読書三昧

本は一冊一冊がワンダーランド。良い本との出会いは一期一会。そんな出会いを綴ります。

「TimeTune」

2017年04月27日 20時19分00秒 | ■電脳
ネットラジオの録音は、フリーソフトや有料ソフトなどをいくつか使いましたが、現在はフリーソフトの「Radikool」を使っています。(https://www.radikool.com/)非常に優れたソフトで、大変重宝に使っています。しかし、こうしたソフトはパソコンの内蔵の時計の時間に従って録音するので、パソコンの内蔵時計が正確でないと番組が正しく録音できません。結構時間がずれてしまいます。 そこでネ . . . 本文を読む
コメント

「限りなく少なく」豊かに生きる

2017年04月22日 17時24分47秒 | ■読む
ドミニック・ローホー著、講談社刊 身近な日本語で表現すれば「簡素に生きることは心の豊かさを招く」という内容を、短い文章を重ねて述べています。ネットで見ると「ミニマリスト」と分類されているようですが、宗教と思想と教養に裏付けられた価値観なのだと思います。身近に物を欲しがらない人々がいて、物欲という煩悩(本当は”物”への欲望ではないのですが)が強い私にはうらやましい。生きていく上で必須の事柄だけを選択 . . . 本文を読む
コメント

「Backup」

2017年04月20日 15時02分23秒 | ■電脳
このブログの原稿のバックアップをしばらく怠っている内に、何故か原稿のファイルが古いものしかない状態で保存されてしまっていました。結局原因は分かりませんでしたが、重要なファイルのバックアップはしておくものだと、深く反省しました。(この二十数年で何度経験したことか) バックアップを怠った原因は、拡張コピーというフリーソフトを使って手作業で行っていたのですが、少し面倒なのと正確なバックアップができないか . . . 本文を読む
コメント

世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の奇跡

2017年04月19日 15時57分23秒 | ■読む
山中重治著、幻冬舎刊 耐熱塗料の開発で、大手塗料メーカーの製品とは異なるニッチな製品の市場を押さえた会社の来し方と、独自の製品を開発する社内での動き方、製品の販売手法の試行錯誤、海外への進出の苦労など、多岐に亘る内容が記されています。三代目の社長が語る形式で平易な文章である一方、時間軸と商品開発のストーリーの組み立て方にやや難があります。 特殊用途の塗料の話は驚きました。その塗料が普段目にする商品 . . . 本文を読む
コメント

ハッキング・アイ/DVD

2017年04月17日 20時30分47秒 | ■見る
2012年製作のフランス映画です。ハッカーが至る所にある防犯カメラやパソコンのカメラをハッキングして爆破テロの真相に迫る物語です。斬新な企画と優れた脚本、映像展開で見応えがありました。登場人物は少ないものの、役柄を見事に演じていて出色の作品です。 ------------------------------------------------------------ URL => http://w . . . 本文を読む
コメント

修理 仏像からパイプオルガンまで

2017年04月16日 16時48分50秒 | ■読む
足立紀尚著、ポプラ社刊 同じ著者の「プロフェッショナルな修理」に先立つ著作で、こちらの方がかなりコンパクトな記事です。雑誌の連載故の制約があったのだと思います。それでも32の品々の修理の多様性が大変面白く、しかも今回は知人が含まれておりびっくりしました。本書の登場時よりも大分年齢を重ねましたが、本人であることは間違いなく、より親しみを感じました。取材対象に対する経緯と暖かい視線は本書にも滲んでいま . . . 本文を読む
コメント

MADE IN GERMANY コーヒーフィルター

2017年04月15日 17時18分29秒 | その他
毎朝コーヒーを、たっぷりのカップに二杯分淹れています。初めは淹れ方を調べて色々と試しましたが、結局、手間と結果に自分のこだわりの程度が加味して、結構適当な淹れ方に落ち着いています。毎日2-4杯用のコーヒーフィルターを二枚ずつ使っているので、安いフィルターを使っていましたが、ある時百均で見つけたのが画像の製品です。いつも使っているものより大分安いのでためらいましたが使ってみると何の支障もなく、しかも . . . 本文を読む
コメント

