4日(月)を予定しております。

宜しくお願いします。





夢と同様に首を長くして次回のブログを待っていて頂けると幸いです







股関節の不安を一緒に取り除きましょう








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目指すべき筋肉の質とは!?

2016-05-09 12:17:59 | 日記
松本深圧院では筋肉に対して

「深圧」と言う他では行っていない方法で、施術を行っています。


施術の対象は基本的には筋肉です。

私達は、筋肉をどのように変化させて症状の改善を図っているのかを説明します。


医学用語で「筋緊張」と言う言葉があります。

字のごとく筋の緊張具合を言うのですが、

更に詳しく言うと、

「筋肉が持続的に縮んでいる状態の事」

あるいは、

「私共が皆様の股関節を動かした時に感じる抵抗感の事」

を言います。

つまり、私共が足を持って、関節を動かした時に感じる「突っ掛かり感」や「引っ掛かり感」とでも言いましょうか。

簡単に言ってしまえば関節が筋肉が邪魔して「スムーズに動かない事」です。


これらの原因は、筋肉の「粘弾性(ねんだんせい)」によるものです

(正しくは神経の要素もありますが、ここでは分かり易くするため、割愛します)。


筋肉の「粘弾性」

いったい何の事でしょうか?


まず「粘性」と言う言葉があります。

これは「物のねばり度合い」を示したものです。

「変形する性質」を指します。

例えば、粘土・シリコン・水・スライム等がイメージし易いでしょうか。



続いて「弾性」と言う言葉についてです。

これは「外から加わった力により変形した物がその力を取り除けば元の形に戻ろうとする性質」です。

例えば、バネがそれにあたります。



話を筋肉に戻します。

筋肉は「粘性」と「弾性」の両方の性質を持っています。

筋肉の「粘性」が低いと言う事は、筋肉が伸びやすい正しい筋肉の状態です。

筋肉の「粘性」が高いと言う事は、筋肉が伸びにくい筋肉が病気の状態です。



筋肉の「弾性」が低いと言う事は、筋肉が伸ばされた後に、なかなか元の長さに戻りにくい筋肉が病気の状態です。

筋肉の「弾性」が高いと言う事は、筋肉が伸ばされた後に、すぐに元の長さに戻る正しい筋肉の状態です。



つまり目指すべき筋肉の状態は、

粘性は低く弾性が高い筋肉」です。


当院に初めて来院される方の、ほとんどが逆の粘性が高く、弾性が低い状態でいらっしゃいます。

これは筋肉の病気です。

筋肉に対して「深圧」を行う事で、正しい筋肉に戻す事が可能です。


ご自宅でもボールやらっこちゃんを使って筋肉をほぐすと効果が出ます。



是非、やってみて下さい







暑いので夢をサマーカットにしました







股関節の不安を一緒に取り除きましょう




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんなでナルシストになろう! パート2

2016-05-02 09:51:45 | 日記
ゴールデンウイーク、いかがお過ごしでしょうか?



