メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『マンガ日本の古典28 雨月物語』(中央公論新社)

2016-10-08 14:06:30 | マンガ&アニメ
『マンガ日本の古典28 雨月物語』(中央公論新社)
木原敏江/絵 初版1996年 1300円

※2001.5~のノートよりメモを抜粋しました。
「マンガ感想メモリスト2」カテゴリーに追加しました。

上田秋成の怪談小説集 明治5年(1768)初稿 安永5年(1776)出版
5巻9篇 中国白話小説より構想を得た

映画で観た話だと思ったら、昔の怪奇小説短編集だったのか

『雨月物語』(1953)
(男が妻と離れて都で商いをし、都の女と会い、もてなされ、妖鬼と知って祓ってもらい、田舎へ戻ったら、妻子も死んだ後だった)

絵もキレイで女流漫画家らしい細かい演出もあってか、怖いというより、男女、親子、友情等の人情話の
ホロッとくる余韻が残るいい話ばかり。ほかも読みたい


あらすじ(ネタバレ注意

「菊花の約」
儒学を人里離れて学ぶ男が、高熱の旅人を助け、彼は再会を誓って国へ戻るが城に監禁される
「魂は千里を行く」と自害
約束の日に、弟の契りを交わした男のもとに現れて別れを告げる


「浅茅が宿」
反物を売りに都に行った夫と、待つ妻
戦国の世となり、妻は死んだと思い、7年、知人宅で暮らした後に戻ると
やつれてもなお待っていてくれた妻と再会
が、翌朝、家は荒れ、妻も病死していたと知る


「吉備津の釜」
器量は悪いが優しく働き者の妻と、遊び人の夫
都の遊女を囲んでいたのがバレ、親に監禁され「改心する」といって
妻の全財産を持ち逃げして駆け落ちする

妻は恨んで死霊と化し、男の愛人は死に、僧に体中にお経を書いてもらい、札を貼って、
49日頑張ったが、最後に月夜を朝陽と見間違え、髪のみ残して殺して連れ去られる


「蛇性の姪」
末っ子は学ぶばかりの優男
美しい都の女と侍女に会い、剣を契りの約束の証としてもらうが、
国宝の盗品と分かり、邸を訪ねると、鬼となって消えた
彼は姉夫婦の居候となり、再び女と会い結婚 僧に邪神と見破られる
別の女と結婚すると妻にとりつき、老僧により大蛇(おろち)は封じ込められる



除霊の世界って、ほんとに毎回こんなにおどろおどろしい連続なのかしら?
人の情念のパワーたるや、生かすも殺すもできるものか



『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩合光昭『おきて アフリカ... | トップ | 『マンガ日本の古典26 葉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マンガ&アニメ」カテゴリの最新記事