じぶん・この不思議な存在

2017年04月15日 07時21分20秒 | ■読む
鷲田清一著、講談社現代新書刊 「じぶん」という存在は、他者との関わりで成立するということを、多面的に論じています。非常に参考になりました。 ------------------------------------------------ URL => https://ja.wikipedia.org/wiki/鷲田清一 --------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ゴーストバスターズ/DVD

2017年04月12日 18時15分11秒 | ■見る
198年制製作の同名映画をアレンジした作品とのことですが、その作品を見ていないのが残念です。多分、見ていた方がより楽しめたと思います。主演の四人の女性の大仰なキャラがアメリカ的ですが、俳優がしっかり演じていて嫌みがありません。実写とCGの合成も自然です。楽しく見られる娯楽作品に仕上がっています。 --------------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

バチカン

2017年04月09日 07時55分30秒 | ■読む
秦野るい子著、中公新書クラレ刊 バチカンの名前は、観光、小説の舞台やニュース報道でも登場し、世界的に有名な場所でしょう。また、西洋世界で大きな役割を果たしました。本書は新聞社のローマ支局に赴任した著者が、そうしたバチカンの実態を描いています。かつてカトリックの内部での熾烈な主導権争いに勝利し、王権と戦い協調し権力を蓄えながら今日まで続くバチカン市国の形成の様相、教皇制度の確立、内部の統率機能と組織 . . . 本文を読む
コメント

メカニック ワールドミッション/DVD

2017年04月02日 18時35分32秒 | ■見る
2016年製作のアメリカとフランスの合作映画です。シリーズ二作目で、相変わらず主演のジェイソン・ステイサムが格好良い。完全無欠のヒーローが予定調和の大活躍という典型的な作品ですが、ミッション・インポッシブルと同じように、凄いアイディア満載の脚本です。また、要となる脇役に名優を配して作品に重みを加えています。良くできた一級の娯楽作品です。 ------------------------------ . . . 本文を読む
コメント

レンズ汎神論

2017年03月23日 10時31分11秒 | ■読む
飯田鉄著、日本カメラ社刊 本書は日本カメラ誌に連載された記事を中心としたものが収録されています。1993-1997年の期間とのことで、20年前の時点で販売されていた、あるいはその時点で過去に販売されていたレンズを取り上げています。それらのレンズにまつわるエッセー風の導入部、関連知識、レンズ性能の特徴と製品の写真、レンズ構成、作例を3ページ程度でまとめています。 現在では高性能のコンピュータによって . . . 本文を読む
コメント

おっと、危ない!

2017年03月14日 10時26分56秒 | その他
滋賀県と京都を旅した際に、私が住む地域には無いものを見掛けました。ご覧の画像です。見通しの悪い交差点や曲がり角、あるいは横断しがちな場所に置いてあるようです。中には、幹線道路のT字路の電柱の陰に隠れるようにおいてあり、ぎょっとする場面もありました。中々良いアイディアです。 評価は5です。 ※壁紙専用の別ブログを公開しています。 => カメラまかせ 成り行きまかせ => カメラまかせ 成り行きまか . . . 本文を読む
コメント

ゼロからトースターを作ってみた

2017年03月07日 16時57分31秒 | ■読む
トーマス・トウェツ著、飛鳥新社刊 イギリスの大学の院生であった著者が、学位発表会への作品提出という目的から、市販の安いトースターと同じ物を作る挑戦を記録したものです。何と、金属や樹脂などの原材料を調達するのは、鉱石や原油から自分で作るという企画です。へぇ~。できるわけねーじゃん、と端から決めつけてしまいそうなものですが、著者は大まじめに取り組みます。 ネットにその経過をアップしてメディアに注目され . . . 本文を読む
コメント

エンド・オブ・キングダム/DVD

2017年03月04日 17時00分17秒 | ■見る
シリーズ二作目ですが、益々派手に過激になっています。いかにもというアメリカ映画。ハラハラドキドキの予定調和の作品ですが、お金と手間を掛けただけあって、楽しめる娯楽作品に仕上がっています。面白かった。 ---------------------------------------------------------------- URL => https://ja.wikipedia.org/wik . . . 本文を読む
コメント