前回に続いて、

鏡を見て自分の姿勢をチェックしよう。の2回目です。

前回は前から見た姿勢を説明しました。

今回は真横から見た姿勢を観察してみましょう。



正面からと同様に天井から1本の糸を垂らした状態を想定し、

その線上に身体の、どの部分があると正しい姿勢なのかをチェックしていきます。




上から順にチェックポイントを書いていきます。

耳たぶ。

肩の一番外側に出っ張っている骨(肩峰)。


丸で囲んだあたり。

矢印のところが肩峰。


股関節の一番外側に出っ張っている骨(大転子)。


膝のお皿の裏。


縦線を書いたところが、お皿の裏。


外くるぶしの2〜3cm前。

以上の部位が線上にある状態が、横から見た時に正しい姿勢になります。


股関節症の方は、耳たぶや肩峰、膝のお皿の裏が、線よりも前に出ている方が多いです。

是非、前回の正面からと一緒に横からの姿勢をチェックしてみて下さい。

今まで気がつかなかった、意外な発見があるかもしれません。


そして、姿勢の異常に気が付いたら、その後は日常生活の中でいかに正しい姿勢を意識して過ごせるかが勝負になります


正しい立ち姿勢が取れるようになることが、正しい歩き方になるための第一歩です。

頑張って意識していきましょう。





夢の舌がペロッ








股関節の不安を一緒に取り除きましょう


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

みんなでナルシストになろう! パート1

2016-04-25 10:09:19 | 日記
私は、お風呂に入る前、裸で鏡の前に立ち、自分の身体を見回します。

「かっこいいボディーになってるかな?」

「女性にもてるかな?」

と、思って。





では、ありません。

まあ、

「ビール腹になってきたなー」

とか

「脂肪が重力に負けてきたなー」

などは、思いますが。


真の目的は、姿勢チェックです。



主に真正面から見た姿勢と、真横から見た姿勢をチェックします。

今回のブログでは正面から見た姿勢について詳しく説明します。


簡単に言えば、真っ直ぐ、どちらか左右に傾く事なく立てているかどうかです


立っている姿勢は基本の姿勢です。

立ち姿勢が悪ければ、歩き方も、その影響を受け悪くなります。


そこで、皆様にも是非、立った姿勢をチェックして頂きたいので、チェックポイントをいくつか挙げていきます。

下の写真の赤線のように頭の先から床まで1本の糸をたらした時に、その線上に正しい身体の部位が来ているかどうかを見ます(正中線)。



以下、上からチェックポイントです。

顔の目と目の間の、ちょうど真ん中。

鼻のてっぺん。

唇の中央。

胸のミゾオチ。

おヘソ。

股の真ん中。

両方の膝の隙間にできる空間の中央。

両方の内くるぶしの隙間にできる空間の中央。





と、言う感じです。

出来れば身体全体がうつる姿見の前に立つとベストですね。


やはり、痛い足があると、それをかばう為に、良い足の方に重心が傾きやすいです。

両方の足に5:5で体重が乗ると真っ直ぐ立てます。

また、荷物をいつも同じ方の肩にかける癖がある方も、どちらかに姿勢が傾きがちです。

そして女性の場合は、前髪の分け目が左右どちらに流しているかでも姿勢が傾きます。

たまに荷物をかける肩を反対にしてみたり、前髪を流す方向を左右反対にすると、このような姿勢の左右差が改善されたりします。


是非、鏡の前に裸で立って、お風呂前には姿勢チェックをする習慣をつけましょう

意外と、真ん中ではない身体の位置を、脳が真中だと勘違いしている事が多いです

それを目で確認する事は重要で、それがリハビリにもなります

やってみて下さい


次回のブログは横から見た姿勢のチェックポイントを書き込みます。






ん〜!夢、可愛い






股関節の不安を一緒に取り除きましょう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関節と筋肉の関係!(イチロー選手談)

2016-04-18 10:00:54 | 日記
先月、テレビニュースの「報道ステーション」のスポーツコーナーで、

メジャーリーガーのイチロー選手と、野球解説者の稲葉さんが対談する特集を2夜連続で放送されていました。

観られた方も多かったのではないでしょうか?



対談の中でイチロー選手が、興味深い話をされていました。

その内容は、

稲葉  「筋トレで身体を大きくして、それを活かすことが流行っているけど、どう思う?」

イチロー「いやいや全然ダメでしょ。

     自分の持って生まれたバランスを崩したらダメですよ。

     筋肉が大きくなっても

     支えている関節や腱は鍛えられない。

     だから筋肉の重さに耐えられなくなって関節が壊れちゃう。

     当たり前の事なんです。」


どうでしょうか?

この内容。

つまり、自分のバランスを崩すような筋肉トレーニングをする事は、逆効果になると言う事です。

股関節症の方に例えるのであれば、

「筋トレ!筋トレ!」

とガムシャラに筋トレを頑張っても、

その結果、股関節が耐えられなくなって、変形や痛みを助長させてしまっている可能性があると言い変えられます

それは人間の身体にとって、当たり前の事と言っています。


どう思われますか?

私が言っているより、イチロー選手が行った方が、何だか真実味がありますよね!?


関節や痛みを治すためには、筋トレをしましょう!

と言うのは、間違っているケースが、多いのが日本の現状です。

筋トレが「悪」ではないのですが、筋トレをするにも身体にとってのタイミングが非常に重要なのです。


痛みがある方は、筋トレをする時期ではありません。

まずは筋肉が正常に伸び縮みできる質に戻す事が「肝」です。

適切なタイミングで、適切な対応をして、症状を改善させていきましょう






夢は、何かを見つけたのかな?








股関節の不安を一緒に取り除きましょう







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡店グランドオープン!!

2016-03-31 16:44:53 | 日記
4月4日から松本深圧院の直営店として「福岡店」が遂にオープンしました。

今までは松本総院長と、名古屋店の早川院長が交互に2ヶ月に1度、出張で施術していましたが、

常設店として「中村先生」が着任する事になりました。

中村先生は銀座店で約2か月間、泊まり込みで深圧の修行をしましたので、その腕前はお墨付きです。

そして人柄も股関節に悩んでいる方に寄り添ってくれる優しい先生です。

股関節で、お困りの方は是非「福岡店」で予約を取ってみてはいかがでしょうか。


中村先生もブログを始めました、このページにもリンクを張り付けてありますので、是非、覗いてみて下さい。


オープンに伴い、私も1日〜3日まで福岡に行ってきました。

3日には松本総院長による講演会もあり、多くの方に集まって頂き、誠に有り難う御座いました。

盛況のうちに終わり、私共もホッと安心しています。



4月になりましたが、私の方はと言うと・・・。

ご存じの通り、御陰様で日々の業務に追われていて、最近はブログの更新が思うようにできていません。

申し訳ありません。


ちょうど1年前のブログにも、もしかしたら毎週月曜日更新が難しくなるかもしれないと書かせて頂きました。

去年のうちは、それでも何とか週一回更新してきたのですが、

今年に入ってからは・・・。

いつも心の中では気に掛けているのですが、ブログを書く時間がとれないでいます。

これからは、とにかく時間が出来ればブログを書くようにはしますが、それがどの位の頻度で書けるか正直わかりません。

まだまだブログで伝えたい事は沢山あるのですが、心苦しい限りです。


このような状況ですが、たまにブログを見に来て頂けると幸いです。

今後とも宜しくお願いします






夢を見に、たまにブログを開いて下さいね








股関節の不安を一緒に取り除きましょう





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筋肉ほぐしグッズ紹介! パート2

2016-03-14 15:01:52 | 日記
前回に引き続き、また別のグッズを紹介します。

こちらも当院に、通って頂いている方に教えて頂いた物になります。



商品名は

「The Stick」(ザ・スティック)



です。


当院のらっこちゃんシリーズは、股関節周囲の奥深いところを狙った商品ですが、

ザ・スティックは、太もも・スネ・ふくらはぎ・背中・首など、

表面にある筋肉をほぐす事を得意としています。


使い方は、こちら



このような感じで両手でグリップを持って、中央部にある白いコロコロを、転がしてほぐします。


ザ・スティックには種類が、いくつかあるのですが、グリップの色で長さや特徴が分かるようになっています。

私は、この緑のグリップが使うのにはちょうど良いかと思いました。


紹介して頂いた方は、様々な色のザ・スティックを持っているそうです。



この商品も、興味のある方はインターネットで注文してみて下さい。




私の父親の、ももが居心地の良い夢です







股関節の不安を一緒に取り除きましょう




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筋肉ほぐしグッズ紹介! パート1

2016-03-07 13:24:28 | 日記
ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。



当院で、筋肉ほぐしグッズと言えば、

「らっこちゃん」シリーズが好評発売中ですが、

世の中には、様々な健康グッズが溢れていますね。


今回と次回のブログでは、当院に通われている方から紹介して頂いた

股関節症の方にも非常に有効なグッズを紹介します。


先ず今回紹介するのは、こちら!



「パワー ポジション ボール」

略して「PPB」

です。


健康番組や健康雑誌で、テニスボール2つをガムテープでくっつけて、筋肉をほぐすと良いですよ。

と、勧めている事がありますが、

まさしく、ソレです。


ガムテープを使うと、衣服や皮膚にくっついてしまったりと、以外と制作が難しかったりしませんか?


しかし、この「PPB」は、その心配はいりません。

硬さも程よく、

私も家で、らっこちゃんと併せて愛用しています。

使える場所は、このような部位。


私は、主に首・背中・腰と土踏まずに使う事が多いです。


気になった方は、是非、インターネットから注文してみては、いかがでしょうか?












股関節の不安を一緒に取り除きましょう





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北陸(富山)の皆様、今年は行きますよ!

2016-02-15 20:49:25 | 日記
今年の私の出張スケジュールが、おおまかに決まりましたので、お知らせします。



昨年の私の出張施術は、札幌仙台を担当させて頂きました。

今年は更に加えて「富山」「高崎」に伺う事になりました。



札幌は去年と同様に偶数月に松本と私が交互に、年6回伺います。

仙台も去年と同様に奇数月に松本と私が交互に、年6回伺います。



そして「富山」には、私が3・7・11月に、

名古屋の早川が5月計4回、伺います。


が、しかし!

万が一、患者様の集まりが悪いと、途中で中断と言う事もありますので、

股関節仲間がいらっしゃる方は、是非、紹介して下さい。



去年までも不定期に伺っていた「高崎」には、

松本が5月に、

私が8・12月計3回、伺います。


北陸・長野・新潟・群馬県にお住まいで股関節痛に悩まれている方がいらっしゃいましたら、

当院ホームページの出張施術画面の、お問い合わせからメールをください。

お待ちしております。


現在は3月18(金)・19(土)の両日で「富山」の施術予約受付を行っております。

ご希望の方がいらっしゃいましたら、

宜しくお願い致します。




来週は札幌出張中の為、ブログの更新はありません。

ご周知ください。












股関節の不安を一緒に取り除きましょう





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の札幌出張施術のお知らせ。

2016-02-08 09:45:17 | 日記
来週2月18日(木)〜23日(火)まで

札幌に施術の為、伺います。

札幌には北海道全域から、時間をかけて深圧を受けに来て下さる方が、たくさんいらっしゃいます。

本当に感謝の気持ちと、

その分、頑張らなくては!!

と言う気持ちでいっぱいです。



今回は、まだ雪の時期と言う事で、

普段、施術にこられている方の中で、豪雪地帯から来て頂いている方は、

2月は札幌まで来ることが大変ですから、今回は見送られる方が多く、

そのため、予約にまだ空きがございます


北海道で施術をご希望の方がいらっしゃいましたら、

ホームページの出張施術画面から、

お問い合わせをクリックしてメールをください。

お待ちしております。





後一カ月は、サボリ気味のブログになってしまうと思いますが、宜しくお願い致します。










股関節の不安を一緒に取り除きましょう
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

銀座店 近況報告

2016-02-01 15:39:37 | 日記
お久しぶりです。

1月は銀座店に入職する斎藤先生と、

福岡店を任せる中村先生の

実技&業務指導に力を入れさせて頂いたため、久しぶりのブログ更新になります。



斎藤先生は2月から、いよいよ深圧デビューです。

1月に何名かの方に模擬深圧として斎藤先生の施術を受けて頂きました。

皆様から

「びっくりするぐらい上手」

「目をつぶっていると、松本先生にやってもらっているようだわ」

と、驚きの言葉を頂き、準備完了です。

2月1日から斎藤先生の3月分の予約をネット上で受付中です



福岡店は4月オープンになります。

中村先生も、順調に腕を上げてきています。

もう少し時間をかけて一人で福岡店を任せられる状態まで、2・3月で仕上げていきます。

4月からの中村先生の予約は近々、受付開始になります

宜しくお願いします。




3月中旬までは、ブログ更新できる時にアップします。





最近は寒くて、ほとんど散歩していません







股関節の不安を一緒に取り除きましょう





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1302号室!

2016-01-11 15:59:24 | 日記
私は年明けから、13階1302号室で施術を始めました。

やはり皆様、すぐには部屋番号を覚えにくいようで、インターフォンの前で悩んでしまうようです。

そのような方々に、アドバイスです。

インターフォンの前に立ち、

ちょっと左を向いてみて下さい。


そうすると、真横に郵便受けが並んでいます。

ちょうど横を向いた目線の高さに

「1302 松本深圧院」

の表札が目に飛び込みます。

写真の矢印のところ。


部屋番号を忘れてしまった方は、ちょっと左を向いてみて下さいね。



また、以前のブログに1302の覚えやすい方法を募集します、。

と書きましたが、

早速2人の方が、考えてきて下さいました。

1つは、

「行ってみたら(13)
 まるで普通(02」


です。


もう一つは、

「いざ!(13)
 鬼退治!(02)」


です。

どちらも、私が思い浮かばなかった案で、感謝、感謝です。

ありがとうございました。

上記の、どちらでも覚えやすい方を使って、覚えて下さいね






夢の珍しいアングル








股関節の不安を一緒に取り除きましょう
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年!!

2016-01-04 20:46:06 | 日記
あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。




記録的な暖かさの年末年始、

皆様、いかがお過ごしだったでしょうか?

私は、本日が仕事始めですが、出勤の電車の中がすいていて驚きました。

意外と、まだ連休中の方がいらっしゃるのですね。


さて、私は本日から13階の「1302」号室で1人で施術を始めました(社長も仕事してます)。

出張先で施術をしているような雰囲気です。



昨年末のブログで書いた通り、

2月から銀座に斎藤先生が、

4月から福岡店が新規オープンし、中村先生が配属されます。


それに伴い、今月から3月までは、私の空き時間を、

両先生の深圧実技指導に時間をあてなければなりません。

そうすると、今まで空き時間を使って書いてきた、このブログを書く時間が、

恐らく取れなくなると思われます。

そこで、3月中旬までは、ブログの更新が、かなり減ってしまう事が予想されます。

いつも、読んで頂いている方には、大変申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いです。

今年も、宜しくお願いします。



松本深圧院 銀座店 田山





夢も元気に新年を迎えました










股関節の不安を一緒に取り除きましょう



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来年に向けて、重要なお知らせ!

2015-12-21 20:36:41 | 日記
今回で今年最後のブログ更新となります。

今年も1年間、こちらに立ち寄って頂きまして、誠に有り難う御座いました。

私も、週一回の更新ペースを継続してくることが出来て

「ほっ」

としています。



そして、最後に来年に向けてお知らせ事項がいくつかありますので、案内させて頂きます。



1つ目。

銀座店はマンションの1001号室で今まで施術をしてきましたが、

1月から私だけ、部屋を移動します。

マンションの最上階である13階の

1302号室」

へ移ります。


1302」で、覚えやすい語呂を募集中ですので、考えてみて下さい。


銀座は家賃が高くて「ヒーヒー」ですが。。。


1001号室は今まで通り、松本総院長と宮川先生が施術を行います。

間違えて1階のインターフォンで1001を押しても、ピンポンダッシュにはならないので、ご安心ください。


もう1部屋借りる事になった経緯は、

銀座店の予約が取りにくい現状を打破すべく、4月にはスタッフを1人増やしたいと考えています。

それに向けて、現在採用活動を行っています。

まだ決まってはいませんので、身近で良い先生がいる場合は、是非、当院に紹介して下さい。


また、当院には松本総院長とは別に社長がいます。

今まで社長が仕事をする場所は1001のキッチンでしたが、

これで「1302」に社長専用の事務所が構えられるようになります。





そして2つ目のお知らせです。

一昨年から銀座店で働いていました、浜田先生が来年2月いっぱいで退職する事になりました。

今後、いずれは独立開業するかもしれません。

浜田先生の後任が既に決まっています。

理学療法士斎藤先生が2月から銀座店に着任されます。

斎藤先生は松本総院長と、埼玉医科大学病院で10年間一緒に働いてた旧知の仲です。

その後も、股関節患者様を担当してこられましたので、股関節については経験が非常に豊富です。

現在、理学療法士歴、約25年の大ベテランで、私の倍以上、この世界で働いていらっしゃいます。

既に、深圧の技術は、かなり身についており、

残り1か月半で更に浜田先生が担当していた患者様をしっかりと引き継げるよう研修を行っていきます。



以下、斎藤先生のプロフィールです。

理学療法士として、大学病院や一般病院にてリハビリテーションの業務に長年従事。

病院では、小児から老人、整形外科疾患、中枢神経系疾患等々様々な患者の診療にあたる。

中でも変形性股関節症患者を診療した経験は豊富。

時代の変化に合わせ、病院の環境も大きく変わり、入院期間はドンドン短くなり、

患者に十分なリハビリを提供できているかを常に自問自動詞てきた日々を経て

「時間をかけ、患者さんとの繋がりをもっと大事にしたい」

という動機により来年2月からの松本深圧院への入職に至る。

現在52歳。

家族は妻と子供2人。





最後に3つ目のお知らせです。

福岡店が4月4日 月曜日から常設店としてオープンする事が決まりました。

福岡店に着任するスタッフが、ようやく決まった次第です。

作業療法士の、中村先生です。

沖縄出身で、福岡在住です。

それに先立ち、4月3日 日曜日の午後に2時間位の内容で、

松本総院長による講演会を開催する事が決まりました。

場所は博多駅筑紫口徒歩3分の東洋ホテル会議室です。

お値段は無料。

定員に限りがありますので、参加ご希望の方は、ホームページの「問い合わせ」からメッセージをお願いします。





以上が、来年に向けた、お知らせです。

来年も、松本深圧院グループを宜しくお願い致します。

私が担当させて頂いている皆様は、「1302」号室で、お待ちしております。

インターフォンの前で、部屋番号を忘れてしまった場合は、今まで通り1001を押して聞いて下さいね。

良いお年をお迎えください






夢も視線は申年へ





股関節の不安を一緒に取り除きましょう












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

闘病記!

2015-12-14 20:42:41 | 日記
先日、私が担当させて頂いている患者様に

松本総院長から闘病記を書いてみませんか?

と、お願いしたところ、

快く引き受けて頂き、

そして、完成したので

松本総院長のブログにも掲載済みですが、

こちらでも紹介させて頂こうと思います。





「闘病記」

2013年2月1日勤務中、私は突然歩けなくなった。

詳細には右足を曲げると股関節に激痛が走るので、右足を棒のようにして左足だけで歩くという状態だ。

職場の人たちは心配したが私は楽観的だった。

なぜなら股関節が痛くなることはこれまでもあり、魔法のように治った整体をいくつか知っていたから。

その日は早めに仕事を切り上げ整体へ。

しかし治らず整体を梯子する。

それでも治らない...どうしたんだろう?



次の日、念のため整形外科に行くと、医師から

「変形性股関節症です。これは進行性の病気で、あなたはこれから一生走ることはできないでしょう」

と告げられた。

私はすぐに事態が飲み込めず

「来週大会なんですけど?」

と答えた。

私は趣味でスキーをやっており大会に向け練習を重ねていた。

「大会とか言ってる場合じゃない!スキーはもうできません!」

と即座に一喝され、看護師さんが悲しそうな目で私を見たので、これは現実なのだと実感した。

頭は真っ白、ふわふわした感じで、なんとか家にたどり着き、号泣したことを覚えている。



それから私の生活は一変した。

朝は緊急出動の消防士のように支度をし、ダッシュで出勤という生活から、

着替えも家族に手伝ってもらい、歩くのも異常に遅く、とにかく日常生活何をするにも時間がかかるようになった。

いつも人を追い越し歩いてた私が、どんどん人に追い越された。

毎日現実を突きつけられれば嫌でもボディーイメージは変わる。

いつしか普通に歩く人をみて、すごいと思う自分がいた。



もちろん、僅かな望みや治療方法を求め、股関節専門のスポーツドクターなどいろいろ回った。

しかし診断は変わらず、治療方法もなく、進行したら手術ということがわかっただけだ。



一体私がどんな悪いことをしたというのだ?怒りが込み上げてきた。

打ち込んでいたのはスキーだけではない。

仕事も大変な時期で、介護も始まった。

睡眠時間が1時間の時もあった。

正直しんどかったが自分を励まし乗りきった。

今思えば全くの無茶なのだが、その時はどれも必然で手を抜くことができなかった。

限界までいって体は壊れた。

悲しみ、後悔、焦り、こんな人生が待ってたなんて。



どん底にいた私を救ったのは一冊の本だ。

「股関節痛は怖くない」には、医師が言ったこととは、正反対のことが書かれていた。

一筋のうすい光がさした。

これを信じてみよう。



そして田山先生に出会った。

先生は

「スキー?できますよ。」

と、いとも簡単に言い当然といった感じで微笑んだ。

その優しそうな雰囲気からは想像がつかないほど施術は恐ろしく痛かったが、終わると股関節の痛みはウソのようになくなっていた。

「これが痛くない体か」

久々に味わう感覚。

知らない間に痛みに慣れ右足をかばうように生活し体はさらに歪んでいったと思われる。

この日は緩みすぎて足に力が入らずヨタヨタとしか歩けない自分がおかしくて笑いながら帰った。

心の底から笑ったのも久しぶりだったかもしれない。



希望がみえると目標が生まれる。

スキーができる体にする。

心が決まってからは、朝晩の筋肉を緩めるためのアロマも

「おいしいお肉になあれ〜」

と呪文を唱えながらぬる、

私は女優という設定でショーウィンドウを見ながら姿勢をチェックするなど、悲壮感いっぱいでやっていたケアやリハビリも楽しくなった。

仕事や生活も見直し睡眠をしっかりとるようにした。

一枚一枚紙をはがしていくような感じで、少しずつよくなっていき、痛みのでない時間が長くなっていった。

しかし、やっぱり健康な足ではないと思い知らされることもしばしばで、1日が終わると鈍痛やズキンとする痛みが出てくる。

そんな時は家でストレッチや様々なケアをし、祈りながら布団に入る。

朝、痛みがないとほっとして自分の体に感謝する。

夜中、股関節痛で起き、恐怖や不安で泣いていたことを思うと格段の進歩である。



そんな生活を続けていた頃、忘れもしない2015年11月11日。

仕事が押して最終飛行機に間に合いそうにないが、何があっても乗らなければいけないという事態がおきた。

思わず職場から駆け出し電車に飛び乗る。

あれ?

走れる?

加速してみた。

乗り換えで猛ダッシュ。

ギリギリで間に合った。

飛行機の座席に深く座りながら静かに喜びを噛み締めた。

走れた。

走れた。

走れた。

一生走れないって嘘じゃん。

あの時すべてを諦めないでよかった、なんともいえない安堵感が広がった。



この2年間、いつも順調だったわけではないが、結果的に右肩上がりでよくなっている。

整形外科の常識では進行性の病気なのに、だ。

最近会った方に股関節が悪いと言うとまず驚かれる。

日常生活は問題なく、スキーもどんどん負荷をかけている。

2日連続でコブを滑っても大丈夫だった。

しかも以前より可動域が広がり股関節が動くせいか、スキーが上達した(感じがする)。

そうか、神様はスキーをうまくするために私をこの病気にしたんだなとさえ思う今日この頃である(笑)



今回松本先生に勧めていただき闘病記録を書いてみた。

振り返ると、今更ながら松本深圧院さんがなかったら、今の私はなかったと恐ろしく感じる。

整形外科で私と同じ診断をされた人たちは全国にたくさんいるはずで、みなさんどうされているのだろうと時々考える。

私はラッキーなことに、最初の頃は田山先生もまだ余裕があり2週に1回くらいのペースで通うことができた。

今は予約もなかなか取れず先日ついに3カ月待ちになっていた。

現在の私には、この待ちもこの間ちゃんとセルフケアができたか試験をされる感じで闘志が燃えるのだが、

最初の頃だったら不安でつらかったに違いない。

だから新しい店舗がオープンするとなんだかほっとする。

もっと多くの方々が救われますように。

松本深圧院さんのご発展を心からお祈りしてやみません。

いつも本当にありがとうございます。

愛を込めて。





今回紹介させて頂きた方のような経過を皆様が辿れるよう精一杯、施術させて頂きます





ジーッ








股関節の不安を一緒に取り除きましょう








コメント
この記事をはてなブックマークに追加